« オリンピックで人気が出る競技は? | トップページ | 秋コスメとヴァイオリン »

2008年8月23日 (土)

コロー展

コロー 光と追憶の変奏曲」を見に、国立西洋美術館へ行って参りました(#^.^#)。20080823_p1090421

気温が下がって過ごしやすい週末、みなさんどこか遠出して、美術館は空いているのではないかと予想していたのですが(^_^;)、誰もが同じことを考えるのか、コローが人気があるのか、大混雑でした。

ジャン=バティスト・カミーユ・コローはうさみにはちょっと思い入れのある画家です。

子供の頃、西洋美術館松方コレクションで本物の絵画に初めて触れ、強烈な印象を受けたのが、クールベミレーの「」、そしてこの展覧会にも出品されている、コローの「ナポリの浜の思い出」でした。
美術に関する知識とか、画家の評価など関係なしに、自分の眼と心が受けた印象で選ん20080823_p1090418 だという意味で、うさみにとって特別な位置にいます(#^.^#)。

今回の展覧会の目玉は、ルーヴルから来た”コローのモナリザ”、「真珠の女」(真珠をつけていないのに、タイトルが真珠?・・・冠の影が真珠に見えたのだそうです。)のようですが、うさみはコローの人物画よりも風景画が好きです。

森と湖、山と空と雲、林の間を抜ける道、陽の光と影・・・くぐもった色使いと輪郭に、画面を埋める空気の湿り気や動き(風)が見えるような気がしました。20080823_p1090429

同じ場所、または同じような構図で他の画家が描いた絵を並べて展示したものが何枚かありましたが、ラベルを見なくても、あ、これはコローじゃないな、とわかるのが興味深かったです。

ラベルと言えば、いつも絵の横に展示された解説文の文字が小さくて、混んでいると中々よく見える位置まで出られないのがストレスなうさみでしたが、今回の展覧会は、解説文の20080823_p1090431 拡大文字版、というパンフレットが各所に配置されているのが有難かったです(^O^)。

東京での展示はあと1週間ほどで終わり、その後神戸へ巡回します。

|

« オリンピックで人気が出る競技は? | トップページ | 秋コスメとヴァイオリン »

コメント

うさみさん

はじめまして!
私も「コロー展」に行ってきました。
会期末が近いので混んでいましたが、コローの絵に癒されました。行ってよかったです。
TBさせてくださいね。

投稿: よしりん | 2008年8月23日 (土) 21時44分

芸術面にまったく詳しくないくせに美術館に行くのは結構好きだったりします。
この作品好き、これはちょっと。。。的な見方しか出来ない私ですが、いいなって思って足を止めた絵ってコローの作品が多いのです。
もちろん風景画!
樹木と光の感じがとても好きです。
絵を見ながら、こんな写真が撮れたらいいな~なんて思ったりもします。

投稿: ちょびママ | 2008年8月24日 (日) 01時08分

いい展覧会がいつもあってる東京
 いいな。
 穏やかなかんじがして みたいですね。
 ミレーの晩鐘や 種まく人は見たことがあります。春 写真集見てみます。

投稿: 小紋 | 2008年8月24日 (日) 07時18分

>よしりんさん
コメント&TBありがとうございました
コロー展、混んでいましたね~。それほど人気があるとは思っていなかったので、意外でした。
これからもよろしくお願い致します。

>ちょびママさん
昔は、たくさんの中で有名な絵を見なきゃと思っていましたが、最近は、自分の好きな絵、心地よいと思う絵を見る方がいいと思うようになりました。自分の人生の残り時間、好きなものに費やせばいいじゃないか、と(^_^;)。
確かに、絵画の構図を見て、写真の参考になることってありますよね。私の写真はいつも全然ダメダメですが・・・

>小紋さん
最近はネットでどんな情報でも手に入れられますが、ナマで芸術に触れられる機会は貴重だなと思います。

投稿: うさみ | 2008年8月24日 (日) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/42249961

この記事へのトラックバック一覧です: コロー展:

» コロー展 [よしりんの食べある記2008]
上野の国立西洋美術館。 今、ルーブルから、コローの「モルトフォンテーヌの想い出」が来ている。 [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 21時42分

« オリンピックで人気が出る競技は? | トップページ | 秋コスメとヴァイオリン »