« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

白い冷蔵庫

皆様のお家に、「白い冷蔵庫」はありますか(*^。^*)?



先日、「冷蔵庫の日」(毎年夏至の日だそうです。)を前に、「あなたのご自宅で白い冷蔵庫を使っていますか?」というアンケートクイズがありました。
かつて冷蔵庫は「白物家電」の代表格でしたが、最近はインテリアや好みに合わせられるよう、さまざまな色の冷蔵庫が店頭に並んでいます。では、どのくらいのご家庭で今でも白い冷蔵庫をお使いなんだろう、というアンケートを取り、白冷蔵庫保有率を当てるクイズでした。

カラーをちょっとは勉強した者として、このクイズは当てたいです(;´▽`A``!
昔よりカラフルな冷蔵庫が増えて来たとは言っても、清潔感とかヒンヤリ感を求めて白を選ぶ方はいらっしゃるんじゃないかな、そして冷蔵庫の耐用年数は、テレビなんかに比べると長い、昭和に買った冷蔵庫ちゃんだってまだまだ現役で働いていそう・・・等々考えて、25%以上50%以下、という答えを選択しました。

集計結果は、総数10,098のうち、4,905票が「はい」、48.5%でした。
やった~!うさみ正解です!嬉しい~\(^o^)/。
(ちなみに、うさみ家の冷蔵庫は、ライトグリーンです。もらい物で、かなりの年代物・・・電力消費量を考えたらエコ替えの時期かもしれませんが、何の問題もなく動いていますので・・・(^^ゞ

生活家電を「白物家電」とも呼ぶのを、カラーを勉強するようになって初めて知りました(^_^;)。

「三種の神器」のひとつが冷蔵庫だった時代は、冷蔵庫も洗濯機も白かったんですね。
昭和のうさみ家にあった冷蔵庫も炊飯器も洗濯機も、白でした。うさみが持っていた、ままごとの木製のちいさな冷蔵庫も、白く塗ってありましたっけ(#^.^#)。



何色の物が出ようと「白物家電」と呼び続けるのは、よほどイメージが定着したのでしょうね。
テレビやステレオを表した「茶物家電」(ブラウングッズ)はもう使われていませんよね?
茶色いテレビというと、昔小学校にあった、木のケースに入っていて扉をあける式だったやつを思い出します・・・今ではそんなテレビ、見た事も聞いた事もない人の方が多いでしょうか( ̄▽ ̄)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

新しい本屋

うさみが週1回は必ず寄ってお買物していた、通勤途中駅の駅ビルに入っていた大型書店が、5月の連休明けで閉店してしまいました(>_<)。
20090608_p1010831
→ これはお手製ブックカバー新書版サイズ(#^.^#)。

ビル全体が順繰りに改装中で、綺麗になって新装開店するお店もあれば、そのまま閉店してしまうお店もあったのですが、まさか本屋さんが無くなるとはショック~o(;△;)o。
いつ行ってもお客さんはいっぱいで、レジにも行列が出来ていましたのに、どうしてどうして?

しばらくして、今までと違う書店チェーンオープンの貼り紙が出現しました。
それも今まで本屋さんが入っていた洋服雑貨フロアではなく、全面改装クローズ中のレストランフロアに出来るのだそうです。
レストランフロアに書店・・・?食べ物の匂いが本に付きそうですけど・・・天ぷらのゴマ油の匂いとか、パスタのニンニク臭とかが・・・。今までの本屋さんの後釜に座れば、そのまま書棚とか使えそうなのに・・・。

先週、レストランフロアがグランドオープン!
仕事帰りに見物に行ってみて、本屋さんがレストランフロアに移った訳がわかりました。

レストランフロアだけ、閉店時間が22時と、他のフロアより1時間半から2時間遅いのです。新しく入った書店は、都内どこのお店も夜遅くまで営業しているチェーンです。
遅くまで開けておける場所=レストランフロア、だったのですね。

本屋さんのコーナーと、レストラン街の間には特に仕切りはないので、匂いはどうだろうと鼻をひくひくさせてみました(^^ゞ。
どこのお店の前にも開店祝いのお花がたくさん飾られていて、その中の白百合の香りが他の全てを打ち消すほど強く、食べ物の匂いも感じませんでした。
グランドオープンを機に、フロア全体が禁煙になったので(嬉しいです~!今までのレストランはどこも禁煙席はあっても、しっかり分煙されていませんでした。)、より花の香りを感じやすいのかもしれません。
20090524_p1010709開店花が撤去された頃、またチェックしてみたいと思います(^^ゞ。

これから頻繁に通うことになるであろう本屋さんですから、店内がどういう配置になっているのか、どんな傾向の本が並んでいるのか、ざっと回ってみました。
前の店より面積は狭いように思いましたが、前の店は、壁際以外の書棚は低めで全体の見通しが良かったのを、新しい店は背の高い書棚で、各コーナーが遮断されているのでそう感じただけかもしれません。

新し物好きのお客さんがレジに大行列を作っていましたが、オープン記念でも本のお値段は同じですし、本が全て新しいということでもないので、うさみは何も買わずに帰って来ました(* ̄ー ̄*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

世界遺産抹消

30日閉幕の予定で開かれている世界遺産委員会で、ドレスデン・エルベ渓谷(ドイツ)が世界遺産から抹消されたことが大きなニュースになっていました。



抹消の理由は、建築予定のエルベ川にかかる橋が、景観を損ねるから。

エルベ川沿いの20キロほどの渓谷地帯が世界遺産(文化遺産)に登録されたのが2004年、橋の建築計画が持ち上がって、危機遺産リストにのせられたのが2006年、そして2009年の今年、抹消されました。
景観が損なわれるという理由で抹消された初めてのケースだそうです。

橋はドレスデン市内のひどい交通渋滞を解消するためのもので、世界遺産を賭してでも橋を建築するかどうかは住民投票で決定されました。川の上でなく地中を通す案も検討されましたが、かかる予算が段違いで採用されなかったそうです。
ニュースでインタビューされていた地元住民は、「世界遺産じゃなくなっても、観光客は来てくれる。」「渋滞緩和の方が重要。」と答えていました。

このニュースを見た時、ドイツ人は名より実を取るんだなあ、これが日本だったらこうはならなかったのではないかなあ、と思いました(^^ゞ。

第2次世界大戦の爆撃で破壊されたドレスデン市街地の復20090606_p1010807興にかけた努力と熱意を見れば、彼の街の人々が歴史と文化をどれほど大切にしているか想像がつきます。
それでも人が生きていくために必要なインフラは作るべき、世界遺産のために不便を我慢する必要はない、という考えなのでしょうか。それとも橋のひとつやふたつでは、今まで築き上げた街の美しさや底力は損なわれないという自信でしょうか。

歴史的遺産をすべて昔のまま保存する事が、いつでも正しい選択肢だとは限らないのかもしれない、景観を守る事と今を生きる住民の快適な生活の秤がつりあう所はそれぞれ違っていいのかも、と考えさせられるニュースでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

千秋楽

歌舞伎座6月興行、「歌舞伎座さよなら公演 六月大歌舞伎」の千秋楽を見て来ました(^O^)。20090627_p1010935

歌舞伎はカーテンコールをやらないので、楽日だから特別な挨拶が聞けるというのは普通無いのですが、今月は襲名披露で口上のご挨拶があります。
口上は少しアドリブも入るので、それを楽しみに楽日の切符を取ってみました。

