« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

壁の色

妹すまっぺが通っていた高校は、家から歩いて行ける場所にあります。
先日、何かのついでに学校の話になった時、

「なんであんなピンク色に壁を塗ったのかわからない。ピンクの学校ってヘン\(*`∧´)/!」

とすまっぺが息巻いており、「ん?○高の壁ってピンクだったっけ?」と腑に落ちませんでした(^^ゞ。

去年でしたか、○高の周りに足場が組まれて壁を塗り替えしていたのは気付いていました。作業が終わって綺麗になったな~とは思っていましたが、変な色だとはちっとも感じていませんでした。む~、うさみってば色の勉強しているくせに、色に鈍感(>_<)!?
ちょっと焦りつつ、高校の壁を見に行きました。

・・・これはピンクと言えばピンクですね・・・。20080923_p1090611
(またまた写真がうまく撮れていなくて申し訳ありません。PCの色調にもよると思いますが、うさみのPCでは実際より薄く見えてます(>_<)。
うさみにとっては薄いパステルカラーで壁材の色という認識でしかありませんでした。

内装までこの色だとちょっとうるさく感じそうですが、外壁だけなら許容範囲かなと思いましたが、学び舎としては遊びが勝ちすぎの色でしょうか?
たまにしか校舎を見ないうさみと、毎日そこを使っていた卒業生の感じ方は違うのでしょう。

気になる壁の色と言えば、最近黄色い壁のお家が増えて来たような気がしてなりません(^_^;)。

続きを読む "壁の色"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

紙の器

歯医者さんの待ち時間に、自分では買わない雑誌をパラパラめくっていましたら、エコのコーナーに目が留まりました。

環境に優しい、葦とさとうきびを原料に作られて、使用後は土に還るという、紙の器「wasara」シリーズの写真が載っていました(#^.^#)。
開発はインテリアデザイナーで、日本料理店や和菓子カフェも経営する方だそうです。

20080927_p1090643_2 これが紙で出来てる、ってことは使い捨て!?

丸皿角皿も、こだわりを感じる流れるようなデザインで、余計な飾りは無く、創作日本料理のお店で出てきそうです。
色はわら半紙みたいな色ですが、自然の色でシンプルな形に合っているとも言えます。ボウルコンポートのような、深さのある食器もあります。

これ本当に1回使ったら捨てちゃうの(@_@;)?

値段等の細かい情報を読む前に、うさみの診療順になってしまったので、帰ってからネットをチェックしました(^_^;)。何でも名前を覚えられないうさみにしては珍しく、和の皿、アルファベットでwasaraと覚えていたので、すぐ見つかりました。

お値段はお皿12枚で661円(1枚約55円)、コンポートは6個で913円(1個約152円)だそうです。100円均一ショップで買える紙皿に比べれば割高ですが、パーティーや行楽用ならこれくらいのお値段でもいいかもしれません。

今までの使い捨て紙皿は便利ですが、お料理をのせるとぐにゃっとしなる感じが心もとなく安心して食事に集中出来なかったりしました(^^ゞ。写真を見ただけでは確証ありませんが、このシリーズは手にした時の感じ・持ちやすさも大切にしたそうなので、もう少し食器として使い心地が良いのでしょう。

続きを読む "紙の器"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

Girlish Culture リカちゃん展

おとなの女性にむけた、いつもと違うリカちゃん展”というキャッチコピーの展覧会、「Girlish Culture リカちゃん展」を見て来ました(^O^)。20080928_p1090705

→このポスターのヘアリボンだけがイラストだということに、近くでまじまじと見るまで気付きませんでした(>_<)。

去年もリカちゃん展に足を運んだうさみです。
そんなに好きなのかと言われると、はい、少女時代はすご~く好きでした(^_^;)。
リカちゃんの着せ替えと、塗り絵遊び(ファッション雑誌のモデル風のイラストを集めたノートで、色を塗った後、真ん中から切り取り線に沿って切ると、トップとボトムを着せ替え風にパラパラめくれる物。今はもう無いみたいですね、あったら今でもやりたいな~。)20080928_p1090673 がうさみのファッション感覚の原点かなと思います(*^^)v。

今日の会場も、そんな昔リカちゃんで遊んだ世代の女性と、今リカちゃんで遊んでいる世代の女の子たちがたくさん集まっていました。
20080928_p1090680
最初のコーナーは、初代(1967年生まれ)2代目(1972年生まれ)のリカちゃん200体が展示されていました。

昔もこんなにたくさんのお洋服やアクセサリーが売られていたんですね~(^O^)。当時はリカちゃんは持っていても、市販のお洋服を何枚も持っている友達はいなくて、最初の1枚を着まわしか、器用なお母さんや親戚が作ってくれた手作りのお洋服を着せていたと思います。
20080928_p109068420080928_p1090677 
お人形の次は歴代リカちゃんハウスや、お店屋さん、家具や電化製品の展示でした。

続きを読む "Girlish Culture リカちゃん展"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

わんこの触り方

晴れたり曇ったりの変なお天気でしたが、快適な気温に誘われて、愛犬と長いお散歩に出ました(*^。^*)。

20080927_p1090668_3   

おうじとお散歩していると、知らない方から声をかけられることがあります。
犬好きの大人の場合は、わんこへの近付き方や触り方を心得ていらっしゃいますし、おうじがあまりのって来なければしつこくしたりなさいませんのでいいのですが、相手がこどもさんの場合は大変です(^_^;)。

たいていのお子さんは、遠くから「可愛いー!」「わんわん!」「小さい!」等と叫びながら、おうじに向かって走ってきて、いきなり撫でたり抱いたりしようとし、おうじが怖がって逃げてもお構いなしで追いかけてくれます(>_<)。

万が一おうじがパニックのあまり子供さんを噛んだりしないよう(今まで人でも犬でも噛んだことはありませんが念の為)、さりげなく引き離すようにしています。20080927_p1090648
わんこを構う仁義を知らない相手に、嫌がるおうじを触らせてあげる義理はありませんし~(^_^;)。

たまには小さい子でも、ちゃんと「触って(撫でて)いいですか?」とうさみに聞いてくれることもあります(*^_^*)。
そういう時は、快く応じています。

今日も公園で、ご両親と一緒に遊んでいた幼稚園くらいの女の子が「可愛いワンちゃん!」とそばにやって来て、「触ってもいいですか?」と声をかけてくれました。
おうじは自転車のカゴにキャリーバッグごと入れられた状態でしたので(自分の陣地なので安心している(^O^)、「どうぞ。」と答えると、嬉しそうに手を出してきましたが、あまりわんこを触ったことがないらしく、おっかなびっくり頭を撫でようとします。
20080927_p1090659
「こっち側を撫でるといいんだよ。」と首の後ろをうさみが撫でてみせると、女の子はその通りやってみて、「すごくふわふわ~!」と喜んでいました。
「ありがとうございました<m(__)m>。」とお礼を言ってくれた親子と別れてから、おうじには「大人しく触らせてあげてて偉かったね。」と褒めてあげました。

