« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

歴史のヒトコマ

洗濯機が回っている間の暇つぶしに、妹すまっぺがその辺に読み捨てていたコミックス本をめくっていて、主人公の女子高生の授業シーンにおばさんはへえ~っと感心してしまいました(^O^)。20080816_p1090386

世界史の授業で、「ソ連は何故消滅した?先週やったところだぞ!」と先生が怒鳴っていました。

今の高校生にとっては、ソ連崩壊って歴史のヒトコマで、ソ連邦もローマ帝国も同じレベルで”教科書の中にだけ存在する国”なのね、と新鮮に驚いてしまいました。
ソ連崩壊は1991年、今の高校生はギリギリ生まれているかいないか、という年代を考えれば当たり前なのですが・・・(^^ゞ。

うさみはどうもいつまでも北のあの国はロシアというよりソ連な気がしますし、キーロフバレエがある街はサンクトペテルブルグよりもレニングラードと呼びたくなります。

アメリカと反対軸の大国、鉄のカーテン、KGBのスパイ活動、芸術家の亡命・・・一度もソ連に行ったことが無くても、ソビエト人の知り合いが1人もいなくても、昭和世代ならそんなソ連という国のイメージを抱いているのではないでしょうか。
そういうもやもやとニュアンス的なイメージを意識せずとも持っているのが時代精神だとしたら、遅れて生まれた人とそれを完全に共有することは出来ないんだろうなあ、だからジェネレーションギャップが生まれて、「近頃の若いやつは」という話になってしまうのかな等と思いました(^_^;)。

うさみが漫画「エロイカより愛をこめて」で、お国柄丸出しの各国スパイたちの風貌や行動様式に大笑いする同じシーンを、今の漫画好きさんたちも可笑しいと思うのでしょうか?「アラベスク」で亡命するべきか悩むバレエダンサーの立場を、説明なしで理解できるでしょうか?
良くも悪くも、”うさみの若かりし時代”は、もう歴史のひとコマになってしまった、そういう時代です(*^_^*)。

蛇足ながら・・・
冒頭の少女マンガでは、ビートルズ大好きな男子生徒が、「ソ連が消滅したのは、共産主義がビートルズの音楽を禁止したから。」と延々と述べ立てて先生に叱られていました(>_<)。
その理由はそれなりに的を突いているんじゃないかなとうさみは思いましたが、歴史の教科書的正解ではなかったみたいです(-_-;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

キルト展

8月最後の土曜日は全国で大変な大雨になってしまいました。皆様の地方は大丈夫だったでしょうか?

うさみの地元は、午前中は晴れて蒸し暑い8月らしい陽気でした。用事があって池袋のデパートに出掛けたので、ちょうど開かれていた「第5回 私の針仕事展」を見て来ました(#^.^#)。20080830_p1090452_3

毎年秋口に開かれる、キルト作品の展覧会です。
今年は、日本のトップキルター60余名の作品を、春夏秋冬のテーマごとに分けて展示していました。
畳1畳分くらいの大きさの壁掛けをメインに、小さい額絵やバッグなども多少ありました。

見にいらしているのは、ほとんど女性ばかり。それも近くまで寄って食い入るように、ひとつひとつご覧になっては、お隣と感想を述べ合っている方が多く、ご自分でもキルトや手芸のご趣味を持っていらっしゃるようでした。

うさみはキルトの技術的な事はわかりませんので、ひたすらデザインと色が好みかどうかだけで見て回りました(^^ゞ。
季節がテーマのせいか、植物をかたどったものが多かったですね、それもデザイン的に絵になるバラが一番多かったようです。

20080830_p1090455_2 小さなモチーフを規則的につなげて左右対称のパッチワーク模様は、実用で使うには飽きが来ないし他の家具と合わせやすそうですが、見て魅かれたのは、大きな1枚の絵として構成されたキルトでした。
一番気に入ったのは、春のコーナーにあった、タンポポのキルト(#^.^#)。
黄色の細い花びらが重なる花と、三角のギザギザがつらなる葉っぱ、ふわふわ飛んでいく綿毛が暗い蒼の地に浮かび上がって素敵でした。

和の布を使ったキルトもあり、中でも「百徳着物」が良かったです。
子供の成長を願って、ご長寿の方や健康なお子さんがいるお家を回って端切れを分けてもらい、それをつなげて着物を作って着せるという風習が、昔の金沢あたりにあったそうです。作者さんはあちこちから集めた小さな古布を美しくつなげてこどもの着物に仕立てていました。

会場を出ると、素晴らしい作品を見て自分も制作意欲を掻き立てられた人向けに、キルトや手芸材料を扱うブースが並んで大変な人だかりでした。
うさみもやってみたい気持ちはありますが、根気が無いので、とても一針一針手で縫いながら大きな物に仕上げるまで、頑張れそうにありません・・・それにお手本がなくて図案から自分で考えるのも難しそうです(-_-;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

記憶につながるもの

アートディレクター佐藤可士和さんが、雑誌POPEYEに連載していたデザインに関するエッセイをまとめた「佐藤可士和デザインペディア」という本を読みました。



佐藤可士和さんは、去年のベストセラーになった「佐藤可士和の超整理術」で一般人にも名前を売りましたね(^O^)、ユニクロNY店の内装デザインや国立新美術館のロゴデザインなど、多方面でご活躍です。

日常的なモノのデザインについて触れられた話題の中に、”「匂い」はデザインか?”という章がありました。

「匂い」は記憶と一番深く繋がっている”、という副題がついています。
五感のうち、嗅覚記憶と一番深く繋がっている感覚であることを述べ、ゲランで自分に似合う香水を見つけてくれるカウンセリングの方法を紹介しています。

自分のできるだけ幼い頃の幸せな思い出の場面を思い出し、感じたことを言葉で表現してもらっていくと、自分の香りの嗜好を形成する要素が存在するのだそうです。

匂いから呼び覚まされる遥かな記憶、幸せな記憶と繋がっている匂い・・・

最近、会社の同僚から聞いた話を思い出しました。

彼女はテレビで、認知症の方が若い頃好きだった音楽を聴いて、今までなかった反応を示した、という情景を見て、自分にとっても眠っている何かを呼び起こしてくれるものは音楽だと思ったのだそうです。そうしたら、20代の頃聴いていて最近はご無沙汰だったアーティストの音楽が聴きたくなり、早速CDを購入し、○十年振りでもやっぱりこれが好きだと感動したのだそうです。
(”The Band”、というバンドだそうですが、洋楽に疎いうさみは知りませんでした、すみません<m(__)m>

うさみの深い何かを動かしてくれる物は何だろう、と自問自答してみました。
うさみの場合は、音(聴覚)よりは、きっと匂い(嗅覚)肌触り(触覚)ではないかと思います。

幼い頃の幸せな思い出を頭に浮かべると、20080524_p1080752

日向の匂い、お日様に干したお布団の匂い
ホットケーキの蜂蜜の甘い香り
おばあちゃんがお風呂上りにはたいてくれた天花粉の匂い
新しい本のインクと紙の匂い
トマトの青くさい固い匂い
お気に入りのタオルケットのふかふかさ
ベルベットのワンピースの触り心地

・・・そんなものたちです。
いつもは忘れていても、ふとその匂いを嗅いだ時に思い出すことがある、どこか奥深くの大切な場所に仕舞われています(#^.^#)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

ブロガーとカメラ

うさみも一応はブロガーの端くれ、外出にはたいていデジカメ持参です(^^ゞ。

道端で花を接写したり、すれ違った可愛いわんこの激写を試みたり、気に入った街角の20080823_p1090422ウィンドウディスプレイを写したり、飲み食いするものを記録に残したり、という姿は、往々に20080427_p1080385_2して「こんな所で何を撮ってるんだろう、ヘンな人。」という目で見られがち(>_<)。
 
ですから、街中で何かにカメラを向けている人を見ると、ああ、この方もブロガーなのかも、お互い頑張りましょうね~、というお仲間目線を送ってしまいます(^O^)。

20080824_p1090440 今日は、会社の近くでデジカメ撮影しているところに2回遭遇したのですが、どちらもどういう意味があってそこで撮影するのか、ブロガーうさみにもわかりませんでした(@_@;)。

最初は朝、地下鉄駅出口とつながったビルの地下にあるコーヒーショップ(夜はアルコールも出るお店)の入り口を撮っていたOL風のお姉さん。

会社へ向かう勤め人さんたちの不審げな視線を浴びつつ、間口全体が入るように場所を変えて写していました。何の変哲もないチェーン店ですし、今日開店でもないし、うーん、何が撮りたかったのでしょうか?

