« 桜色のペルメル | トップページ | このDVDを見ました~「バンク・ジョブ」 »

2009年4月12日 (日)

白い花

急な暖かさに桜はすっかり花を落とした週末の街中で、あちこちに白い花が目立っていました。

20090412_p1010105りんごの花(*^。^*)です。
つぼみはピンク色で、開くと真っ白な花若葉の緑のコントラストが、桜とはまた違った爽やかさを放っています。

気温も湿度もちょうどよく、つい鼻歌が出てきます。

りんご~の花ほころび、川面に霞たち~

・・・川面に霞、りんごの花が咲く時期の長野って霞なんかたつのかな?ん?この歌、長野の歌じゃなかったっけ?

記憶をさぐるうさみ・・・あ~、思い出しました、この歌は「カチューシャ」、ロシア民謡じゃございませんか(^^ゞ。20090412_p1010116
リンゴで長野なのは、藤村の「初恋」まだあげ初めし前髪の林檎のもとに見えしとき)でしょう、全然違いました(;´▽`A``。
どちらも北国で、恋人を思う歌、というところしか合っていません。

うさみは洋服や持ち物ではあまり白は選ばないのですが(汚れるから・・・)、お花の白はいいですね~(#^.^#)。

イギリスの庭園には、「ホワイトガーデン」という白い花だけを集めたお庭があります。
百花繚乱に色が溢れたお庭から、ホワイトガーデンの区画に入ると、すっと涼風が吹きぬけていくような感じがします。
たくさんの色が共存するのと、ひとつの色がたくさんあるのと、どちらとも選びがたい魅力です。

そしてピンクガーデンイエローガーデンというのは聞かないのに、ホワイトガーデンだけが愛されるのは、白という色の力なのでしょうか。
葉っぱや茎の緑色が、最も清清しく爽やかに映えるのが白い花なのかもしれません(^O^)。

20090412_p1010106 お花屋さんの店先に並ぶと、他の色の強い個性に負けて白はちょっと引っ込み思案な感じですね。

花を飾る時に白を混ぜると、その分ぼやっとしてしまうので白は入れなかったり、白いカスミソウで量だけ底上げした昔の安っぽい花束を思い出すのでカスミソウは避けたり、気付くとうさみはあまり白い花を選んでいないようです(^_^;)。

でも一度、お祝いにお花を差し上げる時、このフラワーアーティストをお好きだからとクリスチャン・トルチュで白一色のアレンジメントを選んだことがあります。
凛として上品なアレンジメントが出来上がり、とても喜んでいただけました(*^_^*)。

白い花=弔事の花というイメージもあるので、どなたにでも贈れるものではありませんが、白い花だけというのも素敵なものです。

|

« 桜色のペルメル | トップページ | このDVDを見ました~「バンク・ジョブ」 »

コメント

観葉植物の姫リンゴのお花も綺麗ですよ。
横浜名物の浜梨の花も真白・・・桜が去った後を賑わしております。
すかっとして、白い花もいいものですね。

投稿: ぷりちゃん | 2009年4月13日 (月) 21時54分

>ぷりちゃんさん
姫リンゴも可愛らしくていいですね~、実も楽しめますものね~。
白い花の魅力は、他の色とはひとあじ違う気がします(^O^)。

投稿: うさみ | 2009年4月14日 (火) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/44659948

この記事へのトラックバック一覧です: 白い花:

« 桜色のペルメル | トップページ | このDVDを見ました~「バンク・ジョブ」 »