« CDショップの興亡 | トップページ | 焼いた肉の香り »

2008年12月26日 (金)

家計簿あれこれ

今年、不況だからこそ売れている物のひとつに、家計簿があるそうです(#^.^#)。

ベテラン主婦さんはもちろん、今年は若い人にも売れているんだとか。
今までどんぶり勘定だったお家でも、来年は家計簿をつけて切り詰めなきゃ、という緊縮財政宣言なのでしょう(^_^;)。

本屋さんや文房具屋さんに行くと、昔ながらの女性らしい花柄家計簿もありますし、外見だけではお小遣い帳(こども用)と区別がつかない可愛いキャラクター付き家計簿も売られています。



記入方法も、毎日費目ごとに記入するもの、レシートを貼り付けて後で計算するもの、予算ごとに使えるだけの現金を袋に入れてそこから使うもの・・・ずぼらな人でも続けられるような工夫がこらされているようです。

家計簿のロングセラーは、自由学園創始者の羽仁もと子さんが考案された家計簿で、100年以上前から、婦人之友社から刊行されているのだそうです。「婦人」という言葉に大正の香りが漂いますね~。



PCのヘビーユーザーさんならパソコンで管理できる家計簿ソフトの方が使いやすいでしょうし、NintendoDSをキッチンに常備してレシピソフトと家計簿ソフトを入れておくのも便利そうですね。


社会人になってから、うさみも家計簿をつけていた時期がありました。
2年くらいつけたんだったかなあ。何にどれだけお金を使ったかわかることと、それを使わないようにすることは別だということがわかったので、やめました・・・(@_@;)。無駄を省く強い意志がないと、いくら詳細に記帳しても生活改善にはならないんですね、うーん、何だかダイエットに似ていてズキンとします・・・(u_u。)。

こんな遊び半分の家計簿ならいいかな~と思っているのが、タカラトミーから発売される「節約戦士お財布セイバー」という手のひらサイズのがま口型家計簿です(^O^)。
商品名からして、戦隊ものアニメみたいで笑いを誘いますね。


機能は真面目に家計簿らしく、1ヶ月の収入から1日に使える金額を割り出して、使った金額をタッチペンで入力するたびに、あといくら使えるか教えてくれるんだそうです。割り勘計算や、がま口を開くと中にレシートが入れられる、という実用的で便利なんだか、余計なお世話なんだかわからない機能も面白いです。

おもちゃとしての遊び面は、自分のやりくりに合わせて、画面上で”節約家”と”浪費家”というキャラクターたちのドラマが展開するところ(≧m≦)。

節約家の家族には、ひとりひとり、戦隊ものっぽい色の名前がついています。
お父さんがイエロー、お母さんがレッド、長男がブルー、長女がピンク、次男がグリーン。飼い猫は「せつこ」で、猫だけ普通の名前かと思いましたが、節約の「せつ」なんですね(*^_^*)。

「ゴレンジャー」を始め戦隊ものだとリーダーがレッドなようですが、お父さんが黄色でお母さんが赤なのは、節約家はかかあ天下なのでしょうか(^O^)?

展開されるストーリーの詳細が知りたいところですが、うさみがやっても無駄遣いが多過ぎて節約一家が不幸になってしまいそうです(>_<)。
それとも反対に、浪費家の運気が上がるかもしれませんね?

|

« CDショップの興亡 | トップページ | 焼いた肉の香り »

コメント

不景気だから、うさみさんガンガンお金を世の中に回転させてくださいよう。
、、、私にはムリですので。

投稿: ふくやぎ | 2008年12月27日 (土) 00時49分

きっちりと家計簿をつけている人を尊敬してしまいます。
毎年「今年こそは!!」と意気込んでもいつも三日坊主に終わってしまうのは、いい加減な性格のせい?
別に無駄遣いをしているつもりはないのですが内容を把握してこそ、節約、倹約も可能になるものでしょうね。
無駄を目に見えるようにすることが家計簿なのでしょうが・・・
細かすぎる家計簿は絶対にだめだと思うので、来年はアバウトに月ごと全体像をつかむくらいの気持ちで挑戦しようかと思います。

投稿: aosta | 2008年12月27日 (土) 05時56分

ここ最近・・・家計簿は付けてはおりません。もっぱら~どんぶり勘定の毎日です。
いい加減な主婦の典型ですよ。

レシートも関係がないの。
ただ~反射的におつりとともに受け取っているだけ。あとは…ぽい!

投稿: ぷりちゃん | 2008年12月27日 (土) 19時51分

>ふくやぎさん
う~ん、「蟻とキリギリス」なら間違いなくキリギリスタイプの私は結構消費に貢献しているかもしれません(^_^;)。でも車持ってないし、使う分野が限られてますね・・・

>aostaさん
家計簿のつけ方公開していらっしゃるサイトなど拝見すると、すごいなあとひたすら感心しますよね。
でも何が無駄で何が必要経費かは、そのお家ごとに決めていいんじゃないでしょうか?お金が貯まっても、好きなことが出来なくてイライラしていたら悲しいなと思います。

>ぷりちゃんさん
何事も続けるのは大変ですね。どんぶり勘定でも、元気で幸せなら言う事ないと思います。
レシートをもらっても、後で見ることはないので、なるだけもらわないか、レジのところに入れる箱があれば入れてくるようにしています。

投稿: うさみ | 2008年12月27日 (土) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/43535145

この記事へのトラックバック一覧です: 家計簿あれこれ:

» 電動鉛筆削り5 - ボストン(BOSTON) ミニスタンドアップ [鉛筆削り色々!]
アメリカでは、鉛筆削りといえば必ずその名があげられたボストン(BOSTON)。現在では、美術用刃物メーカーであるエグザクト(X-ACTO)に吸収され、さらに接着剤メーカーであるエルマーズ(ELMERS)傘下となったため、その名を見かけることは少なくなりました。しかしながら、ボストンファンにとって朗報というべきか、なんとまだ”BOSTON”のロゴが入った鉛筆削りは市場にあって、その名も”ミニス�... [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 22時21分

« CDショップの興亡 | トップページ | 焼いた肉の香り »