襲名披露の口上、舞台に袴裃をつけた役者さんが並んで、「とざい、と~ざ~い」という掛け声で始まるシーンを、テレビなどでご覧になったことがあるでしょうか。華やかでにぎにぎしいお祝いの風情に、そこのお家の贔屓筋でなくても、気持ちが高揚します。

さて、今月の襲名は、うさみの大のご贔屓、松本幸四郎さんのお孫さんで、市川染五郎さん(うさみの中では、いくつになっても”染ちゃん”です)のご長男が、四代目松本金太郎という名前を継ぐご披露です。今まで本名で出ていたのが、染ちゃんも昔名乗っていた芸名20090627_p1010949 をもらって初舞台を踏むのです。

歌舞伎役者さんは、出世魚のように、年を取って芸があがるごとに大きな名跡を継いで行きます。同世代の役者さんには自分の人生を重ね、若い役者さんは親戚の子供のように暖かく時に厳しい目で見守っていくのは、歌舞伎の大きな楽しみだと思います(*^。^*)。

幸四郎さんのお父様、白鴎丈(前代幸四郎)のお芝居は、残念ながらナマで見る機会はありませんでしたが、高麗屋三代が揃い並ぶ舞台を見る事が出来るのは、ファン冥利につきます。

続きを読む "千秋楽"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

お姫様の箱

先日何ヶ月かぶりに(^^ゞ、このブログのアクセス解析ページを見てみましたら、検索キーワードのトップが何と、「カルトナージュ」になっていましたw(゚o゚)w!

ハンドメイドブログですらないですし、カルトナージュ作成にあたっての有益な情報もなくて、このキーワードで訪れた方はきっとガッカリされたんだろうなあと思い、申し訳ない気持ちになりました(^_^;)。

最近カルトナージュ人気が上昇しているのですね、その割には教えてくれる先生も本も多くはないので、ネットが頼りになるのでしょうか。
うさみがレッスンで一緒になった方は、本を見て一人でやってみたけれどわからないので教えてもらいに来た、とおっしゃっていました。

うさみがカルトナージュに興味を持ったのは、布の色あわせ・柄あわせが自分で考えて楽しめる、というところ20090628_p1010956でした。この道を究めて先生になろうというまでの気概はないので(^^ゞ、オイシイとこ取りのテキトーカルトナージュです(^_^;)。
とにかくカッターの扱いが苦手で、自ら厚紙をカットしていたら、真っ直ぐ綺麗にカット出来ずにイライラしてしまうと思います(@_@;)。教室では先生がカットしておいてくださったカルトン(厚紙)を使い、自分で作ってみる時はカット済の厚紙がセットになったキットを求めています。

これは最近、ホビーラホビーレさんのキット(スクエアボックス)を使って作りました(^O^)。

続きを読む "お姫様の箱"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

水無月

会社の近くにある神社で、千日参りの日にほおずき市が開かれ茅の輪くぐりが出来ると聞き、昼休みに行ってみようと思っていたのに、当日ザンザン降りで諦めました(@_@;)。

茅の輪をくぐって半年間の罪穢れを祓う行事・夏越の祓は、来週です(本来は陰暦6月末日なので違うのですが、今はどこも新暦の6月末日にやっているようです)。

茅の輪くぐり=夏越の祓えに用いる。チガヤまたはわらで作った大きな輪。くぐると疫病をまぬがれるとされる。@大辞典 
 以前、茅の輪くぐりについて書いた記事がこちらこちらです。

茅の輪くぐりが出来る神社が近くにないかな、と調べていて、途中から興味が他方向に曲がってしまいました(^^ゞ。20090606_p1010808

夏越の祓に食べる和菓子、「水無月」の方へ・・・(*^。^*)。

ういろうの生地に小豆を並べた三角形のお菓子なのだそうですが、食べたことはおろか見たこともありません。
もともと京都で食されていたのを最近では東京でも売られるようになったらしいです。

食べてみたい・・・(^o^)!どこでなら売っているかしら!?
うさみの地元には、お団子屋さんはありますが、季節感あふれる生菓子を置いているようなお上品なお店はありません(^_^;)。
東京では「お団子屋さん」「和菓子屋さん」とあまりこだわらずに呼んでいますが、京都だと「お餅屋さん」「お饅屋さん」「お菓子屋さん」と、扱っている物で区別して呼ぶそうですね。

続きを読む "水無月"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

肝油ドロップ

肝油ドロップが第2類医薬品指定で通信販売出来なくなり、教育機関用の品はビタミン配合量を減らして栄養機能食品にすることになった、という話をネットで読みました。

カワイの肝油ドロップ、懐かしい~( ̄▽ ̄)。まだ今もあったのですね~(#^.^#)。



うさみのおぼろげ&あやふやな記憶によりますと、小学校1年生の頃、学校の給食と一緒に毎日一粒か二粒飲まされていました。こどもはこれを飲まなきゃ病気になる、みたいな言われ方をしていたような気がします。
メーカーの河合製薬さんのHPを見たら、本社所在地がうさみの通っていた小学校に近いので、その関係で回って来たのでしょうか?それとも日本全国、当時の小学生は肝油ドロップを食べさせられていたんでしょうか。

お砂糖はついていたものの、ぶにゅっとして噛み応えが中途半端で美味しいと思えず、うさみは早くこれから解放される「大きいお姉さん」になりたかったです。
”カンユ”の”カン”が何かわからず、ユ=油、だけわかっていたので、固めてあるけど実体はあぶらなんだ~(@_@;)と思っていました。

明治時代の発売当初はお魚の肝臓の油が原料で、その魚臭さをゼリー状にしてお砂糖をまぶすことで消していたのを、その後、精製したビタミンを材料に変えたそうですが、うさみが食べていたのはどちらの時代だったのでしょう?

当時まだ給食で出されていて、すごーく嫌いなメニューだったを連想させられるのも、有難くないつながりでした(鯨が不味かったのではなくて、調理20090524_p1010704があまり上手くなかったんだと思います。固いだけの竜田揚げでした・・・。そして当時、給食は残さず食べる決まりだったのも不運でした・・・(ρ_;)。ちなみに小学校の給食では、かぼちゃの煮付けもいつも固くてイマイチでした・・・。)

食感が似ているグミが好きになれないのは、肝油ドロップがトラウマになっているのかもしれません(^^ゞ。でもうさみが大病もせず成長したのは、肝油ドロップのおかげもある、のかな(^O^)?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

バリ猫

先日、雑貨屋さんでバリ猫を買いました(#^.^#)。P1010924

会社のPCスクリーンの角に座っています。
( → これは机の角に座らせてみています)
それまで座っていた白黒のバリ猫が、物が当たった拍子にどこかへ落ちて紛失してしまいました(@_@;)。床にはいつくばって探したのですが見つからず、狭い隙間に入り込んでしまったようです。

大掃除の時にでもひょっこり出て来るかもしれませんが、取り合えずPCにバリ猫がいないと寂しいので、代わりを調達して来ました。

ちょこんと椅子に腰掛けるポーズが、ちょうどPCや棚のへりに座らせるのにいいんですよね(お座りさせるのにちょうどいいソファやベンチも作られています)。



ひとつひとつアカシアの木を手彫り、ハンドペイントしているので、お顔の表情や模様の出具合が結構違っていて、選びがいがあります。ペイントの塗りむらや、ちょっといびつな形のもあったりして、きっちり同じ大きさ・形にしようと思って作っていないんだなあと、微笑ましいです。



うさみの初代バリ猫は、釣竿を手にした黒い猫でした。
竿にお魚がかかっているのに、のほほ~んと腰掛けて笑っている猫、なごみました~。
それがいつの間にか、釣竿を失くしてしまい、何かを持っているポーズなのに何も持っていない、お間抜けちゃんになってしまいました(@_@;)。

2代目のつい先日失くした猫は、ごく普通のお座りポーズでした。
P1010920 どちらも黒い猫なのは、本物に近い色がいいと思ったのでしょう。

3代目は一番小さいサイズで、お花模様がついたシリーズから、好みの色を選んでみました。寛ぎのライトグリーンです。

実は家のPC机にも、バリ猫が鎮座しています(^O^)。
黄色い親猫がオレンジ色の子猫を膝の間に抱いている、派手で大きめのペア猫です。これは、お友達のバリ土産でいただきました(*^_^*)。

バリ島の木彫り雑貨は、猫を一番あちこちで見かけますが、他の動物もありますね。
でも、やっぱり猫が一番可愛らしく出来ているかな。カエルも愛嬌があります。は何故かあまり可愛くありません。
現地の方に馴染みと愛着が深い動物ほど、可愛らしく出来上がるのかなあと思ったりします(^^ゞ。




うさみの会社デスクには、和猫もいます(^O^)。
三毛の招き猫、右手を高く上げたガッツポーズをしています。大きさは3代目バリ猫と同じP1010928くらい(身長約3センチ)です。
こちらは和むというより、ちょっとパワーをもらえる感じですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

健やかな眠り

オリジンズから5月に発売された「健やかな眠り」のためのシリーズ、「アンドルー・ワイル フォー オリジンズ ナイト ヘルス」を買って来ました~(#^.^#)。

20090622_p1010910発売前からこれはいい!と思っていたのですが、なかなか見に行く機会が無くて、遅くなりました。

健やかな眠り、良質の眠りを得るための化粧品、というコンセプトは面白いですよね。
睡眠の専門学者のアドバイスで作られたそうです。

年齢が上がるにつれて、睡眠の大切さが身に染みてきたうさみです(^_^;)。
昔から、寝ないとダメで、徹夜で勉強も遊びも出来ないたちでしたが、ここ2・3年は睡眠時間が少ないと翌日テキメンに疲れが襲ってくるようになりました(@_@;)。

早く就寝するよう心がけてはいますが、何だかんだ用事があって遅くなってしまうこともあります。必要なだけの睡眠時間が取れないならば、せめて睡眠の質をあげてグッスリ眠りたいものだと思い、心地よく眠れる環境(寝具や寝巻きなど)を整えてみたりしています。
「ナイト ヘルス」シリーズも、その一助になってくれるかもしれません。

発売になっているのは、お風呂に入れるバスオイル、眠りのツボをマッサージするバーム、体や寝具にかけるスプレイ、お顔をマッサージするフェイスクリームの4種です。20090622_p1010913

カウンターで全部お試しさせてもらい、一番香り(カモミールラベンダーマンダリンのエッセンシャルオイル配合)が立っていたバームとスプレイを買うことにしました(*^_^*)。

週末ですが雨でお客さんが少なかったので、BAさんがジャックノバー(マッサージャー)で肩から背中・上腕部をマッサージしてくれました。
これ、家にもあるのですが、やっぱりひとにやってもらった方が気持ちがいいですね~(* ̄ー ̄*)。

昨晩、早速寝る前にマッサージ&スプレイしてみました。
気のせいかもしれませんが、眠りが深かったような気がします(^O^)。
夜中に愛犬の不審な行動で一度起こされたのですが、すぐまた眠りに入れましたし(#^.^#)、まあ気は心、程度に効いてくれればいいな~と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

このDVDを見ました~「ハッピーフライト」

週末のお楽しみに、梅雨空を吹き飛ばしてスカっと明るくなれそうな映画のDVDを選んでみました(^O^)。

ハッピーフライト」。
(本物のフライトチケット並みに、DVDもスタンダード、ビジネス、ファーストと3段階存在します(^^ゞ。特典映像が豪華になるらしいです。うさみが見たのはレンタルなので、スタンダードクラスでした。)



はいっ、楽しませていただきました。
ドジな新人CAちゃんの成長物語だったらあまり興味はありませんでしたが、飛行機を安全かつスケジュール通りに運行するためにどれだけの人が空港で働いているか、というお話なのです。
こういうお仕事モノで、ひとつの目的のために多くの人が協力して頑張る話、大好きです!

ANAの全面協力を得て製作、本物の飛行機、飛行場でロケしたそうです。制服も本物を貸してもらっているんだそうです(^O^)。


~以下、ちょっぴりネタバレありです。~

続きを読む "このDVDを見ました~「ハッピーフライト」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

お役目

今月から、うさみは住んでいるマンションの管理組合の理事をやることになりました( ̄Д ̄;;。

全戸をいくつかに分けた各ブロックから、持ち回りで2年任期の役員を出すことになっているのですが、今までは引き受けて下さる方がいて、何とか逃れて来ました。
でも今回は、他のお宅がいろいろ事情がおありでお断り出来る状況になく、取り合えずやってみるか~、ダメだったらまたその時考えればいいし、ということにしました。20090531_p1010755

今日、初めての定例理事会があり、引継ぎと顔合わせ、所属部決めをして来ました。

総務広報部会計部環境部施設部の中から、どの部に所属したいか考えて来て下さいと言われており、とっつきやすそうなのは、総務広報か会計だな~と思っていました。

今年から新しく、防災部というのも作らなくてはいけなくなり、理事の数が変わらないので分担が厳しくなってしまったようです。
防災管理者の話を先週ちょうどニュースで見ました・・・会社やデパートなど人がたくさん集まるところでは災害が起きた時の避難について計画をたてて訓練を統括する責任者を決めないといけなくなったんですよね。

去年から引き続きの理事さんは特別な事情がない限り同じ部に残り、中から部長さんを選びます。
今年から入る理事は、各部の定員本人の希望を調整して所属を決めるのだそうです。会社だと新人がどこに配属されるかは、希望は出せても会社の言うがままなので、自分で好きな所を選べるのってちょっと新鮮~、あ、でも小中学校で委員を決める時みたいなものかしら、生き物係に給食係、やりたい人は手を挙げて~、という感じ(^^ゞ。

総務広報部は、理事会の議事録や資料を作るのが主な仕事と聞いていましたので、それなら本業で会議の議事録なんか作ってるし、やれそう~と思っていました。でも、その場でメモを取って議事録を作るのではなく、会議の模様を全部録音して、後からテープ起こしをして文書にすると知って、面倒くさがりのうさみには向かないわ、と、会計部に希望を出20090614_p1010891 しました。

会計部の詳細な資料作りは、専門にやってくれる外部の方を雇っているので、それほど大変なお仕事はないらしいですが、何故かあまり人気は無く、無事、会計部所属に決まりました(^O^)。

どれほど出来るものかわかりませんが、仕事以外に自分の世界・居場所を広げられたら、という意図もあり、他の理事さんに迷惑をかけないようやりたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

ストップ不満愚痴

会社で上司の所へ書類を持って来た他部署の人が、しばらく上司と話し込んだ帰り際、「あ~、また愚痴っちゃった。なかなか続けられないな~(u_u。)。」とブレスレットを左手から右手に付け替えていました。

愚痴とブレスレットに何か関係が・・・??

