« ピーマン2個分 | トップページ | 行かないうちに »

2008年11月 7日 (金)

金曜日のボレロ

金曜日の夕方、どうしても今週中に片付けたい用件があって、取引先の担当者さんからの折り返し電話を待っていました。
5時半過ぎ、ようやく待ちかねた電話が入りました~(^O^)/。

「○○が××とのことですね?システムで確認致しますので、少々お待ち下さい。」

電話が保留になって、お待たせ音楽が流れ出しました。20081103_p1100123

♪♪♪チャ~チャラリラリラ、ラッラララ~、チャラララララ~♪♪

・・・ラヴェルボレロです(-_-;)・・・。

音楽としてはボレロ、嫌いではありません。

映画「愛と哀しみのボレロ」を見て、ボレロって一見単調なようで多彩な色を持った曲なんだなと驚きました。舞台でナマのボレロを見て、さらに感動が増しました。少しずつ盛り上がり大きくなりラストへと向かうあの音には、鳥肌が立ちます。
サラエボオリンピックのアイスダンス、トービル・ディーン組が踊ったボレロも素晴らしくて忘れられませんねえ(#^.^#)。



でもひたすらおなじリズムが繰り返されるこの曲、保留音楽としてはちょっと厳しいです・・・特に、あと少しで今週が終わるぞと巻きが入っている時には(^^ゞ。

回る回る音に、大して待たされてもいないのに、何だかすごーく待っているような気になってきて、ちょっとちょっと、これこのまま15分続くんじゃないですよね!?と焦っちゃいました(^_^;)。
あまりノリノリなロックミュージックの保留音も気疲れしますし、ヒーリングミュージックだと眠くなりますし、お仕事場にふさわしいセンスのいいお待たせ音楽曲って何でしょうね~?

ボレロを聴いていたのは多分2分かそこらだったと思います。
その後、無事用件が片付いて、うさみの1週間は無事閉幕しました\(^o^)/。

20081107_p1100159金曜日の夜は、勤め人にとって、解放感に満ち溢れて一番幸せな時間です(^O^)。
ボレロのイライラを忘れようと、ちょっと寄り道、美味しいカフェでケーキを食べて帰りました♪

|

« ピーマン2個分 | トップページ | 行かないうちに »

コメント

一番最初のベジャールの生のボレロ(愛と哀しみのボレロの振り付け)を観たのは学生のとき、オペラ座のエトワール、パトリック・デュポンがメロディでした。
以後、ジョルジュ・ドン、シルヴィ・ギエム、マリシア・ハイデなどたくさんのダンサーの踊るボレロ(ぜーんぶベジャール版ですが)を観ましたが、やっぱりジョルジュ・ドンが一番迫力がありました。振り付けしたベジャールもドンもすでに他界しているので、ちょっと寂しいです・・・。
来年、ギエムがベジャール追悼公演で再びボレロを踊るので楽しみにしています(多分これが最後?)

投稿: アラベスク | 2008年11月 8日 (土) 13時13分

>アラベスクさん
今となっては、ジョルジュ・ドンをナマで見たというのはすごく貴重な体験ですね。うらやましいです(*^_^*)。
ギエムのボレロも最後・・・時代は移って行くのですね・・・。

投稿: うさみ | 2008年11月 9日 (日) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/43041071

この記事へのトラックバック一覧です: 金曜日のボレロ:

« ピーマン2個分 | トップページ | 行かないうちに »