おうじはナルシスト犬ですので、どなたからでも「可愛い!」という褒め言葉は大好きですが、体の大きさに比例した小さな肝っ玉の持ち主で怖がりですので、大声や急な動作で近寄って来れらるのはとても苦手(>_<)。
どんなわんこでも、真正面からいきなり手を出されるのは、攻撃という意味になってダメなんだそうです。

こどもたちが、わんこの暖かさ、命の温かみを知って好きになってくれるといいですが、わんこはいくら可愛くてもぬいぐるみじゃなくて生きているので、自分と同じように怖かったり嫌だったりすることがあるってこともわかって欲しいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

B級ご当地グルメ

B級グルメが地方を救う」という本を読みました(^O^)。



著者はグルメライターやレストラン評論家さんではなく、自治体格差研究がご専門の大学の先生で、あちこち旅される機会があり、食でその土地を知ろうとして、ローカルフード・B級グルメに注目するようになったそうです。

ご当地の珍しいB級グルメで元気の無い地方を盛り上げ、食をキーワードにした町づくりを、というテーマで、日本各地のB級グルメを紹介しています。
B級、というところがミソですね、庶民の味、安く食べられる日常のおやつやおかずです。昔からその地方で食されて来た変り種のメニューもあれば、地域の特産物を生かして何か名物料理をと考え出されたものもあるそうです。

読んでいてとても楽しかったです(*^_^*)、日本は広い!各地で愛されている食べ物はこんなに違うんですね~。

取り上げられていたB級グルメの中で、うさみが食べたことがあったのは、

宇都宮餃子(宇都宮駅で乗り換えた時、お土産用を買っただけなので、本物を食べたとは言えないかもしれませんが。自分で焼いても美味しかったので、きっとお店で食べるともっと美味しいのでしょう。) と、

讃岐うどん
(B級とは呼べないお値段の店もありますよね(^_^;)?東の人うさみには、讃岐うどんのつゆは薄くてちょっと物足りないです。) 

だけでした。何だか寂しいな~(^_^;)。

続きを読む "B級ご当地グルメ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

車内の匂い

暑さ寒さも彼岸まで、の言葉通り、季節の変わり目です。
たまった夏の疲れがどっと表面化し、今週はすっかりへたれていたうさみでした(>_<)。

不調な時ほど、臭覚が研ぎ澄まされると言いますか、嫌な匂いに敏感になってしまうのは何故なんでしょうo(;△;)o。20080925_p1090630

狭い通勤電車ですが、あれで中々いろんな匂いに満ちています(^_^;)。

サラリーマンおじさんのニンニク臭・・・朝からあんなに匂うのは、朝ごはんがニンニク料理なのでしょうか?それとも夜食べたニンニクが粒子になって体から発散されているんでしょうか?
うさみも食べ物としてのニンニクは好きですが、ひとから匂うニンニクの匂いはどうもね・・・(^^ゞ。

出汁の匂いプンプンのおじさまもよくいらっしゃいます。
駅前の立ち食い蕎麦屋に寄って来たんですね(^O^)。奥様が朝食を用意してくれないんだとしたらお気の毒ですが、単なる蕎麦好きかもしれません。
生ネギって美味しいけど匂いますよね、うさみはまだ仕事があるお昼のうどんには薬味のネギは入れられません。

食べ物の匂いでは、さすがに朝はいませんが、帰りの電車だと、テイクアウトのお料理が強烈に匂っていることがあります。
一番多いのはマックのポテトの匂い、現物が見えなくてもはっきりわかる特徴的な匂いですよね。
夜のバスだと、駅前の美味しい餃子屋さんから焼餃子をお持ち帰りする方がいて、かなり匂います。
食べて美味しい物でも、密封された容器からもれてくる匂いだけだと、あまりいい匂いにはならないのが不思議です(-_-;)。

続きを読む "車内の匂い"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年9月24日 (水)

近頃気になった色

近頃街で目に付いて気になった色、あれこれです(^O^)。

キリンビールから出た新しい発泡酒”スムース”のポスター。(ポスターの写真が撮りたかったのですが、電車内は人が多すぎてカメラを構えられませんでした(>_<)。キリンのサイトで見られます。)


缶の色とポスターの地になっている空の色が同じターコイズブルー。トレードマークの麒麟が黄色で目立っています。

日本のビール缶でこの色って珍しいですよね?ビール本体っぽい茶系か、爽やかスッキリを表すブルー系か、ゴージャス感のゴールドが多いと思います。
微妙なターコイズブルーが、夏から秋に変わる季節感に似つかわしいと感じました。低炭酸・低発酵・低アルコール度数(4%)でまろやかというイメージぴったりですね。

東京ディズニーランドハロウィンイベントのポスター。(これも車内で写真が撮れませんでした(;O;)。

ハロウィンの色はカボチャのオレンジに、魔女のをよく見ますが、このポスターはも使った4色メインになっていました。さすが本場、うまい色使いですね~。
紫が入るとグッと不気味な雰囲気が出て来るみたいです(^◇^)。


秋分の日の朝のニュースで、どこだか地名を忘れてしまいましたが、日本の棚田百選に入っているという棚田が映りました。
段々になった緑の田んぼの淵に彼岸花が列をなして咲いていて、緑と赤のコントラストがそれはそれは美しかったです(#^.^#)。
この時期でも田んぼが緑な地方って、どこだったのでしょう?