飲食店入り口のロウ細工の見本ディスプレイを珍しそうに写している外国人観光客さんならよくいますが、そこのお店はメニューの看板しか出ていませんし、お姉さんは日本人のOLさんっぽかったんですよねえ・・・。

お昼休みに外に出た時は、郵便局に向かってシャッターを切る中高校生くらいの女の子に出くわしました。

そこはビルの1階に入っている普通の郵便局・・・ビルの建築も取り立てて変わった所は無いですし、何だったんでしょう?
「自分の町にある郵便局の仕事について研究しよう」等という夏休みの宿題でしょうか?

続きを読む "ブロガーとカメラ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

まどろむ午後

オフィスのランチタイム後は、年中もれなく眠くなるうさみですが、ここ数日は朝から眠いです・・・(-_-)zzz。20080823_p1090424

涼しくなって、猛暑の間寝苦しかった分を取り戻すかのように、深い眠りが訪れている分、もっと眠りた~いという欲求も強くなっているのでしょうか。

それほど忙しくない時間帯だと、PCのディスプレイを見ながら、ついつい瞼が重くなってきて、慌てることもしばしばです(@_@;)。

学生の頃は、授業中に完全に寝入ってしまい、自然と力が抜けて持っていた筆記具がカツーンと床に落ちた音で目覚めるなんてことがよくありましたっけ。
さすがに今はそれはありませんが、眠るまい、眠るまいと必死で目を開けようとして、妙な半目になっている時に、人から声を掛けられてギョッとすることはあります(+o+)。あ、今のヘンな顔は地顔で、決して居眠りしてたんじゃありませんから(バレバレ)・・・。

オフィスでオジサン達は自席の椅子に寄りかかり、寝顔(時にはイビキまで)を曝してお昼寝していますが、さすがにオバサンはまだ恥じらいという美徳(!?)を捨てていませんので、真似出来ません(^_^;)。
席でお昼寝するにしても、机につっぷする形になり、顔にアトがついたりして今ひとつですね。お昼寝枕でもあれば、楽な態勢で眠れるでしょうか。

お化粧室の個室に座り込んで眠るというテクニックの持ち主もいるようですが、それもちょっぴり空しいです・・・。
眠い時は、顔を洗ってすっきりして、ついでにメイクもやり直す、という案もあるのですが、時間がかかりますね。

ものすご~く眠い時間帯をやり過ごせば、後は何とかなるのですが、眠くてしょーがない時に少しでも眠れたら幸せだろうなあ、と溜息が出るのでした(-_-;)。
たまに休日、ご飯を食べてすぐお昼寝(牛になるぞ~)したり、テレビを見ながら眠くなってそのままうたた寝したりすると、すご~く贅沢な気がします、小市民の幸せ(#^.^#)。

20080822_p1090413 好きな時に好きなだけ眠れる愛犬がうらやましくなりますが、きっとおうじにしたらおうじなりに、外の物音に邪魔されたり、人間の都合に左右されたりして不満はあるのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

処暑の候

今年は暑中見舞いを出そうかな~と思う間に残暑の時期になってしまい、残暑見舞いでも、と思う間もなく涼しくなってしまいました(^_^;)。
これから出すとしたら、処暑の候、というご挨拶になるの20080824_p1090439でしょうか。

暑さがおさまる、という処暑、例年の8月23日ならば、まだまだ暑くてとんでもないところですが、今年はちょうどそのあたりから涼しくなりましたね。

夕方、エレベーターに乗ったら、無人の箱内に、甘い残り香だけが漂っていました。
う~ん、これはスイカの匂いですね(^O^)。
青っぽくて瑞々しく甘い、サマーベリー系の香水でした。

今日くらい涼しくて雨で湿っぽい日だと、この香りはちょっと季節に遅れているみたい、と感じてしまいました(^_^;)。
そうですね、同じ甘い香りでも、モンブランやチョコレート、キャラメルのようなほっこりと温かみのありそうなスイーツ系の香りが恋しいです。

20080824_p1090434 行き帰りの電車ですれ違うOLさんたちの格好も、夏と秋が混じっています(*^。^*)。

朝から雨が降っていて、一日中雨という予報の今日のような日に、裸足で、踵も爪先も覆われていない細いストラップサンダルを履いているお嬢様方は、足が濡れたり汚れたりするのが気にならないのでしょうか(^_^;)?
(今日のうさみおばさんは、水溜りにはまっても水が沁みない、泥で汚れても全然気にならないスニーカーでした。)

かと思うと、もう膝までのブーツのお嬢様もいらっしゃいます。
それってレインブーツ?それとも冬物ブーツ?と確かめたら、革製のブーツでした・・・。
靴屋さんの店先にはブーツが出回って来ましたが、もう履いて街に出てもいいんですねえ、冷え性うさみには有難いですが・・・。

来週からはまた暑さが戻り、残暑が長く続くという予報ですね。
気温の急激な変化で風邪をひいている人があちこちに・・・(@_@;)。
皆様お体ご自愛下さいませ<m(__)m>。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

ドギーバッグ

お洒落な雑貨屋さんの、エコバッグやマイ箸が置いてあるエコ生活コーナーに、ドギーバッグのセットが売っていました(#^.^#)。

ドギーバッグ(Doggie/Doggy Bag)の英和辞書の日本語訳は、「持ち帰り袋」となっています。
レストランやパーティーで、残ったお料理をお客さんが持ち帰るための入れ物(袋や箱)のことですね。

アメリカでは自分が頼んだ料理が残ったら、お持ち帰りは当たり前という習慣で、日本料理店でそばの残り(@_@;)を持って帰ろうとするお客さんもいるらしいです。

ドギー(わんこ)の袋、「残ったお料理は、うちで留守番しているわんこにあげるから」という建前の名前がついていますが、最近は世界的にペットブームですから、わんこには飼い主さんのご飯の残り物でなく調整されたドッグフードを与えているでしょう(^_^;)。
持ち帰っても食べるのはご本人かご家族、”わんこ袋”というより、”お土産袋”でしょうか(^O^)。
日本もうさみが子供の時代は、お父さんの宴会土産の折り詰め、というのがありましたが、最近は紐をかけた折り詰めを提げた千鳥足のお父さんはあまりお見掛けしませんね?

