« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

11月最後の日曜日

11月最後の日曜日でした。

↓ 地元神社の銀杏と狛犬さん(^O^)。

20081130_p1100425_3   

ここ3年ほど、うさみは12月の第1日曜に行われる色彩の検定試験を受験して来ました。
今年も受験の予定で、本来なら最後の追い込み、必死で丸暗記に励む所ですが、今日は何となくのんびり過ごしてしまいました(^^ゞ。

検定試験を受けると知った家族や友人から、
「それに受かったら何(の仕事)が出来るの?」
「それが仕事(お金)になればいいのにね。」
とよく言われます。

うさみ自身も、最初はそういうつもりもあって検定を受け始めましたが、今はお金になるならないという現実的な成果よりも、勉強したいから受ける、経過を楽しむ部分が大きくなって来たような気がします。
検定に受かったくらいでは何の仕事にもならないことがよくわかった上での負け惜しみかもしれませんが(^_^;)。

学校時代の勉強とは違って、好きな分野についてもっと知る事はそれだけで楽しいです。
だったらひとりで本を読んでいるだけで検定など受けなくてもいい、とも考えられますが、試験で試される、という試練があれば、真剣に覚えようという気にもなりますし、自分の知識を確認する機会にもなります。

最近、趣味やご当地に関する○○検定、というのが増えてきたのは、主催する側の儲け主義もあると思いますが、受ける側の気持ちとして、自分の好きなことを知って認めてもらいたいというのがあるのかな、と思います。20081129_p1100417

来週は、とりあえず元気で試験に臨めるよう、体調に気をつけます。
風邪引きさんには近寄らないように、いつにも増してうがい手洗い敢行です。

→ 先週、寒くてお腹を壊した愛犬も無事復活です(^^♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

シートベルト

今年の6月から、車の後部座席でもシートベルト着用が義務付けられましたね。

免許も自家用車も無いうさみが乗るのは、もっぱらタクシーの後部座席です。
タクシーを利用するのは、荷物が多い時、雨が降っている時、疲れて具合が良くない時、急いでいる時、のいずれか、またはいくつかの理由が組み合わさった場合で、長距離を乗ることもほとんどありません。

・・・となると、あまりシートベルトを締めるのに都合が良いとは言えません(>_<)。
自己責任ということで締めなくてもいっか~と思っていましたが、最近はタクシーに乗ってドアが閉まるか閉まらないかで、

「○○タクシーをご利用いただきありがとうございます。お客様の安全と法制遵守のため、シートベルトをお締め下さい。 Fasten your seatbelt, please.」

という録音メッセージが流れます。

それが聞こえているのに知らん振りしてシートベルトを締めないでいるのは、かなり居心地が悪いです(-_-;)。20081128_p1100377
でも、5分で降りるところを、膝の上の荷物をよけてよっこらしょとシートベルトを締めて、が面倒で結局締めません・・・。
それにうさみはシートベルト着脱が苦手で、バックル(と言うんでしょうか?あのパチンと差し込む部分)が中々入らなくてよく見たら逆向きだったり、ベルトの長さが調節出来なかったりと、時間がかかってしまうのも、締めたくない理由のひとつです。

今日は、珍しく手ぶらで10分以上の距離をタクシーで移動することになったので、初めてシートベルトを締めてみました(^O^)。
やはり一度ではうまくはめられずに手間取りましたが、何とか締めるだけは締めました。
胸とおなかに圧迫感を感じるのは、普段締めなれないせいなのか、ベルトの長さが合わなかったのか・・・(^_^;)。

とにかく今日は”法制を遵守”したぞ、と意気揚々、タクシーを降りようとしましたが、今度はベルトがうまくはずせず四苦八苦(@_@;)。
やっぱりシートベルトとは相性が悪いようでした。

以前、運転手さんとシートベルトの話題になった時、「法律で義務化する前に、締めやすい車(ベルト)を出してくれないと困る。」と言っており、本当にそうだと思いました。
飛行機のシートベルトだったら、うさみでもそれほど苦労せずに締められますから・・・。

どんな人でも楽に着脱することが出来、長いこと締めていても体を圧迫せず、かつ、いざという時は守ってくれるベルトの開発をぜひお願いします<m(__)m>。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

クリスマス前の銀座

今日の午後は、銀座のそばの会場でセミナーがあって外出しました。終わったら直帰してもいい時間でしたので、ちょっと銀ブラしてみました(#^.^#)。

クリスマス前の銀座は、どのお店も趣向を凝らしたツリーにウィンドウディスプレイで、華やかですね~(*^。^*)。

20081128_p110037820081128_p1100397 
うさみの目的地は、伊東屋さん。
ここ3年ほど会社で使っている花のイラストのカレンダーが、伊東屋さん以外では見つからないので、カレンダー売り場は混んでいるだろうな~とビビリつつ向かいました。

平日のせいか、恐れていたほどは混んでいませんでした。

目的のカレンダーは、何と最後の1個でした\(◎o◎)/!来週以降だったらもう無くなっていたかも~、ラッキーでした~。
それ以外は特に決めずに、好きな物を選ぼうと、カレンダー売20081128_p1100414り場を何周もうろうろしました。

伊東屋さんのカレンダー売り場は、国産から輸入物まで、小さな卓上カレンダーから、壁にかける1枚もののポスターサイズまで、種類が豊富で目の保養になります。

来年のお部屋を飾るインテリアとして、こだわりのある方も多いのでしょう。店員さんは、毎年買っているあれはどこ、こういうのはありますか、とのお問い合わせに追われていました。

続きを読む "クリスマス前の銀座"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

アドベント・カレンダー

この時期のカード売り場に行くと、アドベント・カレンダーとして使えるクリスマスカードが目に留まります。
クリスマスデコレーションの街や、冬景色の野原、ツリーが飾られた家の中等に、たくさんの人や動物が賑やかに描かれていて、よく見ると数字の書いた切り込み線があって窓を開けると絵が出て来る、あれですね(^O^)。



アドベント(Advent)は日本語で降臨節待降節と訳されていて、クリスマス前の約4週間に渡る祈りと断食の時期を言うそうです。この期間を1日1日、楽しみに数えながらクリスマスを待つアドベント・カレンダーは、ドイツに始まり100年以上歴史があるらしいです。

最近は、輸入菓子コーナーでも、窓を開けるとチョコレートが出て来る、アドベント・カレンダー・チョコレートを見かけます。
20081126_p1100365
今までは、クリスマスまで1日ずつ窓をあけて楽しむなんて子供用だから大人はね(^^ゞ、と自粛していましたが、今年はそれでもいいじゃないか、1度くらいやってみなきゃ、と思っ て、スノウマンチョコレート・アドベント・カレンダーを買いました。

会社に持って行って自分の机の前に飾り、ひとりで祝祭気分を盛り上げていましたら、意外と他の人にも好評です。
どこで買った、いくらだった、と聞かれます(^_^;)。(はっきりしたお値段を忘れましたが、輸入食品スーパーで数百円でした。)

