« お姫様の箱 | トップページ | 世界遺産抹消 »

2009年6月27日 (土)

千秋楽

歌舞伎座6月興行、「歌舞伎座さよなら公演 六月大歌舞伎」の千秋楽を見て来ました(^O^)。20090627_p1010935

歌舞伎はカーテンコールをやらないので、楽日だから特別な挨拶が聞けるというのは普通無いのですが、今月は襲名披露で口上のご挨拶があります。
口上は少しアドリブも入るので、それを楽しみに楽日の切符を取ってみました。

襲名披露の口上、舞台に袴裃をつけた役者さんが並んで、「とざい、と~ざ~い」という掛け声で始まるシーンを、テレビなどでご覧になったことがあるでしょうか。華やかでにぎにぎしいお祝いの風情に、そこのお家の贔屓筋でなくても、気持ちが高揚します。

さて、今月の襲名は、うさみの大のご贔屓、松本幸四郎さんのお孫さんで、市川染五郎さん(うさみの中では、いくつになっても”染ちゃん”です)のご長男が、四代目松本金太郎という名前を継ぐご披露です。今まで本名で出ていたのが、染ちゃんも昔名乗っていた芸名20090627_p1010949 をもらって初舞台を踏むのです。

歌舞伎役者さんは、出世魚のように、年を取って芸があがるごとに大きな名跡を継いで行きます。同世代の役者さんには自分の人生を重ね、若い役者さんは親戚の子供のように暖かく時に厳しい目で見守っていくのは、歌舞伎の大きな楽しみだと思います(*^。^*)。

幸四郎さんのお父様、白鴎丈(前代幸四郎)のお芝居は、残念ながらナマで見る機会はありませんでしたが、高麗屋三代が揃い並ぶ舞台を見る事が出来るのは、ファン冥利につきます。

口上としての一幕はなく、「門出祝寿連獅子」という出し物の中でのご挨拶でした。

「獅子」の精の舞いは、「鏡獅子」が有名ですね。裾先まで引きずる長い毛のかつらをつけて舞い、ラストは「毛振り」と言ってグルグルとその長い毛をまわして円を描くのですが、これが大変体力を使うのだと聞いた事があります。頭で振ってはいけなくて、腰で振るの20090628_p1010961 だとか。

4歳のお子ちゃまに振れるのだろうか、と観客一同ハラハラ見守っていましたが、ちゃんと振っていました\(^o^)/!
梨園生まれのお坊ちゃまは、お祖父さんやお父さんの舞台を見て、獅子の毛振りが大好きでやってみたいと言っていたのだそうです。
代々の伝統が重いとか、祖先の業績が大きいとか悩むのはまだまだ先、なのですね。うさみおばあちゃんが、「あたしゃ、金太郎の初舞台を見たんだよ。」と自慢出来るような、大きな役者さんになってくれますように(*^_^*)。

うさみの後ろの席のカップルが、初歌舞伎体験だったようで、幕間に感想を話し合っていました。
親戚の挨拶がすごかったね~(^_^;)。」
歌舞伎界は親戚関係が複雑で、誰と誰がどういう関係だったか、家系図を見ないとすぐにはわからなかったりします(^^ゞ。

たとえば、中村吉右衛門さんは幸四郎さんの弟さんだから金太郎くんの大叔父さん、はわかりますが、尾上松緑さんは、幸四郎さんのお父さんの弟さんのお孫さん、ですので、えーと、何になるのでしょう??

|

« お姫様の箱 | トップページ | 世界遺産抹消 »

コメント

 みたいです!
 三代の鏡獅子 かわいかったでしょうね。
 毎日見ている踊りや 仕草
 成長ぶりが たのしみですね。
 ちなみに 昨日買った魚は 金太郎 赤い魚で 南蛮漬けにします。
 

投稿: 小紋 | 2009年6月29日 (月) 11時28分

>小紋さん
金太郎というお魚があるんですか、初めて聞きました。
お祖父さんとお父さんは6歳で初舞台だったそうで、2年早い初舞台でした。やはり今の歌舞伎座のうちに初舞台が踏める方が記念になりますものね。

投稿: うさみ | 2009年6月29日 (月) 20時05分

うさみさん、こんばんは。

連獅子、漫画『かぶく者』新刊でも丁度ありましたね。
歌舞伎は全くわかりませんが、4歳の子の舞台は可愛かったでしょうね。私も見たいです~。

投稿: まこ | 2009年6月29日 (月) 23時05分

>まこさん
「かぶく者」に出て来る梨園の御曹司たちはエキセントリックなキャラですが(^_^;)、舞台の雰囲気はあんな感じです。
小さくて可愛いと、舞台にあがるだけで賞賛される時期は短いので、これから一生懸命お稽古に励まないといけないんだと思います。学校もあまり行けなくて、はたから見ると大変だと思いますが、御曹司ご本人たちはお芝居の方が楽しいとよく言ってます。

投稿: | 2009年6月30日 (火) 22時21分

↑ このコメント、名前が出ていませんでした!うさみです(^_^;)。

投稿: うさみ | 2009年6月30日 (火) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/45458359

この記事へのトラックバック一覧です: 千秋楽:

« お姫様の箱 | トップページ | 世界遺産抹消 »