« 天使と悪魔 | トップページ | 柿の種 »

2009年3月 7日 (土)

緑の鳥と布の日

今日は、久々の好天で、ココロもうきうきでした(* ̄ー ̄*)。

20090307_p1000494ご近所の見事な梅の木が!と激写し、うさみにしては珍しく動くものが撮れた~と喜んでいましたが、家に帰って画像をアップにして、これ鶯でいいのかな?と検索してみたら、鶯でなくメジロでした(^_^;)。

梅に鶯はセットだし、羽の色も鶯色だから鶯かと思ってしまいましたが、緑の小鳥は、懸命に梅の花の蜜を吸っていました。
お花の蜜が好きなのはメジロなんですね。

あんまり鳥の種類がわかっていないのがバレバレ・・・(@_@;)。雀とカラス、ヒヨドリに駒鳥20090307_p1000491 くらいしか判別出来ません。
うさみの親はふたりしてバードウォッチャーなのですが、教えてもらっても覚えられない不肖の娘です・・・。

午後は2回目のカルトナージュレッスンに行って来ました(#^.^#)。

今回は、レベル別に選べる候補の中から、ブック型小箱というのを作りました。

前回のブックカバーは、あらかじめ切ってある布がセットになった物から選びましたが、今回は自分で外側と内側に好きな布を選ばせてもらい、布を切るのも半分ほど自分でやりました。

20090307_p1000506 外側に選んだ若草色の花柄は、アメリカのアンナ・グリフィンというメーカーのファブリックを選びました。内側は、大胆な配色で組み合わせようかと合わせてもみましたが、やっぱり同系色が落ち着くので、緑の大きめ水玉柄にしました。

一番大変な、厚紙(カルトン)の裁断は先生がやって下さってあったので、オイシイとこ取りです。

箱は長方形の厚紙を張り合わせて立体にして行きます。
立体が出来たら、外側、内側と布を貼って行きます。
紙の状態で布を貼る方が楽なのではないかと思っていましたが、組み立ててから角や厚みを考慮しつつ貼らないと綺麗にならないようです。20090307_p1000505

箱の内側、外側、カバーになる側、とパーツが多く、前回よりは時間がかかりましたが、楽しく作れました(^O^)。
大きさは葉書がちょうど入るくらいです。
細かい角や、金具をつけた箇所を見ると、素人のガサツさが出ていますが、自分で使う分には全然大丈夫~(^^♪。

次回は、カルトナージュ愛好家さんのブログなどで拝見していいな~と思っていた、ペルメル(カードホルダー)を作る予定です。出来るかな~(^_^;)。

|

« 天使と悪魔 | トップページ | 柿の種 »

コメント

おお!
図らずも我がブログも鳥で始まりました。
メジロは私もあまり見た事がありません。
偶然頼みなので。。

投稿: ふくやぎ | 2009年3月 8日 (日) 20時06分

ちちちち と 可愛い声で 鳴きますね。
 河津桜に 群れていたのです。
 表の色と 裏の色 とてもいい組あわせで 素敵です。さすがですね。
 次も楽しみです。

投稿: 小紋 | 2009年3月 9日 (月) 06時41分

>ふくやぎさん
ふくやぎさんの凄い綺麗なアップ写真に比べるとお恥ずかしい限りですが、鳥というところだけは同じでした(^_^;)。

>小紋さん
メジロ、可愛くなくのですね、鶯はホーホケキョだから、鳴き声を聞けば違いがわかるのでしょうか?
出来上がった箱、乾いてから良く見ると内側のラインがずれていて、ダメダメでした。次回は頑張ります・・・。

投稿: うさみ | 2009年3月 9日 (月) 20時27分

うさみさん

器用なんですね。
不器用な私は羨ましいです。
手作りのロマンティックな小箱にうっとり。
カルトナージュというのですか。
私のブログによく遊びに来てくださる「ぽんさん」も習っていらっしゃるようです。
手作りって、やっぱり心和みますね。

投稿: よしりん | 2009年3月 9日 (月) 22時41分

>よしりんさん
手先が器用というほどでもないのですが、普段の仕事がクリエイティブとかけ離れているので、無性に何か作りたくなったりします(^_^;)。
カルトナージュは最近流行っているみたいですね、本格的にやると大変です。

投稿: うさみ | 2009年3月11日 (水) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/44272987

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の鳥と布の日:

« 天使と悪魔 | トップページ | 柿の種 »