« 墨堤のお花見 | トップページ | 青森の手仕事 »

2009年3月29日 (日)

春の訪れ

うさみ家から駅までの間で、街路樹や流水を整備してちょっとしたお散歩コースになっているエリアがあります。
うさみ家の愛犬は何故かあまり歩くのを好まない道なので(お散歩中のわんこが多いし、すぐそばを車も通るのが気に入らないのかな(@Д@;、何の木や花がどこに植えられているか覚えるほどではありませんが、1本だけ、存在が強く印象に残っているさくらの木20090329_p1000777 があります。

毎年必ず一番先に花をつけ木全体が真っ白く覆われる見事な木です(#^.^#)。

今年も一番に咲き出して、もうほぼ満開を誇っていました。

オオシマザクラという種類だそうです。
今年、木に名前を書いたプレートがつけられて、初めて名前を知りました(^^ゞ。

葉っぱと同じ時期に開花する白い花が特徴だそうです。
桜=ピンク色、薄桃色というイメージですが、白い桜も凛として、先駆けとしていちばんに姿を見せてくれるのにぴったりだなと思います。20090329_p1000780

異常気象だ、暖冬だ、花冷えだと人間が右往左往していても、植物は毎年自分の花を咲かせる時期を過たないのは、あらためて考えると自然の驚異です。

人工的な環境に身を置いて、自然と分断されて暮らしているように思っていますが、人間も自然の一部、からだは季節のうつろいを感じ取っているものなのですね。

ここ1週間ほど、いつになく目の疲れを感じるのは、東洋医学的には、春の訪れをうさみの体が感じているものらしいです。(春は肝の季節で目にくるんだそうです。)

春は生まれ変わりの季節、上手に古い皮を脱ぎ捨てて、ぴかぴかのうさみになりたいです(*^_^*)。

|

« 墨堤のお花見 | トップページ | 青森の手仕事 »

コメント

 昨年 東御苑で 立派なこの桜を 見ました。白い素敵な 大木でした。
 うさみさんを 見習って 手だけでも ぴかぴかになりたいです。

投稿: 小紋 | 2009年3月30日 (月) 20時35分

>小紋さん
白いさくらは、ピンクとまた違う風情がありますよね。
手が若々しいのは素敵だと思います(^O^)。女の年は手と首に出るそうですから~。

投稿: うさみ | 2009年3月31日 (火) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/44511745

この記事へのトラックバック一覧です: 春の訪れ:

« 墨堤のお花見 | トップページ | 青森の手仕事 »