バス待ちの停留所で、前を通り過ぎていく車の流れをぼ~っと見ていて、おっ、いい色!と目に飛び込んで来たのは、森の緑色チョコレートの焦げ茶色

緑色の車は、2008年のオートカラーアウォードでファッションカラー賞を取ったマツダ・デミオの緑(スピリティッドメタリックグリーン、という名前の色(^O^)に似ていました。
角角した車体もチョコレートっぽくて美味しそうだったチョコレートブラウンの車は、マーチのキューブプラスコンランビターショコラ)だったかもしれません。
(・・・色で話題になった車だけしか知らないのがバレバレですね(^^ゞ。

いい色の車を見ると、うさみも車が欲しいなと免許も無いのに(&乗るあても無い)思ったりするわけですが、マイ自転車を好きな色にすればいいんですよね(^^ゞ。
今度自転車を買い替える時は、緑色を探してみましょう。量販車(ママチャリ)で緑があればいいのですが・・・(;´▽`A``。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

マイ箸

最近のファッション雑誌は、オマケで女心をゲット(* ̄ー ̄*)とばかりに、付録がついてくる号が増えました(#^.^#)。

人気ブランドのポーチやエコバッグ、化粧品の試供品にアクセサリーと、雑誌よりオマケ目当てで買わされてしまうような付録の数々に、いつもと同じ代金でどうやってオマケをつけられるのか、オマケ代っていくらくらいするんだろうと気になってしまいます(^_^;)。
それにオマケって本屋さんが雑誌本体と組み合わせて紐かけしなくちゃいけなくて、手間もかかるし、並べにくくて本屋さん泣かせなんですよね。
20080924_p1090620
今月号の「In Red」という雑誌の付録は、「マイはし&猫キャップケース」でした(^O^)。

嵩張るし、お値段もそれなりにしそうですし、珍しいオマケだわね~とついつい買っちゃいました。
この間マイ箸を買ったばかりなのに・・・、いや、お箸なんて20080924_p1090621 何膳あってもいいもんね~。

ツモリチサトがデザインした、可愛い猫の箸箱に入ったお箸でした。
オマケが気に入ると、すごいお得感がしますね、オマケがついていなければその雑誌を買わなかった事実を思えば決して得はしていないんですけど・・・。

続きを読む "マイ箸"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

ロンドンバス

新しいロンドンバスデザイン公募が、つい先日で締め切られ、来月以降の発表を待っているところです(#^.^#)。

ロンドンバスと言えば、ダブルデッカー、2階建てで丸みを帯びた車体の真っ赤なバスが有名ですが、車体が古くなってきたこと、乗降口が高くユニバーサルデザインでないこと等を理由に、一部の観光ルートを除いて引退してしまいました(>_<)。



1階建てのバスを2台つなげた形の横に長い蛇腹バスが替わりに登場しましたが、長い車体ゆえに少なからぬ接触事故を起こし、一方通行が多く複雑で混雑したロンドン市街をさらに渋滞させる原因になり、バスをどうするかで激しい論争が行われ、ロンドン市長選の争点にもなったそうです。
2階建てバスは前から乗って後ろから降りる式だったのが、連結バスには乗降口が3つあって、どこからでも乗り降り出来るので、無賃乗車が増えて収益が減ったのにも困ったらしいです。

今年春の選挙で2階建てバス復活派の市長が勝ち、早速新しいロンドンバスのデザインが、一般部門とプロ部門に分けて公募されました。

デザインの条件は部門で違いますが、共通しているのが、色は赤ということと、バリアフリーの乗降口があること、だそうです。

やっぱり色は赤なんですね~(^O^)。

続きを読む "ロンドンバス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

やっと来ました!特別便

郵便受けの中で、ダイレクトメールに紛れてうっかり見逃しそうになりましたが、うさみにもやっと緑色封筒が届きました~\(^o^)/。

ねんきん特別便」です。

いや~、10月までに全員に届くんだったんですってね~、いつまでかとか社会保険事務所からの発送予定日とか全然把握してなくて、漠然とまだ届かないな、年下の妹すまっぺに先に来てて変なの~とは思っていましたが、自分から照会しようというつもりもなく、いつか来るだろうと待っちゃってました(^_^;)。

封筒の色、これって水色かな?中身にヘンな箇所があるのが水色で、OKそうなのが緑色じゃなかったっけ?その区別があったのは3月までに送られた通知の話で、4月以降に送られるのはみんな緑色だそうですから、これは緑色なんですね(^^ゞ。20080922_p1090604

うさみは年金を払い始めてから、会社こそ何度か変わっていますが、名前も住所も同じですし、毎月否が応でもお給料から厚生年金を天引きされていたんです、漏れがあったらギャーギャー騒いでやるぅ~!

ドキドキしながら「年金記録のお知らせ」をチェックしました(@Д@;。

最初の会社から今の会社まで、とりあえず全部会社名は入っています・・・次、加入期間。会社を辞めた年月と、次の会社に勤め始めた年月をチェック・・・抜け・漏れなく合ってました~ヽ(´▽`)/。ほっと一息です。

この記録=うさみのワーキングヒストリーな訳で、心にじわーんと沁みる物があります。ついこの間新卒ちゃんだった気がしているのに(!?)、これだけ働いてたんですねえ~(#^.^#)。

最後に一番下の「加入期間合計月数」を見て、アレレ??うさみは今年の春で年金受給資格が出来たつもりでいたのですが、この月数だと足りていません(@Д@;。

え~、日付は合ってるのに、月数の計算が間違ってるってこと?
新入社員で入社した年月からひとつひとつ数えてみました・・・昭和○年は19○○年で、今は平成20年で・・・あら?お知らせの通りの月数になる??

うさみ、大間抜け∑(゚∇゚|||)!!
大勘違いをしていたのでした(ノ_≦。)・・・誕生日が4月なので自分が年を取ったら1年と数えちゃっていましたが、勤続年数は3月に変わるので、平成20年度が終わらないとうさみは受給資格が得られないのです。

ああ、結構ショック(@_@;)、もう年金をもらう資格はあるから何かあったら無理して働かなくてもいい♪、と心の奥底で安心していたのに、まだあと6ヶ月働かないとダメだったとは・・・。
しょーがない、働ける状況にある事を有難いと思って、払った分は必ず取り返す意気込みで行きます。

はあ(^^ゞ、悲喜こもごもの「ねんきん特別便」でございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

この映画を観ました~「幸せの1ページ」

夜半からの大雨は、朝起きてみたら、「台風一過」という言葉そのものの、晴天に変わっていました(#^.^#)。
せっかくのいい天気ではありますが、地元シネコンの入場料が大人1000円になる1ヶ月に1度のサービスデイと土曜日が重なったので、ちょっと観たNim1かった映画に行く事にしました。

幸せの1ページ」(Nim's Island)、予告編を見て、うさみの好きな女優さん、ジョディ・フォスターがコメディをどうこなすのかに興味がありました(^O^)。

ジョディ・フォスターと言えば、ハリウッドきっての知性派女優。今まで出演した映画は、サスペンスやSF、社会派ドラマが浮かんで来ますね。




「フライトプラン」のうさみ鑑賞記事はこちら
「ロング・エンゲージメント」も、チョイ役だけど良かったな~、フランス語がうまくてびっくりしました。「インサイド・マン」でもいい味出ていましたね~。



「幸せの1ページ」は、「秘密の島のニム」という児童文学が原作です。



南の無人島に海洋学者の父親と2人だけで住んでいる、ニムという11歳の女の子と、サンフランシスコに住み、人気冒険小説シリーズの作家ながら、実は外出恐怖症で潔癖症というアレックスのお話です。
父親が予定を過ぎても海から戻らず、大切な島に観光客が無断で上陸して来るし、怪我はするしで、困り果てたニムは、大好きな冒険小説家にSOSを送ります。