スタバだと同じようなのが3,000円近くもした、と憤っている同僚もいました。
(確かに2,800円で売っていました(^^ゞ。クリスマスツリーの飛び出る絵本式になっていて、動物のイラストが可愛いです。オーナメントとして手が込んでいるのでちょっとお値20081127_p1100369段が張るんでしょうね。)

うさみのアドベント・カレンダーは、来週月曜日から1日1個窓を開けて、チョコレートを取り出して食べるつもりです(#^.^#)。

紙製以外にも、引き出しがたくさんついた棚になっていて、毎日小さなプレゼントが出て来る形や、壁掛けタイプで数字を綺麗に刺繍したポケットがついている形など、いろんな形があるんですね。
レゴ・ブロックのセットで、毎日部品やミニチュア人形が出て来て最後に街が出来上がる、なんていうのも楽しそうです。




チョコを買った後、他のお店でアドベント・ティーというのに出会い、24種類のハーブティーがセットになっている、というお得感につられてそれも買っちゃいました(*^。^*)。
画像ではわかりにくいのですが、ちゃんとそれぞれ日にちの数字がデザインされています。
↓ 緑が1日、オレンジが24日のお茶です(^^♪20081127_p1100373 20081127_p1100372_2

こうやって少しずつ準備して盛り上げていく感じって、学生時代の文化祭に通じるものもあって、たまりませんね~(≧∇≦)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

ブックカバー

最近、電車内で読書している方の文庫本に、市販の布製ブックカバーがかかっていることが前より増えたような気がします(#^.^#)。
雑貨屋さんに置いてあるブックカバーも、オーソドックスな革製から、プリント布や刺繍・アップリケのついたもの、和紙を加工したものなど、種類が増えているみたいです。



資源節約
のため本を買った時ブックカバーをかけてもらうのを断るのに加え、書籍購入代を抑えようと古書店や図書館を利用しているから書店のカバーが無いということもあるかなと思います。

うさみは本当は書店でかけてくれるブックカバーが好きです(^O^)。

某結婚相談所のCM入りの派手なのとかではなくて、その本屋さんオリジナルの店名やイラストが入ったカバーの方ですが・・・(^^ゞ。
本屋さんでカバーをかけてくれるのは日本だけ。”包む”文化があったからでしょうか。美しいイラストがついていたり、紙の色が凝っていたりすると、嬉しくなりますよね。

書店でかけてくれるブックカバーを「書皮」と呼んで、収集している愛好家もいらっしゃいます。遠い地方の方同士で、珍しい物を交換したりするそうです。20081125_p1100364
うさみはそこまでは行きませんが、どこの店はどんなカバー、という程度には覚えています。

でもここ数年は、本屋さんではカバーをなるだけお断りするようにしています。

うさみの読み終わった本は、ほとんど古本屋さんに売っています。取っておくのは気に入った本と、最初から保存用に買う図鑑や写真集、教科書の類だけ、と決めています(それでも増えるばかりで困っていますが・・・)。
古本屋さんに渡す時は、ブックカバーははずさなくてはいけません。せっかくかけてもらっても、すぐにはずして捨てることになってもったいないので、最初からかけないでもらうようにしています。

1冊だけ買ってブックカバーを断って、本に直接店名の入ったセロテープなど貼られてしまうと、ぎゃっ、綺麗に剥がれなかったらどうしてくれる!?と慌てますけど・・・(`◇´*)。本は綺麗なのを買って、綺麗に読んで、綺麗なまま保存するか、売りたいのです。

続きを読む "ブックカバー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

安藤忠雄建築展

連休中、「安藤忠雄建築展 挑戦ー原点からー」という展覧会を見に行きました。

20081122_p1100355 安藤忠雄さんは、建築に詳しくないうさみでもお顔とお名前を存じ上げている数少ない建築家さんのひとりです(*^_^*)。
前から「住吉の長屋」だけは知っていて、今回の展覧会にその原寸大模型が展示されると聞いて、見てみたくなりました。

会場の「ギャラリー・間」はTOTOショールームのビルで、乃木坂駅からすぐ。
そんなに混んでいないだろうという目論見は大ハズレ、建築やデザイン関係の学生さんらしき若い人から、建築家ご本人と同世代のおじ様おば様まで、大混雑でした。下のショールームを見に来たついでに、というお子様連れファミリーもいました。

住吉の長屋は、1976年竣工の個人宅、30年経っても施主さんがお住まいだそうです。
現地で撮った映像が流されていましたが、ほんとの下町の住宅街で、お隣とギリギリまでくっついて建っていました。

住吉の長屋の説明は、うさみにはちょっと荷が重いので、ブリタニカ百科辞典の解説をどうぞ→

コンクリートの直方体を三つに分割し、中央に中庭を配す。正面ファサードはコンクリートの壁に長方形の入り口が設けられただけで、きわめて閉鎖性が高い。一方住居内では、中庭を中心に各部屋が配置され、空に開かれた空間を創造した。単純な形態、装飾をまったく廃したコンクリート打ち放しに特徴がある。都市住宅に自然を取り入れることに成功している。

続きを読む "安藤忠雄建築展"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

このDVDを見ました~「かもめ食堂」

長いことうさみの「見たいDVDリスト」にのっていた作品、「かもめ食堂」をようやく見ました(#^.^#)。



この映画、2006年の公開当時は全然チェックしていませんでした(^_^;)。その後、複数の方に別々に勧められて、見た~いと思いながら、レンタルショップに行っても邦画コーナーはあまり立ち寄らないので忘れてばかり。時々、「かもめ食堂」見たいんだった~、と思い出しては、また忘れていました。
先日、会社の同僚から強力プッシュされてはっきり思い出し、連休に見ようと借りて来ました(^O^)。Kamome

「かもめ食堂」は、日本女性がフィンランドで開いた食堂が舞台です。

フィンランドについてうさみが知っている事と言えば、ムーミンシベリウス森と湖の国マリメッコNOKIA白に青十字の国旗・・・くらい。
海外でレストランをやるにしても、何故フィンランドなのかな~?というのが見る前の疑問でした(^^ゞ。

~以後、ネタバレありです。

続きを読む "このDVDを見ました~「かもめ食堂」"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年11月23日 (日)

クリスマスまであと・・・

世間はもうすっかりクリスマスモードに突入(^O^)。
あちこちでクリスマスイルミネーション☆が始まって、目を楽しませてくれています。

20081114_p1100170 20081117_p1100289 
クリスマスパーティーや、お家の電飾の準備、クリスマスプレゼントに欲しい物・あげる物を考えるのにお忙しい方々も多いことでしょう。

← 相変わらず写真がボケていて申し訳ありませんが、有楽町(マリオン&国際フォーラム)です。天使です。

うさみは会社で忘年会を兼ねたクリスマスパーティーが予定されている他は、特にまだ決めていません(^_^;)。

愛犬用のクリスマスケーキだけはもう注文しました(*^。^*)。
無添加無着色、お野菜と天然素材だけで作っているわんこ用ケーキのお店にお願いしました。20081120_p1100306
愛犬の写真を送ると、その子に似せて作った小さいわんこをのせてくれます。(人間用クリスマスケーキにのっているサンタさんの人形みたいなやつで、食べられるらしいです。)
おうじケーキはどんな風に出来上がって届くか、楽しみです~。
おうじも、メイン材料のさつまいもが大好きなので、きっとウハウハでしょう(#^.^#)。

