« 緑の鳥と布の日 | トップページ | うさみのお宝!? »

2009年3月 8日 (日)

柿の種

新潟発ブランド物語1 元祖浪花屋 柿の種のココロ」という本を読みました(^O^)。



いちおう新潟出身者(生まれは新潟ですが住んでいた期間が短く、新潟に関して知らない事の方が多いのであまり胸を張って新潟県人を名乗れないうさみ・・・)として「新潟発ブランド物語」というタイトルが気になりました。

柿の種」は今では新潟銘菓の名前というより、米菓のひとつの種類名という感じですね。他県の方は新潟発ブランドだと知らない人もいるかもしれません。
そうした柿の種の生い立ちに始まり、製法や人気の秘密などについて書かれた本でした。

柿の種と言えばあのオレンジで牧歌的なイラストつきの四角い缶、とすぐに思うくらい、元祖浪花屋さんはうさみにもお馴染みでしたが、どんな会社なのかということや柿の種が生まれたいきさつなどは知りませんでした(^^ゞ。



そもそも新潟長岡にあるのになんで浪花屋なんだろう、というのもあまり不思議に思っていませんでしたが、普通の焼き煎餅を売っていた創業者さんに、あられ菓子を作ったらどうだと作り方を教えてくれたのが大阪出身の人だったので、「浪花屋」という屋号をつけたのだそうです。

そうして作り始めたあられの金型を、奥様がうっかり踏んで曲げてしまって、カキのタネにそっくりな今の形になり、名前もそこからつけられたというのが柿の種の誕生物語(^O^)。



製法の特許申請と、名前の商標登録をしていなかったため、他のお店でも柿の種を作るようになり、全国に広まったのだとか。
もし登録されていたら、今頃はあまり知られていない地味な地方銘菓だったかもしれないのですね(^_^;)。

柿の種とピーナツをあわせる「柿ピー」を考案したのは帝国ホテルのバーなんだそうですが、ピーの配合具合はメーカーによって様々、人の好みも様々だそうです。

うさみは柿:ピー=10:0が好きです、つまりはピーナッツ無しで、柿の種オンリーが希望(^_^;)。おつまみで柿ピーが出ると、柿の種だけ選って食べてます。
よくしたもので、数人で座を囲んでいればたいていピーナッツが大好き、という方がいらっしゃるので、ピーナッツばかり残ることはありません。

柿の種をチョコレートコーティングした、「柿チョコ」を考えたのも、浪花屋さんだそうです。
最初はゲテもの系の組み合わせだと思いましたが、食べてみるとそれなりに合いますね。辛いのと甘いのが混じり合うようで別々に存在していて、食べだすと止まらない味です。



あの缶のデザインについても本で紹介されていました。

わざわざ東京のデザイン会社に発注し(当時としては大奮発( ̄▽ ̄)、新潟の風景を描いて欲しいとリクエストしたところ、四季を四面に描くより秋だけにした方が商品イメージに合うし店頭で目立つ、とのアドバイスであの絵になったそうです。
柿だから秋、郷愁を感じるあのイラストが柿の種に合ってますよね。

本を読んだら、当然ながら柿の種が無性に食べたくなりました(;´▽`A``。
久しぶりに、袋入りでなくあの缶のが食べたいなあ(袋でも缶でも中身は同じなのですが)。

そして浪花屋さんの進物缶は、オレンジの包装紙に紐がけが昔から変わりませんが、機械では紐結びが出来ないので、人の手でひとつひとつかけているんだそうです。
ひもひとつにも老舗の心意気がこめられているのですね~o(*^▽^*)o。

|

« 緑の鳥と布の日 | トップページ | うさみのお宝!? »

コメント

 是が 正しい 柿の種なんだ!
 こちらのメーカーのしか 食べたことないから はじめて見ました。
 ブログのおかげです。
 久しぶりで 買いましょう。

投稿: 小紋 | 2009年3月10日 (火) 19時44分

懐かしい柿の種の缶。
柿の種物語・・・そう言うことだったのですね。私はピーナツ派。
進物用のカニさんの方は知りませんでした。

近頃は・・・やたらにチョコレートでコーテ
ィングしたお菓子が登場。
若い方にうけてるやに聞いております。
試す価値がありかな・・・。

投稿: ぷりちゃん | 2009年3月11日 (水) 18時46分

>小紋さん
柿の種といえば、この浪花屋さんの缶をイメージするのはやっぱり新潟県人だけでしたか(^O^)。味の違いは実はあんまりわからないのですが、ぱりぱり具合がちょっと違うかもしれません。

>ぷりちゃんさん
むか~しは缶入りしか無かったんですよね。今は袋入りがどこでも買えちゃうので、缶入りを手に入れるほうが難しくなりましたが・・・
チョコレートコーティングの柿の種は、お好みですが、クセになる味です(^O^)。

投稿: うさみ | 2009年3月11日 (水) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/44291821

この記事へのトラックバック一覧です: 柿の種:

« 緑の鳥と布の日 | トップページ | うさみのお宝!? »