« アイスクリームのフレーバー | トップページ | 扇子 »

2008年7月22日 (火)

いよいよ発売ハリポタ最終巻日本語版

明日7月23日は、ハリー・ポッターシリーズ最終巻日本語版、「ハリー・ポッターと死の秘宝」の発売日です(#^.^#)。



実のところ、うさみはすっかり忘れていました(-_-;)。

去年の英語版発売(2007.7.21)に合わせて有給休暇を取り、読書中から読了後しばらくはかなり浸っていましたが、日本語版は買う気も読む気も無かったので、明日という日付がうさみの脳内カレンダーにはチェックされていませんでした。

今朝の日経新聞に大きな広告が載っていて、そっか明日発売だった~、日経にも宣伝を載せるのか~、すごい~、と思ったのでした(^_^;)。

うーん、日経のメイン読者層、ビジネスマン諸氏はハリポタをご自分ではあまり読まれないんじゃないでしょうか?
おじ様族のお好み小説は、「愛ルケ」ですから・・・。
(愛ルケ=渡辺淳一の長編小説、「愛の流刑地」の略称、映画・ドラマ化もされましたね。今は売れていない壮年の恋愛小説家が、人妻と出会って不倫関係になり逢瀬を重ねるうちに殺してしまうという話。日経朝刊連載時にはオヤジ読者様方の希望と涙を誘っていましたが、おばさんうさみは、ヒロインの他人任せで受動的な生き方に毎朝怒ってました<(`^´)>。



ハリポタ最終巻は、あちこちの本屋さんで早朝販売をやるそうです。

早朝ってどのくらい早朝?とリストを見てみたら、一番早いのは5時、遅いと9時でした。
久世番子さんの本屋さん漫画で、ハリポタの何巻かが出た時、早朝販売を企画して5時から台を出したのに、地方の本屋さんには誰もお客さんは来てくれず、わんこの散歩の人と、朝帰りのにーちゃんしか通らなかったという笑い話(ほぼ実話でしょう(^◇^)が載っていました。



今回は、朝から買いに行く方、どのくらいいらっしゃるでしょうか~?夏休みの子供さんは行くのかしら?

翻訳者の松岡さんが魔女の格好でキャンペーンに回る店舗もあるそうです。暑いのに真っ黒な魔女スタイルでご苦労様ですね。

英語版は分厚い1冊でしたが、日本語版は上下2巻です。(分売不可のセット販売なので、3990円は2冊のお値段です。)
分冊なら、英語版のように重過ぎて寝転がって読めないということは無さそうですね?

日本語版をこれから読まれる方に、老婆心ながらご忠告。
完結編はこれまでのお話以上に、辛く哀しいシーンが続きます。涙腺が弱い方は、人前で読まないことをお勧めします、特に最後の数章!うさみはぼーぼー泣きっ放しでした(;O;)(;O;)(;O;)。

日本語版発売イベントが終わると、次の楽しみは映画ですね(^O^)。
6巻の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が撮影中(ロゴとダンブルドアの声だけの予告編がYouTubeにアップされてました。)、「ハリー・ポッターと死の秘宝」の映画は上下2部作になるそうです。どこで続きにするつもりなんでしょう?どこで切られても、次が出るまですっきりしない日々を送らなくちゃいけなそうですね(^^ゞ。

|

« アイスクリームのフレーバー | トップページ | 扇子 »

コメント

今日は買いに行くのを断念しました。隣駅にしか本屋さんがないのです(;_;)
行こうか迷いましたけど、美容院に電話したら半端な時間の予約になって勢いをそがれてしまいました。体力的な不安もあって小さな用事でも一日二つ入れるのを極力避けてますし・・。。
明日も夕方用事があるんですよね。いつ買いに行けることやら・・早く読みたいです~。

投稿: ofuu | 2008年7月23日 (水) 15時21分

お昼休みに会社の近くの書店を通りかかったら、お店の入り口付近に「ハリポタ」らしき本が置いてありました。
ビジネス街ですが、大学から幼稚園までぜ〜んぶそろっているので書店さんとしては、お子様ねらいだったのかもしれません。残念ながら発売日は夏休みのまっただ中でしたが。
「不死鳥の騎士団」あたりから、そして登場人物はどんどんいいなくなった・・・という感じですよね。

投稿: アラベスク | 2008年7月23日 (水) 21時54分

>ofuuさん
一日に用事の掛け持ちをためらうお気持ちわかります。私も最近そうです(^_^;)、一日1個片付けることにしてます。特に美容院は気持ちいいようで結構疲れますものね。
ネット書店は利用されない派ですか?もう買うことが決まっていらっしゃるなら、すぐに届きますよ。

>アラベスクさん
今日はそれなりに並んだファンがいたようですね。コスプレの写真も見ました。
最終巻発売前は、2人の主要キャラが命を落とすという噂が広まって、いったいどのキャラクターなのか、とすごい話題になっていましたっけね。読み始めたら、2人どころじゃなくいなくなっていって、どう数えたら2人!?と戸惑いましたが・・・。

投稿: うさみ | 2008年7月23日 (水) 22時29分

ネット書店、使ったことがなくて思いつきませんでした。「ハリポタ」は重たいしその方が楽でしたね~。続きもののコミックスなども出たとき買いそびれると見つけるのが難しくなるし、今度利用を検討したいです。有難うございました^^
今日は奮起して午前中隣駅まで行ってきました♪夕食はウナギだから楽チン(笑;)だし夕方の用事は近所なので何とかなりそうです。少し休んでから行ってきま~す。

投稿: ofuu | 2008年7月24日 (木) 15時51分

>ofuuさん
今はアマゾンもポイントをためて次のお買物に使えるようになりましたし、他のネット本屋さんもいろいろ出て来ましたね。在庫があればすぐ届くので便利です。人気の本は発売前に予約しておくとたいてい当日にもれなく届きますよ。
土用のウナギの日でしたか、私はウナギが苦手なので食べたいとは思いませんが、本当に元気が出ますか?

投稿: うさみ | 2008年7月24日 (木) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/41941049

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ発売ハリポタ最終巻日本語版:

» パティ・デューク・ショー [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
映画「奇跡の人」で史上最年少のアカデミー女優助演賞を受賞したパティーデューク(当時16歳)が、パテイとキャシーという性格も何もかもが違う従妹同士ながら見かけはそっくりの二人を演じたホームコメディー [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 23時19分

« アイスクリームのフレーバー | トップページ | 扇子 »