« 女の年は首に出る | トップページ | ジュリアン・オピーと萩 »

2008年9月 6日 (土)

この映画を観ました~「ハンコック」

ちょっと変わったヒーロー映画「ハンコックHancockを観て来ました(^O^)。Han2

主役のウィル・スミスシャーリーズ・セロンがビストロSMAPに出演し、映画にちなんだ料理だとミートボールスパゲティを作ってもらったのを見て、「ハンコック」って嫌われ者のヒーローを広告マンがイメージチェンジさせる話じゃなかったかな、スパゲティがどう関係するのかな、と興味が沸いて来たのでした(^_^;)。


~以下、ネタバレありです。~

ウィル・スミス演じる超人、ハンコックは、ヒーローらしく人助けをしようとするのに、力があり過ぎて余計な物まで壊しまくり、人への配慮に欠け、いつも酔っ払って言葉遣いも汚くののしっているので、街の嫌われ者になってしまっています。

踏み切りに車がはまって動けなくなった所をハンコックに助けられた、冴えない広告マンのレイは、お礼にハンコックをみんなに好かれるヒーローにしようとイメージアップ大作戦を考えます。
Han1
今まで自分の思い通りに勝手に孤独に生きてきたハンコックが、しぶしぶレイの指示に従って”正しい”ヒーローになるまでが前半。

後半は、前半で小さい息子を可愛がり暴力を怖がるか弱い女性に見せていたレイの奥さんメアリー役、シャーリーズ・セロンが一転して大活躍します。
登場シーンから、ハンコックを知っているのかな、と思わせる態度ではありましたが、まさかああいう関係だったとは~(@_@;)。(いちおうこれからご覧になる方の為に彼女の正体は伏せておきますね(^◇^)。

前半は漫画的ヒーローストーリーで、後半は恋愛が絡んだサスペンス、ひとつぶで2度美味しいストーリーでした(#^.^#)。

主人公の名前は、ジョン・ハンコック(John Hancock)。
事故にあって目覚めたら記憶喪失、診療票の名前を退院しても名乗っているだけで本名はわからない、と話すシーンがあり、見ている時は何故その名前に?と疑問でした。帰って来て調べたら、ジョン・ハンコックとはアメリカの独立宣言に署名した政治家の名前で、大きな字の美しい署名がとても有名なため、彼の名前がアメリカでは署名の代名詞になっているのだそうです。
日本の振込用紙の見本に書かれる名前「山田太郎」みたいなものでしょうか(^O^)。

ビストロSMAPに登場したミートボールスパゲティは、メアリーの得意料理として夜ご飯のシーンと、今までの罪を償う為に刑務所に入ったハンコックに差し入れするシーンで出て来ていました。ミートボールがうさみの思っているよりふた周りくらい大きくて(^^ゞ、量はあるけどあんまり美味しそうじゃないかも。

ハリウッド映画に日本人や日本に関係する事が出ると、つい注目してしまいますが、この映画では一番最初、ハイウエイで銃を乱射するアジア系の若者グループをハンコックが追うシーンに苦笑でした(^-^;。
犯人達の車に無理やり空から乗り込んだハンコックが、「コンニチワ」と声をかけると、「俺たちは日本人じゃねえ!」と英語で返されていました。犯人同士で話していたのは中国語、かな?
この映画の配給元、SONYピクチャーズ(コロンビア映画)ですもんね、ちょい役の悪人でも日本人には出来ないか、というのは深読み過ぎでしたか(^^ゞ?

|

« 女の年は首に出る | トップページ | ジュリアン・オピーと萩 »

コメント

 あの場面はテレビで見ました。
 チキンと言ってましたね。
 すごい破壊の場面だけ 予告するのでどんな映画かなと 気になっていました。

投稿: 小紋 | 2008年9月 7日 (日) 19時11分

>小紋さん
ミートボール=つくね団子、というイメージが私などにはあるのですが、映画で作っていたミートボールは、あまりに大きくて団子というよりボールみたいでした(^_^;)。

投稿: うさみ | 2008年9月 7日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/42398105

この記事へのトラックバック一覧です: この映画を観ました~「ハンコック」:

« 女の年は首に出る | トップページ | ジュリアン・オピーと萩 »