 → こちら表参道ヒルズ

人間用のケーキはまだ決めていません。
いつも食べるケーキは、カットされたのばかりなので、クリスマスくらいはホールのケーキで雰囲気を出したいですね(*^_^*)。ふたりで一度に食べきれるサイズのホールケーキだといいのです20081122_p1100340 が・・・。

クリスマスツリーはありませんが、クリスマスリースはどこか奥にしまってあるはず。今年は引っ張り出して飾りましょうかね(^^ゞ。20081122_p1100343

 ← → ミッドタウン

先日靴下屋さんで、クリスマス柄のとてもあったかそうな靴下を見つけました。

履く前に、クリスマス飾りとしてかたっぽずつ吊るしてみようかな20081123_p1100358_2
サンタさんがプレゼントを入れてくれるかもしれません(^O^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

「MY CUP OF TEA」マグカップと英国紅茶

新宿のリビングデザインセンターOZONEで開かれている、「MY CUP OF TEA お気に入りのマグカップ&英国紅茶を見つけよう!」というイベント20081122_p1100312行って来ました(^O^)。
イベントロゴの、国旗マークのカップに入ったクマがとても気に入って、会期が短いのですがどうしても行きたかったのです(^^ゞ。

紅茶は、うさみがイギリスを好きな理由のひとつです(#^.^#)。
イギリスはどこへ行っても紅茶がうまい!気取ってアフタヌーンティーを提供するお高い店が美味しいのは当然(東京だと高いのに薄くて味のしない紅茶が出る事もあって、うさみは猫パンチを入れたくなりますが(`◇´*)として、ファーストフードや車内販売のティーバッグで淹れた紅茶も美味しいです。
イギリスに旅行すると、ホテルの部屋で沸かす1杯に始まって、一日5-6杯は紅茶をがぶがぶ飲んじゃいます。

イギリスの紅茶=麗々しいティーセットにケーキにサンドイッチがどーんと出て仰々しくいただく、というイメージがあるようですが、実はもっとカジュアルに楽しめる美味しい飲物なんですよ、と宣伝するイベントなのでした。

イギリス映画や小説などでは、ショックを受けた人や落ち込んでいる人に、まあまあ座って20081122_p110032420081122_p1100332 お茶でも飲みなさい、とすすめる場面がよくあります。1杯の紅茶は人をくつろがせ、安心させてくれる効果があるのですね(*^_^*)。
ちなみに、イベントのタイトル、”MY CUP OF TEA”は、お気に入り、という意味でもあります。

お家や職場でホッと一息つく時の紅茶は、受け皿なしのマグカップがいいですね。
100種類以上のマグカップが展示されています。あちらのマグカップが大きいのは、体格の差よりも、紅茶をいっぱい飲むからでしょうか(^O^)?20081122_p1100329

買う気は無くて行ったのですが、有名人がデザインしたチャリティ・マグカップの中に、うさみの大好きなデザイナー、ポール・スミスのマグカップがあり、しかも、うさみのこだわっているうさぎ模様で、うさみの好きなオレンジ色!!これはもう買うしかないでしょう!

最近の円高前のレートで計算したと思われるお値段(ポンド建の定価に比べてお高い(^_^;)が若干気になりましたが、チャリティですからケチせず求めて参りました。
20081122_p1100346
画像だと大きさがわからないかもしれませんが、花瓶として使えるくらい大きいです。ビアマグにも出来そう(^O^)。

続きを読む "「MY CUP OF TEA」マグカップと英国紅茶"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

コラボ携帯

最近、アーティストや他分野のメーカーと組んだコラボレーションの携帯電話デザインが目立っている気がします(#^.^#)。

うさみがちょーっとそそられているのが、auフルチェン携帯reシリーズのひとつ、「歌舞伎ケータイ」です。

歌舞伎衣装の色柄をモチーフにデザインした携帯で、第1弾が「藤娘」、第2弾が「吉原つなぎ」。どちらも似非ではない本物の和柄が素敵ですo(*^▽^*)o。



特に藤娘は、外観の黄緑色も、描かれた藤の花房も、かなりうさみ好みです~。これがストレート(折り畳まない)型だったら、機種変更に走っていたかも(^^ゞ。

フルチェン携帯は、飽きたら外観パッケージだけ買い替えられるので、すぐにケータイを替えたくなる若者にはいいんでしょうね。今は機種変更も高くなってそう頻繁には出来ない分、外見を替え、それにあわせて中のメニューやアイコンなども替えて、気分一新~、とね(^O^)。
フルチェンシリーズには、シンプルな無地もありますし、のだめとか、キン肉マンといった漫画のキャラクター、プロ野球シリーズなどがあるようです。広島カープケータイの赤なんか可愛い~。


スイーツ好きの間で話題になっていたのが、docomoと人気パティスリー、ピエール・エルメがコラボした携帯(*^。^*)。
20080209_p1060893
→ これは今年のヴァレンタイン用エルメのマカロン(*^_^*)

スイーツを楽しむときのような「日常の小さな幸せ」をテーマにしたカラフルなスリムデザインケータイ”なんだそうで、美味しそうな色で揃えています。

スイーツのイラスト待受や、チョコレートみたいなボタンもラブリーで、スイーツ好きのお嬢様方に大好評。
特にピエール・エルメで一番人気のマカロン”イスパハン”と同じ色・カロンピンクが欲し~い、というマカロンファンが多いようです。

うさみは携帯はよほどの事が無ければau一筋と決めていますので、これくらいではdocomoに鞍替えは出来ませんねえ(^_^;)。

本物を見ていないので何とも言えませんが、質感もスイーツを意識しているんだそうです。触感もマカロンみたいだったら楽しいですねえ、押すとぷにゅっって(^O^)。わざとマカロンみたいにヒビが入っているとか、側面のぎざぎざ部分(ピエ、って呼ぶんだそうです。フランス語で”足”)もつけてみるとかね。

続きを読む "コラボ携帯"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

進化した電子辞書

セイコーインスツルから、”画期的な”電子辞書が発売される、というニュースを見ました。

パソコンにつないでパソコン画面から電子辞書がひける、簡単に語義や例文を引用できる」というのがセールスポイントだそうです(^O^)。

パソコンでひけるんなら、わざわざ辞書を使わなくてもWebの辞書サイトを使えばいいんじゃない?そのどこが画期的なんだろう?と思いましたが、商品サイトの説明を読み、デモ画面を見て、納得しました(^^ゞ。

電子辞書はパソコン操作と一体化していないので操作が面倒。だからコンテンツの信頼性には満足していないがWebサイトで検索しているビジネスマン向けに開発したんだそうです。

確かにうさみも、電子辞書を使うのは、その方が詳しくて信頼出来る内容だし、起動から結果を得るまでが早いからですね(*^。^*)。
電子辞書がパソコン上で使えれば、調べた結果をメールや文書にすぐコピペ出来るし、反対に読んでいる文書で調べたい語句をコピペして検索するのも簡単。ふーん、これいいですね、もう数ヶ月前に出ていればこれを買っていたかも・・・。20081120_p1100298