門扉の郵便受けまですら出られないアレックスが、ニムを助けるために遠い南の島まで旅が出来るのか、海で遭難した父親は助かるのか、ニムの島はどうなるのか、オーストラリアでロケした美しい海をバックに、ストーリーは進みます。

~以下、ネタバレありです。

続きを読む "この映画を観ました~「幸せの1ページ」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

アイシャドウパレットは多色で

今年の秋は、「多色のメーキャップ商品が売れている」という新聞記事を読みました(#^.^#)。

化粧品全体の売上高が横ばいか減少気味な中で、ひとつの容器に4色から5色がセットされたアイシャドウが好調なのだそうです。
多くの色を使ってメリハリの利いたメイクが出来る機能面と、同じお値段でたくさんの色が入ったお得感が売り上げ増の理由らしいです。20080919_p1090599

そう言えばうさみも先日、シャネルの秋色4色アイシャドウパレットを買ったのでした(^^ゞ。

うさみの場合は4色あっても全部使うことは稀で、時間に追われた朝は1色のみ、普段で2色、ちょっと着合いを入れる気分の時は3色使い、というところです(;´▽`A``。

シャネルのアイシャドウは、むかしから変わらず4つの丸が正方形の容器に均等に並んでいる形ですが、最近は多色のシャドウが抽象画のような不均等な柄模様に配置されているセットが増えました。

続きを読む "アイシャドウパレットは多色で"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月18日 (木)

月餅

今年の中秋の名月は9月14日でした。

お月見団子とススキをお供えして、ゆったりと月を仰ぎ見る、などというお月見の宴を張ってみたいものです(#^.^#)。
子供の頃は母にお月見団子を作ってもらい、ススキを取って来てお月見をしたこともありますが、最近はすっかりお月見団子すらご無沙汰です。

日本ではお月見とセットの食べ物はお団子ですが、お隣中国では月餅ですね(^O^)。

月餅って、中村屋さんが日本人向けに味を加工して売り出した”和菓子風”月餅しか知らず、本家中国のもああいう物だと思っていました。

中村屋さんの和菓子詰め合わせセットをいただくと(昔はお土産の定番でしたね(^O^)、月餅は残して、お饅頭っぽい碌山や桃山ばかり選ぶくらい、月餅に対して愛情も興味も薄いうさみでした(^_^;)。

いつでしたか、この時季の香港土産で月餅をいただいて、形は似ているけれど(丸くて平べったい)大きさも味も全然違う!これが本物の月餅なのね~(ー_ー)!!と驚きました。

続きを読む "月餅"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

ここで煙草を吸っても・・・?

お昼時、暑くもなく寒くもなく、ちょうどいいお散歩日和♪とルンルンしながら、最近うさみお気に入りのオーガニック弁当を売っているカフェを目指して歩いていました(#^.^#)。

うさみが働いている辺りはオフィス街ですが、両側をビルに挟まれてせせこましそうに頑張っている神社寺院もあります。20080915_p1090562

そうした小さな神社の前を通りかかると、営業の途中らしき勤め人二人連れが鳥居の下に鞄を置いて休んでいました。
背広の男性は携帯電話でどこかに連絡しています、話しながらしきりに頭を下げているので取引先かお客様と話しているのでしょう。
隣に立っている黒いパンツスーツの女性は、手持ち無沙汰そうにタバコを吹かしていました。

通り過ぎざま、この場面に何となく覚えた不快感の理由を、後から考えてみました。

仕事の電話をしているすぐ隣で煙草を吸われるのは、非喫煙者のうさみだったら気持ち良くは思いませんが(-_-;)、お互い喫煙者なのかもしれませんし、気が置けない親しい間柄で平気なのかもしれません。

それよりも、鳥居の下という場所に、ありゃりゃ、と感じたのだと思います(・_・;)。

鳥居の下=神社の境内、ですよね。
小さい神社なので道路からすぐに鳥居が立っていて、それも小さな鳥居なのですけれども、間違えようもなくあそこは道路ではなく神社の敷地の中でした。



今は外でも禁煙のエリアが多く、一服出来るところを探すのが大変なのはお察ししますけれど、神社の境内で煙草を吸う事に全く後ろめたい思いは無いのでしょうか(@_@;)。
以前、他の神社で、外国人ビジネスマンが喫煙しているのを見た時は、外国の人だからしょうがないか、とそれでも釈然としない思いがありましたが、今日は日本人でしたので余計に、何だかね~、という気持ちでした┐(´-`)┌。

うさみは信心深い性質でもありませんし、お年寄りと一緒に暮らしたことがないので昔からの風習などにも疎いくらいですが、神社やお寺の敷地内では自然と振舞いを慎しまなくてはという気になります。
宗教に係らずひとが祈る場所は、敬うべきではないかと思うのです。バチが当たるのが怖いだけかもしれませんが(^^ゞ。

最近はそんな風に感じる人が減って来たのでしょうか、神社仏閣のHPでも拝観時の注意として、「境内で飲食・喫煙禁止」という一文が載っています。
そんなのわざわざ言わなくたって当たり前、と昔の人なら思うことが、みんなわからなくなっているのですね・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

交通広告

朝の地下鉄乗り換え通路、いつものように、人とぶつからないよう壁に沿ってほてほて歩いていました。

すると、急に壁の中から、ぼそぼそと人の声が・・・!!

壁の向こうは線路なのに、何で~ヾ(.;.;゚Д゚)ノ!?

うさみは霊感ゼロのはずなんですが、そういう系?
・・・それとも「赤外音楽」系?(古いなあ・・・選ばれた人の耳にだけ音楽が聴こえるというNHKの「少年ドラマシリーズ」のドラマでした。もしご存知の方がいらっしゃったら、思い出を語り合いましょう~(^O^)。
・・・ただの空耳?

・・・答えは壁に貼ってあった新作ゲームのポスターでしたo(*^▽^*)o

20080914_p1090560 上の方にスピーカー(と多分センサー)がついていて、前を人が通るとCMが流れるようになっているのです。音が出るタイプのポスターは、前から存在していたようですが、うさみは初めて見ました。20080914_p1090561

人の注意を引くことを「耳目を集める」と言いますが、目に訴えるだけでは足りなくて、耳にも訴える宣伝なのですね。地下鉄通路のようなわさわさして音が聞こえにくい場所では、あまり効果がないような気もしますが、いろんな種類のポスターが登場するのは、通勤が楽しくなって歓迎です。

続きを読む "交通広告"

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2008年9月15日 (月)

キバナコスモスとDECOチョコ

連休最後の日はすっきりしないお天気でした。
気温が少し下がって涼しいようでいて、風がないので蒸していて、じっとりと汗が湧き上がってくる不快感(^_^;)、すっきりした秋晴れが恋しいです。
20080915_p1090575
この時期のお花と言えば、コスモスですね(#^.^#)。
本当はちょっと遠くまでコスモスを見に出掛けたかったのですが、午前中用足しをしていたら遅くなってしまい、近所でキバナコスモスがたくさん植えられている公園に足を運んでみました。
 
一画を生え放題にして育てたのか、外側の株は人間の背丈以上になっていて、内側がよく見えないほどでした(^O^)。

キバナコスモス、黄色いうより橙色みかん色かと思い20080915_p1090581ますが、名前は「キバナ」が語呂もよくて呼びやすいですね。
花色がまっ黄色より赤に寄っていることで、20080915_p1090589から秋に向かう季節にぴったりな感じがします。

このカップ型のお花は、横や下から見ても、絵になる形をしていますね。シンプルながら見飽きない形というので しょうか(*^_^*)。

赤い種類もあるそうですが、うさみはあまり見たことがありません。
チョコレートコスモス」という名前で濃い赤の品種は、チョコの甘い香りがするそうで、嗅いでみたいです~。

続きを読む "キバナコスモスとDECOチョコ"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2008年9月14日 (日)

「ハンマークラヴィーア」と「大いなる聴衆」

ベートーヴェンのピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」のCDを買いました(^^♪。

最近読んだミステリ「大いなる聴衆」(永井するみ著)で、とても重要な位置を占めていたのがこの曲で、どんな曲か聴いてみたくなりました。
この曲が収録されたCDは数少なかったものの、どのピアニストのがいいかよくわからず、ジャケットの写真が気に入ったヴェデルニコフというピアニストのを選んでみました。



「大いなる聴衆」は、ピアニストの婚約者が誘拐され、「彼女を助けたければ、次のコンサートで”ハンマークラヴィーア”を完璧に演奏しろ。」という脅迫状が届くというストーリーです。
”ハンマークラヴィーア”は、数年前にピアニストが腎不全の娘のために素晴らしい演奏を披露した曲で、生体腎移植手術の甲斐なく亡くなった娘を悼んで、その後は一度も弾いていないという、いわくつきの曲でした。

急遽曲目を変更して演奏される”ハンマークラヴィーア”の音にのって、その曲にまつわりピアニストがひた隠しにしていた秘密と、彼をめぐる人間関係、誘拐事件の真相という絡まりがほどけていきます。

東京芸大音楽学部に席を置いていたという作者さんらしく、曲や演奏について詳しい描写が出て来ますが、音楽を言葉で表わされても、なかなかそれが自分の頭で音として再構築されません(^_^;)。
タイトルだけは耳にした事がありますが、どんな曲かは知らず、演奏が困難な難曲だという”ハンマークラヴィーア”の実際の音を聴いてみたくなって、CDを買いました。

~この後、ミステリの結末に多少触れています。

続きを読む "「ハンマークラヴィーア」と「大いなる聴衆」"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2008年9月13日 (土)

ラデュレ、行って来ました(*^^)v

7月銀座三越にオープンし、待ちわびていたファンたちの行列がやまないパリの老舗ラデュレ(Laduree)に、うさみも行って参りました\(^o^)/。
20080913_p1090550
オープン時より少しは行列も短くなったらしいですので、今日は、よーし、並ぶぞ!の気合十分で出掛けました。
お店に着いたのが12時半、お買物は60分、サロンドテは30分待ちとの看板が出ています。この間は根性がなくてここで回れ右しましたが、今日は待ちますとも!

制服の黒いロングワンピースが乙女チックな店員さんに案内されて、お店横の階段へ。
サロンドテ待ちの列は左、お買物待ちの列は右と分かれて並んでいます。
30分、と予告されていましたが、10分ほど待っただけで番が来ました(^◇^)。他の方のお買物記を拝見しても、あの待ち時間は多めに記載されているようです。

色どり美しいマカロンやケーキが並んだショーケースの前を通って、サロンドテへ。
銀座四丁目の角を望む窓が広く、明るく淡い色の内装です。20080913_p1090552

お席に通され、ミントグリーンのメニューを開いて愕然!
うさみがお目当てのアフタヌーンティー(7000円也)は午後2時半からのメニューなのでした\(◎o◎)/!値段ばっかり気にしていないで、時間帯も調べなきゃ、うさみ!!
アフタヌーンティーは二人前からなので、せっかくお友達がお付き合いしてくれたのに、すみませんでした<m(__)m>。

アフタヌーンティーセットに含まれるメニューは、だいたい単品でも頼めるので、無いならば自分でセットにしよう、アフタヌーンティー、をやってみました(^O^)。

紅茶(テ・カラメル・レ)
サンドイッチ(クラブ・ソーモン)
マカロン4個(ヴァニラ、キャラメル、マロン、フルールオレンジ)

本物のアフタヌーンティーセットだと、これにフルーツジュースと、フィナンシェ菓子がつき20080913_p1090555 ます。

どれも大変美味しゅうございました。大満足致しました(#^.^#)。
ひとつちょっと失敗だったのが、マカロンを選ぶのに味ばかり想像して、色みを全く考えなかったので、4個がどれも似た色合いの物が来てしまったことかな~(^_^;)。あと、食べてみたかったローズペタル味マカロンが売り切れだったのも残念でした。20080913_p1090554

サロンドテとお買物コーナーは別扱いにされているのかと思っていましたが、サロンドテで飲食してお持ち帰りを頼めば、改めて並ばなくてもいいのだそうです。
サロンドテの方が空いているなら、お茶を飲みつつお買物すればいいですね~。
今度行ったら、マカロンを使ったケーキ、イスパハンを食べて、お持ち帰りも頼みたいです(o^-^o)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

疲れた時は甘い物

今週は連休前で立て込んだ仕事が多かったせいか、天気予報通り残暑が戻って来たせいか、ちょっと疲れた週でした(-_-;)。

仕事中、パワーが落ちてると感じる時は、強烈に甘味が欲しくなります。
まさしく、疲れた時は甘い物、ですね(^O^)。

そしてそういう時に体が要求する甘い物は、和のあんこ系ではなくて、洋のチョコレートクリーム系(≧∇≦)!

和の甘さ洋の甘さって、どちらも「甘味」なんですが、感じるところが違いますね。
軽い甘さと重い甘さ、と言いますか、すーっと通ってすっきり消化されそうな甘さと、歯にも喉越しにもずどんとしみる甘さ。
うさみの場合は、その時の状況や体調で、どちらの甘さが恋しいか、分かれるみたいです。

同じチョコレートでも、日本の物と、輸入物の甘さはまた違います。
洋物チョコの歯が溶けそうな甘さと重さは、日本のチョコにはありませんよね、板チョコの厚みも違いますし。どちらもそれぞれに好きなチョコ好きうさみですが、疲れた時に体が補給したい甘みは、洋物チョコの、こんなに甘かったら体に悪いだろう、というほどの甘さのような気がします。


20080904_p1090475
今週は、そんな気分にちょうどいいおみやげがありました(*^。^*)。

ブラジル
みやげのチョコレート、パッケージの色どりからして、日本製にはあり得ない派手な元気のよさ、パワーが溢れています。
20080904_p1090476 説明書きがすべて現地のポルトガル語で、中身が何なのかわからないまま食べるのは、ちょっと冒険で楽しかったです。意外に美味しくて驚きました(いえ、お土産のお菓子ってたまに物凄い味のものがあるので・・・(^_^;)。


(念のため、この箱の中身全部うさみが食べた訳ではありません(^^ゞ。20080912_p1090541

そして一度は、会社帰りにどうしてもギトギトの甘い物が欲しくなって、ドーナツ屋さんに駆け込んで、あっま~いドーナツを食べました。
たまに食べるとすごーく美味しく感じられるものですね(^◇^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

なまり

週末に、バスでご年配の男性ふたりの会話を漏れ聞いて、楽しくなったことがありました(^◇^)。

おひとりが何かの行事かイベントにいらっしゃるところだったようで、20080907_p1090481_2

「今日は○○さん、ずっとあちらにいらっしゃるの?」
「ええ、おしるまでは。」

・・・おしる・・・お汁?知る?シル?(?_?)・・・

ピッピッピッツ、ピーン!頭の中で電気がピーンと点きましたo(*^▽^*)o

お昼(おる)かあ!!

「ひ」が「し」に変わる江戸っ子言葉、ナマでしゃべっていらっしゃるのを聞くことは珍しいことでした(#^.^#)。
寅さんに出てくるおいちゃんみたいな方でした~。

日本語のなまりでも、聞き取るのが大変なのに、ましてや外国語は大変です(>_<)。

昨日会社で帰り際に鳴り出した電話を取ったら、うさみの苦手な国際電話でした(-_-;)。
ああ、タッチの差で帰ってしまえばよかった、と思っても後の祭り。初めての相手で、とても聞き取りにくい英語でしたが、Eメールでこれこれを送って欲しい、というのはわかりました。

自分のメールアドレスは、とアルファベットをひとつひとつ読み上げてくれました。

ヴィクターのヴイトーキョーのティーインディアのイー・・・」

VTE・・・んん?インディアってインド、Indiaだよね?I(アイ)じゃないの?(@_@;)

・・・うさみ、しばし考える・・・

続きを読む "なまり"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

秋の花

9月も2週目に入り、急に秋めいて来ました(#^.^#)。

9月の別名に「色取り月」というのがあるのだそうです、木の葉が色づくから「色取り」、美しい言葉ですね。
9月には「菊月」という別名もありますね、重陽の節句菊の節句の月だからでしょう。
こうした名前は陰暦における名前です。太陽の暦で数え、しかも異常気象が猛烈なこの節の自然界の動きとは、少しずれてしまっているようです。

それでも、菊は秋、秋の花の代表選手は、だと思います。一年を通じてお花屋さんにある花ですが、一番似合う季節を問われればやはり秋ですよね(*^。^*)。



うさみはお花としての菊にはどうもさほど愛着が沸きません・・・華道のお稽古で使い過ぎたせいでしょうか。茎は丈夫だし長持ちするし、花芽はたくさんつくし、活けるには扱いやすいお花なのですが、華材費の予算(と活ける人の腕(>_<)の関係で菊がお題になることが多くて、また菊か~、とちょっと食傷気味になってしまったのでしょう。

それに反して、描かれた花としての菊はとても好きです(^O^)。

風に流れる糸のような細長い花弁の乱菊も、ころんと丸いミカンと間違えそうな饅頭菊(尾形光琳が好んで描いたので光琳菊ともいうそうです)も、美しい形だと思います。

続きを読む "秋の花"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

わんこのテレパシー能力

この間買った推理小説で、ミステリの本筋よりも、主人公が飼っている犬の話題が印象に残りました(#^.^#)。



主人公は小説家で、自宅と別に執筆用の仕事部屋を持っています。
仕事時間は筆の進み具合や締め切りまでの期間によって変わるため、かなり不規則ですが、どんな時間に帰宅しようと、愛犬のまめ柴、「ツンコ」は必ず玄関で主人公を待っていて熱烈歓迎してくれるのです(*^_^*)。

家にいる奥さんによると、ツンコはずっと玄関で見張っているのではなく、茶の間から玄関に出て行ったなと思うとほどなく旦那さんが帰って来ます。ご主人様が家に帰って来る時間がわかるのですね。そして、「帰って来ない」こともわかるらしく、そろそろご主人様が帰る頃合いだと玄関で待っていたツンコが、あれ、諦めたのか茶の間に戻って来たなと思うと、「今日は仕事が終わらなくて帰れない(>_<)。」という旦那さんからの電話が入るのだそうです。

愛犬は人間には無いテレパシーのようなもので自分の考えていることがわかるのだ、それは自分の愛犬だけが特別なのでなく犬を飼っている人はみな自分の犬はテレパシー能力があると思っているらしい、という会話でした。

我が家の愛犬おうじは、この小説のまめ柴ちゃんほど人間とツーカーではありませんが、ある程度はこちらの気持ちがわかるのかなと思います(^O^)。20080908_p1090529

お迎えは外の廊下を近付いて来る足音で判断しているらしいのですが、たまに間違えて廊下を通るよその人に吠えてしまいます(T_T)。
家人の帰りが遅い時は、たまに玄関先を巡回がてら、待ってみたりするようなのですが、妹すまっぺが旅行で夜いない時などは、荷物を持って出掛けるのを見ているせいか、帰りを待つことはほとんどありません。

家族から電話があると、その後玄関でスタンバイしたりするので、電話の声を聞き取って理解しているのでしょう。

続きを読む "わんこのテレパシー能力"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

仕事の話、する?しない?

ある大企業が先日行った、社員の子供たちをオフィスに招待して、お父さんお母さんの仕事場&働く姿を見てもらうイベントを取材したニュースを見ました(^O^)。

こどもたちは、「お父さんはいつもと違ってカッコよかった!20080907_p1090484」と口々に褒め、奥様方は「重要な仕事をしているということがわかりました。」と感想を述べていました。よほどお家での姿と、会社で働く姿が違っているようですね( ̄▽ ̄)。

当のお父さんが、「家では仕事の話はしないので・・・(^_^;)」と言うのを聞いて、へえ、今のお父さんもそうなの~?と意外な感がしました。

うさみの親世代は、昭和のモーレツ社員(^^ゞ。
一家の大黒柱としての沽券や面目を重視して、家で仕事の話をするお父さんは少なかったと思いますが、平成のお父さんはもっとフラットな家族構成で何でもお家で話すのかと思っていました。

20080829_p1090447あれ(?_?)、でもあのお父さんたちはうさみと同じくらいの年代・・・。そっか、うさみ自身のことを鑑みれば、家で仕事の話はしていませんでした(^_^;)。
奥さん子供さんと親兄弟では立場が違いますけど。

同僚の可笑しい話や、お昼の食事の話などはしますが、仕事の中身に関することは話しませんね。たぶんうさみの家族は、うさみが会社で何をしているか、全くわかっていないと思います(^-^;。

続きを読む "仕事の話、する?しない?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

ジュリアン・オピーと萩

天気予報は曇から雨(>_<)の日曜日、水戸まで足を延ばして来ました。
20080907_p1090488お目当ては、水戸芸術館現代美術ギャラリーで開かれている「ジュリアン・オピー展」と、偕楽園の萩です。

イギリスの現代美術作家ジュリアン・オピー(Julian Opie)の展覧会は、紹介を見てとても興味を抱いてはいましたが、水戸は家から遠いので乗り気ではあり20080907_p1090486ませんでした(^_^;)。
そこへ、本人も応募したことを忘れていた招待券プレゼントに当選したというお知らせ(^O^)、これは行かずばならぬ、でしょう~。9月ならちょうど萩の花が咲く頃、偕楽園の萩とセットで見て来ることに決めました。

水戸芸術館は、コンサートホール・劇場・ギャラリーを集めた施設です。磯崎新氏建設で、曲がった塔がシンボルです。
以前に来た事があるような気がするのですが、ギャラリーを見たのか音楽を聴いたのか、それとも施設を見学しただけだったのか思い出せません(>_<)。

ギャラリー前の広場から、展覧会は始まっていました。
20080907_p1090489 ポップな色の動物オブジェ、「5体のいろいろな動物」、子供の遊具と間違えそうですね(^O^)。5種の動物のうちにハリネズミが入っているのがイギリス人アーティストらしいです。ハリネズミはイギリスの庭にはよくいるそうで、絵本やおもちゃなどでも見かけます。うさみは本物を見たことはありませんが、フォルムに愛嬌があって面白いですよね。20080907_p1090495

ギャラリー内では、最初のパートが人物。漫画のような丸眼で点鼻の肖像画、顔を○で表現した人物が歩く姿・・・シルクスクリーンもあれば、絵と思って見ていると、人物の眼や腕時計の針が動いてギョッとするコンピューターアニメーション仕込みの作品もあり、オブジェもあって、同じテーマをたくさんの方法で表現する力を感じました。

20080907_p1090525 もうひとつのパートは風景画
寝室の窓からの眺め」という、夜明け、昼間、夕方、夜、と時間を追って田園の風景を写しているシリーズに魅かれました。同じ場所でも、時間が動けばこんなに違う景色になる、日常に含まれる感動というのでしょうか、自分の家からの眺めも確認してみたくなりました。

浮世絵版画のコレクターでもあるというオピーの「日本八景」シリーズも、面白かったです。
「国道300号線から眺める富士山と日春菊」「真鶴半島の上の月」「国道21号線からのぞむ河口湖のもみじと鏡富士」など、裾をひく富士山のラインと、揺れ動く水の存在が日本なのかな、と思いました。

誰でも楽しめるいい企画展だと思いましたが、知名度が低いのか、かなりすいていました・・・。ゆっくり見られて有難くはありましたが、もっと多くの方に見ていただきたいなあと思いました。会期は10月5日まで、お近くの方はぜひどうぞ<m(__)m>。

続きを読む "ジュリアン・オピーと萩"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

この映画を観ました~「ハンコック」

ちょっと変わったヒーロー映画「ハンコックHancockを観て来ました(^O^)。Han2

主役のウィル・スミスシャーリーズ・セロンがビストロSMAPに出演し、映画にちなんだ料理だとミートボールスパゲティを作ってもらったのを見て、「ハンコック」って嫌われ者のヒーローを広告マンがイメージチェンジさせる話じゃなかったかな、スパゲティがどう関係するのかな、と興味が沸いて来たのでした(^_^;)。


~以下、ネタバレありです。~

続きを読む "この映画を観ました~「ハンコック」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

女の年は首に出る

この夏、うさみはあまり首元のあいた服を着ませんでした(^_^;)。
通勤にはほとんど襟のあるブラウスかシャツで、週末は襟ぐりがさほどくれていないTシャツを着ていました。20080905_p1090477

その理由は、冷房のきいた場所で首の後ろに風が当たって冷えてしまう、というのもありますが、あまり自分の首元から胸にかけてのいわゆるデコルテを晒したくないというのもありました(^^ゞ。

女の年は首に出る”と言いますね。
顔は一生懸命お化粧しても、首は素のままなので本来の年をバラしてしまう、だからお顔だけでなく首もお手入れしましょう、とメイク本には書いてあります。
お顔と同じ化粧水や乳液をぬっているだけでも、年を重ねると違いが出るらしいです。

うさみおばさんは近頃、首筋よりも首から下、肩から胸にかけての部分が気になるようになりました。

この部分、昔っから哀しいほどお肉がないのです(@_@;)。鎖骨がはっきり見えております・・・。全体的には痩せていないのに、デコルテにだけお肉がなくて、太って下半身やほっぺや腕周りにだぶだぶお肉がついても、首から胸元にはつきませんでした(>_<)。

鎖骨がのぞくフラットな胸元がボーイッシュで爽やかに見えるのはある程度の年齢までか、鍛えあげた無駄のない筋肉があるからこそ、かなと思います。

運動音痴のうさみおばさんの鎖骨は、貧相で不健康な感じ・・・。人は何とも思われないのでしょうけれど(そもそも見ちゃいませんよね(^_^;)、自分の上半身がぱっと鏡で目に入った時に、何だかこの肉の無さが衰えた風で寂しいねえ(p_q*)と思うようになりました。
昔は、お腹は出てても鎖骨見えるもんね~♪というのが嬉しかったんですが・・・。

太り過ぎも健康によくありませんが、女性はふくよかで丸みを帯びたラインがいいですよね。
和服だと、ちょうどへこんだ鎖骨のあたりにタオルを入れて、うさみでもまろやかラインが作れるのですが・・・(^_^;)。

これからも首のお手入れをしつつ、デコルテは隠す方向で、元気な可愛いおばあちゃんを目指しま~す(^O^)/。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

今週のニュースから色の話

今週、ニュースの中で、色に直接は関係がないのですが、色が出て来るものが目(と耳(^O^)に留まりました。

まずは「ベージュブック」が今週発表になったというニュース。

Beige Book、米国連邦準備理事会(FRB)が発表する地区連銀経済報のことで、表紙がベージュ色のためベージュブックと呼ばれるのだそうです。日本で言ったら日銀短観みたいなものでしょうか。
FRBのサイトをのぞいてみましたら、本当に綺麗なベージュ色でした(*^_^*)。

お役所関係の報告書で色の名前がついたものでは、すぐに白書を思い出しますね。
経済白書とか国民生活白書とか。
「白書」は、WhitePaperを訳したもの、元々イギリス政府の報告書が白い表紙でそう呼ばれていたそうです。



Blue Book
(イギリス議会の報告書)は青表紙、Red Book(経済政治的に重要な本)は赤表紙、と表紙の色で名前がついているのは面白いですね。タイトルを見なくても、すぐ区別がつくようにでしょうか。色のイメージと、報告書の中身にあまり関連性がないのも興味深いところです。

アメリカの未公開株市場は、気配値がピンク色の紙に印刷されていたので「ピンクシート」PinkSheetと呼ばれていますが、日本だと風俗系か女性向けと勘違いされそうではありませんか(^_^;)?

「ピンクシート」に倣った日本の未公開株市場の名前は「グリーンシート」、これから成長する会社の株を扱っているイメージだな、と思いますよね。
本当に”若い樹木が若葉を次々と芽吹きながら大きく成長していくように、ここに名を連ねる企業も若々しくいきいきと活動・成長していくようにとの願いを込めて命名されたのだそうです。

続きを読む "今週のニュースから色の話"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

感謝感激雨霰\(^o^)/ブログ開設3周年!!

のほほんうさみの明日は明日の風が吹く」ブログは、本日で無事、開設3周年を迎えました\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/。

これもひとえにご訪問下さる方、コメントを書き込んでくださる方のおかげです。

ありがとうございます<m(__)m><m(__)m><m(__)m>。

Thankyou_3 

飽きっぽいうさみですが、まだブログには飽きていないようなので、これからも続けたいと思います。どうぞよろしくお願い致します<m(__)m>。

1周年2周年の記事をチェックしてみましたら、「あらためてよろしくお願いします。」の意味で、ブログ名の説明やら自己紹介やらをしていました。
3周年記念に何かいい企画はないものかとだいぶ前から考えてはいましたが、アイデアが出て来ませんでした(^_^;)。

続きを読む "感謝感激雨霰\(^o^)/ブログ開設3周年!!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

キャンセル可?不可?

世の中には取り返しのつくことと、つかないことがありますね、深刻な人生の選択に関する問題ではなく、インターネット上のお話ですが(^_^;)。

何でもネット上で出来るようになり、便利は便利ですが、普通のプロセスではキャンセルし辛いこと、キャンセルの手続きがとても面倒だったりすることが増えて来た気がします。20080823_p1090424

ネット通販で、ネットの反応が遅かったり、画面の指示をよく読まなかったりで、ダブル注文してしまった経験をお持ちの方は、いらっしゃいませんか(>_<)(;O;)?

うさみの手芸好きお友達は、フランスのサイトから日本では手に入らないレースを注文しようとして、気が急くままにボタンを押していたら3回も注文が入ってしまい、キャンセルをメールでお願いするだけのフランス語力もないので面倒になり、当初予定の3倍レースを買い込んだことがあったそうです(@_@;)。

うさみも、日本のお買い物サイトでですが、注文完了のメッセージが出る前に、サイト混雑で画面が崩れてしまったことがあります。
もし注文が入っていれば、普段ならすぐに確認メールが入るのに、しばらく待ってもメールは来ず、自分のお買い物履歴にさっきの商品が上がって来ないので、途中で無効になっちゃたんだな、と解釈してもう1度同じ物を頼みました。

後で1回目の注文も処理が遅れていただけだったことがわかり、どうしよう~(p_q*)と思っていたら、そこは気の利いたお店で、「同じ商品を同じ個数で2度頼まれていますが、お間違いありませんか?」と聞いてきてくれました(^O^)。

続きを読む "キャンセル可?不可?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

秋仕度

9月です。
まだ最高気温が30度を切りませんが、気分的には秋ですね(#^.^#)。20080901_p1090470

エキナカの雑貨屋さんで、秋色の植物柄がとてもうさみ好みのバッグに一目惚れし、お値段もとーってもリーズナブルで嬉しくなってお買い上げしました(^O^)。

帰って妹すまっぺに、「このバッグすっごく安かったんだ~♪」、と自慢したら、「へえ、いくら、980円?」と言われてしまいました(>_<)。
こういう時、実際のお値段より安い数字を言われると、がっくり来ますね・・・。バーゲンじゃないんだから、いくらすごく安いと言ってももう少しするの ですよ・・・。

20080901_p1090469イメージが似ているので一緒に買ったバッグチャームと同じくらいのお値段でした、そうなるとバッグと飾りでどちらが主体かわかりませんが。

一度少しでも涼しくなると、コンビニでは秋冬の定番、中華まんの保温器に電源が入ります。
夏中おでんを置く店はありましたが、中華まんは無いようですね、アツいと肉まんは食べたくないかなあ?キムチまんみたいな辛い系ならイケる気がしますけれど・・・。

もうブーツを履いている人をあちこちで見かけますので、うさみも今年のブーツを物色しておこうと、お気に入りの靴屋さんを見て来ました。まだあまりブーツの種類は出ていませんでしたが、秋冬のカタログをもらいましたので、めぼしいものをピックアップしておきました(*^。^*)。
今年は定番色以外のおやっと思うような色のブーツが出ているようです、ピンクとかとか。モスグリーンなんかいいなあ♪

可愛らしい秋(というより冬)仕度グッズを見掛けて、まだ当分使えないとわかっていつつ、買ってしまったのがこちら。20080901_p1090471

フリース地の腹巻です(*^_^*)。

いくらメタボでもこれはサイズが大き過ぎないかしら?とお店のお姉さんに確かめたところ、お洋服やパジャマの上から着ける腹巻なのだそうです。
お家用ですね。カイロを入れるポッケ付きで、輪っか状でなくボタンで留めるので、食後お腹がきつかったらひとつふたつはずしておけますね(^◇^)。
あとどのくらいでこれが必要な気候になるでしょう~?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »