« この映画を観ました~「名探偵コナン 漆黒の追跡者」  | トップページ | 出版社の倒産 »

2009年4月26日 (日)

方言の響き

先週、妹すまっぺが花の季節の東北を旅行して来ました。
(愛犬はうさみとお留守番でした(^O^)。
20090426_p1010279
うさみ一家は昔、青森に住んでいたことがありまして、すまっぺは十何年かぶりに青森を訪れ、津軽弁の響きに触れたと喜んでいました。
観光協会でもらって来た津軽弁の対訳パンフレットを見せてもらい、うさみも彼の調べを懐かしく思い出しました。Hirosaki

→ すまっぺから届いた写メール(#^.^#)

子供の頃はあまり思いませんでしたが、大人になると、地方の言葉が持つ独自性や温かみのようなものが、じんわり味わえるようになってきます(#^.^#)。
津軽弁は他の方言に比べて難解だと言われているそうですが、友達と話す分には「何言ってるか全然分からない!」というようなことはありませんでした。東京モンのこちらにあわせてくれていた所もあると思いますが(^_^;)。

パンフレットにのっていた津軽弁で、共通語に”翻訳”しても、ちょっとニュアンスが違うかなあと思う言葉もあります。
たぶんどこの方言でも、言葉とそこの土地の風土や慣習はつながっていて、それを知らないと、意味はわかっても、その言葉を発した人が抱いていたイメージは伝わらないのかなと思います。

いい例が「あずましい」でしょうか。
「気持ち良い」という意味なのですが、凍える雪道を歩いて来て、暖かいお部屋に入って湯気のたつココアを口にした時、という状況が浮かぶような言葉ですね(≧∇≦)。
はんかくさい=馬鹿らしい、かちゃくちゃねえ=いらいらする、まいね=ダメ、なども、独特の味があると思います。

同じ言葉が違う使われ方をしていて驚いたのが、「投げる」です。
「ゴミを投げる」のは「ゴミを捨てる」っていう意味なのでした、北海道でもそう言うそうです。京都だと「ほかす」って言うんですよね?

あと、「手袋を履く」というのも、最初聞いた時、えっ?履くのは靴でしょ?とすごく違和感がありました(^^ゞ。そのうち、靴と同じくらい冬の必需品だから、しっかり身に付けるという感じで「履く」でもいいのかなと思うようになりましたが、やっぱり自分で言う時は手袋は「はめる」か「する」か「つける」でした。

20090413_p1010166うさみの生まれ故郷、新潟にも新潟弁がありますが、幼少時に土地を離れているので、あまり新潟弁に触れていません。

それでもひとつだけ強烈に印象に残っているのが、「のめし(こき)」という言葉(^O^)。

なまけもの」「手抜き」、という意味で、うさみはよく祖母や父に言われていました(-_-;)。面倒くさくて足で襖を閉めちゃった時とか、寝転がって漫画を読みつつスナック菓子を食べていた時とか。

いい意味で使われる言葉ではないのですが、だらっと気の抜けた感じが好きで、このブログタイトルも「のめしうさみ」にしようかと思ったくらいです(;´▽`A``。
新潟県人にしか意味が通じないとよくないと「のほほんうさみ」に決めましたが、「のほほん」なのと同じくらい、「のめし」なうさみなのでした(^◇^)。

|

« この映画を観ました~「名探偵コナン 漆黒の追跡者」  | トップページ | 出版社の倒産 »

コメント

「のめし」うさみさんなんて、とんでもございません。いつも楽しくブログを読ませていただいています。毎日こつこつと続けられていて、私にはまねできないと、こころから尊敬しております。

投稿: アラベスク | 2009年4月27日 (月) 21時49分

首都圏育ちの私は、歳を重ねるたび帰る故里がある友達がうらやましくなりました。言葉を食べ物もその土地特有のものがあるって素敵ですよね。“のめし”ってなんだか美味しそうな響き??に感じてしまいました。フフ

投稿: ラル | 2009年4月27日 (月) 22時17分

のめし、懐かしいです!確かにだらっと気の抜けた感じをよく表わしていますよね~。でも、やはりマイナスイメージが強いでしょうか・・のめし屋の私としては少々グサっとくる言葉でもあります(汗)
地方でも方言は使われなくなりつつあります。姉は地元に嫁いだわけですがお舅さんの言葉が幾つか分からなかったと言ってました。時代の流れですが寂しい気もしますね。
でも生活に馴染んでいたり他にニュアンスを上手く伝える言葉が見つからない方言はまだまだ健在。私は殆ど標準語で話しているつもりが、実は方言だったなんてこともありますねぇ。主人も新潟なのでたまに話題になりますよ^^

投稿: ofuu | 2009年4月28日 (火) 21時50分

>アラベスクさん
いや~、ずぼらなところはとことんずぼらになれるのですよ、ワタクシ。それはもう恐ろしいくらい(^^ゞ。オフィスの机はピシっと整頓するけど、家はぐちゃぐちゃとか・・・

>ラルさん
ふるさとに感じる郷愁は、年を取るほど特別なものになっていくのかもしれませんね。
のめし、の語源は何なのでしょうね?「飯」と関係があるのか、ないのか、わかりません。

>ofuuさん
ofuuさんはご存知だと思っていました。そう、私はのめしなんですよー、それはもう子供の頃から(^O^)。
今はテレビにネットで、情報が全国均一になっているのはいいことでもあり、地方色が消えてしまうのは寂しいことでもありますね。
「飴がなく」(べとべとになっちゃう)って使われますか?母が言うんですけど、これって新潟弁ですよね??

投稿: うさみ | 2009年4月28日 (火) 22時01分

有難うございます。懐かしい言葉の話が出来て楽しいです♪
「飴がなく」、言ってましたね~!(最近新潟に帰っても聞きません。自分も使ってないのは飴を取り出すとき身近に人がいないからでしょうか^^;)
関東では聞かないから多分新潟弁ですよね。指摘されないと自覚してない言葉が多いです~(笑)

投稿: ofuu | 2009年4月29日 (水) 18時24分

>ofuuさん
やっぱり「飴がなく」って言いますか~(^O^)。あのべとべと状態をよく表した言葉ですよね。

投稿: うさみ | 2009年4月29日 (水) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/44811596

この記事へのトラックバック一覧です: 方言の響き:

« この映画を観ました~「名探偵コナン 漆黒の追跡者」  | トップページ | 出版社の倒産 »