« やっと来ました!特別便 | トップページ | マイ箸 »

2008年9月22日 (月)

ロンドンバス

新しいロンドンバスデザイン公募が、つい先日で締め切られ、来月以降の発表を待っているところです(#^.^#)。

ロンドンバスと言えば、ダブルデッカー、2階建てで丸みを帯びた車体の真っ赤なバスが有名ですが、車体が古くなってきたこと、乗降口が高くユニバーサルデザインでないこと等を理由に、一部の観光ルートを除いて引退してしまいました(>_<)。



1階建てのバスを2台つなげた形の横に長い蛇腹バスが替わりに登場しましたが、長い車体ゆえに少なからぬ接触事故を起こし、一方通行が多く複雑で混雑したロンドン市街をさらに渋滞させる原因になり、バスをどうするかで激しい論争が行われ、ロンドン市長選の争点にもなったそうです。
2階建てバスは前から乗って後ろから降りる式だったのが、連結バスには乗降口が3つあって、どこからでも乗り降り出来るので、無賃乗車が増えて収益が減ったのにも困ったらしいです。

今年春の選挙で2階建てバス復活派の市長が勝ち、早速新しいロンドンバスのデザインが、一般部門とプロ部門に分けて公募されました。

デザインの条件は部門で違いますが、共通しているのが、色は赤ということと、バリアフリーの乗降口があること、だそうです。

やっぱり色は赤なんですね~(^O^)。

ロンドンバスが赤になった理由は、バス会社の過当競争から1社に規制される時に勝ち残った会社が、もともと赤いバスを使っていたからだそうです。あまり色気も夢もない理由で決まった割には、真っ赤なバスは暗めの色の建物が多いロンドンの街に似合って名物になりましたね。

エリザベス女王の在位25周年と50周年を祝うJubileeの年には、銀(25年)と金(50年)にペイントされたバスが走ったそうです。ピカピカの成金風お祝いバス、見てみたかったな~(^O^)。

そして新しいバスはワンマンバスを止めて、車掌さんが乗務する形に戻したいそうです。プリペイドカードがあれば車掌さんは不要じゃないかと思いますが、以前の2階建てバスより定員を増やすことも条件に入っているので、より多くの乗客にサービスするには、車掌さんがいるといいのかもしれませんね。

日本はバスどころか、電車もワンマンというのがありますよね・・・途中で運転手さんが病気になったらどうするんだろう、と乗車中に考えると怖いです・・・(^_^;)。

|

« やっと来ました!特別便 | トップページ | マイ箸 »

コメント

どうして日本は2階建てバスが走っていないのか、ちょっと残念です。やはり交通法規なのでしょうか。
実家のローカル線の電車はほとんどワンマンです。駅も大半が無人です。経費削減なのだと思いますが、ちょっとわびしいですね。
日本の鉄道はワンマンが増えているようですが、ドイツの近距離線でワンマンを見たことはありません。(地下鉄や路面電車は車掌さんは乗っていないようですが)
改札もなくて乗り降り自由なのですが、時々抜き打ちで切符を検査に来るので、無賃乗車はあまりないようです。

投稿: アラベスク | 2008年9月25日 (木) 10時29分

>アラベスクさん
東京でも観光用で借りて来たロンドンバスを走らせていたことがあるので、法律で全くダメというのでもないのでは?でも歩道橋の下をくぐれるかなあ?
車掌さんが乗っていれば、運転手さんは運転だけに専念できて安全かなとは思いますが、お客さんの少ない路線だと無駄になっちゃいますね。

投稿: うさみ | 2008年9月25日 (木) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/42560176

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンバス:

« やっと来ました!特別便 | トップページ | マイ箸 »