« 巣ごもり・ウチごもり | トップページ | 師走の陽だまり »

2008年12月19日 (金)

快適なオフィス環境

先日試験を受けた環境色彩のテキストを読んでいて、
「そうなんですよ、まさにその通り!!ビル建築に係る方々、ここの所をよろしくご検討の程!」と思った文章がありました(^^ゞ。

「建築空間に求められる性能」という節で、冷暖房の仕組みや空気中の二酸化炭素量濃度に触れた後で、

現代の建築技術は、機械的に理想的な室内環境をつくることが可能である。しかし、外界と隔絶され過ぎた環境は、心理的に気づまりである。工学的な理想環境と心理的に快適な環境とは必ずしも一致しない。適度に外部と内部とがつながっていると意識させることも環境計画の重要な課題である。

と締め括られていました(太字はうさみ)。



オフィスビル暮らし
の長いうさみは、この件に関しては一家言ございます(*^.^*)。

最近のビルは、室温・湿度・室内の二酸化炭素量等を中央制御で調整して住人に快適な環境を提供しているはずなのですが、中で働いているオフィスワーカーが過ごしやすいと褒めているのを聞いたことはほとんどありません。新しいビルでも、冷房の効き過ぎ、密閉空間で乾燥バリバリ、という文句はよく聞くのですが・・・。

うさみがこの春まで働いていたビルなどはその典型だと思います。

21世紀になってから完成したオフィスビルで、数々の最新技術を使って建築されたらしいです。
外は緑色のガラスカーテンウォール

これも先のテキストを読んでいて、「あれはこのガラスだよ、このガラス!」と思った「熱線吸収板ガラス」というヤツです。
通常のガラス原料に金属を加えて着色したガラスで太陽の日射エネルギーを吸収し冷房負荷を軽減するんだそーです。
ガラスの壁が光を受けて緑に輝くさまは、外から見ている分にはキレイで、遠くからも目立っています。

が、中は壁1面が天井から足元まで総ガラス・・・いくら普通のガラスよりカットされていても、そこから室内に入ってくる太陽光の熱と光量は相当な物でした。おかげで光が届く席は、熱くて眩しいのですが、ひとつ隣でも光が届かない席だと途端に体感温度が下がるのです。ブラインドとロールスクリーンをダブルで下ろせば眩しさは抑えられますが、熱はそれでも届きます。

暑い窓際席の人と、涼しい廊下側席の人とで、こちらがちょうどならあちらが辛い、あちらがよければこちらはダメ、というシーソーゲームでした。

何とかしてくれと総務の方に訴えたら、このビルは、ガラス自体が熱を吸収するし、窓際天井にあるスリットから流れ出る空調が膜を作って外部と内部のクッションになる(エアーバリアファン、とか言うらしい)設計だそうで、ちょうどいいはずなんですが・・・(=これ以上どうにもならない)と説明してくれました。

数字的にOKなら快適だろうと思っているお偉い方々、1日で結構ですからあの窓際の席に座ってご覧遊ばしませ。20081215_p1100520
家だったらいいんです、西日が熱い時間帯には、窓際を避ければいいだけですから。でもオフィスの場合、どこの会社でも窓際ギリギリまで席を作るでしょう、そして朝から晩まで同じ席に座っていなくちゃいけません。座った場所による環境条件の差は大きいです。

天井に大きな扇風機をつけて室内の空気を攪拌して欲しいとか、窓が開けられる古いビルの方がよっぽど良かったとか、散々言ってましたっけ・・・。

何か悪口ばかりあげつらっていますが(もしもどこのビルかわかった関係者の方がいらしたら、すみません。でも嘘じゃないので・・・(-_-;)、あのビルにだって快適な場所はあったのです、化粧室という憩いの場所が(男子の方は入ったことがないので、少なくとも女子側は(^_^;)。

化粧室は新しいビルほど使いやすいし、居心地がいいですね。
古いビルの化粧室は、フロアの人数に比して化粧室全体のスペースが狭く、内装が清潔感に配慮したのか白っぽい色なことが多くて落ち着きません。仕事をする部屋より内装も照明も暗めにしてくれた方が、会社の化粧室はゆったり出来ますね。

誰もがお世話になるオフィスの憩いの場所ですから(そこ以外に憩える場所は無いのか!?・・・うーん、やっぱりここが一番な気がします、ひとりになれる場所ですから・・・)、化粧室のポイントは高いですね。

|

« 巣ごもり・ウチごもり | トップページ | 師走の陽だまり »

コメント

それはそうですが、わたしの職場は古典的な感じです。
いやむしろ、そう言うのほうが多いのでしょうね。。。。
夏はとにかく辛抱するしかありませんので。。

投稿: ふくやぎ | 2008年12月20日 (土) 19時41分

>ふくやぎさん
夏は暑く、冬は寒い方が、その反対よりカラダにいい気がするのですが・・・でも働きやすいとは言えませんかね(^_^;)

投稿: うさみ | 2008年12月21日 (日) 12時08分

わが社も例外なく冷暖房バトルをやってます。PC1人1台の時代にになると、どうしてもオフィスに熱源が増えて、オフィス内寒暖差が激しくなるようです。
エンドユーザーとしては、ビルを設計するときにそこまで考慮せんかい!と思ってしまいます。

投稿: アラベスク | 2008年12月22日 (月) 09時18分

>アラベスクさん
1990年代以降に建築のビルはPCのことを考えて設計されているはずなんですけどねえ・・・床が配線用に上がってたりとか、コンセントがとりやすい位置にあったり、くらいは便利ですけど、そういうのはハードですもんね。ソフト(人間)のことまで気が回らないんですかねえ?

投稿: うさみ | 2008年12月22日 (月) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/43464424

この記事へのトラックバック一覧です: 快適なオフィス環境:

« 巣ごもり・ウチごもり | トップページ | 師走の陽だまり »