うさみが会社で使っている電子辞書は、同社の製品で、割と最近買い替えた機種です。
7・8年使っていた前の機種は色とデザインも使い勝手も大変気に入っていましたが、だんだん液晶画面がゆがむよう20081120_p1100299 になり、とうとう画面が砂嵐になってしまいました(>_<)。

とりあえず家で使っている電子辞書を代わりに使っておいて、修理に出すことも考えましたが、フタの蝶番も壊れて開け閉めがしづらくなっていましたし、8年もたてば辞書も新しい版に替わっている時期です、思い切って買い替えました。

本当は、前の機種みたいな明るい色のが欲しかったんですが、今巷に出ているのって黒かシルバーしかないんですね・・・しょうがないので辞書の内容で決めました。
前は乾電池、今のは充電で、どうも前より電池の減りが早いことをのぞけば、使いやすくて愛いヤツです(#^.^#)。20081120_p1100300

今度出る機種が、今使っている機種と全く同じコンテンツ(辞書)が入っていたら、新製品がもうすぐ出るって教えてくれれば買わなかったのに(≧ヘ≦)!と悔しくなったことでしょう。電化製品の場合はありがちですよね。

でも今度出る機種には、うさみご愛用の辞書Cobuildが入っていないので、今使っている方が良くてホッとしました。
今度買い替える時(・・・ってまた8年後!?)は候補に入れようかな(^O^)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

帰り花

先日、見るとも無くつけていたテレビの俳句番組で、とても美しい言葉を覚えました(#^.^#)。20081115_p1100212

帰り花

返り咲きの花二度咲きの花、という意味だそうです。

”返り咲き”なら自分でも使う言葉ですが、「帰り花」は初めて知りました。
返り花」とも書き、冬の季語です。似た言葉に「忘れ花」「狂い花」というのもあるそうですが、「帰り花」には、再びやってきた、甦った、という命の希望が感じられてとても好きになりました(*^。^*)。

凩(こがらし)に 匂ひやつけし 返り花」 芭蕉

ためしに「帰り花」を和英辞典で引いたら、”second blooms in the same year”と出て来ました・・・「帰り花」を意味する単語は存在しないってことですね。
一語でこの状態を表す言葉が存在する日本語は、それを感じ取り、共有する文化があるということですよね。日本語ってスバラシイ\(^o^)/。

せっかくの機会なので、他にこの季節の季語から、うさみのアンテナにひっかかった言葉を書き出してみました。

冬薔薇」(ふゆそうび) 

冬に咲くのはバラでなく、そうび、と読むのが素敵ではありませんか~(≧∇≦)。
語感も物寂しくて好きです。
20081026_p1100012
あまり関係ありませんが、うさみは漢字で「薔薇」と書く事が出来ます(^O^)。

最近、某首相が漢字を読み間違えるのは漫画の読み過ぎだ、という記事を目にし、漢字が読めないのを漫画のせいにしてはいかーん(`◇´*)!と漫画好きとしてちょっと憤慨していました。
漫画っ子うさみは、漫画で「薔薇」という字を覚えて書けるようになりました。
最近パソコンばかりで手で字を書く機会が減り、漢字の書き取りが危ういところはありますが、読む方はまだ大丈夫です。「踏襲」「煩雑」「頻繁」、どれも正しく読めますよ~┐(´-`)┌。

続きを読む "帰り花"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

ワイン漫画「神の雫」ドラマ化対決

うさみの好きなワイン漫画神の雫」が、日本と韓国でそれぞれドラマ化されることが決まったそうです(^O^)。
(以前、遠からずドラマ化されるのでは、と書いたことがありましたが、その通りになりました(*^。^*)



日本版
はKAT-TUNの亀梨和也くんが主役で2009年1月スタートです。
うさみは亀梨くんってかろうじて顔がわかる程度なので(ん?他の子と並んだら区別がつくか、ですか?・・・ダメかも(@_@;)・・・すみません、おばさん興味なくて。)、役に合う合わないのコメントは控えます(^^ゞ。

主人公でビール会社サラリーマンの神咲雫は、作中はっきりと年齢は出ていなかった気がしますが、大卒営業マンとしてある程度経験を積んだ設定なので、25・6歳だと思っていました。
亀梨くんだとちょっと若いのかな?

一方、韓国版2009年秋冬シーズン放映で、版権を買ったのはペ・ヨンジュンさん、ヨン様の会社です。

最初見たニュースにはヨン様主演、と書いてあり、ヨン様では雫役にはちょっとお年を召しているかな、と思いましたが、韓国エンタメニュースでは、”遠峰一青役にはヨン様が有力視”、となっていました(^O^)。

遠峰一青は、主人公雫と、究極のワイン「神の雫」を争うライバルです。
有名ワイン評論家の1人息子としてワインの英才教育を受けて育ちながら父に反発してワインから離れ、ワインの知識はほとんどない雫と、既に著名なワイン評論家として名を成している一青は、いい対照です。実はこの2人の出生には、それ以上の因縁がありそうなのですが、まだはっきりとは明かされていません。

お坊ちゃん育ちで明るく裏のない雫よりは、温厚な青年ワイン評論家の顔の裏に隠された澱がたまにのぞく一青の方が、うさみの持っているヨン様のイメージに合うような気がします(#^.^#)。
漫画の原作者さんは、ヨン様をイメージしてこのキャラクターを作ったという話もあるそうですし。

続きを読む "ワイン漫画「神の雫」ドラマ化対決"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年11月17日 (月)

増える自動販売機

日曜昼間のテレビ番組で、楽にお金をもうける方法として、自動販売機の設置場所を探すアルバイトが紹介されていました。

飲料水の自動販売機が置けそうな(機械を置くだけのスペースがあり、人通りなどから商品が売れそうだと思われる)場所を見つけて代行業者に報告し、地主さんとの交渉がうまく行って機械が設置されたら1台につき3万円がもらえるんだそうです。
実際そのアルバイトをやっている主婦の方は、近所でお買い物のついでに候補地を見つけてはお小遣いを稼いでいると話していました。

そんなお仕事が存在していたんですね~、そういう調査も交渉も、飲料ベンダーの営業担当さんがやっているんだと思っていました(^O^)。

ネットで検索してみましたら、そういうアルバイトを募集している会社が何社も出て来ました。報酬は地方によっても違いますが、大体テレビで言っていたのと同じ位のようです。

日本全国津々浦々、裏小路から観光地までカバーするには、地元の人に候補地を探してもらった方が手っ取り早くて確実なんですね。

それにしても、今でも日本ほど自動販売機の多い国はないと思います。
海外旅行に出ると、自動販売機が街中に見つからず、すぐに飲物が買えないと文句を言おうとして、そうか、反対に日本があり過ぎなんだと気付きます(^_^;)。
飲み物を買うのに1分1秒を争うということはめったにありませんから、最寄の駅売店まで我慢すればいいんですね。



