« ガランスという色 | トップページ | 毛糸で時計 »

2009年4月18日 (土)

正方形2枚で?

こんなものを作りましたo(*^▽^*)o。

20090418_p1010236用途は針刺しですが、とてもオシャレな名前がついていまして、Biscornuと呼ぶそうです(^O^)。
フランス語で「ねじれた」っていう意味らしいです。

あちこちのスティッチャーさんのサイトでよく拝見してBiscornuという名前を覚え、多面体を作るには、複雑な形の小切れを縫い合わせていくんだろうな、大変だなー、うさみには無理だなーと思っていました。

それがBiscornu用のチャート図案というのを見ましたら、普通に正方形の図柄でした。

正方形がどうやるとあの角ばった立体になるのでしょう(?_?)?

うさみは立体の展開図とか、2次元から3次元への転換とかに弱く、頭の中でクエスチョンマークが浮いていましたが、その後しばらくして、Biscornuの制作過程を画像でのせて下さっているサイトを見つけました!

目からウロコでした・・・(*^.^*)。Biscornu
正方形2枚の布を、外表に縫い合わせていくのですが、辺の真ん中と角で合わせて半分ずつずらすのがポイントでした。
そっか~、角が4つある布をずらせば角が倍になって八角形か~。
すごーい!これを考えた人はすごーいψ(`∇´)ψ、と感動して、うさみも作ってみました。

片面はモノグラム(イニシャルの組合せ)の本からで、もう片面はBiscornu用のフリーチャートさん(The Floss Box)からです。
色はマイカラーのオレンジです(*^。^*)。



手作りもだいたいが適当などんぶり勘定計算なので、これも刺繍を刺し終わってから、縫い代が足りなそうになり、焦りました(^^ゞ。
きつきつで何とか出来上がりましたが、今度はちゃんと検算してから布を裁断します~(^_^;)。

|

« ガランスという色 | トップページ | 毛糸で時計 »

コメント

 素敵なものができるんですね。
 ちりめんの小物なども 直線を縫い合わせて 作るものがおおいのです。
 仏様の おりんの敷物なども まっすぐ縫って。。。。。でした。
 これは どう縫うのか 試してみたいです。

投稿: 小紋 | 2009年4月19日 (日) 06時46分

私もこの手のモノには弱く、説明聞いても?の部分多し、です。
時計もひっくり返して裏側から表示されてるのを何時かと問われるともう頭がパニック。
この素敵な針刺しも実際作ってみないとピ~ンとこなくて。。。
でも裁縫まったくダメでボタン付けすら出来ませんから、永遠に分からんままかも(笑)

投稿: ちょびママ | 2009年4月19日 (日) 20時01分

>小紋さん
これ、小さな端切れで十分作れると思います。ある程度厚みと張りのある布の方が形になりやすそうではありますね。

>ちょびママさん
時計をひっくり返したら何時か、私もわかりませーん。
物の見方が固定的というのでしょうか、もっとやわらかアタマにしなくちゃ~と思ってはいるのですが(^_^;)。

投稿: うさみ | 2009年4月20日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/44712223

この記事へのトラックバック一覧です: 正方形2枚で?:

« ガランスという色 | トップページ | 毛糸で時計 »