« 試験終了! | トップページ | 冬は生姜 »

2008年12月 8日 (月)

このDVDを見ました~「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」

試験で疲れた頭を休めようと、先週発売されたばかりのDVD、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」(Hot Fuzz)を見ました(^O^)。
(Fuzzとは警官のこと。)



このイギリス映画、現地での評判を聞いた日本の映画ファンが公開嘆願署名を集めてようやく公開に漕ぎ付けたと聞き、公開時に見たかったのですが、渋谷の単館上映で行く機会が作れませんでした。

Yahoo映画のユーザーレビューでは、見た人の評価が最低ランクか最高ランクかにぱっきり分かれていて、なるほどな~と思いました。普通、いいにせよ悪いにせよ、同じあたりに評価が集まることが多いのですが・・・。 Hotfuzz2_2
独特の笑いがツボに入らないと全く面白くないし、好きな人には堪らないんでしょう。
うさみはこの屈折した笑いが大好きとは言えませんが、分かるし、イギリス人らしいなと苦笑いが出る感じでした(#^.^#)。

予告編で見たストーリーは、ロンドン首都警察で全てに優秀、警官の鑑のような主人公が、有能ゆえに上司に嫌われて田舎町に左遷され、「イギリスで一番美しい村」コンテスト第1位の長閑な村でカルチャーショックに戸惑っているうち、殺人事件が起こる、というコメディでした。

~以後、ネタバレありです。(犯人ははっきりバラしてませんが・・・(^^ゞ

前半は、予告編の通りコミカルに、主人公ニコラス(サイモン・ペッグ)の左遷と田舎生活になじめない様子が描かれます。

犯人検挙率No1のニコラスが、いかにも無能そうな上司達に疎まれて、左遷(>_<)。
仕事一筋だった彼には、同僚も元恋人(恋人役はケイト・プランシェットのカメオ出演!でもマスクで顔を隠している鑑識官役で、よくわかりませんでした(^_^;)も同情してくれません。
大切に育てているグリーンの鉢ひとつを抱えて都落ち、着いたホテルの部屋は女主人曰く「スイート」だそうですが、狭くてうらぶれてます・・・(^_^;)。
Hotfuzz
住民のほとんどが知り合いで重大犯罪には縁の無い村で、いなくなった白鳥を探したり、付き合いで素人演劇を見に行ったり、教会のバザーを手伝ったり、がお仕事の警察署・・・それでも「いつも何かが起こっている」という自分の信念のまま、四角四面に警官らしく働こうとするニコラス。
そして遂に一見事故死に見えた3つの事件のつながりを見つけ、捜査に乗り出します。このあたりはカルチャーギャップの苛立ちに同情し、謎解きに引き込まれました。

夜のお城の不気味なシーンで真犯人像が暴かれます。
最初からいかにも怪しい雰囲気で登場していたスーパーの経営者、ティモシー・ダルトン(この怪しくてネチッこい感じがとってもうまかった!)はともかくとして、えっ、そういう犯人!?本当に!?後で実は夢でした、っていうオチじゃなくて!?・・・というシーン以後、雰囲気は一転してバイオレンスアクションタッチになります。

主人公の相棒となった、警察署長の冴えない息子で、刑事モノ・アクション映画フリークのダニーがコレクションしていたハリウッド映画も真っ青の派手な撃ち合いが、平和な田舎町に展開。
表立っては平穏で十年一日のような狭いコミュニティの裏に血生臭い人間関係のもつれが潜んでいた、というのは横溝正史の世界っぽいとも言えますね。
そう、ハリウッド映画のストレートな笑いやアクションが陽ならば、この映画や横溝は陰でしょう、すっきりと割り切れない何かが残る感じでしょうか。



殺人シーンがスプラッタですが、ぐちゃぐちゃ系が苦手なうさみでも、あっけらかんといきなりそういうシーンになるので、作り物っぽくて気持ち悪くはなりませんでした(^^ゞ。

ニコラスが育てていて、誕生日にダニーにも同じ品種の鉢をプレゼントしようとしたグリーンを、彼は”Japanese peace lily”と呼んでいました。初めて聞きましたが、何の木でしょう?
最初、ユリ科で日本っぽい葉っぱなら万年青かな?と思いましたが、どうも万年青の葉には見えません(^_^;)。
スパティフィラムのことを”peace lily”とも呼ぶそうですので、その中の一種のようです。
こいつは酸素を出してストレスを和らげてくれるからいいんだ、と言ってましたが、スパティフィラムは空気中の汚染物質を浄化する力が強いそうです。

|

« 試験終了! | トップページ | 冬は生姜 »

コメント

面白そうな 怖そうな映画のようですね。
 スパシフィラムの 小型?が出ているようで お風呂においています。
 ティモシー・ダルトンって どこかで聞いたことが。。。。。

投稿: 小紋 | 2008年12月 9日 (火) 20時47分

>小紋さん
はい、その通り、面白くてちょっと怖い映画です(^O^)。
ティモシー・ダルトンは4代目ジェームズ・ボンド、「007リビング・デイライツ」に出てました~。いい男ですよ~(*^。^*)。
お風呂にスパティフィラム、いいですね~。うちも場所があったら置きたいですけど窓がないから可哀想ですね。

投稿: うさみ | 2008年12月 9日 (火) 21時01分

 やっぱり 007でしたか 007だいすきなんです。
 新作も できているようですね。楽しみです。でも いけるときには いいのがかかってない。あす観るのは レッド・クリフかな。

投稿: 小紋 | 2008年12月11日 (木) 19時17分

>小紋さん
お、レッド・クリフをご覧になるのですね。評判いいですよね。三国志がわからないと見ても面白くないかなあと私は躊躇しているのですが・・・

投稿: うさみ | 2008年12月11日 (木) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/43360241

この記事へのトラックバック一覧です: このDVDを見ました~「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」:

« 試験終了! | トップページ | 冬は生姜 »