« 花火嫌いのわんこ対策 | トップページ | 折り紙チックな箱 »

2009年7月11日 (土)

西洋美術館FUN DAY2009

国立西洋美術館FUN DAY 2009に行って来ました(^^♪。

20090711_p1020040多くの人に西美に足を運んでもらい、収蔵作品に触れ親しんでもらうオープンミュージアム企画です。
企画展・常設展とも入場料が無料になり、ギャラリートーク、建築ツアー、ウォークラリークイズ、前庭コンサートなど、子供から大人まで、普段美術館によく行く人から初めての人まで楽しめるイベントがたくさんでした(*^。^*)。

今年は西美開館50周年の記念年でもあり、「ル・コルビュジェと国立西洋美術館」という特別展も開催中です。
環境色彩のテキストで、ル・コルビュジェの建築に関してちょっとは勉強しましたが、西洋美術館の本館って、彼の原則にのっとって設計されていたんですねえ・・・西美は身近な存在過ぎて、気付きませんでした(^_^;)。
西美の向かいに立っている東京文化会館が、ル・コルビュジェの弟子だった日本人建築家前川國男によって設計され、西美と合うよう、高さや意匠に気を配られているというのも、初めて知りました。20090711_p1020042

建物の内外を巡ってル・コルビュジェの建築について解説してくれる40分建築ツアーに参加したかったのですが、整理券配布が始まる時間にちょっと遅れてしまい、既に満員でした(-_-;)。その時間より前に行って並んでいないといけなかったんですね・・・。
館内を鑑賞中に、ツアーのご一行とすれ違い、ほんのさわりだけお話が聞こえました(^_^;)。

収蔵作品3点に関するクイズに正解すると賞品がもらえるというウォークラリークイズをやってみました(*^。^*)。
20090711_p1020051 クイズは数種類あったようで、うさみがもらったのは、ル・コルビュジェの特別展から1問と、ヤン・ステーンの絵、ハンマースホイの絵の3問でした。子供でも参加できるよう、作品を見ればすぐわかる問題ですが、全問正解でーす、と賞品(特製ミニスケッチブック)をもらえてかなり嬉しかったです(*^_^*)。

オフィシャルパートナーのEPSONの提供で、好きな収蔵作品をカレンダーやブックカバーに加工できるというサービスも良かったです。対象作品がもう少し多くて(対象は15作品のみ)、うさみの愛するクールベが入っていたらもっと嬉しかったのですが・・・。

EPSONプリンターをお使いの方は、MY EPSONから同じサービスが使えるそうです(期間限定)。20090711_p1020053

常設展はいつもよりは混んでいましたが、入場料タダでいろんなイベントが楽しめる日だということを考えると、もっとお客さんが多くてもいいのにと思いました(^^ゞ。
うさみも、この日あく時間で美術館でも行こうか、とHPをたまたまチェックしてイベントの事を知りましたので、宣伝不足気味なのでしょう。

毎年開かれていますので、ご興味のある方はぜひ来年ご参加下さい<m(__)m>。

|

« 花火嫌いのわんこ対策 | トップページ | 折り紙チックな箱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/45606143

この記事へのトラックバック一覧です: 西洋美術館FUN DAY2009:

« 花火嫌いのわんこ対策 | トップページ | 折り紙チックな箱 »