日本にある自動販売機の数は、50m歩くと1台に出会う計算になるそうです。

続きを読む "増える自動販売機"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

湯島の菊まつり

湯島天神菊まつりを見て来ました。

20081115_p1100253
湯島天神は、菅原道真公にちなみ、で有名ですね。梅の開花時期には訪れたことがありますが、菊の時期は初めてです(#^.^#)。

菊まつり→菊人形→「犬神家の一族」という連想がうさみの中で働いてしまい、そこはかとなく不気味なイメージがあったりします(>_<)。(横溝正史の「犬神家の一族」で、殺された被害者の首が菊人形に飾られるというシーンがとても強烈で、忘れられないのです・・・。)



でも、湯島の菊人形はそれほど不気味ではありませんでした(^O^)。
20081115_p1100261今年は人気の大河ドラマ「篤姫」を人形にしていて、着物の模様が菊花で作られているのがなかなか綺麗でした。

普通に菊作りと聞いて頭に思い浮かべるような、鉢に育て20081115_p1100252 た大輪の菊もありましたし、「千輪咲き」という一株にたくさんの花をつけさせ丸く広げた物もありましたし、「懸崖作り」という断崖を咲き落ちる形の鉢もありました。

花の咲き方で、厚物(花びらが重なってもっこり咲く)・管物(細い花びらが広がる)・一文字(一重の大菊、下に垂れてしまわないよう、紙でささえていました)と区別されているコーナーもあり、菊についてのプチお勉強になりました(#^.^#)。

20081115_p110027220081115_p110024120081115_p1100251 20081115_p1100279
 

続きを読む "湯島の菊まつり"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年11月15日 (土)

七五三と八幡橋

東京下町の富岡八幡宮に行って来ました。20081115_p1100190

ちょうど11月15日で七五三の参拝に訪れる子供たちの着物姿を見られたら、との気持ちもありましたが、第一の目的は八幡宮の外にありました(^^ゞ。

まずは七五三の晴着の数々~。

75327533
  いや~、可愛いですね~(#^.^#)。
毎年成人式で見かける振袖は、モダンでシャープな柄や色のものが多いですが、子供の着物は昔とそう変わっていないようですね。


7534_3
7536_2 この子は、金髪碧眼の外人ちゃんでした。→7535
同行していたパパとママも外人さんで、お仕事で在日中なのでしょうか、日本の文化を体験してみようと7つの女の子をお参りに連れてきたようでした。
お着物が浴衣(柄も朝顔で夏)なのがご愛嬌でしたが、可愛くて似合っていたのでそれもありで~す(*^_^*)。

被布(袖なしの羽織みたいなもの)つきの姿は、子供時代ならでは。
7531ぷくぷくと着ぶくれて、愛らしいな~と思いました(^O^)。

境内の隅っこで、子供たちの成長を20081115_p1100213祝っているかのように、1本だけ咲いているを見つけました(^^♪。

晴着を激写した後は、ちゃんとお参りしました。
そして八幡宮のサイトでチェックしていた「ペット守り」をいただいて来ました。小さい方でもうちの愛犬の首輪につけるには大き過ぎるので、お部屋に飾っておきます(^O^)。20081115_p1100282

続きを読む "七五三と八幡橋"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

今年のクルマの色

JAFCAオートカラーアウォードの話題は以前書いたことがあります。

流行色情報センター(JAFCA)が今年発売の車から、「カラーデザイン」の点で優れた車を選ぶ賞ですね~(#^.^#)。20081114_p1100162

2009年のアウォードエントリーが締め切られました。
来週第1次審査があり、決定は12月中旬だそうです。

今年は、車好きさんが集まるサイトで一般投票を募集しており、うさみも1票投じてみました(^O^)/。
免許も無いくせに何の興味が、と顰蹙を買いそうですが、自分が買う可能性が無いからこそ、クルマを色だけで見られて楽しい、とも言えるのです(;;;´Д`)。

各メーカーから数台ずつエントリーされた車のリストをぱっと見て、うわ、がおおいなー、と思いました。それもメタリックマイカキラキラなブルーが多かったですね。
コンセプトにも、流れといった言葉が見受けられました。癒しの色なんでしょうね(*^_^*)。

自分が乗るつもりで選ぶ時は、目立つ色がいいとか嫌だとか、車のタイプと色の関連など観点が違うと思いますが、うさみはただ色が美しいかどうか、好きかどうか、という気分で選びました。

続きを読む "今年のクルマの色"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

昔習った歌

昨日、オバマ大統領就任にからんだキング牧師とアメリカ公民権運動に関する番組の映像で、聞き覚えのあるメロディーが流れていました。

We shall overcome
勝利を我等に
(ジョーン・バエズが歌っているYouTube画像はこちら。)



元はゴスペルなのかはっきりしていないらしいですが、黒人差別撤廃を求める公民権運動中に、テーマソングのように歌われた歌なのだそうです。番組では、キング牧師の有名な演説「私には夢がある」と一緒に解説されていました。

うさみはこの歌を、小学生時代に通っていた英語塾で習いました(^^ゞ。

簡単な会話やゲームで子供を英語に親しませよう、と日本人の先生がマンションの一室で経営していらした塾でした。
当時どんなことをやっていたのかはほとんど思い出せないのですが、習った歌だけは歌えるんですよね~。学生時代一生懸命覚えたはずの文法やら難しい単語はすっぱり忘れても、それよりずっと前にちょっと習っただけの歌を覚えているとは、脳ってどうなっているんでしょう(^_^;)。

もちろん当時は、意味すらほとんどわかりませんでしたから、大人になってこの歌がどういう背景を持っているか知った時は驚きました。

続きを読む "昔習った歌"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

電車の小学生

うさみが乗る朝の電車には、サラリーマンやOLさんに混じって、遠くの私立や国立まで通う小学生のおチビさん達もいます(#^.^#)。

高学年くらいになれば大人と体格差も無くなりますが、数人で固まってきゃいきゃい登校している低学年のこどもたちは、圧倒的に縦(身長)も横(体重)も周囲の乗客に負けています。

本音を言わせていただければ、大きなランドセルが人のお腹あたりにぶつかる小学生は満員電車ではあまり嬉しくない存在です(^^ゞ。
ランドセルの端っこまでが自分の身幅っていう感覚が無いのは可笑しいですね(^O^)。この間も、一生懸命走って来て自分の身だけ車両に滑り込ませた小学生、頭隠して尻隠さずで、ランドセルがドア位置からぽっこりはみ出していました(*^。^*)。そのままでは閉まるドアにランドセルがはさまれてしまうところを、よそのおじ様が親切に中に押し込んであげてましたが、本人は全く気付いてないようでした(^_^;)。



こちらの都合はさて置き、小さい子が毎日何十分も混んだ電車に乗って通うのは大変だろうと思います。
地域の小学校なら歩いて10分くらいで行けるところ、電車に1時間近く乗って通学となると、1日に2時間くらい余計な時間がかかります。短く貴重な子供時代の、1日2時間は大きいなあ・・・(u_u。)。

当の子供にとっては、どんな状況でも楽しく面白い事が見付けられるのかもしれませんが、うさみおばさんからはちょっと気の毒に見えてしまいます(*_*;。

うさみが昔よくやったように、家から学校まで石を蹴りながら運べるか自分と賭けをしてみたり、途中で忘れ物に気付いて家に戻ったり、学校帰りに公園やら友達の家やらに寄り道したり、なんてことは出来ないんでしょうね・・・。

続きを読む "電車の小学生"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

数字マジック

先日ネット通販でハンドクリームを買いました(#^.^#)。20081110_p1100160

ナチュラルスキンケアブランドジュリークハンドクリームラベンダー

こちら何と125mlチューブの定価が、本体価格8,900円税込み9,345円のお品です!

ラベンダーは本物の精油、他にカレンドラビオラのハーブエキスが配合されており、原料はすべて無農薬有機農法の自社農園(@南オーストラリア)で育て、お花は手摘みという有難い能書きを読んでも、ハンドクリーム、消耗品にこのお値段は高い!高くて買えないよ!と思っていました(^^ゞ。
20081110_p1100161
他の化粧品を物色していたサイトで、ジュリーク製品も扱っているのをたまたま見かけ、個人輸入扱いでお安くなってるのかな、と見てみたら、ほぼ半額の税込み4,640円
送料500円を払ってもまだ安~い\(^o^)/!

残り1個、これはもう買うしかないでしょう~o(*^▽^*)o!!
すぐさまお買い上げ~、2日もかからず届きました~(^O^)。

こういうのって数字のマジックですよね、最初から4,640円だったらそれでも高くて買わないような気がしますが(普通使っているハンドクリームは数百円レベルですから・・・(^_^;)、5割引という割引率に誤魔化されてしまうのですね。



高価なハンドクリームは、とってもいいラベンダーの香りがしてのびもよいのですが、すぐ無くなってしまってはもったいないと思い、ちまちまケチして使ってます(-_-;)。本末転倒ですね・・・。

数字のマジック(勘違い?)でうさみがやられてしまったのが、今話題の定額給付金です(^^ゞ。

続きを読む "数字マジック "

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年11月10日 (月)

こんなDVDを見ました~「迷子の警察音楽隊」

英語圏以外の映画はあまり見ないうさみですが、イスラエル映画迷子の警察音楽隊」は、DVDカバー写真のライトブルーの制服が妙に気になってレンタルショップで手にしました(^O^)。



カンヌ映画祭で「ある視点部門一目惚れ賞」を受賞、2007年の東京国際映画祭でサクラグランプリを取った作品なのだそうですが、全然知りませんでした(^^ゞ。

ジャケットに書いてあったあらすじは、

文化交流の為イスラエルに招かれてやってきたエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊。何故か空港に出迎えは無く、自力で目的地に辿り着こうとするうちに、彼らは一文字間違えてホテルすらない辺境の町に迷い込んでしまう。そこで、食堂の美しい女主人に助けられ、地元の人の家で一泊させてもらう事に。でも相手は言葉も宗教も違い、しかも彼らアラブ民族と長年対立してきたユダヤ民族。空気は気まずく、話しは噛み合わない。国を越えて愛されてきた音楽の数々、それらが彼らの心を解きほぐし・・・愛や友情、家族について語り合う、忘れられない一夜がはじまる。

でした。

ふむふむ、コメディタッチで、音楽が世界を救う感動モノなんだな、と思って借りて来ました。

~以後、ネタバレありです。

続きを読む "こんなDVDを見ました~「迷子の警察音楽隊」"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年11月 9日 (日)

10冊読むと・・・

うさみは健康に自信が無く、「健康本」を読む方です(^^ゞ。

楽して痩せられる法は無いものかとダイエット関連本を漁っていた時代に始まり、ある年齢を過ぎてからは美容目的より健康目的で体重と体脂肪を減らす必要に迫られて、痩せる為の本をいろいろと読みました。
また、健康診断で気になる数字が出れば、すぐに”○○値を下げるには”、系の本を探しますし、最近はわかりやすい東洋医学予防医学的な話題にも興味があります。




偏らない情報を得ようと思ってたくさんの本を読めば読むほど、健康への道がひとつではないことに気付いて困惑します。
本によって、著者の先生によって、いろんな説があり、中には正反対の事も書いてあります・・・たとえば、必ず朝御飯は食べるべき、という先生もあれば、朝食は抜きなさい、という先生もあるという具合に・・・(^^ゞ。

どの本も、その内容が全て当てはまる人もいれば、あまり当てはまらない人もいるし、全ての人に当てはまる部分もあるのだと思います。
その中から、自分の状況と希望に合った方法を取捨選択すればいいのだな、とはわかっても、なかなか素人には何が自分に合うのか合わないのかわからず、情報に振り回されないようにするのが難しいです。

先日読んだ本(「美味しい食事の罠 砂糖漬け、油脂まみれにされた日本人」)に、まさしくそうした状況について書かれていました(^_^;)。



「1冊の本も読まない人は、テレビのみのもんたに命を預け、2、3冊の本を読む人は、いろいろな栄養素を試してはやめ試してはやめを繰り返し、10冊も読むと、あれは食べない、これしか食べないなどと食生活が極端になり、30冊も読めばノイローゼになり、100冊読んだら最後、何も食べられなくなる。」


う~ん、耳が痛い(@_@;)。うさみはもう10冊以上は読んじゃいましたので、ノイローゼレベルに近付いています(-_-;)。本当に読めば読むほど、あれもこれも食べちゃダメなんじゃないか、でも食べたいし~と悩む種が増えるんですよね。

情報よりも、人間の本能に立ち戻って食べるべき、というアドバイスには成程、と思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

行かないうちに

週末のテレビ番組、ネットサーフィンをしながら耳だけで視聴(?)していましたら、聞き慣れた名前が出て来ました。

グルメコーナーで、地元のラーメン屋さんが紹介されていたのです。

そのお店は、うさみが行きたいと思いながらも、ちょっと表通りから入ったところにあって入り辛く、そのうち妹すまっぺを連れて行ってみようと思っていた店でした。
ああ、うさみが一度も行かないうちに、テレビに紹介されてしまいました~(@_@;)。
何か悔しいです・・・もしこれで他所からもお客さんがたくさん来るようになっちゃったら、なお行きにくくなってしまいますね・・・。
20081103_p1100128
地元のラーメン屋さんでは、昔から知る人ぞ知る人気店がありました。

夜7時から夜中までという変則的な営業時間、厨房を囲んで十数席しかない狭くて古い店内、駐車場無し、にも係らず、いつも混雑して外までお客さんが並んでいました。
地元とは言え、夜7時から営業では意外と食べる機会がなく、一度しか入ったことがありません。その時食べた醤油ラーメンは、それまで食べたことの無い味のスープでした。何が入っているのかはよくわかりませんでしたが、人が並ぶだけの何かはあるんだなあと思ったものでした。

今度は他の味も食べてみたい、また行こうと思いながらも、なかなか行けないでいましたら、つい先日閉店してしまいました。
ご主人が事故で急逝されたそうです(;O;)。残念です・・・。

