« 狼と犬 | トップページ | 気付かない人 »

2009年2月21日 (土)

馬喰町で民族刺繍

今週の会社帰り、土曜(今日)が最終日の刺繍展示を見たくて、馬喰町に行って来ました(#^.^#)。
20090220_p1000370
場所は「馬喰町Art+Eat」というカフェです。
日本橋馬喰町・・・江戸の名残がかすかにある素敵な名前ですよね~、町名の由来は、昔、博労頭(馬の売買をする人)が住んでいたから、らしいです。
今では、江戸風情は感じられないオフィス街で、問屋街として有名です。

わかりやすい場所だったのに、うさみは例によって迷いました(@_@;)。
江戸通りのみずほ銀行を目印に小伝馬町駅から歩いていたら、いつの間にか日本橋高島屋に行き着いてしまい、地図を2枚持っていても読めなきゃしょうがないことが身に沁みました(;O;)。

20090220_p1000357 築50年のビルの一室がアートカフェに改造されています。
同じビルには、他にもギャラリーやオシャレな雑貨屋さんが入っていて、オフィス街になじむ身近なアート空間、という感がありました(^^♪。

木の家具も、食器も、シンプルであったかく落ち着ける雰囲気で、こんなギャラリーカフェがうさみの地元にもあるといいな~と思いました。
普通のギャラリーって、美術館と違って入場は無料ですが、見るだけでは出られないような威圧感を感じて(うさみの気のせいかもしれませんが20090220_p1000366 (^_^;)、入りづらいのですが、カフェ兼ギャラリーなら、お茶を飲みながらのーんびり展示作品を見られるので一粒で二度美味しいですね(^O^)。

目的の展示は、「刺繍でつづるモン族の物語」。

モン族、という名前、アジア雑貨好きな方ならよくご存知でしょう。
「モン族の手刺繍・手作り」という鮮やかな民族刺繍の小物や服を、最近よく見るようになりました(#^.^#)。

うさみは、そういう雑貨屋さんで見かけて、モン族というのはタイの山間部に住む少数民20090220_p1000372 族だと思っていたのですが、今回の展示説明を読んで、複雑な歴史を背負った民族なのだと知りました。

中国・ラオス・ベトナム・タイの山岳地帯に住む民族で、中国では、苗(ミャオ)族とも呼ばれる少数民族。紀元前から揚子江流域に住んでいましたが、漢民族に追われてベトナムやラオスなどに移住。1970年代以降、ラオス内戦に巻き込まれて、その多くが難民になったそうです。

紀元前からという古い伝統文化をもつモン族ですが、文字を持たず、刺繍が記録手段だったのだそうです。

今回展示されていたのは、タイの難民キャンプでのボランティア団体の「図書館活動」によって製作された、モン族のこどもたちの手になる絵本やタペストリーでした。20090220_p1000362
昔から伝わるお伽噺や、いまの生活の様子を表現した細かい刺繍には、本当に圧倒されました。

無地の布に刺繍して、中にボール紙をいれて手縫いで製本した、世界に1冊しかない絵本・・・こんな絵本が作れたら、きっとずっと大切にするでしょうね。

自分の家族を紹介する絵本では、お父さんは畑で働き、お母さんは家で出来る農作業、兄弟姉妹もそれぞれの仕事を分担しているところが、1ページ1ページ丁寧に刺されていました。
20090220_p1000364
製作したのは、たぶん当時小中学生くらいだったのだと思いますが、こどもも働くのが当たり前で、それを辛いとも嫌だとも思っていないのですね。
今では難民キャンプが解散され、それぞれの行方も辿りようが無いという彼らが、家族一緒に幸せでいますようにと願いつつ、鮮やかな糸がくりだす模様に見とれていました。

|

« 狼と犬 | トップページ | 気付かない人 »

コメント

知りませんでしたが 手の込んだ素晴らしいものですね。見る機会が あることを 祈ります。

投稿: 小紋 | 2009年2月21日 (土) 19時53分

ギャラリーカフェ、確かに近所にあると嬉しいかも。ゆったりした時間が過ごせそうですね^^
最近はテレビでもいわゆる辺境地帯が時折紹介されているのでミャオ族も何かの番組で見た記憶があります。でもそんな歴史があったとは・・勉強になりましたm(_ _)m
文字が無く絵画で伝達するのはアボリジニとかもそうですし普通に想像できますが、刺繍が記録手段とは驚きですね!とても器用で細かい作業を得意とし粘り強い民族なのでしょうか。
色々と学び感じた後で鮮やかな民族衣装や小物を見るとまた違った印象を受けますね~。

投稿: ofuu | 2009年2月22日 (日) 15時02分

>小紋さん
刺し方は、日本刺繍とそんなに変わらないように見えました。でも使う色や題材が全然違うのが、それぞれの民族性なんだなあと思います。

>ofuuさん
地元か会社近くにあれば毎週通いそうですが、あいにくと見かけません。
モン族の刺繍グッズ、それなりのお値段で売られていますが、これを刺した人はちゃんと何割かもらったのかしら、と気になります。生活の足しになっていればいいのですが・・・

投稿: うさみ | 2009年2月22日 (日) 20時54分

「馬喰町」に思わず反応してしまいました(笑)。
入社時の営業実習でお世話になった営業所が、
馬喰町にありましたから。

アジアにしても、アフリカにしても、
政治が難民をつくり、その結果、
子供たちに大きなシワ寄せが生じますね。
子供たちは、働くことが普通なのではなく、
学ぶことが普通のはずなんですが。
きれいごとや建前だけでは通用しないと、
頭では理解しつつも、
やっぱり、子供たちの幸せを願わずにはいられないですね。

投稿: らすから | 2009年2月22日 (日) 23時43分

>らすからさん
馬喰町で実習でしたか~。表の大通りは味気ないオフィス街のようで、ちょっと入ると昔っぽいビルや小さなお店があったりして、探検すると面白い街ですよね。
お金の有る無しが幸せにはつながりませんが、せめて最低限の衣食住だけは確保して安心して暮らせる環境をこどもたちには与えてあげられたらと思います。

投稿: うさみ | 2009年2月23日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/44131521

この記事へのトラックバック一覧です: 馬喰町で民族刺繍:

« 狼と犬 | トップページ | 気付かない人 »