« 感謝感激雨霰\(^o^)/ブログ開設3周年!! | トップページ | 女の年は首に出る »

2008年9月 4日 (木)

今週のニュースから色の話

今週、ニュースの中で、色に直接は関係がないのですが、色が出て来るものが目(と耳(^O^)に留まりました。

まずは「ベージュブック」が今週発表になったというニュース。

Beige Book、米国連邦準備理事会(FRB)が発表する地区連銀経済報のことで、表紙がベージュ色のためベージュブックと呼ばれるのだそうです。日本で言ったら日銀短観みたいなものでしょうか。
FRBのサイトをのぞいてみましたら、本当に綺麗なベージュ色でした(*^_^*)。

お役所関係の報告書で色の名前がついたものでは、すぐに白書を思い出しますね。
経済白書とか国民生活白書とか。
「白書」は、WhitePaperを訳したもの、元々イギリス政府の報告書が白い表紙でそう呼ばれていたそうです。



Blue Book
(イギリス議会の報告書)は青表紙、Red Book(経済政治的に重要な本)は赤表紙、と表紙の色で名前がついているのは面白いですね。タイトルを見なくても、すぐ区別がつくようにでしょうか。色のイメージと、報告書の中身にあまり関連性がないのも興味深いところです。

アメリカの未公開株市場は、気配値がピンク色の紙に印刷されていたので「ピンクシート」PinkSheetと呼ばれていますが、日本だと風俗系か女性向けと勘違いされそうではありませんか(^_^;)?

「ピンクシート」に倣った日本の未公開株市場の名前は「グリーンシート」、これから成長する会社の株を扱っているイメージだな、と思いますよね。
本当に”若い樹木が若葉を次々と芽吹きながら大きく成長していくように、ここに名を連ねる企業も若々しくいきいきと活動・成長していくようにとの願いを込めて命名されたのだそうです。

日本の白書の表紙は特に白と決まっていないようです。どちらかというと、表紙より、中身が白、内容が偏りなく公正というイメージで白、という感があります。日本は背表紙のタイトルが縦書きで見やすいから、特に色で区別しないのかなあ。

日本人は白い紙が好き、なのかもしれませんね(#^.^#)。

アメリカのビジネスシーンに必ず登場するリーガルパッド(レターサイズのレポート用紙)は黄色い紙青い線、日本のレポート用紙はサイズはともかく白い紙ですよね。
彼らは筆記具も青いボールペンとか青い万年筆が好きだから、青が映える黄色で、日本人は墨の名残か概して黒いペンが好きなので白い紙なのかな、ただの思い付きで根拠はありませんが(^^ゞ。



ニュースの中の色、もうひとつは、防災の日の災害対策訓練に関する話題で、「トリアージ・タッグ」のこと。

トリアージ」Triage、最近聞くようになった言葉です。
フランス語で「選別」という意味だそうで、災害医療において治療の優先順位をつけること。大規模災害や大事故の際は、救急医療班が患者さんを診て、状態によって緊急性のレベルを表す「トリアージ・タッグ」を腕に付けて処置や搬送の目安とするのだそうです。



日本で使われている「トリアージ・タッグ」は、上部が複写で状況や診察した時間などを書き込む欄、下が切り取り式の4色マーカーになっています。
一番下から、軽症の、早期処置が必要な黄色、重篤状態で一刻も早い処置が必要な、と並び、一番上がで”死亡・現況では救命不可能”という状態を表します。

ニュースでは、黒のタッグは、残された家族にとって少しでも最期の状況を知る手がかりになるので、出来るだけ多くの情報を記入して欲しいけれども、混迷した実際の現場では長文を書く余裕が無く、どう改善していくべきか、取り組みが続いている、と伝えていました。

一目で伝わるブラック・タッグの意味・・・何と重い色でしょう。使われる機会が少ないことを祈っています。

|

« 感謝感激雨霰\(^o^)/ブログ開設3周年!! | トップページ | 女の年は首に出る »

コメント

遅ればせながら、ブログ三周年おめでとうございます!
4周年目も5周年目も、その後もず~っとお祝いが出来るよう仲良くしてくださいね。

ちょうどさっき医療もののドラマでトリアージ・タッグを見たとこだったので、その色の重さをひしひしと感じてるとこです。
私も以前、大切な人を事故で亡くしました。
最期の状況、どんな些細なことでも知りたかったです。
それがどんなに辛い事でも。。。

投稿: ちょびママ | 2008年9月 4日 (木) 23時58分

>ちょびママさん
ありがとうございます。無理せず頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
医療物ドラマ、ドクターヘリのですね?私は見ていないのですが、妹が見ているようです。ちょびママさんは辛い体験をお持ちだったのですね。私には想像するしか出来ませんが、トリアージ・タッグがそうしたお気持ちの少しでも救いになれればいいと思います。

投稿: うさみ | 2008年9月 5日 (金) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/42379386

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュースから色の話:

« 感謝感激雨霰\(^o^)/ブログ開設3周年!! | トップページ | 女の年は首に出る »