« 玄関に花 | トップページ | それでも女は化粧する »

2008年7月 4日 (金)

インディゴのスカート

夏物セールでスカートを買いました(^O^)。

よく行くショッピングモールのエスカレーター脇にあるお店なので、上の階へ行く度にディスプレイを目にしますが、お店のターゲットが、”愛読誌はクロワッサン、料理上手でガーデニング好き、エコでロハスなシンプルライフを楽しんでいるジーンズの似合う女”という感じで、うさみはお呼びじゃないか~と遠巻きにしていました。
でもセールの時なら誰でもウエルカムでしょう~と入ってみました。

無地で丈が長くて、素材は綿か麻のスカート、といううさみが兼ねてから探してる条件にぴったりのスカートが1枚だけ吊るされていました(*^。^*)。

色は濃い青というには明るめで、青の奥に他の色みが沈んでいるような複雑な色でした。
これいいけど、ちょっとセール価格でも高いかな~、1枚しかないからサイズが合わないかもしれないし・・・とりあえず保留にして、他のお買物をすませることにしました。

30分かそこらして戻ってきたら、あのスカートがもうさっきの場所にありません(@_@;)。
売れちゃったのか~と思ったら、すぐそばに立っている女性がまさしく手に持っているではありませんか!

人に取られると思うと惜しくなるいじましい性格ゆえ、買うのやめて放さないかしら、とじーっとその方の動向をうかがっておりました。鏡にうつして合わせて見て何かがお気に召さなかったようで、元の場所に戻してくれました(^O^)。20080704_p1090118
うさみ、すかさずゲット!
よ~し、こうなったらサイズが合えば買おうじゃないの。試着してみたら幸いジャストサイズだったのでお買い上げしました(*^^)v。

→ 蛍光灯の下で撮影しているせいで、悲しいほど本物の色が出ませんでした(T_T)。イメージ画像にもなりません・・・

タグに「インディゴ染料を使用しているため、色落ちにお気をつけ下さい。」というような注意書きがありました。
20080704_p1090120この青はインディゴ染めでしたか~。
インディゴ=、と言っても、植物の藍ではなく合成染料の方だと思いますが、なかなかいい色に染まっています(#^.^#)。

← こちらの画像の方が少しは本物に近いです(-_-;)。

植物の藍で染めるには、藍と灰汁を入れた甕に浸けては出して絞って乾かす、という作業工程を重ねるのだそうで、液に浸けた回数で色の濃さが変わって行き、濃さの段階によって名前がつけられています。

一番薄いのが藍白(あいじろ、ごくごく薄い藍、白殺しという物騒な別名もあります(>_<)。

藍シリーズには、他にこんな色が登場して来ます。

甕覗き(かめのぞき、藍甕にちょっとつけただけの色)
浅葱(あさぎ、ネギだから緑っぽい色)
水浅葱(浅葱より薄い青)、花浅葱(浅葱より鮮やかな青)
(はなだ、藍だけで染めた色)
水縹、濃縹(こきはなだ、”濃”をこき、と読むのが綺麗で好きです。)
納戸(なんど、名前の由来は諸説あるようですが、物置の”納戸”です。灰色がかって暗い青。)
(染物屋さんを紺屋(こうや)と呼ぶほど、染物と紺は切っても切れない間柄ですね。)
(かち、藍を浸透させるために臼で搗くから。紺よりも濃くて暗い色。)
紫紺(甲子園の優勝旗の色♪、某大学のスクールカラーでもあるそーですね。)
搗返し(搗よりもっと暗い青。)
濃紺(ここまで来るとかなり暗い青。)

他にもまだあるようです。
これだけたくさんの名前が残っているということは、藍が人々にとても身近だったということですよね。
そしてちゃんとひとつひとつ別の名前を与える分、その微妙な色の違いを見分けて違うものとしていたのが、日本人って繊細で鋭敏な感覚の持ち主だなあと誇らしい気持ちになります。

うさみのスカートは、さしずめちょうど真ん中あたりの縹色、でしょうか。

|

« 玄関に花 | トップページ | それでも女は化粧する »

コメント

セール時は、普段は入りづらかったお店に行ける、良いチャンスですよね!
素敵なスカート・ゲットおめでとうございます。
気に入った服も、「出会い」ですもの♪

買うのやめて放さないかしら、とじーっと見るのは、
私もよくあります〜。そのままレジに持って行かれてガックリとかも。
先日は気に入ったブラウスの購入を見送ったのですが、やはり気になり、再度来店。でも、ないっっ!!しまったぁ!ガックリ。
よ〜く探すと、はじっこの方に1枚だけ残ってました。やっぱ縁があったのよ…と購入しました。
青と緑の色使いが素敵なブラウス…。
「藍色」といい、青には愛しい色が多いです♪

投稿: ジュエル | 2008年7月 4日 (金) 23時17分

そうそう、マイ・カラーの甕のぞきね!
好きなんですね。

蛍光灯ではなかなか色が出ませんねぇ。
私も惨敗続きです。

投稿: ふくやぎ | 2008年7月 5日 (土) 23時38分

>ジュエルさん
お買物も「出会い」ですよね、ほんと。好み(と予算(^_^;)にぴったりのものを見つけられると、すごく幸せな気持ちになれちゃいます。
ジュエルさんのブラウスは青と緑ですか、やっぱり夏は涼しげな色にひかれますね~。

>ふくやぎさん
そうそう、甕のぞきと言えばふくやぎさん、でした。名前も色も粋ですよね。
ふくやぎさんでも写真失敗されるんですね、私のような若輩者は失敗ばかりでも当たり前でしたか・・・。

投稿: うさみ | 2008年7月 6日 (日) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/41736469

この記事へのトラックバック一覧です: インディゴのスカート:

« 玄関に花 | トップページ | それでも女は化粧する »