« 方言の響き | トップページ | グレープフルーツな気分 »

2009年4月27日 (月)

出版社の倒産

先週、手芸関係実用書の老舗出版社雄鶏社さんが倒産というニュースが報じられましたΣ( ̄ロ ̄lll)。20090427_p1010311

出版社としてはそんなに大きくありませんが、手芸好きさんならここの本をたぶん1冊や2冊は持っている、どこの書店の手芸コーナーにも、雄鶏マークと”ONDORI”ロゴ背表紙の本が必ず置いてある、という存在でした。
手芸に興味が無くても、かの向田邦子さんが編集者として在籍していた、ということで社名を聞いた事がある方もいらっしゃると思います。

うさみも昔からここの本にはお世話になって来て、とても身近に思う出版社でしたので、倒産のニュースはショックでした(。>0<。)。
20090427_p1010310
← うさみが持っている雄鶏社の昔の手芸本です。

昭和20年創業の老舗がつぶれた理由は、出版不況による売り上げ低迷、金融不況で新しい借入が出来なかったこと、などがあげられていました。

資金繰りのことは会社の内部事情でわかりませんが、本が売れなくなっているというのは分野を問わず出版業界の共通の悩みでしょうね・・・。

そして、かなりアナログ度が高い(^^ゞ手芸の世界にも、デジタルの波が押し寄せている影響もあるのかなあと思います。

うさみが初めて雄鶏社さんの手芸本を手にした頃は、何か作りたいけれど作り方がわからない、教えてくれる親兄弟友達もいない、という時、よほどオリジナリティーに溢れて手先が器用な人以外は、手芸本を買って作り方を覚えて同じように作るか、材料を買った手芸屋さんで作り方を教えてもらうか、だったと思います。

でも今では、ちょっとインターネットで検索すれば、初心者向けから上級者向けまで、作り方をわかりやすく画像や動画付きでのせているサイトが見つかりますし、フリーで公開されているデザインもたくさんあります。(ダウンロードしたフリーのデザインを、オークションで転売するケシカラン輩がいる、というまた別の問題はありますが・・・。)
お金を出して本を買わなくても、用が足りてしまうんですよね。

うさみは「本」という媒体が好きなので、ネットの情報を活用させていただきつつ、本も買いますが・・・。20090426_p1010308

出版社に限らず、良い品を作る真っ当な商売を真っ当にコツコツ続けて来た老舗がつぶれるのは、何かがおかしいような気がします。バブルの頃のように、本業以外の投資話にのったあげくに倒産、というならしょうがありませんが・・・。
長く残すべき品がどんどん消えていってしまうのかと思うと空しくなります。

これからどこかの出版社が雄鶏社さんの事業を継承してくれるか、編集者さんがよそに移られるか等で、またいい本を出して下さることを願っています。

|

« 方言の響き | トップページ | グレープフルーツな気分 »

コメント

「かの向田邦子さんが編集者として在籍していた」
ええ!それでわかりました〜っ!
・・・・残念ですね。
>お金を出して本を買わなくても、用が足りてしまうんですよね。
そうそう・・・私も本が大好きで、たくさん本を購入するのですが、以前は図書館や本屋に足を運んで調べていた仕事関連の調べ物は、今はすっかりネットで済ませていますね。とにかくスピーディにこなせますので。
時代の流れとはいっても、う〜ん、複雑というか悲しいというか・・・。

投稿: ジュエル | 2009年4月27日 (月) 22時41分

私も雄鶏社にはお世話になりました。
むしろこの手の手芸本はニッチなファンがいて安泰なのかなと思っていましたが
そうでもないのですね。
雄鶏社だったか忘れてしまいましたが、とっても気に入っていた手編み本を友人に貸したら帰ってこなくて、とても悲しい思いをしました。手芸本ってお気に入りを選んで買うから結構思い入れがあるんですよね。

投稿: tama | 2009年4月28日 (火) 00時49分

 まあそうなんですか うちにも見えるところで7冊あります。最近は ネットでひけるので 買わなくなったのでしょうね。
 老舗が残念です。
 ある本を 大事に 使いこなさなくては!

投稿: 小紋 | 2009年4月28日 (火) 18時36分

>ジュエルさん
向田邦子さんは映画関係の雑誌担当だったようですが、いい出版社だと思うのにほんと残念です(>_<)。
自分もネットの恩恵にあずかってはいるのですが、アナログの良さも伝えていきたいです。

>tamaちゃん
最近手作りがはやっているし、手芸本も売れるんじゃないかと思いますが、前より新しい出版社も出てきているし、いろいろ難しかったんでしょうね・・・。
手芸本ってひとつでも気に入ったデザインがのっていると、それだけで買っちゃって大切にしちゃうという不思議な存在だと思います。人に貸して戻ってこなかった本のことって、不思議と忘れませんね。

>小紋さん
小紋さんも雄鶏社本お持ちでしたか。これから絶版になってしまうと思うので、ぜひお大事になさって下さいませ。私もまだ在庫があったら買いたい雄鶏社本があり、本屋をめぐるつもりです。

投稿: うさみ | 2009年4月28日 (火) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/44811482

この記事へのトラックバック一覧です: 出版社の倒産:

« 方言の響き | トップページ | グレープフルーツな気分 »