「アメリカの牧師さんが書いた『もう、不満は言わない』っていう本を知らない?不満を言うのをやめると、人生が変わるっていうんだけど。」



うさみも上司も知りませんでした(^_^;)。

「まずは自分が不満とかグチを言っていることに気付くようにするの。そして言わないように心がけるんだけど、やっぱり言っちゃった時は、ブレスレットをはめ替えたり、身近な物の場所を置き換えたりする。段々不満が減って来て、21日間ブレスレットが同じほうの手にあったら、自分の考え方や生活がかなり変わってるんだそうよ。」

うさみは自己啓発本の類はあまり読みません(・_・;)。
たいていごく真っ当な理論が書いてあって、そりゃあその通り出来ればいいだろうけど、それをどうやったら実現出来るか、継続出来るかが問題なんだよね、となってしまう事が多いので(^^ゞ。
それよりは、自分の道を貫いて成功した人の体験談を読むのが好きです。(最近では「奇跡のリンゴ」の木村さんが半生を綴った「リンゴが教えてくれたこと」が面白かったです。)



「もう、不満は言わない」も読んだ事はありませんが、話を聞いて、うさみが常々心がけているものと共通するところがあるなあと思いました。

言ってもどうにもならない事は言わない、変える事が出来るなら何か行動を起こせばいい、変えられない事・行動を起こしたくない状況については考えない、人に愚痴らない、というのが勤め人うさみの処世訓その一です。20090614_p1010890
でもまだまだ人間が出来ていないので、負の螺旋にはまって、言わない方が良い事を言ってしまったり、独り言グチが出たりしちゃいます(@_@;)。

そういう時は、「また言うても詮の無い事を言うてしもうた( ̄Д ̄;;。」と自戒します。
「しょうがない」より、「詮の無い」っていう昔っぽいフレーズが好きです。

「もう、不満は言わない」の本を買って出版社に申し込むと、著者の神父さんが配ったのと同じブレスレットがもらえるそうですが、一時期はやったホワイトバンドのヴァージョンという感じですね。
不満はいかんよ~と注意を促すためにわざと派手な紫色にしたのか、それを目にする事で心を落ち着けたり、前向きになれたり、という効果を期待してなのか、面白い選択だと思いました。

会社の人がつけていたのは、このブレスレットではなく、普通のアクセサリーブレスでした(^O^)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

世界最高の仕事

世界最高の仕事」との呼び声で募集していた、グレートバリアリーフ(オーストラリア)にある離島の管理人職に、世界から3万人以上が応募し、日本人女性を含む最終候補者16人の中から、イギリス人男性が選ばれたというニュースが流れたのは先月でした。



今週、その男性が、来月から始まるお仕事を前にして、不安をもらしているという報道がありました。

ニュース元がゴシップ満載の大衆紙なのでどの程度信頼できるかはわかりませんが、夜暗くなるのが早いのや、故郷の料理が食べられなくなるのが不満なのだそうです( ̄Д ̄;;。

珊瑚礁の島で豪邸に住んで、まわりの自然を満喫し、その様子をブログにアップするという半年間のお仕事の報酬が、約一千万円( Д) ゚ ゚!
タダでもやりたいという人はたくさんいるのではないかと思います(うさみはアウトドアが苦手なので、謹んでご辞退しますけれど(^_^;)。

当選した男性は、アフリカでツアーガイドの経験があるということでしたし、ガールフレンドも連れて行っていいという話だったので、いいこと尽くめで心配なしかと思いましたが、いざ現実に始まるとなったら、いろいろ不安材料が出てきたのかもしれませんね。

イギリスの一番気持ちよい夏の季節を逃して、冬のオーストラリアに行くのをためらうのはわかりますが、お料理はオーストラリアの方が美味しいんじゃないかなあ(^^ゞ。食べ慣れた物が一番美味しく感じられるってことなのでしょう。

世知辛いうさみは、クイーンズランド州は、こんなにギャラを払ってあまり得が無いんじゃないかなあと思いましたが、管理人募集のニュースが全世界で大きく取り上げられて、宣20090514_p1010572 伝効果で十分モトが取れたらしいです。

(この話題とは関係ありませんが、クイーンズランド州観光局サイト色彩の数だけ物語がある。総天然色、クイーンズランド」は、とーっても美しいです!カラーパレットをクリックすると、その色をまとった景色の画像が出て来ます。海も森も砂も空も、こんなに自然は色を持っているのね~と感動します。)

世界最高の仕事・・・何を最高と思うかは人によって違うのでしょう。
お金がたくさんもらえて出来るだけ楽なお仕事がいい、というのはほとんどの人が同意するかと思いますが(;´Д`A ```。

うさみでしたら、晴れの日は花のお庭をわんこと散歩して、20090618_p1010903夜や雨の日に本を読んで、わんこをグルーミングして、ちょこっと手芸でもする・・・そんなお仕事がいいですねえ・・・って、これだと何の仕事にもなっていませんね(^_^;)。

えーと、お花を活けるのと、書架の整理・分類をやります!
わんこマッサージとシャンプーは、我が家の愛犬には評判がいいのですが、他のわんこにも通用するかな(^O^)?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

棲み分け

居場所を棲み分けることについて考えさせられる話題を続けて2件見ました。

まずは、西武鉄道の株主総会で「男性専用車両」設置が株主提案されるというニュース
痴漢の冤罪を防ぐためだそうです。

うさみは毎朝通勤に女性専用車両を使っています。20090524_p1010699
女性でもマナーの悪い乗客もいるにはいますが、女同士で安心な部分は大きいですね・・・。女性専用車両の場所が、うさみの乗り換えに一番便利という理由もありますが(^^ゞ。

痴漢防止のために設けられた女性専用車両ですから、そういうことをしそうにない男性なら乗っていてもいいんじゃないかと思っているのですが、品行方正そうな方ほど、うっかり女性専用車に乗ってもすぐに気付いて車両を移って行かれます。
先日、若いサラリーマンふたりが乗って来て、品の無い大声でしゃべりまくり、車両中の女性から白い眼を向けられていましたが、ちっとも気付かないのか平気なのか、目的地まで女性専用車両に乗って行きました(^_^;)。

うさみが乗る路線では、女性専用車両は他の車両に比べると少し空いているので、同じ料金なのにちょこっと待遇に差が出てしまうのは、男性が気の毒かなと常々思っています。
温泉旅館のお風呂のように、今日は女性専用、明日は男性専用、にしたらどうでしょう( ̄▽ ̄)。運用が面倒過ぎて無理かしら。

続きを読む "棲み分け"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月16日 (火)

カラーバリエーション=?

うさみのお気に入りCMの座を、白戸家(犬のお父さん)シリーズから奪いそうなのが、ダイハツムーヴカクカクシカジカです(^O^)。

眼鏡をかけた皮肉屋の鹿のアニメCMシリーズ(声の出演は「ごくせん」の教頭先生)は、今まで見たことはあってもさほど記憶に留まってはいなかったのですが、春の「魅惑の9色」篇にやられました(;´▽`A``。

カラーバリエーション
「と言えば聞こえはいいですが・・・」
色仕掛けですよね?」

うまい!座布団5枚ヽ(*≧ε≦*)φ!!

