« 裾踏んじゃった(@_@;) | トップページ | 体にいい食事と限定ハンバーガー »

2008年10月30日 (木)

こんな本を読みました~「コスプレ -なぜ、日本人は制服が好きなのか」

コスプレ ーなぜ、日本人は制服が好きなのか」という新書を読みました(^O^)。



タイトルは「コスプレ」ですが、アニメや漫画のキャラクターの扮装の話ではなくて(^O^)、日本人の制服好きについて考察した内容です。

日本には他の国に見られない程、制服があちこちに溢れており、それは日本人の、この格好をしていれば何も考えないで済むみんなと同じなら安心という考えから来た一種コスプレのようなものではないか、という論旨でした。

学生の制服は他の国でもありますが、同じような環境にある人がこぞって同じ服装をする「擬似制服」は、日本ならではの現象でしょうね。
就職活動中の学生たちの「リクルートルック」然り、私立幼稚園や小学校入学試験に臨むお母様たち用の「お受験ファッション」然り、ひいては「ブラックフォーマル」も日本独特なのだそうです。
マナーからはずれることを恐れるあまり、ルールを作ってそれに従うことだけに集中してしまうんですね・・・(^_^;)。

この職業の人はこんな格好をしているもの、と当たり前に思っていた制服にこめられた意味があるという話も面白かったです。
例えば、和食の板前さんが白衣の下にネクタイを締めているのはどうしてか、働く女性のパンツ姿が当たり前になった今でもキャビンアテンダントの制服にパンツが登場しないのは何故か、アメリカの医療ものドラマに出て来る動きやすくてお洗濯も簡単なスクラブ(柄物プルオーバーにパンツの組合せウエア)を日本の看護師さんが着ないのはどうしてか、などなど。
同じ化粧品ブランドでも、メイクを担当する人は黒、スキンケア担当は白い制服と分かれている、というのも、読んで初めて気付きました(^O^)。

学生の制服についての章で、「服装の乱れは心の乱れ、と管理・指導しようとするが、いかがなものか。心の乱れは服装の乱れを生むかもしれないが、制服で心の乱れは防げない」という内容の一文があり、その通り!と手を打ちました。

うさみの学生時代は、「頭のいい子はほっておいてもヘンな格好はしないから、制服はいらないだろう」とまことしやかに囁かれていたのが本当の理由かどうかはわかりませんが、偏差値の高い都立高に私服が多く、ダサダサ制服の私立校に通っていたうさみは私服通学に憧れていました(^^ゞ。好きな服が着られることが自由の象徴だったのですね、だからと言って服装で反抗するのは馬鹿らしいと思って標準的に制服を着ていました20081026_p1100004 が・・・。

最近は、カッコいい・可愛い制服が受験時の志望動機になるほど、制服志向なんだそうです。
あまり押さえ付けられる事が無く育っていると、お仕着せに対する反感がなく、何も考えなくてすむ方へ流れるのでしょうか。若い子はオバサンの度肝を抜くくらい突飛な格好でもいいのに・・・(-_-;)。

制服の今昔の違いについても、へえっと思う制服メーカーさんの解釈が紹介されていました。

うさみの時代は、スカートは長い方がカッコいいと思われていて、スカートの長さと不良度が比例していましたが(^^ゞ、今は短い方が可愛いんですよね。
昔は女子の制服はセーラー服が大半、セーラーの上着は短いので、スカートが長い方がバランスが取れてすっきり見えましたが、今の制服はブレザー・スーツタイプがほとんどになり、上着の丈が長めなので、短いスカートの方がバランスがいい、というオシャレ感覚が働いているんではないか、と。
ファッション的に確かにそうですね!くるぶしまで届くほど長かったり、太ももが見えるほど短かったり、まで行っちゃうと行き過ぎだと思いますけど(^^ゞ。

本は、「悲しい制服」「情けない制服」をなくして「楽しい制服」を増やしましょう、という提言で締め括られています。着る人自身が楽しく誇りを持って着られる制服、着やすく心地いい制服、モチベーションが上がる制服、見ている人も楽しくなる制服、そんな制服なら素敵ですね(#^.^#)。

|

« 裾踏んじゃった(@_@;) | トップページ | 体にいい食事と限定ハンバーガー »

コメント

コスプレ、ではありませんが私は入学した小学校を制服で選びました(笑)
会社の下にあるスタバは、小学校のお坊ちゃん、お嬢ちゃんを送り迎えなさるお母様方のたまり場になっているようなのですが、皆様申し合わせたように単色のスーツに真珠のネックレスといったいでたちでございます。
ときには赤ジャケットでもお召しになったら〜(笑)

投稿: アラベスク | 2008年10月31日 (金) 21時15分

>アラベスクさん
お受験ファッションは、パンツスーツではダメで、ワンピース+ジャケットって決まってるんですって。お母さんの服装がお子さんの進路に影響するかも、と思ったらルールに従っちゃうんでしょうね。

投稿: うさみ | 2008年10月31日 (金) 22時06分

やっぱりねぇ、コスチュームとユニフォームの違いですね!
(意味不明?)

投稿: ふくやぎ | 2008年10月31日 (金) 23時43分

>ふくやぎさん
コスチュームというと自分から楽しんで身に着ける感じがしますが、ユニフォームはお仕着せですものね(^O^)。

投稿: うさみ | 2008年11月 1日 (土) 21時53分

原作コス 衣装そっくりなデザインのコスプレ衣装、制服を作りため、
いろいろな店やコスチュームネットショップをさがし、
あるいは仕立て屋へ抱き枕作りを頼みます。コスプレ 販売専門店へコスプレ衣装オーダーもできます
お金をかかるばかりだけではなく、
時々自分で布を選択、何遍作り直し、メイド服、通販 ウィッグ、複雑な道具を製作しなきゃ。
最もひどいなのは、注文料金を払ったがなかなか衣装が時期通りこなかったことです。
せっかくなイベントを参加できなかった。(泣き)

艶やかなウィッグを被り、
蝶結び付けの可愛い厚底のブーツを履いて、
装飾がたいへん豪華である通販 衣装、仮装 衣装を着て、
衣装 コスを作ったり写真を撮ったり、いつも楽しかったでしょう。ですが、そのあと苦労はいっぱいあった。


http://www.mltailor.com/jp/

投稿: mltailor | 2013年2月17日 (日) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/42954912

この記事へのトラックバック一覧です: こんな本を読みました~「コスプレ -なぜ、日本人は制服が好きなのか」:

« 裾踏んじゃった(@_@;) | トップページ | 体にいい食事と限定ハンバーガー »