地元で、うさみが行きたくて行かないうちに閉店してしまったお店がもう1店あります。
こちらは多分儲からなくてつぶれてしまったんだと思います(>_<)。

和風喫茶と言うか、お汁粉屋さんと言うか、あんみつや豆かん、お汁粉、抹茶アイス等がメニューにのっていました。
うさみの地元のような下町でも、和風喫茶よりコーヒー店が多くて貴重な存在だと思っていましたが、閉店時間が早くて平日は行かれず、お休みの日だと、ちょうどお汁粉を食べたいと思う時間帯に通らなかったりして、一度も食べられませんでした(T_T)。

興味のあるお店は、どんどん足を運んでおかないと、いつまでもあると思うな、という事ですね・・・・(^_^;)。
20080927_p1090670
今、地元でつぶれないで頑張って欲しいと応援(^^ゞしているのは、うさみ&愛犬共々お気に入りのドッグカフェと、天然酵母のパン屋さんです。
どちらも週末しか顔を出せませんが、それなりには繁盛しているようなので、大丈夫かな~(#^.^#)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

金曜日のボレロ

金曜日の夕方、どうしても今週中に片付けたい用件があって、取引先の担当者さんからの折り返し電話を待っていました。
5時半過ぎ、ようやく待ちかねた電話が入りました~(^O^)/。

「○○が××とのことですね?システムで確認致しますので、少々お待ち下さい。」

電話が保留になって、お待たせ音楽が流れ出しました。20081103_p1100123

♪♪♪チャ~チャラリラリラ、ラッラララ~、チャラララララ~♪♪

・・・ラヴェルボレロです(-_-;)・・・。

音楽としてはボレロ、嫌いではありません。

映画「愛と哀しみのボレロ」を見て、ボレロって一見単調なようで多彩な色を持った曲なんだなと驚きました。舞台でナマのボレロを見て、さらに感動が増しました。少しずつ盛り上がり大きくなりラストへと向かうあの音には、鳥肌が立ちます。
サラエボオリンピックのアイスダンス、トービル・ディーン組が踊ったボレロも素晴らしくて忘れられませんねえ(#^.^#)。



でもひたすらおなじリズムが繰り返されるこの曲、保留音楽としてはちょっと厳しいです・・・特に、あと少しで今週が終わるぞと巻きが入っている時には(^^ゞ。

回る回る音に、大して待たされてもいないのに、何だかすごーく待っているような気になってきて、ちょっとちょっと、これこのまま15分続くんじゃないですよね!?と焦っちゃいました(^_^;)。
あまりノリノリなロックミュージックの保留音も気疲れしますし、ヒーリングミュージックだと眠くなりますし、お仕事場にふさわしいセンスのいいお待たせ音楽曲って何でしょうね~?

ボレロを聴いていたのは多分2分かそこらだったと思います。
その後、無事用件が片付いて、うさみの1週間は無事閉幕しました\(^o^)/。

20081107_p1100159金曜日の夜は、勤め人にとって、解放感に満ち溢れて一番幸せな時間です(^O^)。
ボレロのイライラを忘れようと、ちょっと寄り道、美味しいカフェでケーキを食べて帰りました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

ピーマン2個分

霜月に入り、朝晩は随分冷え込むようになりました。

もこもこ着込んで暖房を減らし、暖房費節約&エコ貢献を狙おうと、あったか下着が売れているようですね(#^.^#)。
ババシャツオヤジモモヒキなどと馬鹿にしてはいけません、若者でも体を冷やさないよう心がけるのはいいことですよね(^O^)。

先日、電車の中でちらっと見かけた冬用下着の宣伝ピーマンの写真が使われていて、何故下着にピーマン?と腑に落ちなかったのですが、ネットニュースで答えを見つけました(^O^)。



ワコールのあったか肌着「スゴ衣」は、「ピーマン2個分の軽さ」というキャッチコピーで軽いことをアピールしているんだそうです(o^-^o)。
66グラム、と言われても漠然と軽いかなという感じですが、ピーマン2個分、なら、スーパーでピーマン1袋4個入りを手に取った時の感覚を思い出してそれは軽いわ~、と思いますものね。

防寒下着はあったかくても、厚手でもったりして重い、という弱点を解消したセールスポイント、軽くて薄い(ティッシュペーパー3枚分の薄さ、だそうです)事を前面に押し出しての広告キャンペーンなのですね。

重さが見合う物の中でピーマンを選んだのは、中が空洞で軽そうな感じがするのと、あったか下着のイメージカラー・赤が映える補色の緑色をした物、という理由もあったのでしょう。

続きを読む "ピーマン2個分"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

交通量調査

昨日は会社の行きも帰りも、地下鉄駅通路のそこここで、青いお揃いの上着を着て、カウンター(数取器)をカチカチさせている人たちを見かけました。


交通量調査のアルバイトさんですね(^O^)。

人の多い繁華街や交差点でも、割と頻繁に交通量調査のアルバイトさんを見かけます。

学生時代、うさみは1度あのバイトがやってみたかったんですよね~(*^_^*)。
単発なので試験休みだけ働けるし、それほど技能はいらないように見えましたし、日払いで割と日給がよかったのです。
でも同じように考える学生はたんまりいたらしく(^_^;)、アルバイト求人誌(当時はインターネットも携帯も無かったので、求人誌か新聞を見て電話、という申込方法でした。)に募集広告が載ると、朝のうちに一杯になってしまい、一度もお仕事にありつけたことはありませんでした。20081103_p1100136

駅の通路やショッピングモール内で通り過ぎる人を数えるのは、マンウオッチングも出来ていいな♪等と、気楽に思ってしまいますが、オフィス街の朝晩は人が多過ぎて、うさみなどあわあわしているうちに数がわからなくなってしまうかも(>_<)。

何時間も外でやっていてお手洗いは大丈夫なのかな、というのが心配(^^ゞでしたが、2人か3人で組んで、短時間で交替する体制になっているので、その心配はいらないみたいです。
人の集中力はそんなに続かないので、計数を間違えないよう短時間で交替させるんだそうです。
その分、実働時間はあまり長くなくても、拘束時間は伸びてしまうらしいです。
それでも日払いが魅力なのか、今でも学生さんにそれなりに人気あるみたいですね。

うさみがやったことのある短期バイトで楽だったのは、懸賞に当選した人に賞品を送る封筒の宛名書きアルバイトでした(^O^)。
早めに終わっても1日分の日当をもらえて嬉しかったのを覚えています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

眠気覚まし

連休明けの火曜日、勤め人うさみは朝から猛烈な眠気と戦っておりました(´△`)Zzzz・・・。o○。

連休の遊び疲れかと誤解されそうですが、ちゃんと昨日は早めにお風呂に入って早めに床に着きました。それが、いい感じの寝入り端を、白い弾丸の襲撃が!!

ここのところ気温が下がって人のぬくもりが恋しくなった愛犬おうじが、うさみのベッドを奇襲したのでした(^_^;)。それも、おうじが入ってこられないよう部屋の入り口に積み上げた雑誌や本の山をよじのぼって乗り越えて・・・(^^ゞ。20081104_p1100152
しょーがないから腕を貸すけどね、ある程度あったまったら自分の家(部屋)に帰ってくれるかな~?朝まで一緒にいるならいるでいいけど、せっかく寝付いた頃にモゾモゾ動いて出て行かれると、安眠妨害なんだよね・・・。

いつおうじが出て行くか、入り口のバリアを無事に越えられるか気にしていたら、寝そびれてしまいました(>_<)。

会社でお昼ご飯を食べた後に、ふわ~っと眠気が襲ってくるのは日常茶飯事ですが(^O^)、朝から眠いとなるともうどうしようもありません。
ちょっと手があいた隙を見計らって、「眠気覚まし法」をネットで検索しました。

続きを読む "眠気覚まし"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年11月 3日 (月)

晴海インフィオラータ2008

連休の最終日はあいにくの曇天でしたが、何とか雨は降らずに持ちこたえてくれそうでしたので、「晴海インフィオラータ2008」を見に行って来ました。
20081103_p1100092
イタリア・ジェンツアーノ市の盛大な花祭り、インフィオラータ(Infiorata)のことはちらっと記事にしたことがあります。
毎年6月に行われる、街の中心にある通りを花びらでデザインした花のカーペットで埋めるお祭りで、200年以上の歴史を持つのだそうです。

記事を書いた時は、日本で同じようなイベントが行われている場所は神戸しか知らなかったのですが、実はとても近く、東京晴海でも毎年ジェンツアーノ市と提携した花祭りが開催されていたのでした(^_^;)。

会場は晴海アイランド トリトンスクエアという複合施設。

運河に沿った散歩道エリアに17の花絵が作られていました(*^_^*)。
今年のテーマ「美しい地球、美しい大地」に沿った、動物や子供たちが花びらで見事に表現されていました。

20081103_p110011520081103_p110010420081103_p110012420081103_p1100109   
本家イタリアのインフィオラータで使われる花はカーネーションが多いそうですが、晴海のインフィオラータで使われているのはバラ
輸出用の大輪バラを育てるために、間引きされたお花を使っているのだそうです。花絵の額の役目をしている杉も間伐材を使っているのだとか。エコにも配慮しているのですね。

絵のそばを歩いていると、バラの芳香が心地よく漂ってきます。香りの点ではカーネーションよりバラの勝ちですねえ(^O^)。20081103_p1100140

花では表せない色の青や緑・黒の部分はカラーサンドだそうです。

続きを読む "晴海インフィオラータ2008"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年11月 2日 (日)

祝・犬の日

昨日11月1日は、1(ワン)1(ワン)1(ワン)で「犬の日」でした。
ペットフード業界団体さんが決めた、「犬についての知識を身に付け、犬を可愛がる日」なんだそうです(^O^)。
20081101_p1100073
犬の鳴き声は、日本語ではワンワン、キャンキャンですが、英語ではBow Wow(バウワウ)。
わんこの鳴き方が外国と日本で違うのではなくて、人間側が自分の耳鳴れた言葉に近い音で表現しているんですよね。ワンワン言っていると思っているから、ワンワンと聞こえるだけで、聞き様によってはバウワウと聞こえないこともないですね。

鳴き声の違いに、感情や要求が表れていて、長く一緒にいればある程度はわかるようになります。それでも本当には愛犬が何を考えているかわからなくて、ドリトル先生みたいに動物の言葉がわかればいいのに、と思うこともあります。

何年か前に発売された、犬の気持ちがわかる犬語翻訳機バウリンガル」は、そんな愛犬家に大ヒットしましたね。うさみ家でも発売当初に早速1台購入しました(^O^)。



玩具メーカーが出した商品ですが、一応ちゃんとした音響・音声研究家さんの分析研究に基づいていて、こどもの玩具よりは実用と言えましょう。
わんこの鳴き声のトーンや大きさで感情を分析パターン化して、人間の言葉やイラストに変換して表示したり、しぐさを分析したり、トレーニングや健康チェックにも使える、というものでした。

愛犬おうじで試してみた結果は・・・まあ、こんなところかな?というところでした(^^ゞ。
マイクがいつもわんこのそばにないと鳴き声を拾えないのですが、元々おうじはそんなに鳴きません。大きなわんこだと首輪に常時装着するようになっ20081101_p1100063ていましたが、チワワのおうじには重過ぎて無理でした(^_^;)。
あまり多くのパターンを見られずに終わってしまいました。

犬語には未熟なうさみですが、世の愛するわんこたちを理解したいという気持ちだけは溢れています(#^.^#)。

→ 走るおうじ。猫系わんこですが、たまには走ります(^O^)。

愛犬おうじはもちろん、街中で会うわんこたち、ブログ上の画像で親しんでいるわんこたち、いつも癒しと喜びをくれてありがとう\(^o^)/!!
これからもどうぞよろしく m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

「大琳派展」

東京国立博物館で開催中の「大琳派展 -継承と変奏」を見て20081101_p1100056来ました。

大人気で混雑しているとは聞いていましたが、本当に大混雑でした(^_^;)。
20081101_p1100057屏風のような大きなものは人垣の後ろからでも見えますが、巻物や書簡など台に置いて上から見る小さな作品は、列に並んで自分の順番が来ないと見られないので、見回るのには時間がかかりました(>_<)。

見に来ている方の層が老若男女さまざまだったのと、作品を前にして「これいいなあ(*^_^*)」という感嘆の声があちこちで聞かれたのが、他の美術展ではあまり無い事でした。
誰にでもわかりやすく、素直に心に入ってくる作品が多いということでしょうか。
20081101_p1100081
目玉の4枚並んだ「風神雷神図」(宗達・光琳・抱一・基一)は大迫力でした。
同じテーマで構図もほぼ同じでも、描く人なりの個性が出て来るのが面白いです。

風神と雷神、どちらがどちらかは、持っている物(ふいごと太鼓)でわかりますが、雷神の体が白風神は緑色なのは何故なのでしょう。赤鬼青鬼、で雷神が赤で描かれることもあったそうですが、この雷様は何故か白いのでした。

鑑賞し終わってから知ったのですが、「風神雷神図」は会期中ずっと展示されているのではなかったのですね(^_^;)。他の作品も、展示期間がそれぞれ変わ20081101_p1100085っています。当然あるものと思って見に行って、見られなかったらショックだったと思います、ラッキーでした☆。

それ以外は、を描いた絵が気になりました。
花が描いてあれば、必ず季節があります。春爛漫の花盛り、夏20081101_p1100084 草、秋草、鳥に虫、月と波、季節のうつろいがある日本っていいなあ、と思う時です。

うさみが気に入った作品で、ポストカードがなかったものは、光琳の「蔦図香包」。

香包(こうづつみ)」という存在を初めて知りました(#^.^#)。
たく前の香木を包むための紙で、真ん中の香を置く場所は空いていて、絵が描かれた周りをたたんで包むのだそうです。
展示物はガラスケースに覆われていて香りは嗅げませんが、きっといい香りがうつっているのでしょうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »