« 歌舞伎座建て替え | トップページ | ひみつのハイチュウ »

2008年10月22日 (水)

無彩色の朝

朝の通勤女性専用車両、立っていた人が乗換駅でたくさん降りて、向かい側の座席が端から端までパッと目に入って来ました。

うっ、な、何か暗いっ( ̄○ ̄;)!!

長い座席に6人のお勤め人らしき女性が座っていたのですが、皆さんお洋服が無彩色だったのです(@_@;)。

パンツスーツ、スカートスーツ、ジャケットとスカート、チュニックにスパッツと、お洋服のヴァリエーションは様々ながら、色はみんなグレーのみ!!
色ものカットソーもスカーフも無し!バッグと靴も黒か茶。
まるで白黒映画の1シーンのようでした(^_^;)。



ビジネスウーマンはもともとファッションにおいて黒使用率が高いですし、秋になるとそれがさらに上がるものですが、それにしてもこの無彩色コーディネート軍団(と勝手に呼んでみましたが、お連れさんではなく皆さん別々の方)はインパクト大でした。

不景気の時はモノトーンが流行ると言います。

不景気だからこそ気分を明るくしたいという真っ白に、何にでも合わせやすくて(=数が少なくすみお金がかからない)高級に見える
秋に白だけでは寒々しいので、黒かグレーを着てインナーが白、というコーディネイトパターンになるのでしょう。

うーん、オフィス中が黒白グレーで埋まったら、気分もどよ~んと重苦しくなりそうですねえ・・・アイデアには詰まるし、人間関係もぎすぎすしそう・・・o(;△;)o。
スーツはお茶らけた色を選べないので黒にしても、インナーアクセサリーには何か色を使って下さらないかしら、と色好きうさみは思うのでした。
その点、男性の方が首元にネクタイの色が何らか入るので、無彩色コーディネートにはならないようですね。

今年の秋冬流行色のひとつのは、高貴で神秘的なイメージと共に、不安で孤独なイメージも持つ色です。
昨今の金融不安を予兆していたのではないか、という声もあるようですが、紫は去年あたりから来てましたからね・・・。



紫は不安やストレスを増幅するとも言われますので、世間全体が揺れている時期には多用しない方がいいかもしれませんね(^^ゞ。
お店で見るほどには、街で紫を身につけている人を見かけないように思うのは、買ってみたけれど着たくならない心理が働いているのかも。
それに紫はを混ぜるので、色の幅が広く、自分にぴったりの紫を見つけるのが難しくて、敬遠されてしまうのかとも思います。

|

« 歌舞伎座建て替え | トップページ | ひみつのハイチュウ »

コメント

ず〜っと昔の映画「ワーキング・ガール」でシガニー・ウィーヴァーが真っ赤なジャケットに黒いスカートのスーツ姿で颯爽と現れ、かっこい〜と密かにあこがれました。なかなか真似できないのですが。
いわゆる「リクルート・スーツ」って黒やグレーの無彩色スーツが多いですね。無難だからなのでしょうが、み〜んな同じに見えてかえって<埋没>するのじゃないかと思います。

投稿: アラベスク | 2008年10月23日 (木) 20時12分

>アラベスクさん
あの映画のシガニー・ウィーバーはかっこよかったですね~。「エイリアン」の戦う女とはまた違う魅力で、良かったです。
最近は「シューカツ」期間が長くて学生も大変なんですってね。何枚もスーツ買えないからいつも黒いの着てるんでしょうね・・・たまには真っ赤なスーツの娘が見たい!

投稿: うさみ | 2008年10月23日 (木) 21時06分

私がジンジ採用担当者だったら、真っ赤なスーツの応募者が現れたらイッパツで合格にしちゃいます(笑)
その勇気に敬意を表して。

投稿: アラベスク | 2008年10月23日 (木) 21時31分

>アラベスクさん
そうですね。アパレル系を受けに行く女の子のマンガで、面接には自分に一番似合う色の緑の服を自信持って着て行ったっていうのがありました。そういうの、いいな~と思いましたが、アパレル系ならそういう子がいるんでしょうかね~?

投稿: うさみ | 2008年10月24日 (金) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/42873451

この記事へのトラックバック一覧です: 無彩色の朝 :

« 歌舞伎座建て替え | トップページ | ひみつのハイチュウ »