« おうじのマイブーム | トップページ | 裾踏んじゃった(@_@;) »

2008年10月28日 (火)

パスポートとフェルメール展

平日でないとこなせない用事をまとめて片付けようと、今日は午後半休を取りました。

用事のひとつが、パスポートの申請です(^^ゞ。

20081028_p1100028 海外旅行の予定は全くないのですが、運転免許証を持たないうさみには、”顔写真付きの公的身分証明書”はパスポートしかないので、今年の6月で切れてしまったパスポートを更新することにしました。

ところが、肝心の写真で失敗してしまいました~。゜゜(´□`。)°゜。。
今持っている10年前に作ったパスポートの顔写真は、半端に口を開けているし、口紅の色は浮いているし、で、自分では見たくない顔(>_<)。今度パスポートを作る時は、ちゃんとした写真にしようと思っていたはずなのに、すっかり忘れて、20081028_p1100032旅券課があるビルの写真屋さんで撮って貰えばすぐ申し込めるな、と気軽に行ってしまいました。

「こちらでよろしいですか~。」と出来上がった写真を見せられて、思わず、「ヤです(;O;)。」と言いたくなっちゃいました。
交通会館に行く前に、丸の内でハロウィンデコレーションに見とれてフラフラ歩き回ってかいた汗が残って疲れ顔、ブラシはかけたのに髪も乱れ気味、指名手配写真みたいな人相の悪さです(>_<)(;O;)・・・でも目をつぶっている訳でもブレている訳でもないので撮り直しはお願い出来ないし・・・いいや、この顔が最低ってことで、以後10年間はこれよりいい20081028_p1100029顔でいることにすれば・・・と、その写真で提出して来ました(-_-;)。

提出後、エレベーターに乗ろうとしましたら、ビル内の銀行窓口にすごい長蛇の列!
外国為替両替のお客さんでした。
その前に他の銀行にも寄ったのですが、そこの為替両替機(100ドルパック・100ユーロパック、と決められた金額の外貨だけ買える)も売り切れでした。円高の機を逃さず、海外旅行の予定はなくても外貨を買っておこうという人が多いとニュースで見ましたが、いやはや、すごかったです。

さて、本日の最後の用事というか、イベントは、上野の「フェルメール展」でした。

20081028_p1100039フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」@東京美術館

去年予告を見た時から、フェルメールの絵をまとめて見られるのを、とても楽しみにしていました。すごい人気で毎日大混雑と聞いていましたので、平日なら少しはマシかも、と期待して行きました。入場に並ばされるほどではありませんでしたが、かなり混雑はしていました。

地下1階から2階までを使っての展示で、フェルメールの絵は1階にたっぷりとスペースを取ってまとめて展示され、地下と2階は同時期にデルフトで活躍した画家たちの作品でした。
出口でオバサマ達が、「フェルメール展なのにフェルメールの絵なんか何枚もなくて、ズルいわよね。」と話しているのが聞こえましたが、世界に30数枚しか現存しないフェルメールが7点もまとめて見られるだけでスゴイのに、これ以上何を望むのじゃ!?他の画家の20081028_p1100047 作品も良かったし!とこっそり胸の中で反論してました(^_^;)。

ポスターや絵葉書になると元の絵の大きさがわかりませんが、今まで本物を見た記憶では、フェルメールの絵って小さなものばかりでした。
今回来日している7点のうち、2点はかなり大きな画布(畳1畳くらいかな?)に描かれていて、こんな大きい絵も描いたのか、と意外でした。20081028_p1100046

2点しか現存していない風景画の1点、「小路」は、デルフトの街の、実際にどの場所を描いたのかは特定されていないそうですが、家の壁の色と煙突、空の色、流れる雲の組合せが、うさみのイメージするオランダと重なります。

人物画はどれも光の存在に圧倒されます。パチっとスイッチを押せばいつでも明るくなる現在とは光の持つ意味が違っていたんですね。

ディアナとニンフたち」では、女神の足元にいるジャックラッセルテリアのように見える犬!顔は見えませんが、背中と足のラインがむちむちしてすごくすごく可愛らしくて、そこばかり注目してしまいました(^O^)。

20081028_p1100045 他の画家の作品の中では、ピーテル・デ・ホーホの「窓辺で手紙を読む女」が好きです。窓が絵の真ん中にあって、窓からの光が部屋を照らしている柔らかさがいいと思いました。

この展覧会は、売られているグッズの種類が今まで見た中で一番というくらい多かったです。お客さんが多いのを見越していろいろと儲けなきゃ、ってことなんでしょうねえ(^^ゞ。
同僚へのお土産にお菓子でも、と20081028_p1100042思いましたが、中身は普通っぽいのにフェルメールの絵がパッケージに印刷されているだけで、お値段がお高く設定されていて食指がわきませんでした。

美術館を出てちょっと歩いて、桃林堂まで小鯛焼きを買いに行きました(#^.^#)。 小鯛焼き、小さいのに頭からしっぽまで餡子がたっぷり入っています。

|

« おうじのマイブーム | トップページ | 裾踏んじゃった(@_@;) »

