« 写真の日 | トップページ | たかが箱、されど箱 »

2009年6月 2日 (火)

携帯ゲーム機あれこれ

秋にSONYの携帯ゲーム機の新機種が発売になると、先日発表がありました。
「PSP go」という名称だそうですが、PSPのP=Portable(持ち運びできる)に加えて、GOとは、どんどん外に持って出て!という意図なんでしょうか( ̄▽ ̄)。

PSPもニンテンドーのDSも、出始めは、本体色にこだわりを感じるようないい色のが無いなあと思っていましたが、どちらも一番最近出た新色は、携帯電話にあるようなちょっと凝った色のバリエーションでしたね(*^_^*)。




商品の色彩計画的には、新しい物の出始めは消費者は機能で選ぶが、だんだんその物が市場に浸透してくると、色彩やデザインが選択のポイントになる、となっています。

携帯ゲーム機市場にはこの法則がそのままあてはまらないかもしれませんが、”持ち歩く物”として携帯電話や携帯用音楽プレイヤーと競うためには、ユーザーが望む色を考えるのは重要だと思います。同じゲーム機でも海外市場向けは、日本とは違う色があるそうですから、それぞれ国による好みは考えられているのでしょうね。

うさみの持っているDSライトは、買った時にはベストな選択肢だったピンク色・・・最近出たDSiライムグリーンと替えてもらえると嬉しいなあ・・・(^-^;。

通勤電車や街中で、携帯ゲーム機をプレイしている大人を見かけるのは当たり前になりました。

DSのユーザーは老若男女、割と幅広いですね、お勉強系のソフトを朝から真剣にやっているサラリーマンやOLさんは多いです。小学生くらいのお子様は、落とさないようネックストラップをつけて首から提げて走り回っているのをよく見ます。

それに比べてPSPを持っている人は断然、10代から20代男性が多いです。たいていイヤフォンで音も聞きながら、グラフィックが美しく動きの早いゲームをやっています。

この先はうさみがたまたまそういうケースを見かけるだけ、だといいのですが、バスや電車でデーンと席に陣取って必死にプレイし、まわりに気を配らないユーザーはPSPの方です(@_@;)。20090531_p1010763

先日、動きが取れないくらい混んだバスにようやく乗ってきた歩行器のご老人を前に、PSPの画面に夢中になって座席を占領していた中学生男子には、うさみおばさんが頭にバッグを落としてあげようかと思いました(`◇´*)。小心者なので出来ませんでしたが・・・ご老人には、PSP兄ちゃんの4倍は年を取っているおば様が席を譲ってあげていましたし・・・。

うさみもゲームは嫌いじゃありませんし、ゲームばかりやると頭が悪くなるとか何も得るものが無いとかいう意見には賛成しませんが、動く乗り物の中でもゲーム機を開きたいなら、立っていてもガンガンプレイ出来るくらいの体力・筋力・動体視力を鍛えていただけるようお願いしたいですね(^^ゞ。

|

« 写真の日 | トップページ | たかが箱、されど箱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/45221699

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯ゲーム機あれこれ:

« 写真の日 | トップページ | たかが箱、されど箱 »