お店で残した食べ物はそのまま廃棄処分になってしまいます。
家に持ち帰って後で食べれば、処理するゴミも減るし、貴重な食料を無駄にすることも無い、日本でもドギーバッグを広めましょう、ということらしいです。

続きを読む "ドギーバッグ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

秋コスメとヴァイオリン

デパートで開かれた「秋のビューティー&ファッションショー」に行って来ました。

メイクアップアーティスト山本浩未さんとヴァイオリニスト川井郁子さんのトークと、山本さんの秋メイク実演、モデルさんの秋冬ファッションショー、川井さんのヴァイオリン独演という盛りだくさんの内容でした(^O^)。

ちょうど最近山本さんの本を読んだばかり。
メイクアップアーティストを目指したきっかけは、「ベルばら」なのだそうです(#^.^#)。映画版の「ベルばら」主役の女優さんが、資生堂のキャンペーンガールになり、とても綺麗だったメイクを手がけたのが日本人メイクアップアーティストだと知って、自分もこういう仕事に就きたい!と思ったのだそうです。
うさみも「ベルばら」映画版は見ましたので(同世代(^_^;)?)、懐かしい話題です。



メイクの実演をしながら、ちょっとしたコツを披露してくださって、ためになりました(*^。^*)。

特にチークの塗り方!
素人さんがダメなのは、量をケチし過ぎなんだそうです(確かに~(>_<)。
たっぷりと何回も何回もブラシをこね回して粉をつけ、ブラシ全体に粉を含ませた後、ティッシュに余計な粉を払い落として、残った分でつけると、綺麗につく、とのことです。
早速明日から試してみま~す(^O^)/。


川井さんのヴァイオリン独奏は、「恋のアラベスク」と「白鳥」「ジュピター」の3曲でした♪



うさみの席は、一番前でしたので、1.5メーターくらいの近距離から演奏を見ることが出来ました。

音の迫力もさることながら、愛器のヴァイオリン、ストラディバリウスを手が届くほど近くで見られて感動でした~\(^o^)/。
1715年作成だそうですから、300年近くたっているのですね。
木の模様や傷までに歴史を感じました。

紫のドレスがとてもシックで、ヴァイオリンの音と一緒に秋を運んでもらいました(#^.^#)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

コロー展

コロー 光と追憶の変奏曲」を見に、国立西洋美術館へ行って参りました(#^.^#)。20080823_p1090421

気温が下がって過ごしやすい週末、みなさんどこか遠出して、美術館は空いているのではないかと予想していたのですが(^_^;)、誰もが同じことを考えるのか、コローが人気があるのか、大混雑でした。

ジャン=バティスト・カミーユ・コローはうさみにはちょっと思い入れのある画家です。

子供の頃、西洋美術館松方コレクションで本物の絵画に初めて触れ、強烈な印象を受けたのが、クールベミレーの「」、そしてこの展覧会にも出品されている、コローの「ナポリの浜の思い出」でした。
美術に関する知識とか、画家の評価など関係なしに、自分の眼と心が受けた印象で選ん20080823_p1090418 だという意味で、うさみにとって特別な位置にいます(#^.^#)。

今回の展覧会の目玉は、ルーヴルから来た”コローのモナリザ”、「真珠の女」(真珠をつけていないのに、タイトルが真珠?・・・冠の影が真珠に見えたのだそうです。)のようですが、うさみはコローの人物画よりも風景画が好きです。

森と湖、山と空と雲、林の間を抜ける道、陽の光と影・・・くぐもった色使いと輪郭に、画面を埋める空気の湿り気や動き(風)が見えるような気がしました。20080823_p1090429

同じ場所、または同じような構図で他の画家が描いた絵を並べて展示したものが何枚かありましたが、ラベルを見なくても、あ、これはコローじゃないな、とわかるのが興味深かったです。

ラベルと言えば、いつも絵の横に展示された解説文の文字が小さくて、混んでいると中々よく見える位置まで出られないのがストレスなうさみでしたが、今回の展覧会は、解説文の20080823_p1090431 拡大文字版、というパンフレットが各所に配置されているのが有難かったです(^O^)。

東京での展示はあと1週間ほどで終わり、その後神戸へ巡回します。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年8月22日 (金)

オリンピックで人気が出る競技は?

毎日北京オリンピックでは熱戦が続いています(^O^)。

一流選手たちの感動のドラマを見て、自分もあんな感動を味わってみたい!と、オリンピックを機に体を動かし始める方がたくさんいらっしゃいますね(^O^)。ちょうど少しだけ猛暑が和らいで、スポーツにはいい時期でしょう。

街のOLさんにはランニングがプチブームで、出勤前に走って汗を流せるよう早朝から開いているスポーツクラブもあるそうです。

日本選手が活躍した競技が、オリンピック後人気が出るのもいつものことですよね。

トリノオリンピック後、カーリングが大変なブームになり競技人口が増えたように、今回のオリンピック後、人気が出る競技はソフトボールフェンシングではないかと、うさみは勝手に思っています(*^。^*)。

ソフトボールは何といっても金メダルまでの死闘がすごかったですね!!
次回からオリンピックの競技種目からはずれてしまう最後の大会で、何とか今までの最高位・銀を超えたいという悲願がチーム全体から溢れていました。

決勝戦、アメリカチームはごつい筋肉隆々のお姉さん揃い、日本チームはふつーの女の子の体格で、当たり負けしそうに見えましたが、気迫で圧倒しましたね。

日本チームの奮闘を見て自分もソフトボールをやりたい、という女の子がたくさん出て来るでしょう(#^.^#)。
東京が立候補している2016年の大会に復活する可能性がまだあるそうですから、選手人口が増えて、またオリンピックで熱戦を見られることを願っています。

続きを読む "オリンピックで人気が出る競技は?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

ミモザ、ローズ、ジャスミン

先日ジバンシー(Givenchy)から香水のDMが届きました。20080821_p1090409

2007年に摘み取られた最高級の花々が香る贅沢なフレグランス”、2007年ヴィンテージのお花が原料の特別な香水が3種類、発売になるというお知らせでした。

インドのミモザモロッコのダマスクローズエジプトのジャスミンの3種類です。

どれもうさみの好きな花です~(#^.^#)。花の故郷の名前がついているのも、エキゾチックな想像をかき立てられます。

限定だし、みんな欲しい~\(◎o◎)/!
はいはい、全部は買えないのよ、ひとつ選びなさい、とお母さんに諭される小さい子のように、自らを戒めました(^_^;)。

20080821_p1090407 実際の香りを嗅がせてもらって決めることにし、いそいそとお店に向かいました。

インド産ミモザは、元になっている香水が「アマリージュ」で、グリーンでエレガントな香り、とのこと。
モロッコ産ダマスクローズは、「ヴェリイ イレジスティブル」で、繊細で官能的、エジプト産ジャスミンは、「オルガンザ」で、喜びに満ちた芳醇な香り。
20080821_p1090408
香りの好き嫌いは、理屈はなくて感覚ですよね・・・ムエットに一噴きしてもらった香りを順に嗅いだら、うさみの脳にガツンと来たのはジャスミンでした(^O^)。

ローズもいい香りだと思ったのですが、少しパンチが弱く感じられました。

暑い間は、柑橘系やグリーン系のさっぱりした香りばかり使っていましたが、秋は地中海の太陽に育てられたジャスミンの高貴な香りでまろやかに行きましょう~(*^_^*)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

自由研究

夏休みもあと10日ばかりになりました。

小学生の自由研究課題におススメ、とネットで見かけたのは手作り鉛筆セット(#^.^#)。

鉛筆の芯と鉛筆6本分の、接着剤と紙やすりが入っています。
板に芯をはさみ、接着剤でくっつけ、乾いたら1本ずつに切り分けて周りを紙やすりで磨くという工程は、鉛筆工場とほぼ同じなのだそうです。
鉛筆って芯を板2枚ではさんで出来ていたんですね、角材をくりぬいて芯を入れているのかと誤解してました(^^ゞ。

割と簡単で楽しそうなので作ってみたいです、でも最近めっきり鉛筆を使わなくなってしまったので、作っても使う機会が無いかも。

うさみは昔から想像力(妄想力?)はあっても、創造力に欠けていたので、”自由”研究という宿題が苦手でした。いいアイデアが思いつかないし、頭の中ではすごくいいと思っていても実際形にしようとすると出来ないところがあって結局冴えなかったり・・・。

