« 馬喰町で民族刺繍 | トップページ | 昔の漫画本 »

2009年2月22日 (日)

気付かない人

春を前に、美容室に行って髪を春向きに軽くしてもらって来ました(#^.^#)。
カラーリングもしてもらい、気になる生え際もすっきり綺麗になって、しばらくは、鏡を見てああまた白髪が~(@_@;)、とガックリしなくてすみます。

カラーリング中は、カラーリング剤が浸透するまで、お待ち席に移動します。
いつも大きな花瓶に豪華に生花(今日は大輪のラナンキュラスがどーんといっぱい活け20090221_p1000378 られていました。春で~す♪)が飾ってある、四角いテーブルを囲んで、カラーリング中のお客さんが座り、雑誌を読んだり、飲物やキャンディをいただいたりしています。

→これは、今うさみ家にあるラナンキュラス☆

うさみの向かいに座っていた年配の女性客、とても変わった方でした(^_^;)。

テーブルに、ご持参のマイ水筒冷えピタシートが置いてありました。マイ水筒を外出に持ち歩くのは珍しくありませんが、美容室にまでお持込とは、よほどコレしか飲まないというお飲物があるのかしら。そして冷えピタシート(おでこにつけられるようテープがついたタイプの)は何に使うんでしょう??

持ち物よりも言動はさらに変わっていました。
3分とおかずに、美容師さんを呼びつけて、何か言いつけたり、話しかけたりするのです。

(椅子の背もたれクッションを)「これは邪魔だからどこかへ持ってって。」
「やっぱり何もないと背中が痛いから、薄いのをちょうだい。」
「膝掛けだけだと寒い、片足ずつタオル巻いて。」
(うさみが飲んでいたハーブティーを指差し)「あの人が飲んでいるもの、私にもちょうだい。」
(持ってきてもらったハーブティーの匂いをかいで)「これ、何が入ってるの?」
「蜂蜜と生姜です。血の巡りが悪くて冷えるとおっしゃったので・・・」
「私、蜂蜜は絶対ダメなの!飲めないわ。」
「すみません。お取替えしますね。」

・・・お言いつけはこんな感じでずっと続き、合間にご自分の体調や暮らしについてのお話が入るのでした。

は~、ここまで自由自在?やりたい放題?な方も世の中にはいるんですねえ・・・!(・oノ)ノ。
美容師さんの「おかゆいところはありませんか?」「しみてませんか?」「お耳の中大丈夫ですか?」の質問に、して欲しい事があっても「大丈夫です。」としか答えられないうさみには、どうしたらそこまでやれるのか、心底不思議でした。

担当美容師さんが他の美容師さんに話しかけたのを、自分に向けての言葉だと返事をしてしまった時に、
「私っていつも自分のことしか見てなくて、他の人のことは全然見えてないのよね。」
との言い訳が聞こえ、あ~、そういうことなのか~と思いました。

20090201_p1000204 気がつかないから出来るんですね( ̄◆ ̄;)。

ご自分が気持ちいい席に座り、飲みたいときに好みの飲物を飲み、自分の予定とおりの時間に仕上がるのは、自分にとってはとても重要で、まわりにとっても最重要事項であるはずだとお考えなのですねえ・・・。
混んでいるお店でしょっちゅう呼ばれたら美容師さんが忙しくて困るだろうとか、他のお客さんは静かに雑誌を読んだりリラックスしたりしたいからあまり大声は迷惑だとか、気付いてわざとやっている意地悪根性は全くなくて、気付かないから平気なんだな~と納得しました。

何も気付かないのは、ご本人は幸せなのでしょう( ̄▽ ̄)。
気付いても行動を起こせない時や、起こしたくない時もあって、出来なかった事を後悔したり恥ずかしかったりしますが、気付かなければ、そんな思いもしないんですね・・・。
かといって、「気付かない人」になりたいか、と言うと、やっぱりそれも何だかなあと思うのでした。

それにしても、美容師さんもお客さんに気持ちよく施術中の時間を過ごしてもらうために、いろいろやらなくてはいけなくて、大変ですね。
前通っていたお店で、子連れのお客さんに、子供のおやつにと近くのマクドナルドまでハンバーガーを買いに行かされた、という話を聞いた事がありました。そんな事までするの、と驚いたら、やっぱり頼まれたら行かない訳に行かないですよ・・・と困っていました。

|

« 馬喰町で民族刺繍 | トップページ | 昔の漫画本 »

コメント

要するに典型的ジコチューのおばさまなのですね。人のふり見て我がふり直せじゃないですが、これから気をつけます、自分の言動が周りの人に迷惑懸けていないか。

投稿: アラベスク | 2009年2月22日 (日) 22時10分

美容室のマニュワルには、それも入っているそうですよ。
マッサージや飲み物もそうですが、手を動かしながら、お話相手にも付き合うんですって。

1,500円のカットのみのは、いっさい~なし。シャンプーも。マッサージも。
利用した私が言うのだから、間違いなし。

投稿: ぷりちゃん | 2009年2月23日 (月) 00時00分

同僚にもいました。
世界の中心にいる人。
わざと意地悪してるのなら、こちらもただじゃおかないよ!ってとこなんですが、本人はまるで悪気がないってのは本当に困り者でした。

投稿: tama | 2009年2月23日 (月) 00時32分

いますね、そういう方。
うちのちょびパパも結構そのオバサマに近いかも。
本人は天然だと言い張りますが。。。
ちょびパパにも言える事ですが自分がいつも中心で他人さんが見えてないのですよ。
その無神経さに毎日何度かイラッとします。
本人は何で怒ってるの?心外だな~って顔してます(そこがまた私をイラつかせるのですが)
夫婦なら無視を決め込む事もできるけど、お客様商売だとそうもいかないようで大変ですね。

投稿: ちょびママ | 2009年2月23日 (月) 01時00分

ほぉーーっ!ちょっと前に「KY」という言葉が流行りましたが、そんなレベルじゃあありませんねぇ。
そういえば、そんな感じの人に心当たりあります。
自分と自分の子供にしか目がいかず、悪口をいいまくりメールを送りまくりで、かなりまわりに迷惑をかけていました。彼女のプライベートでの話し方は、まさしく美容室のそのおばさんのようでしたよ。思い出すとうんざりしますが、綺麗なラナンキュラスで気分転換といきます♪

投稿: ジュエル | 2009年2月23日 (月) 20時19分

>アラベスクさん
私も「可愛いおばあちゃん」を目指しているので、他山の石としなきゃと思いました。年齢的に体がきかなくなっても、気がついて気をきかせることは出来ますものね。

>ぷりちゃんさん
そうですね、美容師さんってサービス業でお話してナンボって感じですよね、肉体労働でもあるのにお疲れさまなことです。

>tamaちゃん
そういう方と仕事で一緒になってしまった場合は、こちらも出来るだけ気付かないフリをするしかないですよね、なかなか出来ないけど(^_^;)。

>ちょびママさん
ちょびパパさんは”自分が世界の中心”さんなのですか(^O^)。ちょびママさんが気を許せるお相手で甘えていらっしゃるということなのでは?お互いなんでも言える精神的に対等な関係っていいですね。

>ジュエルさん
そういう方のお子様はかえって人間が出来るか、お母様以上の困り者ちゃんになるか、どちらかなんでしょうね(^^ゞ。
お付き合いをやめるわけにはいかない間柄だと困りますね、お疲れさまでした。

投稿: うさみ | 2009年2月23日 (月) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/44143836

この記事へのトラックバック一覧です: 気付かない人:

« 馬喰町で民族刺繍 | トップページ | 昔の漫画本 »