そう、人の興味をひいて購買力をあおる色揃えを考えるのがカラーバリエーション、確かに「」で「仕掛け」ているんですよね(#^.^#)。

一応念のため、「色仕掛け」の本来の意味は、「ある目的を達成するために、色情を利用して異性をだましたり、誘惑したりすること。」(@大辞典)です、テレビドラマの水戸黄門でお銀が悪代官にやっているやつですね。

「カラーバリエーション」の方は「衣服・生活道具などの商品において、基本となる色彩および配色に対して、その感性・雰囲気を重視しながら施された違う配色。」とのっていましたが、ちょっとわかりにくいでしょうか。

最近は「カラバリ」という言葉があちこちに登場するようになりましたので、きちんとした意味を知らなくても、みんな何となく使っているのでしょう。
ポイントは「商品」(売るための品物)と、「基本となる色彩」に「違う配色」かな。
多色が揃うことでより魅力的に見えて、消費者が手に取りたくなる品物をめざしたデザインなんですね。20090613_p1010856

だから、たくさんの色がある状態を表すのでも、わんこの毛色については、カラーバリエーション、とは言わないと思うのですが、そういう風に使われていることもあり、何となくモヤっとしてしまいます(*_*;。

ところで、カラバリで仕掛けたこのムーヴコンテは売れたのでしょうか?
免許も持っていない素人の意見ですが、せっかく9色もあるのに、パッと見て、わあ、こんなにたくさん色がある!って感じがしなかったんですが(^^ゞ・・・でも特徴的な四角い形に合う色を選んだら、こうなったのかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

沖縄

週末、地元ショッピングモールのイベントコーナーで、沖縄フェアをやっていました(^O^)。

かりゆしウエアに紅型といったお値段の張る商品コーナーはあまり人がいませんでしたが、食品は大人気でした。ゴーヤにアロエ、島豆腐、海ぶどう、沖縄そば、オリオンビール・・・夏には沖縄フードが似合いますね~。

一番人気は、その場で揚げてくれる「サーターアンダーギー」のブースでした(#^.^#)。
沖縄の言葉で、サーター=お砂糖、アンダ=油、アギー=揚げ、という意味のいわば沖縄風ドーナツ



前におみやげでいただいたのはもちもちサクっと美味しかったですが、揚げたてはもっと美味しいんでしょうね~。
でも、お客さんが10人以上並んで待っています・・・(@_@;)。
よそを見て来る間に空いていたら買おう、と他の用を先に済ませて戻って来ても、やっぱり同じくらい並んでいます。並ばないと買えないなら、いいや、と根性なしは諦めました。

お隣で売っているサーターアンダーギーミックス(卵を加えるだけでサーターアンダーギーが作れるミックス粉)で自ら作ろうとまでは思いませんし、またいつか機会があるでしょう(^^ゞ。



代わりに、ちんすこうと、沖縄バヤリースマンゴーシークワサージュースを買って帰りました。20090614_p1010897

帰って来てから、沖縄バヤリースは、アメリカ領だった時代の外資をひきついでいるので、「バヤリースオレンジ」が沖縄限定商品、本土で売っている物とは製法が違うというのを知り、そっちがあればそっちを買ってみたかった~と思いました。
マンゴーも果汁20%にしては本物っぽくて美味しかったです。

ちんすこうは沖縄のお土産定番ですね。現地の方はあまり召し上がらないそうですが、お土産のお菓子ってどこでもそういうものかも(^_^;)。
ぼそぼそした食感が独特ですね、普通味のが一番好きです。

続きを読む "沖縄"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

くんくん

梅雨の日曜日、午後から雨の予報が出ていましたので、午前中早めに愛犬とお散歩に出ました(^O^)。
20090614_p1010885
ちょうど普通のわんこたちのお散歩タイムとずれていたようで、いつもならわんこの見本市になっている公園に全く他のわんこがいませんでした。
他のわんことめったにお友達になれない愛犬おうじは、草むらを独り占め状態に喜んで走り回っていました。

そのうち、遠くの方で遊んでいた小学生低学年くらいの子供たちの輪から、女の子がひとりうさみたちに向かって走って来て、「・・・せんか?」と呼び掛けました。
最初何を言っているのか、聞き取れませんでした(^_^;)。

何回目かにようやく、「噛みませんか?」と言っているのがわかりました。

続いて「触ってもいいですか?20090614_p1010875

ああ、おうじに触ってみたくて、「この犬は噛みませんか?」って聞きたかったんですね(^^ゞ。

「噛まないよ(よっぽど嫌な事したら、保証の限りじゃないけど・・・( ̄Д ̄;;)。どうぞ。」

「可愛い(#^.^#)。」と触っていると、後ろから弟くんもやって来て、撫で撫で合戦です。

抱っこしてもいいですか?

おうじが嫌がっていたら断ったのですが、さほど拒絶ムードでもなかったので、抱っこさせてあげました。

機嫌の悪いわんこだったら怒ってガルガル吠えそうな抱き方(体が半分浮いて後ろ足が落ちている・・・(@_@;)で女の子がしばし抱っこしていました。
それから自分の番になった男の子は、「可愛い!」と胸に抱きかかえると同時に、鼻を近づけてくんくんおうじの匂いを嗅ぎましたΣ(・ω・ノ)ノ!。

新しい物・未知の物に出会った時、匂いを嗅いで存在を確かめるのは、人間の原始的で本能的な行為だと思いますが、おとなになるとあまりやりませんね(^^ゞ。
それに、いい匂いだとわかっている物(お花とか美味しいものとか)しか敢えて匂いを嗅ごうとしないでしょう・・・。
20090614_p1010887
実はわんこの肉球の匂いが好き、とか、わんこの耳の匂いが好き、というご趣味の持ち 主は結構いらっしゃるのですが、他人のわんこをなかなかクンクンやれませんよね。

こどもってスゴイなあと感じ入ったおばさんでした(*^_^*)。

ちなみに、おうじは小型犬の室内飼いなので、近寄っただけで感じるような強い匂いはしませんが、鼻を近付けて嗅げば体臭?はします。
赤ワインの香りを表現するのに「濡れた犬のような」と言うことがあるそうですが、何となくわかります(^O^)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

花型の箱

今月もカルトナージュレッスンに行って来ました(#^.^#)。
20090613_p1010858
今回は、ちょっと変わった形に挑戦です。
お花の形をしているフタ付きの箱です。
布は外側と内側で、茶と白の色違いを選びました。

ル・クルーゼのストーンウエア、「ラムカン フルール」を元にしたデザインなのだそうです(^◇^)。



5枚の花びら
で出来ている本体部分は、1枚ずつ長方形の厚紙を曲線に曲げて、つなげました。20090613_p1010859
うまくカーブが出来ないと底にくっつかないし、隣りの花びらともつながらず、苦労しましたが、なんとか見られる形になりました~o(*^▽^*)o。

フタと本体もあまりズレなく仕上がりました。

こういう変わった形は、物を入れる、収納するという点からは、あまり使い勝手のいいものではありませんが、作るのは変化があって楽しかったです。

20090613_p1010861さて、何を入れましょう(*^。^*)?
ティーセットのシュガーポットを連想する形ですから、甘いものでも入れましょうか。

試しに入れて撮影してみたのは、フェルト製のチョコマカロン(うさみ製)でした、食べられませ~ん(^^ゞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

新刊本

村上春樹さんの7年ぶりの新刊「1Q84」(読み方は、いちきゅうはちよん、だそうです)が大人気で、品切れになっている本屋さんも多く、入荷した先から売れていっているそうですね(^◇^)。
最近の超ベストセラー本、ハリポタを抜こうという勢いらしいです。



うさみの好みはあまり村上春樹ワールドとかぶっていないようで、今まで村上作品を読んだ事がありません(^^ゞ。

「1Q84」はタイトルが気になったので、手に取って斜め読みくらいしてみたいなと思ったのですが、どこも「売り切れ」の張り紙ばかりでした(@_@;)。今日、2巻が2冊だけ残っているのを見つけ、パラっとめくってみましたが、やっぱり1巻からでないとよくわかりませんね(^^ゞ。

ジョージ・オーウェルの「1984年」にひっかけ、オーウェルが”未来”として1984年を描いたのに対して、「1Q84」は”過去”としての1984年が舞台なのだとか・・・。

