« 仕事始めと図書館 | トップページ | ワークシェアリング »

2009年1月 6日 (火)

鯛焼き100年

2009年にヒットが予測されている商品として、鯛焼きを取り上げた記事を読みました(^O^)。

麻布十番の老舗たいやき屋、「浪花家総本店」さんが今年で創業100年を迎えるのが理由のひとつだそうです。

およげ!たいやきくん」(最近のお若い方はご存知ないでしょうか、日本で一番売れたシングル曲なんだそうですけど。たいやきが毎日鉄板の上で焼かれるのが嫌になっちゃって海に飛び出してみた、という歌です。妙な哀切感が大人にも受けました。)のモデルになったという「浪花家総本店」さん、美味しいから人気なのはわかると思っていましたが、明治時代創業とは知りませんでした。



誰が決めたのか、鯛焼き屋の御三家というのがあるそうで、こちらの「浪花家総本店」さん、四谷にあるわかば」さん、人形町の柳屋」さん、なんだそうですよ。

うさみは3店とも食べたことがあって、名前と場所を知っていました(^O^)。

鯛焼き通という訳でもないのですが、会社のお土産でいただく機会が割とあるのです。
箱やら包装は豪華で中身がぽっちりの進物用菓子よりも、気の置けない間柄のお土産にはもらって嬉しい庶民のお八つですよね(#^.^#)。

チョコレートがダメとか生クリームは食べない、和菓子は口に合わない、という方はいらしても、鯛焼きが嫌いという方って聞いたことがない気がします(中にはいらっしゃるのでしょうけれど(^^ゞ。餡子は苦手だけれど、鯛焼きの皮が好きなので鯛焼きは食べる、という方はいらっしゃいました。

新しい変わった鯛焼きも人気が出ているそうで、四角い鯛焼き(鯛がまな板にのっているみたいな形)や、小さい鯛焼きなどが紹介されていました。

去年、うさみの地元にも、「鯛プチ」というのミニ鯛焼きのお店が出来て、なかなか人気です。
2センチくらいの一口サイズですが、ちゃんと鯛の形になっていて可愛らしいものです。人形焼の鯛版というところですね。

中身は、小豆餡以外に、カスタード・チョコレート・キャラメルなど数種類あって、好きな組み合わせで詰め合わせてもらえます。ただ、最低15個からの注文になっているので、2人では暖かいうちに食べ切れませんでした・・・。
大家族か大食漢でなければ、普通の大きさを1個買う方がいいかも、と思いました(^_^;)。

普通の鯛焼きは、うさみがお買い物するショッピングセンターの地下に美味しいお店があって、よく1個買ってその場でもぐもぐ食べています。

そこのお店は、定番の味以外に季節物が登場します。
ずんだ餡(枝豆)とか、栗餡とか、焼き芋餡とかたまに試してはみますが、普通の小豆餡以上にしっくり来て飽きないのは今のところありません。そこのお店にはありませんが、ハムマヨネーズカレーなどの、おかずっぽい鯛焼きも売れているんだそうですね。



それに、最近西の方では、「白いたい焼き」が流行っているらしいです、もちもちしてて冷めても美味しいんだとか。こんがり焼けた茶色の鯛焼きに慣れているので、白いと生焼けみたいな感じがしそうですが(^_^;)、そうでもないのかな?

うさみは鯛焼きではパリパリの皮の端っこ(背びれとか尻尾の先部分)が一番好きなので、真ん中はもちもちでもパリパリ部分も欲しいです(o^-^o)。

|

« 仕事始めと図書館 | トップページ | ワークシェアリング »

コメント

うさみさん、こんにちは^^
奇遇ですが同じ話題になりましたね(笑)?
浪花家の前はいつも行列で食べたことがなかったのですが、初めて食べましたがやはり美味しかったです~♪
プチ鯛焼きは年末に食べましたよ(笑)
あれ小腹が空いたときには最高ですよ!
散歩しているときにもつまみながら歩けるのでグ~です^^

投稿: cyaz | 2009年1月 7日 (水) 08時24分

およげたいやきくん、懐かしいですね~
食べたくなってしまいました(笑)
一度会社でお土産で頂いたことがあります。どこのたいやきかわかりませんが・・・
浪花家総本店さんのだったかも。
100周年といえば、今年は松本清張、太宰治生誕100年だそうです。太宰治は早く亡くなったので、ず~っと昔の作家だとばかり思っていました。

投稿: アラベスク | 2009年1月 7日 (水) 15時59分

頭からガブリと行きますね。
シッポにあんこが無いとちょっと悲しいです。
(ここ数日は甘党で行くふくやぎでした)

投稿: ふくやぎ | 2009年1月 7日 (水) 22時18分

うちの近所に白い鯛焼き屋さんができました。白い部分はモチモチしてます。私はパリパリ派なので、食べる前にオーブントースターで焼いてから食べます。夫にそれじゃ白い鯛焼きの意味無いじゃんって突っ込まれますけど、パリパリがいいのだ。

投稿: tama | 2009年1月 7日 (水) 22時51分

>cyazさん
いくら美味しそうでも、並んでまで鯛焼きを買うのは大変ですね、美味しく満足されて、何よりでした(^O^)。
鯛プチ、そうです、神田と同じチェーン店だそうですが、こちらは並ぶほどではありません。今度は食後でなく、おやつ時に買ってみます。

>アラベスクさん
鯛焼きのお土産って嬉しいですよね。あったかくて美味しい割にお腹に重過ぎなくて、お仕事中にはケーキよりも嬉しいかも(#^.^#)。
松本清張と太宰が同じ年というのは、ピンと来ませんね。清張は年取ってからのあの貫禄ある姿しか知らないからですね・・・。

>ふくやぎさん
私も鯛焼きは頭からかじりますが、しっぽはぱりぱりで餡子なしでもいい方です(^O^)。

>tamaちゃん
白い鯛焼き、東京にも進出してきてると聞きましたが、そちらにありましたか~。全体にモチモチなんですね?だったら、私は普通のぱりぱり鯛焼きの方が好きかな~。

投稿: うさみ | 2009年1月 8日 (木) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/43657290

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛焼き100年:

» 浪花家のたい焼き/麻布十番 [京の昼寝〜♪]
浪花家のたい焼き/麻布十番    元旦に義理の弟に会ったとき、甘いもの(特につぶ餡)があまり好きでないのにここのたい焼きを絶賛していました 六本木・赤坂方面に出かけるついでに麻布十番で途中下車して寄ってみました。 お店自体は前から知っていましたし、美味しいという評判も聞いていましたが、実際に食べたことはありませんでした。いつも行列が出来ているのですが、この日は並ばなくてもすぐに買えました麻布十番に店舗があるのに“浪花家総本店”とは これは初代店主が浪花(現在の大阪)出身だったので、故郷にちなんで浪... [続きを読む]

受信: 2009年1月 7日 (水) 08時19分

» 鯛プチ/蒲田 [京の昼寝〜♪]
鯛プチ JR神田駅で評判の「鯛プチ」がJR蒲田駅構内のグランデュオ蒲田に登場何せ一口サイズで可愛いし食べ易い 価格は17匹で525円です中のクリームの種類と数はオーダー時に指定できるのですが、袋に入ったら一緒なのでせっかく選んでも、中身は運任せです(笑) 少し小腹の空いたときにはもってこいかなこの日はいつも行く焼き鳥が最高の「串猿」で飲んだあとに買いました(笑)串猿のオネーサンもこの“鯛プチ”のファンでした(笑) クリームは7種類、十勝あんこ、カス... [続きを読む]

受信: 2009年1月 7日 (水) 08時27分

« 仕事始めと図書館 | トップページ | ワークシェアリング »