コメント

そう。私も運転免許で毎回思います。
指名手配ぢゃないってね。
(私の場合は元が悪いか)

投稿: ふくやぎ | 2008年10月29日 (水) 00時03分

うさみさん

おはようございます。

お知らせコメントです。

ご迷惑をおかけしていたブログですが、「消えがてのうたpart2」という形で再開いたしました。本調子になるまでは、ちょっと時間がかかるかもしれませんが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

http://folli-2.at.webry.info/

投稿: aosta | 2008年10月29日 (水) 07時54分

フェルメール展、行かねばと思いつつまだ足を運んでいません。やはり平日に午後半休をとるのがよさそうですね。
ウィーン美術史美術館所蔵の「絵画芸術」が来ると聞いて、楽しみにしていましたが、「輸送に耐えられない」とかの理由で取りやめになったのはザンネンです。それでもまとめて7点見られるのは御の字ですが。
パスポートの写真にはいつも苦労しますね。
私も交通会館のパスポート申請窓口の手前の写真屋さんで、撮りました。幸い少し微笑んでも良いといわれましたので、「指名手配」写真みたいにはなりませんでした。
写真付身分証明を求められる度に、パスポート持参もいやなので、そのうち住民基本台帳のカードを写真付で作ろうかと思ってます。

投稿: アラベスク | 2008年10月29日 (水) 14時31分

みな・・・同じ思いでいらっしゃるのですね。私もつい最近・・・免許証を更新したのですが、これがとんでもない写真になってしまいました。証明書代わりに出すのがためらわれるくらいにです。

フェルメール展・・・行きたいなとは思っているのですが。
友人が行ってきたとかで、感激をしておりました。

投稿: ぷりちゃん | 2008年10月29日 (水) 20時20分

>ふくやぎさん
自分の顔って直接見ることが出来ないので、移りの悪い写真を見ると、ひょっとして他の人からは私ってこういう風に見えてるのかなあ(>_<)と思ったりします。長く残る写真ほど変な顔になっちゃうんですよねえ・・・。

>aostaさん
お知らせありがとうございました。
Part2、無事始まってよかったです!楽しみにしています。これからもどうぞよろしくお願い致します。

>アラベスクさん
そう、「絵画芸術」来れなかったんですよね、残念。輸送に耐えられないって他の絵は?本当は何かオトナの事情があるんじゃないの?とかんぐってしまいましたが・・・。
平日でも曜日によって違うみたいです。HPの混雑情報をご参考にお出かけ下さいませ。
住基ネットカード、父が早々と作って便利だぞと見せてくれましたが、まだ作ってません。

>ぷりちゃんさん
昔就職活動用の写真を、写真館で撮ってもらって、修正してくれたのかと思いますが、とても気に入ってました。
最近のはデジカメで画素数が上がって、写らなくてもいいところまで写っちゃうんでしょうか(^^ゞ。

投稿: うさみ | 2008年10月29日 (水) 21時43分

うさみさんは午後半休を利用していらしたのですね♪ウチは主人が最近土曜も仕事で日曜しか行けそうになかったのです(^_^;)でも日曜でも待ち時間はなくてラッキーでした。もちろんチケット売り場の列は長くて、中は混雑していましたけど、それは致し方ありませんよね~。
どの作品も素晴らしくて思い切って行って良かったです(^o^)

投稿: ofuu | 2008年10月30日 (木) 17時46分

>ofuuさん
こんばんは。ご主人様、お怪我されても土用まで働かされているのですね。寒いと怪我のあとに響くかと思いますので、どうぞお気をつけて。
フェルメールの階は絵の間を広く取ってあって、人が多くてもそれなりに流れるようになっていましたね。ほんと、混んでいても見に行くだけの価値はありましたね。

投稿: うさみ | 2008年10月30日 (木) 21時21分

 行きたいと願っていますが なかなかみることができない フェルメールです。
 来年早々 ぱすぽーとの 切り替えに行く予定です。どんな写真になりますか 楽しみのような 怖いような・・・・

投稿: 小紋 | 2008年11月 1日 (土) 19時59分

>小紋さん
フェルメールは現存点数が少ないので、なかなか見る機会がないですよね。
パスポート写真、ぜひお気に入りの1枚をお選び下さいませ。

投稿: うさみ | 2008年11月 1日 (土) 21時58分

「大琳派展」を観る前に行ってきました。開館直後だったので、小さいフェルメールの作品をじっくり鑑賞できました。
今回来たなかでは「小路」と「手紙を書く婦人と召使い」かな。手紙のシチュエーションの作品は「恋文」がいいなと思います。
それにしても「絵画芸術」観たかった〜

投稿: アラベスク | 2008年11月 5日 (水) 22時08分

>アラベスクさん
人気展覧会のはしご、お疲れさまです。
「小路」はいいですよね、人物以外もいけるんじゃない、と思います。

投稿: うさみ | 2008年11月 5日 (水) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/42935135

この記事へのトラックバック一覧です: パスポートとフェルメール展:

« おうじのマイブーム | トップページ | 裾踏んじゃった(@_@;) »