その流れでオーウェルの「1984年」も売れているのだそうですが、この本、昔読んだかどうか記憶があいまいです(^_^;)。



マイケル・ラドフォード監督
が1984年に映画化した映画版「1984」は見ました。
この映画、日本ではDVD化されていないようなので、人気がなかったんでしょうか・・・?ひたすら暗くて救いが無かったですものねえ・・・当時は何故観に行ったんだったかなあ?イギリス映画だからでしょう、たぶん。
主演のジョン・ハートがすごくうまかったと思うのですが、もう1回見たいかと聞かれれば、心身とも快調な時になら(^^ゞ、という感じです。

最近出た本で、読み出したら止まらないやめられない、と引き込まれ、読み終わってスカッとしたのは、ジェフリー・アーチャーの「誇りと復讐」(A Prisoner of Birth)です。



恋人にプロポーズした晩に、親友で恋人の兄でもある男を殺害した罪で逮捕されてしまう下町の自動車修理工のお話。
中学校をドロップアウトして字もまともに読めないほど無教養な若者が、親友を殺し自分を陥れた男たちに絶対に復讐してやる、という固い決意の元に、二転三転する運命に立ち向かうところが、とても小気味よかったです。

ストーリーテリングのうまさは、年を取ってもアーチャーはさすが~、と感心しました。
主人公が冤罪で2年間の獄中生活をおくる場面は、実体験(偽証罪で服役)を元に描かれているそうです。

本屋さんの平積みでタイトルと表紙が気に入って買ったばかりの新刊本が、「シェイクスピア・シークレット」。

上下2巻本は、面白いかどうかわからないからまずは上だけ買おうかな、と悩みますが、そうやって上だけ先に買ってみた本に限ってとても面白くて、上を読み終わってすぐ続きが読みたいのに買っとけば良かった~、となってしまいます(^_^;)。これは期待をこめて、上下同時に購入しました(^◇^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

魅惑のガーデニア

フラワーアレンジメントの単発レッスンに行って来ました(^^♪。

うさみの大好きな花、ガーデニア(梔子)です(*^。^*)。
(梔子に関する過去の記事はこちら。)
20090611_p1010853
梅雨時の湿った街中に甘~い香り白いくしゃっとした花びらが目立ちますが、あまり花屋さんでは見かけないお花ですよね?
お花の命が短く、咲いて2・3日で黄色く変色してしまうのと、水揚げが難しいので、今まであまり花屋さんで取り扱われなかったそうです。でも最近は、たとえ短くても季節の香りを楽しみたいというお客さんがいらっしゃるので、仕入れるようになっているそうです。

今日のお花は、大島の生産者さんから空輸で届いたという八重咲きの大輪でした。

レッスン会場に入った途端に、間違いようのない芳香が鼻に入って来ました(^◇^)。
はあ~、幸せ~(*≧m≦*)、この香り、強過ぎると感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、うさみはとっても好きです。
20090611_p1010855
クチナシは西洋のドレスに似合う姿をしているので洋花かな、とも思いますが、日本には 昔からあるお花。黄色い染料を取る材料として、昔から実が使われていたんですね。
クチナシの実ってどんなだったかな、お花の咲いている時しか木に注目しないので覚えていませんが・・・将棋盤の足の形はクチナシの実をかたどっているんですよね、口が無い、助言無用、ってことだそうです(^^ゞ。



今日のレッスンは、ガーデニアと緑のトルコキキョウ(メロンソーダ、という品種だそうです。おいしそう(^◇^)、ベンケイソウ(セダム)、もこもこのスモークツリー、の緑と白でまとめた材料でしたので、パキッとお花が目立つかな、と真っ赤な花器を選んでみました。

狭いうさみ家は、ただいま、ガーデニアのスウィートな香りで満たされております(#^.^#)。ブログで香りがお伝えできるといいのですが・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

今月は橙色

予約注文していた、フェリシモの「500色の色えんぴつ」第1弾が届きましたヽ(´▽`20090610_p1010836)/!

毎月25色ずつのセット、ということで、500色をどういう風に分けて届くのかな、1回分でもある程度使えるよう、トーン別に組むんじゃないかな、と思っていました。

今月の25色はこちら↓、橙色セットでした~(*≧m≦*)。

これだけでも見ているのは楽しいですが、もう少し色相が揃わないと塗り絵には使えませんね(*^。^*)。全てオレンジ系で塗り分けるのも面白そうではありますが・・・。20090610_p1010837

各色の説明を書いた紙が1枚入っています。
横に白い○がついていて、どうやらここに自分で該当の色を塗りなさい、ということのようです。この説明書をカラーで印刷したら高いので、セルフ彩色になっているのでしょう(^O^)。

失敗してもいいように、コピーを取ってザザっと塗ってみました(すごい雑(^^ゞ。
オレンジ系だけで25色もあると、見分けの付きにくい微妙なところがありますね~。これはどんな色、と認識して使い分けるというよりは、何となくこんな気分と手に取った鉛筆を使うことになりそうです。

20090610_p1010839 塗ってみてうさみの最も気に入った色は、「にんじんのグラッセ」(#^.^#)、

この色を好む人は、物事にくたびれても、すぐ元気を回復します。その気力は注目すべきところです。

だそうです、そうでしょうか(^^ゞ?
のほほん人間なので、基本的にはそうかもしれません。

何のことやらわからなかった色の名前がふたつ・・・「コンソメボラーユ」と「キッシンググラミー」

コンソメボラーユは、”コンソメ”だから何かお料理の名前なのだろうと思いましたが、そのままの単語では見つかりませんでした。フランス料理に「フォンドヴォライユ」(fon de volaille、フォンドボーのお仲間で、鶏でとった出汁)というのがあるそうですので、鶏のスープ色、なのでしょう。

「キッシンググラミー」(kissing gourami)は辞書にものっていました、東南アジアに住む魚の名前だそうです。人間のキスのような動作をするのでついた名前だとか(でもその魚には愛情表現じゃなく威嚇行動なんだそうです(^_^;)。



オレンジから始まりましたので、来月は黄色でしょうか?
箱があまり頑丈でなく、すぐに中身が動いてずれてしまうのが気になりますが、そのうちフェリシモで全セットを収納するラックを発売するらしいので、それを待ってみます(^_^;)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

シネコンにて

週末、うさみの地元シネコンはいつも大混雑しています(゚ー゚;。

天使と悪魔」を観に行った日も、それを見越して早めに出ましたが、窓口で前売り券を座席指定券に取り替えるのに、20分以上並びました。
20090608_p1010832
うさみの真後ろに並んでいた中学生男子ふたりが、ずーっとノンストップでおしゃべりしていて、最近は男子も女子も話し方が変わらないわねえ~、早口で口の中だけでしゃべっている感じなんだよねえ、などとおばさんは密かに話し方チェックをしておりました(^^ゞ。会話の内容も、聞くつもりがなくても全部聞こえてしまいました。

ふたりは13日封切の「ターミネーター4」の先行上映を見に来たのですが、窓口が混んでいてお目当ての日本語吹き替え版上映が始まってしまいそうで、それなら次の回にするか、それとも字幕版を見るか、というのがなかなか決まらないのでした( ̄Д ̄;;。
字幕だと寝ちゃうんだよなあ(・・・さすがに、ターミネーターでは寝ないでしょ!?)、でも次の吹き替え版だと4時間以上待つから、一度家に帰る?等々。



最近は、小さい子向け映画でなくても吹き替え版と字幕版の同時上映が増えて来ましたね。
吹き替え版派の支持理由は、映像に集中できるストーリー展開がよくわかる、文字を読まなくてすむ、といったところだそうです。
うさみは映画は字幕版、特に好きな俳優さんなら絶対本人の声で聞きたい派です(^^ゞ。

眼が悪いので、大劇場の後ろの席だと字幕が見えづらいということが昔はありましたが、今のシネコンはどこの席からでもスクリーンがきれいに見える設計になっているので安心です。そのシネコン隆盛が、吹き替え版増加の一端でもあるそうですね、スクリーン数が増え、プログラムの入れ替えも楽になったので、ふたつの版を同時にかけられるのだそうです。
でも、世界的には外国語映画は吹き替え、という国が多いみたいです。日本は映画が入って来た頃から、字を読める人の率が高かったし、外国俳優のナマ声への憧れが強かったのでしょうね。

続きを読む "シネコンにて"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

おうじはどんな犬

愛犬とお散歩をしていると、すれ違いざまに、愛犬についての感想(!?)が耳に入ることがよくあります( ̄▽ ̄)。
直接話しかけられることもありますが、ただ「わ~、○○な犬~。」と見たまま感じたままを述べて去って行く方のほうが多いですね(^^ゞ。

○○に入る言葉で多いのは、20090607_p1010821

小さい
眼が大きい
白い

です(^^ゞ。

このへんは言われても本人(犬)はあまり反応しませんが、「可愛い」と「チワワ」には反応します(^O^)。
ナルシスト犬おうじは、「可愛い!」と褒めてもらうのが大好きです。

「チワワ」という言葉も何故かわかるんですよね~、たくさん言われたからでしょうか、「チワワ」と呼ばれたら自分だと認識しています。
「チワワ」=犬、と思っているかどうかは、微妙なところですけど(^^ゞ。

最近2度ほど言われて、へえ~?と思ったのが、「品のある顔」でした。
「女性の品格」に始まって、○○の品格、というのがちょっとブームだったようですが、わんこにも品格というのがあるんでしょうか~?
名前は王子様ですから、品と無関係ではありませんが、品のあるわんこ顔ってどういう顔なのか、よくわかりません。



週末、おうじと菖蒲が見ごろの公園に行きましたら、ベンチでおしゃべりしていたおば様軍団が、おうじをご覧になって、
Shobu
「あら、小さい犬ねえ~。」
「その割に尻尾が長いのねえー、あんなに長いと引き摺って泥がついちゃうわよねえ。」(怖い事や嫌な事があった時以外は、尻尾は上げて歩いているので泥は着きませんの、おば様方。Ojishippo
「尻尾がみたいだわねえ~。」

ふで?お習字の筆かあ~、今まで気付きませんでしたが、そう言われればちょっと似てます~(^O^)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

この映画を観ました~「天使と悪魔」

公開を心待ちにしていた映画天使と悪魔」をようやく観て来ました~o(*^▽^*)o。

ダ・ヴィンチ・コード」の続編ですが、原作の刊行はこちらが先、でもお話はつながっていないので、どちらか片方だけ見ても大丈夫。



「ダ・ヴィンチ・コード」が主人公が事件に巻き込まれて自分も追われつつ謎を追うサスペンスなら、「天使と悪魔」はある時刻までに謎を解かないと大惨事が起こるという時限サスペンスでした。
どちらもキリスト教がベースになっていますが、「天使と悪魔」の方がキリスト教に関する予備知識無しでもスリリングなサスペンスとして楽しめそうです。

ローマ教皇が崩御され、今しも次の教皇を選ぶ選挙(コンクラーベ)が始まろうという時、教皇候補のうち4人の枢機卿が誘拐され、脅迫状が届きます。Angel3_2
脅迫状解読の助っ人に宗教図像学の専門家、ラングドン教授(トム・ハンクス)が呼ばれ、枢機卿たちの監禁場所、ひいてはスイスの研究所から盗まれて少量で大爆発を引き起こせる反物質のありかをたどって、ローマ中を走り回るというストーリーです。

~以下、ネタバレありです。~

続きを読む "この映画を観ました~「天使と悪魔」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

頭痛の種

最近アクセスが集中してつながりにくくなっている、頭痛薬の特別サイトにいらっしゃいましたか?

あなたが頭痛持ちさんか、または肉体的に”頭が痛い”状態でなくても、”頭痛の種(頭の痛むこと)”を抱えていらっしゃるなら、ちょっといらしてみるといいかもしれません(#^.^#)。
頭痛薬バファリンのマスコット「バファリス」がいて、あなたの「頭痛の種」を食べてくれます(^◇^)。

うさみは家から夜アクセスしようとしてもつながらなかったので、こっそり昼間会社からアクセスしてみたら、つながりました~(^O^)/。

バファリンの頭文字Bのついたポシェットをぶらさげた栗色のリス、バファリスちゃんがと~っても可愛いです!
頭痛の種が好物なんだそうです(*^_^*)。20090523_p1010646

あなたの頭痛の種は?と聞いてくれます。
年代や性別、悩みのタイプを選び、自分の頭痛の種なことを50文字以内で書き込むと、バファリスちゃんがそのタネを分析してアドバイスをしてくれます。

仕事のことをちょっとグチってみたうさみには、バファリスちゃんが
がんばってきた今までのことを否定しちゃったら、がんばり損だよ。また明日からがんばればいいんだから、今日はめいっぱい自分をほめてあげよう。
と慰めてくれました(*゚ー゚*)。

つぶらな瞳でそんなことを言ってもらったら、かなりいい気分になれました。
いくつかの決められたパターンから選んで言っているだけなのだとわかってはいますけれど・・・(^_^;)。

年齢、性別ごとのお悩みタイプ分析に、他の人が書き込んだ頭痛の種も見られます。
みなさん、いろいろ悩みを抱えて、癒しを必要としているんだなあ、としみじみしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

ソーラー携帯

auの夏モデルで、ソーラー携帯SOLAR PHONE SH002)が発売になりました(^O^)。

ソーラー電池搭載かつ防水機能付きの携帯電話は世界初なのだそうです。
色はスカイブループリズムホワイトスパークリングレッドのトリコロールです。

あまり携帯を使わないのに、使いたい時に限って電池切れで電源が入れられない、という間抜けな事態が多発するうさみは、自動巻きの腕時計のように、充電をしなくても動力がたまる携帯があればいいな~と思っていました。

太陽光発電なら、エコだしいいじゃないですか~、でもきっとこれはソーラーだけではダメで普通の充電も必要なんだろうな、とHPで製品仕様を見てみました。
はいはい、やはりソーラーパワーは補助機能でした(^^ゞ。

普通の携帯電話と同じように充電して、電池切れの時に太陽光に10分あてると待受2時間、通話1分できる電力がたまるんだそうです・・・。
防水機能と合わせて、アウトドアや災害時に便利らしいです。20090531_p1010758

今たまっている電池でどれだけ通話ができるかパネル上に表示されるのはいいですね、普通の電話もそうしてくれないかな。

ソーラーだけで使える電池が出るのはまだまだ先ですか、それとも技術的に無理なのかな~(@_@;)。

携帯の上部全面がソーラーパネルになっているので、そこにシールなどを貼ってはいけないのが、デコ電好きのお嬢様方には売れなさそうですね(^_^;)。

ソフトバンクからも、8月にソーラー防水ケータイ(936SH)が出るそうで、どちらも同じシャープ開発だから、中身は同じようなものなんでしょうか?

こちらはネイビーアースグリーンホワイトの3色展開、auが赤のところ、ソフトバンクは緑で来ましたね(^O^)。
3個並べた時に、目を引かれて美しいいろどりはauですが、スポーツタイプでエコを意識というコンセプトにはソフトバンクの色あいがイメージでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

2位でも・・・

先日うさみが記事にした、イギリスの素人オーディション番組出場の47歳の歌姫、スーザン・ボイルさんの最終結果が、週末に出ていました。

優勝はならずで、2位という結果でした(。>0<。)。



決勝戦の画像(↑がご覧になれない方はYouTubeへ)をご覧になった方は、彼女がげっそりとやつれているのに驚かれたのではないでしょうか(@Д@;。(眉毛を整えてメイクもして、綺麗にはなっていましたが・・・(^^ゞ。
前夜緊張して眠れなかっただけではなく、一夜であまりにも有名になり過ぎたことから来る重圧とストレスが積み重なったのだと思います。

予選での彼女の歌声を聴いて、驚き感嘆し、勇気付けられ、エールを送った人は世界中でどれほどいたことでしょう(* ̄ー ̄*)。
ただ光と影はいつも隣り合わせ、全く知らない人からのやっかみや嫌がらせなど、悪感情にも晒されることになり、私生活や過去をのぞかれ・・・それまでまったくの一般人として暮らして来て、いきなり起こった想定外の事態に、神経をやられても不思議ではありません。

準決勝で「キャッツ」の「メモリー」を歌う声は、少し震えていました。

それでも彼女は逃げませんでした。
最後の舞台に立って、予選と同じ「夢やぶれて」を、予選の時よりも力強く歌い上げました\(^o^)/。
どんな状況にあっても自分の最高の状態で歌う、というプロとしての資質を、堂々と表したのだと思います。

ずっと緊張してこわばっていた表情が、審査結果が出た時にようやく元に戻って、お茶目な笑顔が出て来ました。ここ数週間の大荷物が下ろせて心からほっとしたのでしょう。20090523_p1010676

インタビューで、決戦の大観衆の前で歌う事が出来て、今までの大変な思いは十二分に報われた、というように話していました、本当に歌う事、歌を聴いて貰う事が好きなのですね(^O^)。

残念ながら、優勝は出来ませんでしたが、既にレコード会社からオファーが来ているということですので、遠からずスーザン・ボイルのCDを手にする事が出来るでしょう。
渾身の「メモリー」をあらためて聞きたいです(#^.^#)。

ちなみに、歌姫を破って優勝の栄冠に輝いたのは、”Diversity”というダンスユニットでした。
ある年齢以上の日本人は、フィンガー5を思い出すんじゃないかな~(^O^)、という、家族+友人の11人グループです。12歳から25歳までの身長差をうまく利用して音楽にのった振付は、エネルギッシュでわかりやすくコミカルで楽しいパフォーマンスでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

たかが箱、されど箱

妹すまっぺの注文を受け、カルトナージュを作りました(*゚▽゚)ノ。

カルトナージュレッスンに行って何か作って来ると、素人さんの忌憚の無いご意見が聞き20090527_p1010733 たくていつもすまっぺに作ったものを見せていました。褒めてくれたことはありませんが、まあまあ実用的でいいんじゃないかと思ったらしく、自分にも作ってくれと言って来ました(^^ゞ。
常備薬やハンドクリームなどを入れて、書き物机の足元に置く箱が欲しいのだそうです。

2ミリ以上の厚さがある厚紙(カルトン)をカッターで裁断するのはとても大変なので(教室の先生は、裁断機をお使いです。)、各パーツを裁断してセットにしてあるキットを通販で買いました。

作り方の説明書と一緒に、2種類の布も入ってきたのですが、表に貼る生地は、家にあった布を使ってみました。
色使いが気に入って前に買った北欧のインテリア用生地です。あちらの方はこれでカーテンやベッドカバーなんか作るんでしょうか、大柄で派手ですね~(*^_^*)。
20090527_p1010737
いざ生地を指定の大きさに切ろうとしたら、この布では少し足りないことがわかりました(@_@;)。
でもせっかく決めたからこれを使いたい~と、キツキツで切ったので、本来ならピンクの花が重なっているより派手な部分を一番目立つ蓋に使えるとよかったのですが、白い背景が多いここの部分しか寸法的に取れませんでした。鳥を目立たせたかった、ということにすればいいか(^^ゞ。

大きさはA4がちょうど入るくらい、高さは7センチくらいと、今までうさみがレッスンで作った箱に比べれば大きめです。

作り方は今まで習ったことでほぼカバーされていたので、幸いひとりでもわからないところはありませんでした。大きい分時間がかかるかと思いましたが、パーツはそれほど多くないのでそうでもありませんでした。

続きを読む "たかが箱、されど箱"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

携帯ゲーム機あれこれ

秋にSONYの携帯ゲーム機の新機種が発売になると、先日発表がありました。
「PSP go」という名称だそうですが、PSPのP=Portable(持ち運びできる)に加えて、GOとは、どんどん外に持って出て!という意図なんでしょうか( ̄▽ ̄)。

PSPもニンテンドーのDSも、出始めは、本体色にこだわりを感じるようないい色のが無いなあと思っていましたが、どちらも一番最近出た新色は、携帯電話にあるようなちょっと凝った色のバリエーションでしたね(*^_^*)。




商品の色彩計画的には、新しい物の出始めは消費者は機能で選ぶが、だんだんその物が市場に浸透してくると、色彩やデザインが選択のポイントになる、となっています。

携帯ゲーム機市場にはこの法則がそのままあてはまらないかもしれませんが、”持ち歩く物”として携帯電話や携帯用音楽プレイヤーと競うためには、ユーザーが望む色を考えるのは重要だと思います。同じゲーム機でも海外市場向けは、日本とは違う色があるそうですから、それぞれ国による好みは考えられているのでしょうね。

うさみの持っているDSライトは、買った時にはベストな選択肢だったピンク色・・・最近出たDSiライムグリーンと替えてもらえると嬉しいなあ・・・(^-^;。

続きを読む "携帯ゲーム機あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

写真の日

今日、6月1日は「写真の日」なのだそうです(*^_^*)。

日本で初めて写真が撮影された日、被写体は島津のお殿様だった、ということになっています。
でも、この日を制定した社団法人日本写真協会のHPによりますと、制定(1951年)後に、その話が間違いだったことがわかったそうですが、写真の日の日付はそのままにしているそうです。

デジカメの登場後、うさみのようなど素人にも、カメラはぐっと扱いやすくなり、写真はより身近な存在になりました(^◇^)。20090524_p1010711
フィルムカメラ時代は、撮れたか撮れないか、現像から上がってくるまでドキドキしていました。手ブレ、被写体が半分で切れている、カメラのヒモが写っている、何を撮るつもりだったか自分でも全くわからない妙なアングル・・・などなど、失敗写真は数え切れないほどです(>_<)。

デジタルですと、すぐ結果が見られて、撮り直しもきくので、失敗写真はだいぶ減りました。手ブレ防止機能など、カメラの性能も上がっていますし(^O^)。

・・・とは言え、運動音痴のせいか、機械に疎いのが悪いのか、大切なシャッターチャンスを逃したり(愛犬ような動く物・・・(;O;)、撮っても撮ってもピントが合わずにぶれてしまったり、カメラマンの腕とカメラの性能は比例しないらしいです。

他人様のブログを拝見すると、風景もお花も、身の回りの雑貨や食べ物も、素敵な写真ばかりで、うさみも見習って頑張ろう!と思うのですが・・・。

うさみレベルの先週のベストショット・・・(^_^;)。もっと精進しなくちゃ~。

20090530_p1010744

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »