« クリスマスまであと・・・ | トップページ | 安藤忠雄建築展 »

2008年11月24日 (月)

このDVDを見ました~「かもめ食堂」

長いことうさみの「見たいDVDリスト」にのっていた作品、「かもめ食堂」をようやく見ました(#^.^#)。



この映画、2006年の公開当時は全然チェックしていませんでした(^_^;)。その後、複数の方に別々に勧められて、見た~いと思いながら、レンタルショップに行っても邦画コーナーはあまり立ち寄らないので忘れてばかり。時々、「かもめ食堂」見たいんだった~、と思い出しては、また忘れていました。
先日、会社の同僚から強力プッシュされてはっきり思い出し、連休に見ようと借りて来ました(^O^)。Kamome

「かもめ食堂」は、日本女性がフィンランドで開いた食堂が舞台です。

フィンランドについてうさみが知っている事と言えば、ムーミンシベリウス森と湖の国マリメッコNOKIA白に青十字の国旗・・・くらい。
海外でレストランをやるにしても、何故フィンランドなのかな~?というのが見る前の疑問でした(^^ゞ。

~以後、ネタバレありです。

「かもめ食堂」の女主人、小林聡美さんは、ひょんな縁から一緒に働くことになった片桐はいりさんに、まさしく同じ事を問われて、

日本人もフィンランド人も鮭(サーモン)が好きだから

と、冗談交じりに答えていました( ^)o(^ )。
フィンランドと日本の意外な共通点、ですね。

お話は、オープンしてからひとりもお客さんが来ない「かもめ食堂」のシーンから始まり、日本アニメオタクのフィンランド青年(この人が着ているヘンな日本語や日本柄のTシャツが笑えます)が最初のお客さんとしてやって来て、ふたりの日本人女性が一緒に働き始め、ぼちぼちお客さんが増えて、ある時満席になるまでを、淡々と描いていきます。
主要な登場人物達の色恋も出なければ、大きな事件も起きませんが、森にさらさらと風が流れて行くような、爽やかな心地よさに包まれています。

そして、「かもめ食堂」という小さなお店の、何と居心地の良さそうな事でしょう(^^♪。
北欧らしいすっきりしたインテリア(木製の家具はアルヴァ・アールトデザインのアルテックだそうです)、オープンキッチンはいつもピカピカに磨かれたお鍋が並んで、カウンターには素朴なお花が飾られています。
食器もフィンランド製のイッタラですが、シャケの網焼き、肉じゃがやトンカツ、豚肉生姜焼きに、お店のメインのメニュー・おにぎり等の日本料理(これがまたどれも美味しそうでお腹がすいてきます♪)とすごく合っていました。

女主人はまだ若いのですが、何だかおばあちゃんの台所を連想しました(*^。^*)。
花柄のエプロン・・・最近エプロンの売り上げが落ちていると雑誌か何かで読みました、エプロン使わなくなっていますよね(^_^;)。女主人の、腰で紐を結ぶ柄物のサロンエプロンがとても懐かしく感じられました。
そしてお料理のちょっとした時(菜箸を拭いたり、鍋のフタを持ったり)に使うのが、手拭の台拭き、というのも、おばあちゃんを思い出しました(#^.^#)。最近はキッチンペーパーですもんね。

最初は怪しげに外からのぞいているだけだった地元のオバちゃん達が、焼き立てシナモンロールの香りにつられてお店に入ってくるシーン、おにぎりを頬張るもたいまさこさんを他のフィンランド人のお客さん達が興味津々で見つめるシーン、可笑しくてあったかいシーンでした。

細かい所でうさみがウケたのは、本屋さんで片桐はいりさんがガッチャマンの歌詞を歌いながらノートに書き写すシーンと、怖い顔のオバちゃんが、「あなたはうちの子に似ている」と亡くなった愛犬の写真を小林聡美さんに見せるシーンでした(^O^)。

|

« クリスマスまであと・・・ | トップページ | 安藤忠雄建築展 »

コメント

うさみさん、こんにちは^^
この荻上監督の女性らしい、そしてこの独特の空気感が好きです!
このあとの『めがね』もやはりそのまったりとした空気感は充分味わえる作品でした。 以前の『バーバー吉野』もなかなかユニークな作品でしたよ^^

投稿: cyaz | 2008年12月 1日 (月) 08時26分

イッタラの路面店が銀座にオープンしたそうですね。イケアやH&Mなど、最近北欧デザインが本格参入中で、ちょっと面白いなと思います。

投稿: アラベスク | 2008年12月 1日 (月) 21時45分

>cyazさん
女性監督だったんですよね、見てから知りました。そして見てから、原作は群ようこが映画のために書き下ろしたことを知り、読みたくなって本を買いました。映画には描かれなかった部分が面白かったです。
「めがね」も見たいと思っています。

>アラベスクさん
最近、ほんと北欧デザイン流行ですね~。エコでロハスな雰囲気とあうのでしょうね。
北欧は足を踏み入れたことがないのでいつか行きたいです。

投稿: うさみ | 2008年12月 1日 (月) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/43212561

この記事へのトラックバック一覧です: このDVDを見ました~「かもめ食堂」:

» 『かもめ食堂』 [京の昼寝〜♪]
それはヘルシンキにある食堂でした。こころをこめた「いらっしゃいませ」とおにぎり。毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。 ■監督・脚本 荻上直子■原作 群よう子(「かもめ食堂」幻冬舎刊)■キャスト 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マルック・ペルトラ、ヤルッコ・ニエミ□オフィシャルサイト  『かもめ食堂』 フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。 店主は日本人女性のサチエさん(小林聡美)。 メインメニューはおにぎり。 でもお客さんはなかなかやってきません。 サチ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月) 08時20分

« クリスマスまであと・・・ | トップページ | 安藤忠雄建築展 »