« おうじはどんな犬 | トップページ | 今月は橙色 »

2009年6月 9日 (火)

シネコンにて

週末、うさみの地元シネコンはいつも大混雑しています(゚ー゚;。

天使と悪魔」を観に行った日も、それを見越して早めに出ましたが、窓口で前売り券を座席指定券に取り替えるのに、20分以上並びました。
20090608_p1010832
うさみの真後ろに並んでいた中学生男子ふたりが、ずーっとノンストップでおしゃべりしていて、最近は男子も女子も話し方が変わらないわねえ~、早口で口の中だけでしゃべっている感じなんだよねえ、などとおばさんは密かに話し方チェックをしておりました(^^ゞ。会話の内容も、聞くつもりがなくても全部聞こえてしまいました。

ふたりは13日封切の「ターミネーター4」の先行上映を見に来たのですが、窓口が混んでいてお目当ての日本語吹き替え版上映が始まってしまいそうで、それなら次の回にするか、それとも字幕版を見るか、というのがなかなか決まらないのでした( ̄Д ̄;;。
字幕だと寝ちゃうんだよなあ(・・・さすがに、ターミネーターでは寝ないでしょ!?)、でも次の吹き替え版だと4時間以上待つから、一度家に帰る?等々。



最近は、小さい子向け映画でなくても吹き替え版と字幕版の同時上映が増えて来ましたね。
吹き替え版派の支持理由は、映像に集中できるストーリー展開がよくわかる、文字を読まなくてすむ、といったところだそうです。
うさみは映画は字幕版、特に好きな俳優さんなら絶対本人の声で聞きたい派です(^^ゞ。

眼が悪いので、大劇場の後ろの席だと字幕が見えづらいということが昔はありましたが、今のシネコンはどこの席からでもスクリーンがきれいに見える設計になっているので安心です。そのシネコン隆盛が、吹き替え版増加の一端でもあるそうですね、スクリーン数が増え、プログラムの入れ替えも楽になったので、ふたつの版を同時にかけられるのだそうです。
でも、世界的には外国語映画は吹き替え、という国が多いみたいです。日本は映画が入って来た頃から、字を読める人の率が高かったし、外国俳優のナマ声への憧れが強かったのでしょうね。

さて、先ほどの中学生は、どちらにするか決まらないまま、見終わったら売店でターミネーターのオフィシャルグッズを見たいという話題に移っていました(^O^)。

I-Podのケース(3,500円)がめっちゃカッコよくて絶対欲しいのだそうで、お揃いで買おう、でも今日はお金がないから下見だけにする?まだ売り切れないよな?・・・と熱が入っていました。イマドキの子供がめっちゃカッコいいと思うケースはどんなものか、おばさんも後でチェックしましたよ。

・・・うーん、おばさん的にはビミョー・・・。
SF映画のキャラクターを2次元にしてしまうと、途端に偽物で作り物っぽく感じてしまうのですが・・・。まあ本人が気に入ってお小遣いで買えるなら買えばよろしいでしょう(*^_^*)。
20090524_p1010710
ようやく座席指定券をゲットした時は、上映開始まで5分を切っていました。
飲み物が買いたかったのですが、売店にも列が出来ていました。こんなこともあろうかと、外の自販機でペットボトルを買って来ていたんですよね(^O^)。
建前的には、売店以外で買ったものは持ち込み出来ないことになっていますが、売店で買ってたら上映に間に合わないんだからしょうがありませんよね~。

ここのシネコンにはよく来ていますが、まだ一度もポップコーンを買った事がありません。いつもとてもいい匂いがしていて、ちょっと食べたいなあと思うのですが、サイズがバケツみたいな大きな入れ物で食べ切れそうになく、結局買うのはホットドッグなのでした。
いつかキャラメルポップコーンを食べるぞ~。

|

« おうじはどんな犬 | トップページ | 今月は橙色 »

コメント

日本では吹き替えにコメディアンとか著名な俳優を起用して話題作りをしてますね。
アメリカでは事情はわかりませんが、ドイツも吹き替えが主流で、もとの俳優と声が似ている俳優さんが吹き替えるのだそうです。

投稿: アラベスク | 2009年6月 9日 (火) 22時40分

中学生のおしゃべり 面白いですね。聞きたかったわ。
 北九州小倉の映画館も ホットドッグがおいしいのですが 最初の上映時間のときは準備がまだ・・・とか言われます。
 映画 どうでした。

投稿: 小紋 | 2009年6月10日 (水) 16時43分

 すみません 今下の記事読みました。
 本を二回読んでけど まだはっきり わかりません。
 

投稿: 小紋 | 2009年6月10日 (水) 16時46分

>アラベスクさん
アメリカのアニメを見ると、有名俳優さんでも結構うまくアフレコしているので感心しますが、日本のタレントさんがやったのはその人のキャラが出過ぎていてイマイチなことが多いです・・・。

>小紋さん
ホットドッグって映画館くらいでしか食べないのですが、何故か美味しいですよね(*^。^*)。
「天使と悪魔」原作は、CERNの部分とか、難しいところもありましたね。

投稿: うさみ | 2009年6月10日 (水) 21時24分

うさみさん、こんにちは。

『天使と悪魔』、私も楽しみにしていたのですが、都合がつかず観に行けなさそうです…

私も外国映画を映画館で観るなら絶対字幕版!
やっぱり俳優さんの演技に影響しますし、雰囲気がすっかり変わってしまいますしね。
それに私は耳が少し悪いので吹き替えだと逆に話が聞き取り切れないところがあり、字幕の方が理解しやすいです。

さて、『天使と悪魔』、DVDになるのを待つかな…
続編が上映されるまでには観たいです。

投稿: まこ | 2009年6月13日 (土) 13時13分

>まこさん
映画館に行くのって結構時間もかかるし疲れますよね(^^ゞ。
うまい声優さんでイメージにあっていれば吹き替えでもいいのですが、あきらかに違和感を感じる場合もありますよね・・・。

投稿: うさみ | 2009年6月13日 (土) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/45286620

この記事へのトラックバック一覧です: シネコンにて:

« おうじはどんな犬 | トップページ | 今月は橙色 »