今は何でもネットで調べられますし、専用キットも通販で買えるので、研究も楽になったのでしょうね。

小中学生向けに、性格診断でぴったりの研究テーマを提案してくれるサイトで診断してもらったら、うさみにぴったりな自由研究は”社会科・調べ学習”になりました。

「しょうゆができるまでを調べよう」「パン調べ」「コンビニエンスストア調べ」など、こんなテーマはどう?と教えてくれるだけじゃなくて、こうやって調べればいいよ、というデータシートまでダウンロード出来る親切振りです(^O^)。

光と色のふしぎな関係を調べよう」というテーマがあり、どんな風に調べるのかな、うさみもやってみようかな、と見てみたら、「光と色のふしぎが調べられる高輝度発光ダイオードを使った実験キット」を使っての実験なので、まずキットを買わないといけないのでした(^_^;)。
光の三原色と加法混色(混ぜると白くなる)の実験、とってもやってみたいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

2,500円弁当

「ヨン様ファンの経済効果 2,500円のヨン様弁当が11万個売れた」という広告見出しが気になって、めったに読んだことのない週刊ダイヤモンドを立ち読みしました(^O^)。

ヨン様弁当とは、先の6月にコンビニチェーンのセブンイレブンが発売した、ぺ・ヨンジュン企画の期間限定予約制の韓国料理弁当のことです。20080609_p1090007

うさみも店頭で宣伝チラシをもらいました(^_^;)。→

ヨン様が東京でプロデュースしている高級韓国料理のお店、「高矢禮(ゴシレ)」が企画した韓国料理のお弁当は、体によくて美味しそうではありました。

でも、お値段が1個2,500円

話のタネ(かつブログのネタ(^_^;)に食べてみたい、が、2,500円も出してもし万が一不味かったら嫌だなあ、販売日が決まっていて店頭まで取りに行かなくてはいけないのも面倒だし・・・等々と考え20080609_p1090008 て結局注文しませんでした(^^ゞ。

それが全国で11万個も売れたなんて、ヨン様ファンのパワーはすごいですね。
週刊誌の記事によると、ヨン様ファンは、お金もあれば口も出すため、物を売る側からすると何を求めているのかわかりやすいし、買ってくれる見通しが立って有難いのだそうです。
お弁当を予約したのも、いつもあまりコンビニに行かない年齢層(うさみと同じくらいから上)の女性だったそうで、新規顧客開拓にもなったセブンイレブンは大喜びで第2弾を企画しているそうです。

2,500円あれば、映画館の当日券を買って、ポップコーンに飲み物も付けられます。歌舞伎座の3階B席は2,000円、東京ドームのプロ野球指定席Cが2,300円です。
格安DVDは5枚、週刊モーニングなら8冊、厚めの文庫本でも2冊は買えますね。

ソウルや東京のヨン様のレストランにはそう簡単に行けないから、代わりに、と思えば2,500円でも高くないと思いますが、コンビニで買うお弁当が2,500円だと思うと、とんでもなく高く感じます(-_-;)。物の値段と価値のバランスが、その人の考えや嗜好の表れなのでしょう。

お弁当第2弾が出たら、今度はうさみも予約してみようかなあ(#^.^#)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

ねじキューピー

以前記事にした、「ねじキューピー」をゲットしました~(*^^)v。

20080818_p1090397 ずっと売切れで、「8月中旬以降に入荷」となっていましたが、先週金曜日に「入荷」の貼り紙を発見。
その日はお店がお盆休みだったので、週明けでもまだあるかな、あったら買おうと思っていました。

今日お昼休みに行ってみたら、表に貼ってあるポスターでは、2種類が売り切れで、後はまだ好きな物を選べるようです(^O^)。
お一人様3個まで、だそうで、ネジを持っているキューピーと、ナットを持っているキューピーを1個ずつにしようと決めて、いざお店の中へ!

お店の前はよく通りますが、中に入ったのは初めてです。(ネジ屋さんですから、事務仕事のうさみにはご縁がありません・・・。)

いや~、圧倒されました~(@_@;)(^◇^)。

足元から天井まで、隙間なくネジや工具などの商品が展示されています。お店の奥の在庫スペースとは、一段高いカウンターで仕切られていて、レジカウンター越しにのぞける在庫スペースは、小さなネジの箱が天井まで積み上げられて、列を作っています。
イメージ的には、ハリー・ポッターシリーズに出て来る魔法の杖のお店、かな?ちょっと違いますが(^^ゞ。

あれだけの数と種類の在庫をお店のご主人は把握していらっしゃるのですねえ、日本の物造りの原点を見た!というような気になり、何だか嬉しくなりました(#^.^#)。
と同時に、関係のないうさみがちゃらちゃらとキューピーを買いに来てすいません、売ってもらえるのかしら、と不安になりました。20080818_p1090398
さっきうさみと入れ違いにお店から出て行ったお客さんも、どこぞの工事現場から直行らしきラッパズボンのお兄さんでしたし・・・。

でもカウンターの見本を指差して、これとこれを、と頼んだら、何の問題もなく売ってもらえました(*^。^*)。

ねじグリーン」と「ねじナット」です、各550円。

20080818_p1090399見えている部分は顔と手だけですが、フェルトで出来たグレーのねじ内部にキューピーの胴体と足が入っているのが触るとわかります。
現物は、写真を見て想像して20080818_p1090400いたより可愛いです(#^.^#)。

後姿は、大きさの比較のため、チロルチョコ(ほぼ2cm角)と並べて撮ってみました。
蓑虫みたいですね(*^_^*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

夏の桃

20080815_p1090370最近、桃ジュースがうさみのマイブームです(#^.^#)。

面倒くさがりのうさみは、の皮を剥くのがとっても面倒で苦手なので、家ではめったに桃は食べません・・・。剥いているうちに手がべとべとになりますし、下手に力を入れるとあとがついてへこんでしまいますし、桃は扱いが大変(>_<)。

そして桃はすぐ色が変わってしまうので、生食と加工した物とは、味が違う気がします。加工ジュースは加工ジュースとして美味しいんですけどね(^O^)。

うさみのマイブームなのは、生の桃を搾ったジュース。

フルーツパーラーやカフェで、桃ジュースと出会う機会が続き、何度か続けて飲みました(*^。^*)。
皮と実の間が一番甘くて美味しいそうですから、皮付きをまるまま搾ったジュースは、加糖しなくても十分甘くてちょっと酸っぱくて夏の味です~♪20080817_p1090396_2

今日、地元のジューススタンドで飲んだのは、ピーチミルク。牛乳で割るのも合いました(#^.^#)。

桃には食物繊維、カリウムが含まれていて、便秘改善高血圧予防美容効果があるそうです。冷え性に効く成分もあるんだそうで、うさみはの弱いところをちょうど補ってくれる果物です。甘味の摂り過ぎには要注意ですが(^_^;)。

夏は、「桃湯」というのもありましたね。
桃の葉が、あせも湿疹に効くのだそうです。今日は涼しくてホッとしましたが、また明日から暑さが戻ってくるそうですので、桃湯にしてみようかな(*^_^*)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

浦和美術館めぐり

さいたま市浦和で開かれてる展覧会で見たいものがふたつ重20080816_p1090373なったので、プチ旅行(そんなに遠くありませんが(^_^;)のつもりで浦和に出掛けました。

途中、日暮里で乗り換える時、駅のコンコースにこんな垂れ幕を見つけました。
競泳の北島選手のご実家のコロッケ屋さんはこの駅でしたね(^O^)、今朝のスポーツ特番でもお盆休み中はお休みと知らないファンがたくさん訪れていると報じていました。

20080816_p1090374浦和駅到着~、たぶんこの駅に降りたのは初めてです (#^.^#)。20080816_p1090375
うさみが参加出来なかったポケモンスタンプラリーは明日で終わり、今日も汗でびろびろになったスタンプ帳を手に走っているこどもたちがたくさんいました。浦和駅のスタンプはニャースでした。
駅前に立っていた浦和うなこちゃん人形は、やなせたかしさんデザインだそうです。

綺麗なビルの3階に入っているうらわ美術館で開かれているのは、「ぐりぐらなかまたち 山脇百合子絵本原画展」です。
20080816_p1090380_2 
赤と青の帽子とズボンがトレードマークの野ねずみコンビが活躍する「ぐりぐら」の絵本シリーズ、うさみと同世代以降の方達にはきっとお馴染みですね(*^。^*)。20080816_p1090387
← エレベーターからぐりとぐらがお迎え(*^。^*)

「ぐりとぐら」シリーズを始め、「いやいやえん」や「もりのへなそうる」「あひるのバーバちゃん」など、絵本画家山脇百合子さんの絵本の原画が、こどもの身長に合わせた高さに展示されていました。(おとなにはちょっと低くて腰に来ましたが、こどもメインですから(^_^;)。

動物や草花がたくさん描かれた細かい絵は、の原色を多く使っているのに、優しくほのぼのとした雰囲気が出ていました。背景が白だからかもしれませんね。



美術館ロビーには、大きな絵の看板前で、ぐりとぐらの帽子をかぶってポーズを取れる20080816_p1090376 20080816_p1090378 念写真コーナーが設けられて、人気を呼んでいました(^O^)。
うさみも帽子をかぶってみたかったのですが、こどもが一緒でないと気恥ずかしくて出来ませんでした(-_-;)。

続きを読む "浦和美術館めぐり"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

暑気払い

今日の東京は気温34度・・・クーラーのきいた室内にいても、ちっとも涼しくない日でした(冷え性うさみが涼しくないと感じるなんて、相当のことです(^^ゞ。

20080810_p1090355少しは涼しくなるように、この間街で見かけた氷の彫刻職人さんの画像をアップしてみます。あっという間に彫り上がって行ってすごかったです。

会社の同僚たちは、暑気払いの景気付けをしようと、お昼にの出前を取っていました。美味しくてそれほどお高くないおススメのお店なのだそうです。うさみも誘ってもらいましたが、参加しませんでした(^_^;)。

人と何を食べようかと相談になる時、「鰻以外でお願いします(^^ゞ。」が決まり文句のうさみです。
口にするのもダメな程嫌い、ではないのですが、食べても美味しいと思えないのです。割とお値段が張るのに、美味しく食べられなかったらもったいないですから、あらかじめ言える時は鰻はダメと言う様にしています。

松花堂弁当に入っている鰻巻き玉子くらいなら食べますが、鰻重は鰻とご飯オンリーですものねえ・・・。あの香ばしい醤油ダレがこげたような匂いはとても美味しそうで、食欲をそそられますが、うなぎ本体の泥臭い匂いは苦手です。(・・・うなぎが泥臭いと思うのは気のせいですか?)

うなぎは苦手でも、うなぎパイは好きです(#^.^#)。
”夜のお菓子”といういかがわしげなキャッチフレーズもいいですよね。(本来はそういう意味ではなくて、夜の一家団欒のお供に、というつもりだったそうですが(^^♪

先日久しぶりにお土産でいただきました。
うなぎパイは、子供時代のうさみの、もらって嬉しいお土産ランキング上位に入っていました。(下さる方には申し訳ない話ですが、もらってもあまり嬉しくないお菓子もありました・・・(-_-;)。

最近は浜松まで行かなくても買えるので、ちょっと有難みが失せていましたが、久しぶりに食べたらとても美味しくて、ベストセラーなだけあるな~と感動しました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

お盆休みとオリンピック

世間はお盆休みで、道路も電車もガラガラです・・・。

うさみは眠い暑いと文句をたれながら出勤しました(^_^;)。
眠いのは、毎晩ついオリンピックの特集番組に見入ってしまうからでしょう。結果はニュースや速報で知っているので、もうこのへんで止めておこうと思うのに、メダルの瞬間をあと1回見てから、せっかくだからスタジオインタビューでナマの喜びの声を聞いてから、となってしまって、床に着く時間がうさみにしては遅くなっています。

特にどの選手のファンだとか、どの競技に思い入れがあるとかではありませんが、頑張るスポーツマンの姿は心がすっきりしますね。力を出し切れなくて涙する姿は痛々しいですが・・・。

今日はお昼前、会社の大型テレビ(緊急ニュース用、普段は電源を入れないので、存在を忘れています。)の前に異例の人だかりが出来ていました。
もちろん、北島選手の200m平泳ぎ決勝戦生中継の観戦です(^O^)。

ライブ映像は見ている方も緊張して力が入りますね。
結果はご存知の通り金メダル\(^o^)/!!
有限実行ですごいなあ~、とひたすら感心。

北京オリンピックの競泳中継は、ゴールが近くなると世界新記録のタイムを示す緑のラインが表われますね、どういう計算で出しているのか仕組みが知りたいです。

検索サイトのGoogleトップページは、何かイベントのある日はそれにちなんだイラストが、Googleのロゴとうまく絡めてアップされます。

北京オリンピックが始まってからは、毎日違うスポーツと動物のイラストが出て来て、今日はどんなイラストだろうと楽しみです(#^.^#)。
今日は龍とネズミがバスケットボールのゴールを争っているイラストでした。龍=中国だと、ネズミは何かの暗喩?と深読みしたくなりますが・・・。

豪華絢爛の開会式中継を見て、次のオリンピック開催予定地のロンドンでは、あれ以上の開会式はロンドンでは無理だ、1年も練習に付き合う人間はロンドンにはいない、どうするんだ、という声が上がっているそうです(^^ゞ。
演劇の国ですから、人もお金もかけなくても、記憶に残るイベントを企画するノウハウはありそうな気もしますが・・・。
その次の大会に立候補している東京はどうでしょう?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

1口30回、卑弥呼の歯がいーぜ

先週鍼の先生に、「1週間、毎日どんな物を食べたか書いて見せて下さい。」と言われました。

西洋医学的には、食べ物はカロリーや栄養素のバランスで見るのだと思いますが、東洋医学的には陰陽乾湿季節、その人の体質と合うか、などまた違う見方があるようです。

正直に、と念を押されましたので、朝昼晩のお食事、間食や飲み20080803_p1090294_3物までずらずらと書き連ねて持って行きました(^_^;)。

甘い物(おやつ系)の摂取、今週は少なかった方なのですが、それでも多過ぎると言われました(>_<)。スポーツドリンクや果物など、自分では甘い物のつもりでなくても、糖分が多く摂れてしまう物ってあるのですね・・・。

そしてもうひとつ、とても意外だったのが、柔らかい物ばかり食べている、という指摘でした(・_・;)。

パンもパスタもお菓子も柔らかい、柔らかい物ばかりだと噛む回数が少なく、胃が動かずに、食べたものがエネルギーにならないそうです。いきなり食生活を変えるのは無理でしょうから、よく噛んで食べるように、というアドバイスをいただきました。1口30回という目安がありますが、30回は難しいので10回以上を心がけて、と。

1口30回、口に含んだ食べ物を飲み込むまでに30回咀嚼しろ、ということですね(^^ゞ。

20080731_p1090289次のお食事で、噛んだ回数を数えながら食べてみましたが、30回はウシじゃあるまいし、いつまで噛んでろって言うの~!?という感じでした(^_^;)。
ゆっくり噛んで1口15回くらいがやっとです。うさみは早食いなのも、噛む回数を減らしている模様です・・・。

マクロビオティックですと1口50から100回、という教えもあるそうです、それはもう食事というより修行のレベルでは・・・?

続きを読む "1口30回、卑弥呼の歯がいーぜ"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年8月12日 (火)

理想の眉毛

先日、通勤帰りの電車は、自分の前で文庫本を開くスペースも確保出来ないほど混雑していました(>_<)。
一方向にしか顔を向けられず、しょうがなくお隣に立っていた20代後半くらいのサーファー風お姉さんのお顔を注視することになってしまいました。

あら、何かこのお姉さんのお顔には違和感があります。何でしょう?

・・・・・???・・・・・(ー_ー)!!

わかりました!!眉毛です!!
自毛を剃って描いた眉毛らしいのですが、とーっても短いのです(@_@;)。

メイクの教科書的理想の眉は、眉頭は目頭の真上、眉尻は小鼻と目尻を結んだ線の延長上で眉頭と同じ高さ、眉山は眉頭から2/3のところ、この3点を決めたら自分の骨に沿った自然なカーブを描く、でしたよね?

最近は短めの眉が流行りだと聞いてますが、それにしてもそのお姉さんの眉尻は黒目の上あたりの位置でした・・・横顔だとほとんど眉が見えません(・_・;)。
さらに眉頭から眉尻に向かって上がり眉なだけで、眉山が無い形なのです、逆ハの字の麻呂眉とでも呼びましょうか・・・(^_^;)。

わざわざ眉を抜いて描くという手間をかけていらっしゃるのですから、これがいいと思っていらっしゃるのでしょうね?うさみおばさんには、いささか知性に欠ける表情に見えてしまいました(^^ゞ。

続きを読む "理想の眉毛"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

リンゴ

最近、うさみは林檎にご縁があるようです(#^.^#)。

20080811_p1090363ここのところ、お気に入りでコンビニに行くとたいてい買ってしまう飲み物は、Volvicからこ の夏数量限定発売のFruitKiss Green Appleです(^O^)。

ミネラルウォーターにほのかなリンゴの甘みがついています。

フルーツキスのシリーズでは、今までレモン味がありましたが、試し飲みしたレモン味はそれだけで飲むには中途半端に感じられました(^_^;)。
グリーンアップルは、甘酸っぱいのが夏に合うようで、水分が足りな~い、ごくごく飲みたい、でも味のないミネラルウォーターや麦茶ではちょっと元気が出なくて物足りない、かと言ってジュースや砂糖入り紅茶では甘過ぎ、という気分の時にぴったり(*^_^*)。

ボトルキャップがグリーンアップルの黄緑色なのも、爽やか20080811_p1090365で癒し系ですね。
普通のVolvicよりボトルキャップが一回り大きいのは、より香りを楽しめるように、という配慮なのだそうです。

本国フランスでは、フレーバーボルヴィックは、4シリーズ合計14種類もあるのだそうで、グリーンアップルが売れれば、これから他の味も出て来そうですね(*^。^*)。


もうひとつ、最近かかわりのあったリンゴは、この本、「奇跡のリンゴ 絶対不可能を覆した農家木村秋則の記録」です。

続きを読む "リンゴ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

「高橋留美子展」とラデュレ

銀座松屋で明日まで開催されている「高橋留美子展」の招待券をいただいたので、駆け込みで行って参りました。20080810_p1090359

いやいや、大混雑でした(^^ゞ。
さすが人気漫画家さんの初個展、それもシャイで目立つことがお嫌いなためか、御自身が「たぶん最初で最後」とおっしゃる展覧会ですね~。

今年がデビュー30周年、今では少年漫画誌に女性漫画家、その逆も珍しくなくなりましたが、デビューされた頃は大変なこともあったのでしょうね。
20080810_p1090360プロフィールを拝見したら、新潟県ご出身なのですね(^O^)、うさみと同じ~、年齢層も近いですし、ぐぐっと親近感が増してしまいました。

うさみは、高橋留美子さんの作品は、あまり漫画では読んでいませんが、アニメはそれなりに見ています。

特に「うる星やつら」は好きでした~、映画版も見ました。
好きなキャラクターは、コタツネコテンちゃん(#^.^#)、もけもけしたキャラに魅かれます。
主人公のダメ男で女好きなあたるが、いざとなるとちゃんとラムちゃんのために戦ったり努力したりするところが良かったです。



展覧会は、「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」「犬夜叉」という4つの作品ごとの部屋があり、カラー原画・生原稿・世界各国で出版されたコミックス・模型が展示されていました。
人が一番集まっていたのは、「My Lum」という、有名作家さんがそれぞれのラムちゃんを描いたイラストコーナーでした。みなさんそれぞれにこだわりがあって、それぞれのラムちゃんになっていて面白かったです。20080810_p1090361

会場外の販売コーナーは、切符を買わなくても入れるようになっていて、限定のグッズや図録を求めるファンの長蛇の列が出来ていました。絵葉書はほとんどの種類が売り切れでした。
会場をうめていたファン層は、男女比同じくらいで、年齢も小学生から作家さんと同じ世代までと幅広く、人気の深さに驚きました。

続きを読む "「高橋留美子展」とラデュレ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

夕涼み

平日は昼間ずっと冷房のきいたオフィスにいるため、夕方仕事が終わって外に出ても、ちっとも涼しくなっていない(-_-;)とぶつくさ言っています。
休日は、日が昇っている間は、家にいても動くと暑い、外に出るともっと暑い、どこか行きたくても暑くて気力が出ない、と引きこもり気味で過ごしてしまいます。夕方になると、風が出て来てすこぅし涼しく感じられるようになり、じゃあ外に出てみるか、となるのです(^^ゞ。

夏の夕方は、日が長いので暮れきらず、視界もきいて、夕涼みのそぞろ歩きにぴったりですね。20080809_p1090334

夕涼み、何て美しい言葉なのでしょう。
昼間の熱の名残りセミの声夕焼け涼風が思い浮かぶ言葉ですね。日本語って素晴らしいです(#^.^#)。

ユーミンにも「夕涼み」というタイトルの名曲♪がありましたっけ。

   窓を開けて 風を入れて
   痛いくらい吸い込んだね
   濡れた髪と 焼けたうなじ
   痛いくらい抱きしめたね
   二人きりの夕涼みは
   二度と来ない季節



マイカーの窓を開けてこの歌を流して走りたいところですが、うさみの愛車は自転車ですので(^_^;)、鼻歌で我慢。

日暮れ時、少し気温が下がって夏の花々もちょっと元気になっているように見えました(^O^)。

20080809_p109034820080809_p1090343
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

カラーセラピー携帯

20080808_p1090311_2この夏モデルの携帯電話CMで、「光のカラーセラピーで癒される」という謳い文句をチラッと耳にし、携帯でカラーセラピーってどんなの?と早速メーカーサイトをチェックしてみまし た(#^.^#)。

auW64SA(bySANYO)モデル、折りたたみ式で本体カラーは4色展開。
ショッキングピンクのPink Bottle、みかん色のOrange Bottle、白のWhite Bottle・黒のBlack Bottle・・・名前にbottleがついているのは、カラーセラピーのボトルを意識しているのでしょう。

カラーが売り物の割にはフツーなカラバリですね?
それにカラーセラピー的には、というのはマイナス面が多い色なのではなかったでしょうか?黒は抑圧とか拒絶を意味しているので、いつも黒ばかり身につけているのは避けたほうがいいと書いてある物が多いです。

説明をよく読むと、カラーセラピー効果があるのは、本体に浮かび上がる光のイルミネーションの方で、本体色はあまり関係ないらしいです(^^ゞ。20080808_p1090310

携帯を素早く振ると、本体に浮かび上がる2色の光(イルミネーション)が変化したり、砂時計のように光が落ちたりするそうです。2色のイルミネーションを自分で選んで、その組み合わせからカラー心理分析したり、お洋服のコーディネートの参考にしたり出来るとか。

カラーセラピストの先生の監修で作られていますが、真剣に癒し効能を期待するよりは、それらしくお洒落っぽければいいという感じです(^^ゞ。
ついている機能(ウォーキングやランニングの消費カロリーを計算記録できる、横から画面を見られないようブロックする、ワンセグにワイヤレスプレイヤー)や、宣伝(雑誌CancamのモデルさんとDragon Ashの曲)ラインからも、対象が若い女性なのはわかりますし・・・。

どのみちストレート携帯命のうさみには、自分が使う機種として対象外ですが(^_^;)。

色光を浮かび上がらせることが出来るなら、透明か乳白色の本体で、その日の気分で全体を違う色に出来る携帯が欲しいですね。
だいぶ前に着せ替え携帯(カバーを取り外しして模様替えする)というのはありましたが、本体そのものの色が変わるのは無いですよね?
あとは、模様や字が光で浮かぶとか、癒しの香りがするなんていう機能もついてると楽しいですね~(^O^)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

タリーズ11周年

今日はいつもより早く家を出て、会社に行く前にタリーズに寄ろう、と数日前から決めていましたのに、寝坊してしまいました(@_@;)!
目が覚めたら普段家を出る時間!

慌てて飛び起きるうさみに、愛犬が自分の部屋から出て来て「このへんをなでてくれ!」とアピール。20080724_p1090243
いつもはうさみが起きても知らんぷりの癖にこんな日に限って出て来るのね、嫌がらせなの?しょーがないからちょっとだけお相手しますよ、でも今度からは出来たら、いつもの時 間だよ、って起こしてね。

愛犬のお相手を含め、起きてから20分で家を出ました。出勤時間には余裕を持っているのでそれでも遅刻はしませんが、タリーズには寄れませんでした(>_<)。

お昼時を待って、いざタリーズへ!
20080807_p1090308今日は開店11周年記念で、全国で先着10万名のお客様にノベルティの携帯クリーナーをプレゼントしてくれるのです。全国で10万個だと各店の割り当ては何個になるのでしょう、朝イチなら安全でしょうから、出勤前に行きたかったのでした。
お昼でも、無事もらえました~\(^o^)/。

銀座にタリーズTully's Coff20080807_p1090306ee)の1号店(銀座4丁目の角からすぐの場所、今はビルの建て替えで無くなってしまいました。)が出来てから、もう11年ですか。

当時、巨大コーヒーチェーン、スターバックスに対抗するシアトルコーヒーのお店がオープン、社長はもと銀行マンの若い日本人で、アメリカで飲んだコーヒーに惚れ抜いて必死に創業者と交渉して日本展開の権利を得た、というのはかなり話題になりましたね。

うさみはコーヒーを飲まないので、コーヒーの違いはわからないのですが、サンドイッチなどのフード類はタリーズの方が美味しいと思っていました(最近はスタバのフードも前より美味しく、というか日本人好みの味になってきた、のかな?)。

スタバは店内完全禁煙でタバコを吸いたかったら戸外の席しかありませんが、タリーズはお店によって喫煙席(ガラスで仕切られた別のお部屋)があり、喫煙者に好まれています。

続きを読む "タリーズ11周年"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

甲子園の季節

8月のこの時期、真っ青に抜けそうな空とモコモコ雲を見ていると、何とな~く口にのぼってくる歌があります(^^♪。

く~も~は~わ~き、ひっかりあふ~れ~て~、て~んたぁかぁくぅ~、じゅんぱっくのたま、きょうぞ~と~ぶ~

歌詞を覚えようとしたこともなく、カラオケで歌ったこともなくても、メロディーと歌詞(1番だけ)はくまなくうさみの頭に入っているこの歌、日本人のほとんどの人が知っているそうですね、全国高校野球夏の大会の大会歌「栄冠は君に輝く」です(^O^)。

ちなみにちゃんとした歌詞はこちら↓ (作詞:加賀大介 作曲:古関裕而)。

1.
雲は湧き 光溢れて 天高く 純白の球 今日ぞ飛ぶ
若人よ いざ まなじりは 歓呼にこたえ
いさぎよし 微笑む希望 ああ栄冠は君に輝く
2.
風をうち 大地を蹴りて 悔ゆるなき 白熱の 力ぞ技ぞ
若人よ いざ 一球に 一打にかけて
青春の 賛歌をつづれ ああ栄冠は君に輝く
3.
空を切る 球の命に かようもの 美しくにおえる健康
若人よ いざ 緑濃き しゅろの葉かざす
感激を 目蓋にえがけ ああ栄冠は君に輝く

作詞したのは、ご自分も野球をやって甲子園に憧れていたものの、怪我で果たせなかった方なのだそうです。
うさみは♪まなじりは 歓呼にこたえ♪という所が好きですね~。

勤め人になるまで、うさみは春と夏の高校野球が始まると、新聞のトーナメント表を切り抜き、昼間はずーっとテレビ中継を観戦、夜はスポーツニュースで復習、決勝戦の翌朝優勝校を宿舎に訪ねてのインタビューで総仕上げ、という日々を送っていました(^O^)。

自分がスポーツ音痴なゆえに、ひたむきに球を追いかける汗と土にまみれたユニフォームに憧れたんでしょうね~。

続きを読む "甲子園の季節"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

不審な間違い電話

週末の夜9時過ぎ、うさみの携帯電話が鳴りました。

アドレス帳に登録していない携帯電話の番号からでしたので、間違い電話だろうと電話には出ずに放置。テキは留守番メッセージに吹き込んでいる模様です。

ひょっとして会社関係かな、とメッセージを再生してみると、

「こちら、○○警察署の携帯電話です、山口さん、すぐに電話下さい!!」(?_?)(@_@;)(?_?)

○○警察署・・・聞き慣れない地名でわかりませんでした、いったいそれってドコ?それに、うちは山口さんじゃありませんし、親戚友人にも山口さんはいません。
警察って携帯から電話するかなあ?きっと警察をかたった新手のイタズラだよね、折り返したらこの番号が有効って知られちゃうし、無視無視(^^ゞ。

・・・と思う間もなく、また同じ番号から電話です!
や~ん、しつこい!イタズラには付き合わないわよ!20080719_p1090194

放っておいても、2分と置かずに何度も何度も電話がかかってきます<(`^´)>。警察がこんなにシツコイとは思えません、悪質なイタズラね!
よ~し、この番号を着信拒否に設定しちゃえ~。さ、もうこれで大丈夫(^O^)。

ん?また電話??
今度は見たことのない市外局番からの電話です。これ関東じゃないよ、一体どこ?

留守番メッセージに入っていたのはさっきと同じ人の声のようですが、電話に向かって話しているのではなくて、その場の会話が電話に入っているような変なメッセージで、何だかガサガサ殺伐とした雰囲気・・・。

薄気味悪くなったので、その時間なら他に用も無いし、と携帯の電源を落としました。
一晩明けて、恐る恐る電源を入れましたら、それ以上のメッセージは入っていませんでした(*^_^*)。

一体何だったのかしら、もう迷惑千番~!
着信履歴に残っていた一般電話の番号をネットの電話番号調べで検索してみました。あ、検索結果1件あり・・・NTTに登録してある番号なのね・・・

続きを読む "不審な間違い電話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

帰宅支援キット

最近うさみが、欲しいな~、自分で買っちゃおうかな~、でも出来れば会社で買ってくれないかな~と思っているのが、キングジムから今月末に発売になる「帰宅支援キット」です。

都心にお勤めのサラリーマン・OLさんがオフィスにいる間に被災して、何とか自力で郊外の家に帰らなくてはならなくなった時、役に立つグッズを集めたキットです。

内容は、お水クッキーライトマスク軍手毛布簡易トイレティッシュナップサック

このキットのスグレモノな所は、これらをA4のファイルボックスに詰めたところだと思います。
かさばる大きな防災グッズは、あっても普段は邪魔になってどこかにしまわれるだけなんですよね(-_-;)。前、社員1人に1個配布された非常用ヘルメットは、みんなが「置くとこが無くて邪魔~。」「自分は使わないからいらない」と不評でした。結局、脚立に乗らないと手が届かない(=いざという時すぐに使えない場所)キャビネットにまとめて放り込まれていましたっけ。
このファイルボックスなら、机・キャビネットにもしまえますし、家具の隙間のちょっとしたスペースに隠しておくことも出来ますよね(*^。^*)。

あとは、歩きやすい丈夫な靴が必須だそうです。
うさみは普段でもぺたんこ靴を履いていますが、スニーカーを1足会社に置いておこうかな。

続きを読む "帰宅支援キット"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年8月 3日 (日)

アレクサンドルのバレッタ

うさみは面倒くさがりでモノグサなので、ほとんどブログのアクセス解析画面をチェックしていません(-_-;)。
ブロガーさんによっては、来訪者のIPアドレスや来訪元、来訪時間など細かくチェックされているようですが、うさみはあまり気にしていません。自己満足の零細ブログですし・・・(^O^)。
でもたま~に、検索キーワード、どんな単語で検索してこのブログに来て下さったのか、という画面は見ています。

今日見ましたら、旬の「ポケモンスタンプラリー」が検索ワードのトップを取っていましたが(制覇のお役に立つ情報がのってなくて、すみません<m(__)m>)、コンスタントに上位に出て来るのが、「アレクサンドル」または「アレクサンドル・ドゥ・パリ」です。
20080803_p1090298_2 
去年、お気に入りバレッタのブランド、ということで、アレクサンドル(Alexandre de Paris)についての記事を書いています。

多分日本のブランドホームページがないので、情報を求めるお嬢様方がいろいろ探して辿り着いて下さっているのでしょう。
件の記事には、確かアメリカのサイトを見つけてリンクを貼っておいたのですが、今日チェックしたらサイトが変わってしまっていて、ギャギャっとなってしまいました。ひょっとしてここをクリックした方がいらしたら、すみません<m(__)m>(;O;)。無関係のサイトへ誘導するつもりじゃなかったんですよ~!そのリンクは即はずしておきました(^_^;)。

改めて、本家のサイトを探したら、見つかりました(#^.^#)。
英語オンリーですが、今シーズンのコレクション画像、製20080803_p1090304作過程の画像、世界のお店情報等見られますので、ご興味のある方はどうぞ。

日本では、東京・大阪・京都・名古屋・福岡・横浜にお店があるそうです(2008年8月現在)。
高島屋さんは、ネットでも少しですがお取り扱いがあるようですね。

→↓ うさみのコレクションから(#^.^#)
何か似たような色が多いですね・・・どの服にも合うように、と思うと、こういう色を選んでしまうのかな。

20080803_p1090299金具部分は本当に丈夫で壊れないのですが、細かいプ ラスチック部分は壊れやすいので取り扱いに気をつけるよう、と言われます。
着ける時は、飾り部分でなく20080803_p1090301本体部分を持つこと、はずしたらそのままバッグに突っ込んだりしないこと(何かに包んで衝撃を受けないようにする)、と。

20080803_p1090300 このお花バレッタは、ある日気が付いたら、花びらが1枚根元から折れてしまっていました(>_<)。
折れた部分はどこかにいってしまいましたし、この部分はお直しが出来ないのだそうです。
よく見なければ気付かれないだろうとそのまま使っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

こんな本を読みました~「O型 自分の説明書」

世間には血液型にすごく拘る方々がたくさんいらっしゃいますね(^O^)。
初対面で必ず相手の血液型を聞かずにはいられなかったり、友人知人の血液型を全て把握していて、何かにつけ「○さんは×型だから~」とコメントしたり、芸能人の行動も血液型で分類したり。

この間、カフェで隣りに座った女子大生の会話がもれ聞こえて、心底驚きました(聞き耳を立てていたんじゃなく、聞こえちゃったんですよ~、ほんとに)。
「今度男の子を紹介してもらうことになってるんだけど、後でその人血液型が×型って聞いちゃって、絶対うまく行かないと思うから断りたいの。」
・・・まだ会ってもいないのに、血液型だけで断っちゃうんですか?最近のお嬢様はそういうもんですか??うーん、お見合いの条件で身長学歴財産以外に、血液型、っていうのもあるのかも・・・(^◇^)。

去年からベストセラーになっていた、血液型別「自分の説明書」。
著者さんご自身がB型で、まわりにB型人間が多かったので、B型の行動を分析して理解してもらうためのマニュアル本として出したのが、「B型 自分の説明書」です。
それが大ヒットし、ぜひ他の血液型の本も、と請われてA型AB型、と出て、先日最後のO型が出ました。



うさみは血液型にそれほどこだわってはいません。

本当は血液型の話ってどーでもいい。
「何型はこういう性格」って言われても、「ふうん、そーなんだ。」ってなる。
でもその話題で盛り上がれるなら、全然オッケー!


・・・まさしく、説明書に書いてあったこのノリです(^_^;)。
でも、A・AB・Bと本屋さんの平台にどーんと積まれてバンバン売れていくのをずーっと見ていて、何でうさみのO型が最後にされてるのかしら、日本人に占める割合としてはBより多いはずなのに、O型本だけ出ないんじゃないでしょうね、いつ出るのかしら、と気になっていたので、ようやく出たO型の説明書を見たら買わずにはいられませんでした。

このシリーズは、占いのように性格の説明や相性ではなくて、○型ってこんなことしちゃうよね、という行動タイプや性質がずらずらとあげられている、その血液型のマニュアル本です。だから自分に全部あてはまらなくても、あてはまっても、笑ってすませられるのでしょう(^◇^)。

続きを読む "こんな本を読みました~「O型 自分の説明書」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

今週のうさみ的コネタニュース

今週のうさみ的超コネタニュースで~す。

★その1★

暑くて他の草花がぐったりしているこの時期、あちこちで元気な姿と甘~い香りで楽しませてくれる昔からお馴染みの花、オシロイバナの英語名が”four o'clock flower”だと知20080720_p1090216 りました(#^.^#)。

夕方から咲き始めるから、”4時の花”なのだそうです。
日本語の別名に「夕化粧」というのがあるのも、中国で「洗濯花」「煮飯花」と呼ばれているのも同じ意味だそうですが、全く知りませんでした、お昼から咲いているような気がしていました。20080731_p1090284

そう思って近所のオシロイバナ株に気をつけて歩いたら、朝出勤時から咲いているのがありました(・・?。
異常気象でお花の開く時間もおかしくなっているのでしょうか?でも昔から昼間にも咲いていたような気がするのですが・・・よく種を取って白粉にして遊びましたが、あれは昼間でした、その時お花は咲いていなかった、のかな(?_?)


★その2★

以前記事にした、近所の建売3分割ハウス(命名byうさみ)の残り2軒に、今週入居者がありました(^◇^)!

広告もはずされ、最近は週末の内覧会もなく、前庭のちょっとだけ土が出ている部分に雑草が生えて来て、このまま放置されてしまいそうな雰囲気でした。週末に駐車場でご近所さん(多分3分割の1軒だけ入ったお家のご家族?)がビニールプールを広げていたのを目撃した時には、すっかり空き地扱いなのねえと思っていました(-_-;)。

それが2軒同時に入居です。どちらもお子さんのいるお家で、すっかり賑やかになりました(*^。^*)。
こっそり値引きして買ってもらったのかな、不動産会社の借り上げ寮扱いにしたのかな、建売じゃなくて賃貸に変えたのかな、といろいろと推測していますが、真相はわかりません。

続きを読む "今週のうさみ的コネタニュース"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »