« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

眺めのいい部屋

いつも朝の通勤で通っている公園は、ここのところ大改造中です。

立ち入り禁止にして、地面を掘り返して遊具を全部取り払い、新しいものと交換しています。新しい遊具は赤青黄色とにぎやかで、形も安全に配慮して角が丸っこいです。樹木は20090727_p1020113 ある程度間引いて、死角が出来ないようにするようです。

脇道を通りながら、隣に立っている公団住宅からの眺めが今はちょっと悪くなっているだろうなあと、ふと見上げてみました。

公園に沿って棟が並んでいるのですが(というより、公園は公団に付属の緑地なんだと思います。)、ひとつはベランダが公園の方を向いていますが、お隣の棟は公園側が玄関でベランダは反対側についています。

あら~?どうしてあっちの棟はベランダが反対向きなんでしょう?

ベランダから緑が見えた方が眺めはいいですよね?反対側は車通りの多いバス道路なのですが・・・あ、でも道路沿いにが植えられていて、春はなかなか綺麗な桜並木になるのでした。
公園にも桜の木はありますが、並木が全部見渡せるなら、道路側の方が素敵です。
うーん、どっちの眺めを選ぶか、難しいところです(^^ゞ。

今日は”眺めのいい部屋”がうさみのキーワードだったのか、特別な眺めを自慢にしたホテルの部屋に関するニュースも目に入って来ました。

本州を走る新幹線がすべて停車する唯一の駅・東京駅のホテルは”トレインビュー”が自慢のお部屋、お台場のホテルは”ガンダムビュー”のプランが人気だそうです。

普通は”眺めのいい部屋”から見えるものと言ったら、海や湖などの水辺、雄大な山並み、桜、花火・・・でしょうか?いろんなモノが、”眺め”の対象になるんですね( ̄▽ ̄)。

鉄道オタクでなくても、東京駅のホテルからの夜の眺めは、線路の光が銀河のようで、ちょっといいかなと思いました、特にお風呂場から鉄道が見えるのは特別な感じがします(^O^)。

8月いっぱいの限定で多くの人を集めている機動戦士ガンダムの18m実物大立像は、うさみはガンダムファンではないので、特に見なくてもいいです・・・。
お台場のホテルなら、ふつーにオーシャンビューのお部屋でお願いします(^_^;)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

ノベライズ・コミカライズ

モー様(萩尾望都)の名作漫画「トーマの心臓」を、推理小説作家の森博嗣さんがノベライズした新刊小説「トーマの心臓 Lost heart for Thoma」を読みました(#^.^#)。



森さんは、愛犬に「冬馬」と名づけるほど、昔からのモー様ファンだそうです。

ファンだからこそ大好きな作品の作者さんが描かなかったシーンやストーリーの続きを考えてみたり、自分を作品中に入れる妄想をしてみたりするのですが、ファンにとっての聖典はあくまでオリジナル・・・人気があってファンの思い入れの強い作品ほど、それを他ジャンルに移すのは勇気がいることだと思います。

うさみもモー様ファンで、どれかひとつだけ好きな作品を選べと言われたら「トーマの心臓」にするでしょう。
とても愛着の深い作品なので、小説化したのが森さんでなければ、自分の頭の中に出来上がっている世界を壊されることが嫌で、買わなかったかもしれません(表紙と各章タイトルの、描き下ろしイラストは見たいので、ちら見はしたでしょうけれど(^_^;)。

森さんの最近のミステリはあまり読んでいませんが、デビュー作の「すべてがFになる」の衝撃は忘れられません。あのトリックは文系人間には考え付けそうにありません・・・。

続きを読む "ノベライズ・コミカライズ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

涼の花

銀座の華やかな通りを1本入った場所に、うさみがたまにのぞかせてもらっている「野の花 司」という花屋さんがあります。
20090726_p1020112
野山や庭に自然に咲くお花を扱う和風の花屋さんです。
洋風なアレンジメントも扱っていますが、メインは茶花や活け花用になるのでしょうか。

野に咲くお花は、普通の花屋さんで見るお花より、小ぶりの花だったり、花つきがよくなかったりで、の部分が目立ちます。

春、ほかのお花屋さんが色もかたちもとりどりの花々で埋まる時期は、野の花たちは幾分寂しそうに見えたりします。でも夏の暑い時期、お花が少なくなる時期は、ここの20090726_p1020110店頭がとたんに光ってくるようです(^O^)。

夏の日差しにも負けないギンギンの赤やオレンジの花もこちらを元気にはしてくれますが、涼しさは感じられません。
ああ、涼しそう~と、どこからか風が吹いて風鈴の音が聞こえたような気になるのは、控えめで主張しない野の花なんですね(*^_^*)。

週末、お店の2階にある茶房でお昼をいただきました。

テーブルに活けられていたのは、大きな黒い焼き物の花器に、紫の鉄線が一輪・・・その空間が涼感を呼んでくれるのでしょう。(大テーブルで他のお客様もいらしたので、その写真は撮れませんでした。)

和の花もいいですねえ、うさみの水盤と剣山はどこに仕舞い込んだんでしたっけ(^^ゞ。和の活け花は飾る場所を取るので、最近すっかり遠ざかってしまいました。

注文したお食事には、お膳にお花が1輪添えられて来ます。お隣のテーブルは、ひおうぎ で、うさみのところは川原撫子でした。

撫子、大好きなので嬉しくなりました(* ̄ー ̄*)。20090726_p1020105
このお花をもらって帰ってもいいのかどうか、しばし悩みましたが、他のお客さんは置いて帰られていらっしゃいましたし、暑い外に持ち出したらすぐに枯れてしまって可哀想でしたので、お膳に置いたままお返ししました・・・(^-^;。
お花は花瓶に生け戻して、何度も再利用されているようでした。

お店を1歩離れたら、途端に蒸し暑い空気が襲って来ました( ̄◆ ̄;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

アクセント

今朝の新聞の一面コラムは、選挙を前にして耳にすることが多くなってきた「マニフェスト」に関してでした。

中に「マニフェスト」は、本来フェにアクセントがあるが、を強調している人が多く、これだと綴りの違う形容詞になる、という一文がありました。

あれっと思ったので、辞書で確かめました。

manifest”・・・・・アクセントはaにあり、形容詞・動詞で意味は、明らかな明らかにする

政党や政府が発する宣言声明という意味のマニフェストは、イタリア語から来た、”manifesto”で、アクセントはe。

大もとの語源は同じラテン語のようですが、違う言葉だったんですね。

うーん、声高にニフェスト、ニフェストと騒いでいる政治家が信用出来なくなりそうです(^_^;)。コラムでは、内容が明白なら、それでもよしか、とありましたが・・・。

言葉のアクセントって大切だなあと思います。
特に外来語は、アクセントが違うと、言葉の切れ目もわからなくなったりして、自分が知っている言葉とは結びついてくれません。ある時突然、はっ!○○って××のことだったのか!と気付いて、こんなこと今更気付くのうさみだけだよな~とひとりで笑ってみたりします。

たとえば、うさみはかなーり長いこと、ワンマンバスの「ワンマン」がone-manだとわかっていませんでした(;´Д`A ```。



昔は車掌さんが行っていたお仕事も、運転手さんひとりで扱う”おひとり様”運転だから、ワン、マン、なのか、とある日バスの中で気付いて、ひとりでうなっておりました(^^ゞ。
(ワンマン運転や、ワンマン社長、の「ワンマン」は和製英語で、英語のone-manはワンマンバンド、のようなケースでしか使わないそうです。)

冷蔵庫の脱臭剤、「ノンスメル」が、non-smell(匂いなし)だというのも、ある時突然気付いてネーミングの妙に感心しました。
うさみの頭の中では、それまでずーっとノンス/メルだと思っていました・・・(ノンスとメルで絵本のキャラクターになれそうな感じ(^O^)、意味不明ですが・・・)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

虹ふたたび

何年かぶりに東京でを見た話を書いたのは5月でした。
その記憶も新しいうちに、また出ました~\(^o^)/!
それも今回は副虹つき!

20090727_p1020116_2 ここ何年も見ていなかったのに、こう続けて虹を見られるとは、何かの先触れでしょうか? いや、スコールのように突然ザーッと降ってぱあっと上がるが増えているってことでしょうかね・・・( ̄Д ̄;;。他の地方では大雨や突風として現れている現象と、どこかでつながっているのかもしれません。

今回も、日が暮れる前のほんの一瞬見えた虹でした。

会社を出る時は降っていた雨が、地元についたら止んでいて、こんな日はまた虹が出たりして、と駅のホームからふっと空を見たら、なんと出ていました~!

大きいです!この間見たのよりも横に広がってかかっているように思えました。

すぐにカメラを向けましたが、虹全体を撮ろうとすると、ちょうど電線が画面真ん中を横切ってしまいます。しゃがんで下から狙っても電線をはずしては撮れず、ダダっとホームを駆け下りました。
駅の外からなら電線は写りませんでしたが、副虹がもう消えてしまっていました・・・(p_q*)。美しいもの、珍しいものは短い命なのですね・・・。20090727_p1020122

それとも副虹が見えたと思ったのは錯覚かしら、とデジカメ画面で確認してみましたら、うっすらとですが写っていました。
主虹の外側に出来る副虹は、色の順番が逆で、赤が一番内側に来るんだそうですね。消えかけだったせいでしょう、そこまではっきりとは色の帯を区別出来ませんでしたが、見えただけでも十分嬉しかったです。

それにしても、虹って不思議・・・どうしてそう見えるのか、理科的な説明を聞いて納得しても、本物を目の前にすると、不思議~、神秘的~としか思えません(^^ゞ。



文章の説明だけで、肝心の写真が無いのは、相変わらずうさみ家のネットが落ちているからでございます(。>0<。)。
(この記事は、会社でこっそり書いてアップしています。)

携帯でも撮ればよかったのですが、うさみの携帯カメラはどーも動きが鈍いというか、撮影ボタンを押してから実際にシャッターが落ちるまでの時間がとても長くてあまり急いでいる時の撮影には向きません・・・。

後日ネットが回復したら、アップしようと思いますが、うさみの撮影ですので、本物の迫力と綺麗さの何十分の一も撮れておりません。

追記:画像ファイルを会社に持って来てアップしました。副虹が1枚目の画像で見えるでしょうか??微妙です・・・(@_@;)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

クーラーあり?

この時期、クーラーをタイマーセットして寝付いても夜中冷房が切れると暑くなって起きてしまう、それで一晩中つけっぱなしで風邪を引いた、などという話をよく聞きます。
困るよね、クーラー何度に設定して寝る?タイマーは?と問われて、うさみの部屋にはクーラーがなく、夜寝る時も団扇だけ、と言うと、とても驚かれます・・・(;;;´Д`)ゝ。

クーラーを設置しようと思えばつけられますが、窓を開けておいても防犯上大丈夫(たぶん)なので、そこまでの必要性を感じないまま暮らしています。
昨今は、どこへ行っても冷房がきつくて昼間すっかり冷え切ってしまうので、夜くらいは自然の状態でいたいという冷え性ならではの事情ゆえで、電力を節約しようというエコが理由ではありません(^^ゞ。
Oji2
昼間ずっとお家にいる時は、いくら窓を開けても熱風しか入って来ず、人間より毛の多い愛犬もへたってしまうので、さすがにリビングのクーラーをかけます。
→ おうじ、へたれてお休み中(携帯画像で荒くてすみませんm(_ _)m)

一番暑さをまともに感じるのは、コンクリートの照り返しを受ける道路ですね・・・自転車は動いている時はいいけれど、停まっているともう茹で上がりそうです~。

そんな夜、ニュース特集で、インドで売り出された世界一安い国産自動車ナノ」を取材した映像を見ました。

標準装備の新車1台が、10万ルピー日本円で約22万円)だそうで、そんなに安くて大丈夫なのか、とあれこれ記者がチェックしていました。ヨーロッパの安全基準テストに通っているそうですので、エアバックの代わりにタイヤを入れ、窓の開閉が手動でも、ラジオもCDもついていなくても、走行性能には問題がないらしいです。

それよりも信じられなーい!と思ったのが、標準装備にエアコンが付いていないんです∑(゚∇゚|||)!!

日本と違って、インドは年中暑い国ですよ!何がなくてもエアコンはいるんじゃないでしょうか~?
お値段をキリのいい数字にするためにいちおう標準装備として提示しているだけで、実際はみんなオプションで冷房ついてるんじゃない、と思いましたが、そうでもないみたいです。

ショウルームで記者と現地セールスマンが試乗した車はクーラーなし。ほんのちょっと座席に座ってみただけで、背中にシャツがべっとり汗でくっついていました(>_<)。

予約が殺到して手に入れるのが大変だったという、記念すべき第1号車は、標準ではないもののクーラーはついていませんでした。
納車された田舎の村では、かわりばんこに村人みんなが広場で乗りまわしていましたが、暑いという感想は出ていませんでした。

走っている時はいつも窓を開けておけばいいんでしょうね・・・車が来て便利になったことを思えば、ちょっとくらい暑くたって何のその、なんでしょう。元々暑い土地なんですしね・・・。

日本も昔は車にエアコンってついていなかった、ですよね( ̄Д ̄;;?
そんなことも忘れてしまうほど、冷房が当たり前になった世界の方が異常なのかもしれません・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

ネットカフェ

うさみ家のインターネット接続がダウンしました(。>0<。)。

コンセントの辺りをうっかりちょっと触ると、よく落ちます。電源を入れ直すと普通は回復するのですが、今回は根深いらしく回復しません(>_<)。
数日待ってもダメだったら、サポートデスクに電話します。(何故すぐ電話しないかというと、以前やっとつかまえた担当者と電話中に、電源を落としただけで復活したことがあったので・・・(^^ゞ。

平日は会社のネット環境が使えますが、週末はオフラインになってしまいます・・・。
どうしてもメールチェックしたいよ~、という時のために、うさみは地元ネットカフェの会員になっております(^O^)。

久しぶりに行きましたら、フラットシートというのが出来て、スリッパを借りられるようになっていました。ヨガマットみたいなマットがしいてある個室で、ちょいと横になれるみたいです。
そのほか、ペアシートビジネスブースなど、空いていれば好きな場所・タイプの席を選べます。

うさみのお気に入りはマッサージチェア席です。
なかなか高性能のマッサージチェアで、頭から足まで、望みの場所を好きな方法でほぐしてくれます(#^.^#)。
本当はマッサージはひとにやってもらうのが一番ではあるのですが、マッサージ屋さんに行くより安上がりですし、下手な施術師にかかるよりは効果的かなと思います、飲み放題ドリンクもついてますし。

週末午前中のネットカフェは、他の席はガラガラなのに、禁煙のマッサージ席だけ席が埋まってました(^O^)。みなさん、お休みは涼みつつリラックスしたいんですね~、家にいても冷房代がかかりますもんね~。

マッサージ椅子にどっかり腰をすえてマッサージ機能を動かしてしまうと、机のキーボードには手が届きません。
メールなど文字を打つ作業を先にガーっとやってしまい、後はゆったりと椅子に沈んでもんだりたたいたりしてもらいながら、あったかいココアを飲んで、インターネットテレビを見ていると、すぐに2時間たってしまいました。


軽食を別料金で出していますが、メニューの写真が美味しそうに撮れていないせいか(^^ゞ、あまりまわりで食べ物の匂いがしたことはありません・・・。持ち込みもOKですが、ネットサーフィンしたりゲームに夢中になったりしている間は、ご飯を食べようと思わないのかもしれません。

こんなマッサージチェアですよーという写真を撮ってみたのですが、家PCがつなげられないと写真がアップ出来ないのでした・・・( ̄◆ ̄;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

わさお本

今週発売になった、ブサかわ秋田犬わさお」の写真集を買ってしまいました~(* ̄ー ̄*)。



数ヶ月前でしょうか、青森県の鯵ヶ沢という町の、イカ焼き屋さんで飼われている珍妙な顔のわんこが人気ブロガーさんのブログで取り上げられて話題になっていました。

「わさお」という名前そのままに、白い毛がわさわさ、もさもさ生えている大きなわんこで、細い目にキリっとたくましい口元が一見不細工なのですが、見ているうちに妙に愛らしく思えて来てしまう犬でした。
その後も人気は続き、わさお見たさに鯵ヶ沢を訪れる人が増えて、ノベルティのTシャツが売り出されたり(売り上げの一部はわさおのご飯代になるというのが笑えます(^O^)、町の人が立派な犬小屋を作ってくれたりしたそうで、とうとう写真集まで出版されました。

犬ブログから出た本はいろいろありますが、わさおはネットで話題になった犬とは言っても、飼い主さんは働く肝っ玉おかあさんです。
写真集からは、最近の街に住むわんことは違う犬と人間の暮らしが垣間見え、とても暖かい気持ちになりました(#^.^#)。

わさおは雑種だとばかり思っていましたが、秋田犬だったんですね~。
(秋田犬つながりで、先日、映画「HACHI」の試写会にも呼ばれていました。)
長毛種の秋田犬というのがたまに生まれるんだそうです。繁殖の途中で北方の犬とかけあわせたからではないかと言われているそうですが、寒い冬にはゴージャスなもこもこ毛皮があったくていいでしょうねえ。

わさおは捨てられていたところを、犬好きなおかあさんに拾われました。
先住のわんこ、「ちび」も捨て犬だったそうです。
人にはなかなか心を開かなかったわさおが、ちびとは仲が良くて、美味しいものをもらうとまずちびに分けてあげたり、ちびと一緒でないとお散歩もいきたがらなかったり、という話にじーんと来ました。

20年来、犬を飼い続けて来たおかあさんは、いくら可愛くてもわんこを甘やかさない育て方、でも愛情をたっぷりかけられているのは、「わさお」の歯が真っ白でぴかぴかなのを見ればわかります(^O^)。

漁業の町、それもイカ焼き屋さんで飼われているので、ご飯はいつもおかあさん手作りのお魚入り(たまにお肉入り)なんだそうです。
昔のわんこはみんなこういうごたまぜご飯を食べてましたよねえ・・・最近のわんこは、栄養バランスが取れているはずのドッグフードを食べていても成人病になってしまったりします・・・(@_@)、17歳というお年寄でも元気なちびを見ると、人間もわんこも、昔の日本の暮らしが健康にはいいのかなあなんて思ってしまいました。
わさおはクシャっとした顔でおじいちゃんみたいですが、まだ2歳、青年犬です(#^.^#)。

わさおの住む鯵ヶ沢は、岩木山を臨む海辺の町。
昔、ここを通っているJR五能線というローカル列車に乗って、青森から能代まで行った事があります。夏場で海と山の景色を堪能しましたが、冬はさぞ厳しい風景になるんだろうなと思いました。
(最近のわさお画像は、鯵ヶ沢のブロガーさんがやっている「わさお通信:今日のしっぽ」というブログで見られます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

3Dの世界

あまり景気の良くない映画業界に活気を与えてくれると期待されているのが、3D映画だとこの間ニュースでやっていました。

この夏休みの映画でも、デジタル3D対応の映画が何本か予定されていますが、3Dを上映出来る機器のある映画館はまだそんなに多くないそうです。お家では見られない迫力映像をぜひ映画館で、とお客さんが増えてくれることを期待しているのですね。20090718_p1020091

昔も「飛び出る映画」というのはありましたが、今の技術は段違いで、本当に立体的に見えるんだそうです。
ニュースで、その理屈を説明していましたが、わかったようなわからないような(^^ゞ・・・。
2台のカメラで撮影して、左右の眼にそれぞれ違う映像を見せて、そのズレで立体的に見えるというのは何となく納得しました・・・。

うさみは3Dのゲームでも方向感覚がわからなくなってしまいますし、映画もわざわざ高いお金(大人料金2000円ですので差額は200円)を払って3Dじゃなくてもいいです。2Dでじゅうぶん綺麗です。

でもどうやら、そういう古い人間は少なくて、世は3Dへ流れているらしいですね?

デジカメでも、3D対応の新機種富士フィルムから来月発売になると発表されました。

これは、映画と違って眼鏡をかけなくても3Dに見えるんだそうです。
ピントやホワイトバランスを自動で補正してくれるのと同じように、視差補正を自動で行えOjiupる賢い機械ということですが、どういう仕組みなのか全然わかりませ~ん!

・・・こんな写真が3Dになったら、愛犬の鼻がびゅーっと前に飛び出て見えるんでしょうか(^◇^)??

写真って、3次元を2次元の限られた大きさの面に切り取って見せるところが面白くて、カメラマンの腕の見せ所かと思っていましたが、3D写真となると一体どういう写真がいい写真 なんでしょう(@Д@;?
動画との違いがよくわからなくなってきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

もう冬支度!?

夏休みが始まり、通勤電車から学生さんがいなくなってちょっと嬉しい今週ですが、一方ではもう冬支度が始まっています(^O^)。

ユニクロの「ヒートテック」というシリーズをご存知でしょうか?
ユニクロと東レが共同開発して数年前に売り出され、爆発的なヒットを飛ばした人気の冬用下着です。20090524_p1010719
素材そのものが発熱保温して、着ている人をあったかくしてくれるという高機能ながら、お手頃な価格なのが受け、去年は売れ過ぎて品切れを起こしていました。

ユニクロ好きのうさみ家の面々、特に母がヒートテックが欲しい!欲しい!と騒いでおり、あったら買ってあげようと探しましたが、話題になった後ではどこのお店にもありませんでした(@Д@;。

使った人の、とにかく温かい!それなのにごもごもしない!すごい!という感想だけが聞こえてきて、そんなにいいモノなのか~、日本の技術ってすごいな~と思っていました。

今年は、去年買い逃した人にも行き渡るよう、発売日を1ヶ月早めることにしたそうで、昨日、オンラインストアその他一部店舗で販売が始まりました。

今年のヒートテックは去年よりもパワーアップしているんだそうで、発熱保温吸汗速乾抗菌ストレッチ機能に、静電気防止形状保持機能がプラスされているそうです。

今年もまだ欲しいのかしら、と母に打診してみたところ、いる!買っておいてくれ!とのこと。片手でPCの画面を見ながら、電話で、どの形がいいの、色は?と希望を聞いて注文しました。

Tシャツは半袖・八分袖・長袖でタートルネックがあり、女性用にはキャミソールも登場、色も数色ずつ用意されていて、下着というより十分お外に着て行けます。
靴下とタイツが男性用しか作られていないのは、何故なんでしょう?女性用があったら買うのに・・・。

父とすまっぺの分も注文しました。
さすがに売り出し開始日だと、サイズも色も全部揃っていましたが、あっという間に売り切れそうですね・・・。

もし去年買い逃して、今年こそ!とお思いの方がいらっしゃいましたら、お早目にどうぞ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

あめちゃん

ハンドメイド好きさんたちが、自分で作った作品の写真や作り方を投稿するポータルサイトをちょくちょくのぞきに行っています。編物、キルト、刺繍、紙雑貨、フラワーアレンジなど、いろんな分野の、すぐに作れそうなちょこっとした物から、すごく凝った大作まで、いろんなものがのっています。
みなさん、作り方のヒントやコツを惜しげなく公開してくれていて、ためになります(^O^)。

先日、ここに夏用のピンク色の糸で編んだ可愛いポーチがアップされていたのですが、その作品名が「あめちゃん入れ」でした(#^.^#)。

これをお作りになったのは、間違いなく西のお方でしょう(後でプロフィールを拝見したら、大阪の方でした(*^_^*)。
の大人は「飴」には「ちゃん」を付けません・・・少なくともうさみの知る範囲では(;´▽`A``。

西の方では飴に「ちゃん」を付けて呼び、特に大阪のオバちゃんは、常時「飴ちゃん」をたくさん入れた袋を持ち歩いていて、乗り物で隣り合わせた知らない人にも分けてくれる、という話を聞いていました。



さすが、振り込め詐欺にひっかかる率が一番低いと言われる大阪のオバちゃんは、すごいですね~。
知らない人がいきなり飴をくれようとしたら、東京の場合、何か変なモノ入りじゃないかとか、その後何かに勧誘されるんじゃないかと警戒してしまいますが、大阪のオバちゃんのノリなら平気なんでしょうね・・・。

うさみは大阪には2度ほど観光で行きましたが、オバちゃんが多い地域に行かなかったせいか、「あめちゃん、いらん?」と声をかけてもらえませんでした(^^ゞ。

あめちゃん以外にも、「おいもさん」とか「お豆さん」とか、食べ物に「さん」をつけるのは、京都の公家言葉の名残ではないかといわれているそうですが、優しい感じ、ものを大切にしている感じがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

見たい・・・見たくない・・・

昨日、映画館で予告編が始まると、ああ、またこれが流れるのね、出来ればもう見たくなかった(>_<)、と思っているのに、いつの間にかほっこり笑顔(* ̄ー ̄*)になってしまい、その後じわじわ来てウルウル泣いてました(u_u。)。

予告編で泣くな!しかも見るのは初めてじゃないのに・・・と自分でつっこんでみましたが、泣けるものは泣けるのです。
この映画、見たい気持ち半分、それと同じくらいの強さで見たくない気持ちが半分です( ̄Д ̄;;。

見たいのは、リチャード・ギアが好きだから(^O^)。
愛と青春の旅だち」の頃から見てますが、年を取ってますます素敵になってきた俳優さんですよね~。



見たくないのは、もういなくなった彼を駅で愛犬がいつまでも待っている姿が辛すぎるから・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。。

そう、問題の予告編は、「ハチ公物語」をハリウッドでリメイクした映画HACHI 約束の犬」でした。



忠犬ハチ公
の物語って、ストーリーを聞くだけで、犬好きにはじんわり目頭が熱くなってしまいます。
実際のわんこが出て来て、前半は可愛い仔犬姿と、飼い主さんとの幸せな暮らしを見せられた日には、後半の駅待ち姿は耐えられそうにありません。号泣間違いなしです・・・(^_^;)。

・・・そう思って、仲代達矢さんが出た日本版も見ていません。
わんこが出て来て活躍するコメディは見るのですが、飼い主さんかわんこのどちらかが病気になったり命を落としたり、という話は作り物でも見たくないのです。

でも、予告編のHACHIは、とっても可愛くて賢い顔をしていました!!
こういう可愛いところは見たい!
実際の撮影では3匹の秋田犬を使ったと、リチャード・ギア(自身も犬を飼っている、大の愛犬家だそうです(#^.^#)が来日インタビューで語っていました。本物のハチと同じように、左耳だけ垂れた秋田犬を探すのが大変だったそうです。

DVDになったら前半だけ見ようかな・・・。
ハチより一足先に公開になる、白い犬が主人公のディズニーアニメボルト」なら、映画館で見ても大丈夫そうです(*^_^*)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

この映画を観ました~「アマルフィ 女神の報酬」

フジテレビ開局50周年記念、と大々的に宣伝している映画「アマルフィ 女神の報復」を観て来ました(^◇^)。

当初、真保裕一さん原作ということ以外にはあまり興味が無かったのですが、Amalfi1オールロケと聞いて俄然観たくなりました(^^ゞ。

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスは、愛する妖精の死を哀しみ、世界で最も美しいとされる場所に、その亡がらを埋めて町を作った。
彼女を永遠のものとするために・・・。
その町の名は―アマルフィ。
英雄はこうして町を作り伝説になる。
だが、そうでない人間はただ悲しみを背負って生きていくしかない。


映画の中で、ある人がアマルフィの美しい海岸を前にして言うセリフですが、それに深い意味があったことが、後にわかります。

お話は、G8開催を目前にしたローマから始まります。
母親と観光に訪れた日本人の少女が誘拐され、赴任したばかりの外交官が誘拐犯との交渉にあたり、犯人の要求でローマの街中を走り回らされ、ついには南イタリアのアマルフィまで行くことになります。
カピトリーニ美術館、テルミニ駅、サンタンジェロ城、スペイン階段・・・観光名所がたっぷり登場しますが、それにも理由があったことが後に判明するあたり、うまいです。

主人公の乗った車の映像から、空撮にうつって海岸沿いの道路、やがてアマルフィの街が見えて来て、全景を臨むシーンが息を呑むほど美しかった!!
これでアマルフィを訪れる日本人観光客が相当増えることでしょう(*^。^*)。

サラ・ブライトマン(歌姫ご本人が出演して歌ってます)のコンサート会場として使われる、カゼルタ宮殿の豪華さにも目を見張りました。



~以下、ネタバレありです。~

続きを読む "この映画を観ました~「アマルフィ 女神の報酬」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

歯医者さん今昔

今日は歯医者さんの予約日でした。

長いことかかっていた奥歯の治療が、ようやく大詰めです(*^。^*)。ああ、でもまた保険外の義歯に大枚が・・・(@_@;)、来年も確定申告して税金還付決定です。

診察台に横になりながら、先日読んだ本のことを思い出していました。

北朝鮮の拉致被害者・蓮池薫さんが、ソウルに奥様と取材旅行された際の紀行文をメインにまとめられた本「半島へ、ふたたび」です。



北朝鮮での暮らしぶりや、帰国後の”浦島太郎”状態ぶりにも触れられています。
ご夫婦とも、歯科技術が進歩していることと、歯科スタッフ(先生や看護師さん、受付)の愛想が良いことに驚かれたそうです。

さもありなん、と思いました。

帰国された当時、ニュースで拝見していて、長い年月ご苦労なさったんだなあとしみじみ感じたのは、皆さんの歯が一様にボロボロだったからでした(>_<)。
年齢的にはうさみとさほど変わらないのに、歯があんなふうになってしまうなんて、栄養の行き届いたお食事を取れなかったんだな、歯医者さんにも行けなかったのかなあ、と思いました。

あちらで歯医者さんに行けたかどうかは本には書かれていませんでしたが、食糧事情が悪かったことは出て来ました。

続きを読む "歯医者さん今昔"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

デコクロ

最近、うさみ母は地域センターの染物教室に参加しています。

スカーフエコバッグの成功に気をよくして、ユニクロの週末セールでゲットして来た白い半袖綿Tシャツを染めてみたところ、むらが出来てあまり満足の行く出来でなかったようです(^-^;。
ちょっと刺繍でもして誤魔化してくれ、とうさみに業務委託(^^ゞして来ました。お駄賃に、まあまあうまく染まった1枚をくれるそうです(^O^)。

ならば、この間どこかのサイトで見かけた「デコクロ」というやつをやってみましょう~(o^-^o)。

「デコクロ」は、ハンドメイド好きお嬢様方の作ったお言葉で、「デコレーション・ユニクロ」の略で、「ユニクロ」を「デコ」る(飾る)という意味だそうです。
「デコ電」の仲間みたいなものでしょう。

お安く手に入るシンプルなユニクロ、でもひととかぶっちゃったらイヤ、自分のアイデアで小物をつけて装飾したり、リメイクしたりして、世界にひとつだけの物を作るのが目的。

お嬢様方が公開しているマイ・デコクロ画像を拝見させていただきましたが、スカートやパーカーのような大物もどんどんデコられていて、言われなければ元がユニクロだってわかりません。

うさみはそこまでお裁縫の腕もありませんし、出来上がった物を着るのがおばさんということも考慮して、襟元にレースをつける、刺繍ワッペンを作ってつける、コサージュを作ってつける、程度にしておきました。

年寄りだから地味にしなきゃ、という考えにはうさみは反対で、年を取って肌がくすんできてこそ、明るめの色を身につけて気持ちも明るく!と思っています。
お似合いならいくつだって何でもお召しになればよろしいし、とにかく好きだから着たいとおっしゃるならばたとえ似合わなかろうがそれはそれでいいのです。
若者向けのデザインをフツーのオジサン・オバサンが着こなすのは難しいし、若者服を着たから若者に戻れる訳ではないことだけ頭の隅に留めておいていただければ・・・(^^ゞ。

20090716_p1020080さて、出来上がりは、こちらがうさみ母のTシャツ。

ローズマリーで染めたというダークグリーンに、フリルのレースをつけてます。
ひまわりの刺繍は背中につけました。20090716_p1020081

コサージュはぴよよんさんのサイトで拝見して、とても素敵で真似して作ってみたかったお花コサージュ。花びらの大きさが同じに出来ないところがうさみの性格です・・・(-_-;)。

うさみがもらったTシャツは、さくらで染めた薄いピンク色、桜の木の皮を入れたと言っていたのですが、それでもピンク色に染まるのですねえ。
多分お洗濯を繰り返すうちにもっと褪せて赤みが抜けていくんだと思います。
20090717_p1020087
うさみのコサージュはぶりぶり少女趣味満開に作りました(#^.^#)。真ん中の緑のボタン(フランス製)がとってもお気に入りです。

初デコクロ、無事完成でーす(* ̄ー ̄*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

ヤン坊マー坊

駅のホームで電車を待っていましたら、そばに立っていらしたサラリーマン風のおじ様が、とっても可愛いビニール製の袋を提げていました(^O^)。

ヤン坊マー坊のイラストがついた袋です。
それも表はふたりの大きなイラスト、裏は小さなイラストが縦横にたくさん並んでいるという凝った絵柄のものでした。

その袋はどこでいただいたんですか?(株)ヤンマーにお勤めなんですか?(うさみ心の声)

わりと最近、新聞でヤン坊マー坊のアニメーションを描いている作家さんのお話を読んで懐かしく思っていたところでした。
今年はヤン坊マー坊誕生して50周年なのだそうです。

あの天気予報にあわせて流れるヤン坊とマー坊の歌は、いつの間にか覚えてしまい、何十年たっても忘れていません(^^ゞ。

ぼくの名前はヤン坊
ぼくの名前はマー坊
ふたりあわせてヤンマーだ
君とボクとでヤンマーだ
 ・・・ ・・・ ・・・
小さなものから大きなものまで
動かす力だヤンマーディーゼル


あの歌を聞くと、うさみの頭の奥にしまわれている昭和が甦る感じがします。夕方のアニメとか時代劇の再放送の時間帯によく流れていたCMでした。

最近は聞かないので、もうやっていないのだろうと思っていましたが、首都圏で放映していないだけで健在なんだそうです。
首都圏には農機具や漁船エンジンを買う人は少ないのかもしれませんが、空調システムとか太陽光発電なんかも扱っているので、またCMを放映してくれればいいのにな~。

続きを読む "ヤン坊マー坊"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

オフィス街のランチ

本日のうさみのお昼ご飯を激写(!?)してみました(* ̄ー ̄*)。

20090715_p1020079会社近くの立ち食い蕎麦屋さんが作っている手作りお弁当、450円です(^O^)。

ここのお弁当はなかなか人気です。うさみはいつも早めに買いに行くので、並ばなくても買えますが、12時を過ぎるとサラリーマンやOLさんの長い列が出来ます。

人気の秘密は、何と言ってもお値段が安い
今年のサラリーマンの昼食代平均は590円だそうですから、このお店ならお弁当を買ってもまだ140円余って、コンビニおやつが買えますね(#^.^#)。

そして種類が多い
おかずとご飯の組み合わせがたくさんあって、毎日食べても飽きが来にくいのです。

そして何と言っても美味しい
安くても不味かったら、買いたくないですよね・・・ここのはお蕎麦屋さんの厨房で作って、お店前で売っていて、美味しいです。外食のお弁当にしては、栄養のバランスも取れていると思います。

うさみはいつも買って帰って、オフィスの机でのーんびりネットサーフィンなどしながら食べますが、お店の中でも食べられるので、時間の無いサラリーマンさんはよくお店に持ち込んでいます。

今日はうさみの後から来たOLお姉さんが、「これって今日の夜に食べても大丈夫ですか?」と聞いてました。残業食の確保なのか、お家に持って帰るお夕飯なのか・・・お店のおじさんに「私達も夕飯に食べてますから大丈夫ですよ。」と言われて買っていました。

続きを読む "オフィス街のランチ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

久々のイヤーエステ

関東も梅雨が明けました。
外の蒸し暑さと室内の強い冷房にあてられて、疲れ気味の体を癒すべく、久々にイヤーエステに行って来ました(*^。^*)。

前と同じ80分コースにしました。

少し照明を落とした部屋であっためたベッドに横になった時点で、もう眠り込んでしまいそ20090711_p1020046 うでした(^^ゞ。

最初に泡で耳を洗ってもらい、耳から首肩をマッサージしてもらったあたりまでは覚えていますが、次に気が付いたら、お耳掃除段階は終了していました(^_^;)。
ひとに耳をお掃除してもらう、優しく、かつ自分では見えないので踏み込めないあたりまできっちり掻いて貰える心地よさを味わいたかったのに~、残念!
次回はここだけは起きておいて、その後で寝るようにしようっと~(^◇^)。

台湾式マッサージでお耳掃除をしてもらった時は、お掃除結果(耳垢(^_^;)を全部見せられて、こんなに汚れてましたか(@_@;)という恥ずかしい気持ちと、こんなに取れて綺麗になったんだ!という嬉しいような気持ちと半々でした。
オシャレなイヤーエステサロンでは、お掃除結果は本人には知らせないままです(^◇^)。

お耳掃除の後は、全身のリンパマッサージです。
冷房で冷え固まっていた脚が、ほこほこしてきました。
毎日やってもらいたいです~。

耳にはツボがたくさんあり、洗顔後、両耳を上下左右に引っ20090712_p1020071張ったり倒したりするだけで、マッサージ効果があるそうですが、結構痛いので(>_<)、自分では思いっきりやりきれないんですよね・・・・。
すまっぺに頼まれて肩を揉んであげる時は、耳もぐいぐい引っ張ってあげてます(^◇^)。

→ 暑くて舌が出る愛犬・・・くっついている羊はただのぬいぐるみではなく、中に冷え冷えシートが入ってます(*^。^*)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

マックにて

日本バラ色計画」というマクドナルド派手なCMにつられて、週末、地元のお店でクオーターパウンダーを食べて来ました(^o^)。

クオーターパウンダーセットを食べると、バラ色缶バッジ1個と、スクラッチカードがもらえて、抽選でバラ色Tシャツが当たるキャンペーンです。

日本をバラ色にしよう!っていうスローガンがいいですよね、何だか気持ちが落ち込むような事件ばかり起こる昨今ですから、少しでも世間が明るくなったらいいな~と思います(*^_^*)。

食べてみて、合計で30万枚当たるというTシャツが当たらなかったのはいいんです、そんなに期待してませんでしたし・・・。
でも、もれなくもらえる缶バッジ、バラの絵(写真かな?)の120090713_p1020075_2パターンしかないとばかり思っていたのに、うさみがもらったのは、これでした(@_@;)。

イラストは可愛くないし、スローガン的にも楽しくない!
(株なんかやってこなかったから、株価が下がっても平気だよ!って意味だと思いますが・・・(-_-;)

全部で50種類あるんだそうで、他の柄はとHPを見ました。

やっぱりバラ柄が一番可愛いかったですねえ・・・スローガンだったら、"Beef is Beautiful"か、"BEEFREE"(意味としてはBe Freeなんですが、Fで切って、牛のシルエットがついてるのが可笑しい!)、「悩みまでバラ色だ」なんかが欲しかったです。

うーん、クオーターパウンダーが好きだったらまたチャレンジするんですが、うさみはやっぱりモスバーガー派ゆえ・・・。

続きを読む "マックにて"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

折り紙チックな箱

カルトナージュのクラスに行って来ました(^O^)。

20090711_p1020047  今月は、先月に続いて複雑な形の箱に挑戦してみました。

折り紙の箱・・・名前がわかりませんが、新聞の折り込み広告で折ってミカンの皮やオ20090713_p1020072ヤツを入れたあれ→ に似ていませんか(^^ゞ?

これ、外側側面は、1枚の長い用紙を折り目をつけて折って形にしているので、外側を作るのは楽でしたが、内側は8つの三角形面から20090711_p1020050出来ていて、ひとつずつ作って順にのりしろ分がはみ出ないよう貼っていくのがちょっと面倒でした。

四角のフタにつけた取っ手は、カルトナージュ用に作られた物ではなくて、DIYコーナーなどにある、ドアや引き出しの取っ手用の物なのだそうです。

全体にマイカラーのを意識して材料を選んでみました。

先生が作られた見本は、白地に淡い花が散った布に、花模様の取っ手で、ほわんと優しい感じでした。黄色系で強めの色も入っているうさみの箱は、だいぶ違うイメージになりました。
全く同じ形・同じ大きさでも、布が違うと雰囲気がガラっと変わるのは面白いですね。

今回レッスンでご一緒になったおふたりは、うさみが前作ったお道具箱を作っていらっしゃいました。
それぞれお好きな布を選んでいらっしゃるので、ご趣味がちょっと伺えます(^O^)。
お道具箱はパーツが多いので時間がかかります。うさみは仕上がりは雑だけど手が早いのが自慢(?)で、一足お先に帰って参りました。

来月は、オーソドックスに蓋つきの箱を作る予定です。

いつも持参している布用の鋏は、うっかりケント紙も切ってしまうし、ボンドもベタベタくっつけるしで、せっかくの切れる鋏をもっと大切にしなくては~( ̄◆ ̄;)。
20090713_p1020077 刷毛やへらは100円ショップの物でも違いを感じませんが、鋏の切れ味ってお値段に相応しているんですよね・・・。

うさみの手芸用鋏大集合の図です。
手作りシザーフォブ(鋏の飾り)は、うさぎ刺繍で統一しています(#^.^#)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

西洋美術館FUN DAY2009

国立西洋美術館FUN DAY 2009に行って来ました(^^♪。

20090711_p1020040多くの人に西美に足を運んでもらい、収蔵作品に触れ親しんでもらうオープンミュージアム企画です。
企画展・常設展とも入場料が無料になり、ギャラリートーク、建築ツアー、ウォークラリークイズ、前庭コンサートなど、子供から大人まで、普段美術館によく行く人から初めての人まで楽しめるイベントがたくさんでした(*^。^*)。

今年は西美開館50周年の記念年でもあり、「ル・コルビュジェと国立西洋美術館」という特別展も開催中です。
環境色彩のテキストで、ル・コルビュジェの建築に関してちょっとは勉強しましたが、西洋美術館の本館って、彼の原則にのっとって設計されていたんですねえ・・・西美は身近な存在過ぎて、気付きませんでした(^_^;)。
西美の向かいに立っている東京文化会館が、ル・コルビュジェの弟子だった日本人建築家前川國男によって設計され、西美と合うよう、高さや意匠に気を配られているというのも、初めて知りました。20090711_p1020042

建物の内外を巡ってル・コルビュジェの建築について解説してくれる40分建築ツアーに参加したかったのですが、整理券配布が始まる時間にちょっと遅れてしまい、既に満員でした(-_-;)。その時間より前に行って並んでいないといけなかったんですね・・・。
館内を鑑賞中に、ツアーのご一行とすれ違い、ほんのさわりだけお話が聞こえました(^_^;)。

続きを読む "西洋美術館FUN DAY2009"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

花火嫌いのわんこ対策

我が家の愛犬が、洋服を脱いで裸犬になる季節です。
寒がりチワワですから、暑いのは得意なのかと思えばさにあらず・・・真夏ともなれば、冷え冷えマットにぐた~っと寝転んでチワワのヒラキと化します( ̄Д ̄;;。

これからの季節、おうじの苦手とするモノが次々にやって来ます。20090705_p1010988

その1は・・・これが得意なわんこはいないのかもしれません。

うさみ父母のご近所で飼われていたわんこなどは、雷に脅えて窓ガラスを突き破って逃走し、方々探し回った飼い主さんがようやく見つけた時は傷だらけだったそうです(@_@;)。

おうじはそこまでのパワーはありませんが、雷が鳴り出すとプチパニックになり、家中で退避場所を探し回ります。無理に捕まえて落ち着かせようとすると、パニックが増すばかりなので、好きな場所に隠れさせています(^^ゞ。(以前、この話題で書いた記事はこちら

その2は花火・・・今年は不景気で開催中止になった花火大会が多いそうですが、うさみ家近辺で開かれる予定の花火大会は隅田川を始め、いくつかあります(*^_^*)。
20090704_p1010971 どれも音は聞こえますが、さほど近くはないので、おうじも大丈夫です。

マズイのは、暑くなると始まる近所の公園での爆竹花火遊び・・・。
花火大会なら開始と終了の時刻がわかっていますが、子供&若者の遊びは何時に始まっていつまで続くかわからず、終わったかな~と安心するとまたパーンと来るので、ほんとに気が休まりません(>_<)。

そういう時の対策が、ネットのコネタにのっていました。

花火嫌いの犬のために気をつけたいこと - 速報:@niftyニュース.

クラシック音楽がリラックス効果があって効くんだそうです・・・。
おうじはクラシックよりノリのいい音が好きなような気がしますが(たまにおうじがテレビ画面に注目する時は、たいていポップな音楽♪)、今度試してみます。
モーツアルトがいいかしら(^O^)。

そうそう、ご近所の花火大会が中止でガッカリ、という方がいらっしゃいましたら、お家で打ち上げ花火が楽しめる、「家(うち)あげ花火」という商品がセガトイズから発売になるそうですよ(#^.^#)。

家庭用プラネタリウムみたいな投影機で、好きな種類の花火を自分で決めた順番で楽しめるんだそうです。メッセージ花火も作れるんだそうで、大人数で集まった時など受けそうですね~。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年7月 9日 (木)

今朝のニュース

毎朝、出かける仕度をしながら、テレビのニュース番組をつけっぱなしで耳から聞いています。

一番重要なのは、天気予報と交通情報ですが(^^ゞ、スポーツコーナーにも少し注目しています。昨日プロ野球の楽天イーグルスは勝ったかどうか・・・イーグルスが勝った翌日は、楽天市場のお買物ポイントが2倍つきますので、買いたいものがある時はそういう日にまとめて買おうと勝敗をチェックしているのです(^O^)。



今朝のニュースでは、イーグルスに関して、野村監督が始球式に登場した事と、チームは逆転負けした事を伝えていました。

何で監督が始球式に出るのかしら?とは思いましたがたいして気にせず出勤。
会社で休み時間にネットニュースをチェックしていたら、始球式の写真記事が載っていました。

写真のタイトルは「難病女性が始球式」。

ALSという難病と戦っているイーグルスファンの女性が車椅子で始球式を行い、田中投手がマウンドまで車椅子を押し、野村監督がキャッチャーとしてボールを受けた、という記事でした。
女性は某デパートにお勤めで、野村監督がよくそこでお買物をしているご縁で実現した始球式なのだそうです。
田中投手は昨日登板ではなかったのに、マー君ファンの女性のためにエスコートに出て来たんだそうです。

続きを読む "今朝のニュース"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

今日の柄

今日のうさみのシャツはこんな柄でした(^O^)。

20090708_p1020037縮緬のようなしぼがある和風柄なので、着物をリメークしたのかと聞かれますが、生地はポリエステル100%で最初から洋服用です。

今はもう活動を停止してしまったうさみの大好きなデザイナーさんが、メンズブランドから出したシャツで、ネットオークションで見つけた、柄も色もお気に入りの1枚です。
身長165センチのうさみでも、メンズのMサイズは横幅が大き過ぎ、お直し専門店に持ち込んで身幅と丈を詰めてもらいました。打ち合わせは女物とは逆のままで着ています(^^ゞ。

抹茶色の地に、(まがき)の文と紅葉があしらわれ、紫の花房が垂れています・・・この紫の花、ずーっとフジだと思って着ていました。

でも今日よーく見てみたら、丸い葉っぱも描かれていて、ひょっとして桐の花?という気がしてきました(゚0゚)。20090708_p1020031

花房が下向きだと藤っぽいのですが、花が上向きで丸い葉が下についていると桐っぽいです・・・。
藤&桐なのかもしれません。
どちらも5月に咲く薄紫の花で、いい香りがしますね(^O^)。

最近、お庭に桐を植えるお家が少ないらしく、ご近所で桐の花を見かけません。昔は女の子が生まれた記念に桐を植えて、お嫁に行く時それで箪笥を作るとか言いましたよね。

お着物だと、何の花かはっきりわかる柄は、季節を守って纏うという決まりがあり、さらに実際の花に先駆けて着るのがお洒落とされています。フジの柄だったら4月初めころに着るのがお洒落で、秋に着てはダメなのですね。

洋服ではあまりそんなことを気にする人はいないかと思いますが、やっぱりヒマワリ柄は真夏のピカピカな陽射しに似合うし、チューリップ柄なら春のそよ風がふさわしい気がします(*^_^*)。

このシャツの柄に描いてある花がフジだけだったら、今の時期に着ようと思わないかもしれませんが、紅葉も入っているので秋でもOKな柄なのです(#^.^#)。
蒸し暑い日にすこし涼しさを感じられる色かしら、と着てみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

七夕の朝顔市

まだ東京の梅雨は明けませんが、傘のいらない七夕でした。
毎年、入谷の朝顔市が開かれるのは七夕じゃなかったかな、と急に思い出し、会社帰りに寄ってみる気になりました。

20090707_p1020017 HPによると、朝の5時から夜の11時までやっているんだそうです。朝早いのは、モノが朝に開く朝顔だけにわかりますが、夜も遅くまでやっているんですね~、植木屋さんは大変ですねえ。

行った事がある場所でも、昼と夜では見え方が違ってたどり着けるか心配な方向音痴うさみですが、今日の入谷の駅で降りるお客さんはほとんど全部朝顔市目当てでしょうから、大丈夫(^O^)。

いやはや、すごい人出でした(@_@;)。歩行者天国にしたAsagao道路の片側が朝顔の露店、反対側は食べ物の露店で、人の熱気と、食べ物の匂いで、むんむんでした。

前に見物に行った時、植木屋さんが、盛んにカメラで撮影する人は撮るばっかで買ってくれないから営業妨害だ、とこぼしていましたが、今日もカメラマンさんは多かったです。今日のうさみは一鉢選んで買うつもりなので、ただ撮りではありませ~ん(^◇^)。

紫や青より、白とか茶色の花が好きなのですが、育てやすいのはどれかしら?何種類かAsagao2 の花が混じって咲くやつもいいかなあ。
・・・と思っていましたが、いざ本物を見ると、結構鉢が大きいのですね。これから蔓がさらに伸びるとしたら、置き場所に困ってしまう・・・ということで、小さな鉢であまり伸びないものを選びました(#^.^#)。苗が3本植えられているので、3色のお花が楽しめるそうです。
↓ 鉢はこんな大きさです(^◇^)。

うさみは、緑の指の持ち主とはとても言えず、どちらかと言うと、すぐ枯らす方かもしれま20090707_p1020029せん(^_^;)。ちゃんと朝顔を育ててタネを取れるでしょうか?

小学生の頃、お決まりの夏休みの宿題、「朝顔の観察日記をつける」をやらされた事はありますが、もうあまり記憶にございません(^_^;)。

もうつぼみがついているのを買ったのですから、お花は咲いてくれるでしょう。うさみ家のベランダは風が強いので、もしもそれで無理そうだったら、うさみ父母邸に里子に出します。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年7月 6日 (月)

500色の色えんぴつ専用ラック

フェリシモの「500色の色えんぴつ」、2回目が届きました(◎´∀`)ノ。

20090707_p10200221回目が橙系の色でしたので、今回は黄色を予測していましたが、緑系でした~。

500色がどういう順番で届くかはおまかせで人によってそれぞれ違うというのを、1回目が届いた後、他の方のブログで知りました(^^ゞ。・・・ちゃんと説明の下のほうに書いてあったんですけど読んでいなかったので、他の方に違う色が届いているのを見てびっくりしました。

今月は色鉛筆セットと一緒に、専用ラックの紹介パンフレットが入って来ました。

全部揃うと500本、どうやって収納しようか悩みます(^_^;)。
せっかくたくさん色があるので、仕舞い込むんじゃなくて色が見えるような収納法があるといいと思いますし。

購入して同じ様な事を思う方が多かったようで、専用ラックを作って欲しいという声に答えて、4つのラックが開発・発売になりました。20090707_p1020013

飾る」ラックは、壁に掛けてディスプレイするためのケースが2種類。
100本が入るものと、25本収納のもの。100本ラック(縦18.5x横78cm)を5段揃えて飾ると壮観ですね~。うさみ家にはそんなに空いている壁はないのですが、2段か3段で、好きな色だけ厳選して飾るなら出来そうです(*^_^*)。

遊ぶ」のが目的のケースは、鉛筆1本を立てて入れる4.5cmのキャップをどんどんつなげられるものです。
20090707_p1020015角度を変えられるので、まっすぐ揃えて立てることも、つなげてからぐるぐるロールケーキのように巻いてコンパクトにすることも出来るそうです。これは面白いですね~、ほんといろいろ遊べそうです。

もうひとつ、「使う」ためのケースは、鉛筆25本が入れられる透明な立方体
これのスグれたところは、丸枠か四角枠の面を使えば普通の鉛筆立てのようにまとめてポンと入れられますが、小さな穴が25個あいている面を使うと、1本ずつきっちり立てられるというところ。全部を納めるためには25個のキューブが必要になり場所を取りそうですが、これも数個だけ入手してよく使う色を入れたらよさそうです。20090707_p1020020

飾って楽しい100本ラックが、うさみの気持ち的には第一候補ですが、お部屋を掃除して壁を空けてからでないと注文出来ません(^_^;)。
今後、CDラックのような大きな木製シェルフタイプも販売されるのだそうで、フェリシモさんは商売がうまいですね~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

選挙ポスター

都議会選挙が公示になり、にぎやかな週末でした(^_^;)。

駅前の街頭応援演説に、石原都知事がやって来る、というのがちょっとした地元の話題になっていました(^O^)。20090705_p1010993
うさみは見に行きませんでしたが、きっと物見高い地元民がたくさん集まったことでしょう。その人たちのどれだけが、石原さんが応援していた候補者の名前を覚えているか、怪しいものですけど(^^ゞ。

掲示された選挙ポスターを見ていて、最近は撮り方も変わったな~と思いました。

昔はバストアップで正面を向いた生真面目な表情の証明写真みたいな候補者の写真を真ん中に、名前と所属政党が左右か上下に配されていたように思います。文字に使われる色も、黄色ばかりだったような・・・。

今回の候補者たちのポスターは、全身が写ったもの、子供や犬と一緒に撮ったもの、にっこりと歯を見せて笑ったもの、など写真の撮り方もいろいろで、色使いではピンクが結構目立ちました。
男性候補者で、名前がピンク色というのもありました。

ポスターの写真の写り次第で、得票が1000票単位で変わる事もあるらしいとかで、各候補とも、お金をかけて撮影しているんですね~。
撮る方(写真スタジオ)も、着る物やメイクのアドバイスから、笑い方の指導まで、有権者の好感度を上げるために、あの手この手でサービスするそうです。

犬と一緒の写真だと、うさみなどは、このわんこはモデル犬(撮影用に誰かから借りて来た犬)なのか、候補者本人の愛犬なのかが気になります(^^ゞ。
20090705_p1010991子供さんはご本人と似ているとか、年齢的に合わないから違うだろうとか推理出来ますが、わんこはわかりませんものね。

← キャリーバッグに入って選挙に行った経験ありの愛犬です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

お散歩&ご近所お買物バッグ

愛犬のお散歩と、近所にお財布と携帯だけ持って買物に行く時用に、ミニバッグを作りました(^O^)。

20090705_p1010984I Love My Dog”というフリーチャート(@Barbara Ana)を見つけて、これは絶対お散歩バッグにぴったりの図柄!と思ったのでした。
わんこの色を、愛犬と同じ白地に茶色にする案も考えたのですが、犬種が違うので色が同じでもおうじには見えないか、とわんこはオリジナルのままで刺しました。
代わりに、ご飯皿の名前を「oji(おうじ)」にしてみました。

中袋は、わんこの足型と骨が染められた手ぬぐいで、あずま袋型にしました。
あずま袋は、エコの高まりで最近人気が出ているみたいですね。20090705_p1010985

何故、こういう名前がついたのか、あずま袋、あづま袋、吾妻袋、どれが正しいのかはわかりませんでした。日本文化の風呂敷(包み物)から、西洋文化の「袋物」へ移行する過渡期に出て来たのでは、という説は当たっていそうですね。

昔、おばあちゃんかおばさんに教えてもらって作った事があり、ネットであずま袋の作り方もゲットしたので簡単だろうと思っていました。
1枚の長い布を半分に切って、2箇所縫い合わせるだけで出来上がるのですが、どこの辺とどこの辺を縫い合わせるといいのか途中でわからなくなってしまいました(@_@;)。頭の固さはこういう時にも露見してしまいますね( ̄◆ ̄;)。
20090705_p1010983
何とか正しい縫い方にたどり着いたのは良かったのですが、いざ出来上がってみたら、持ち手が短すぎて2重結びが出来ませんでした・・・(>_<)。バッグの大きさには合っているので、結ばないで使いましょう。

裏側は、同じデザイナーさんのフリーチャートで、横に長い図柄の途中までを使わせてもらいました。
図柄のタイトルは、”Spring In My Garden”というのですが、毒々しいまでに派手派手な 色をたくさん使った花は、春よりっぽいと思います(^^ゞ。

20090705_p1010982早速愛犬とバッグをさげてお散歩に行きました。
愛犬のお気に召したかどうかは、?です(^O^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

ボタン

100年ほど前のイギリスが舞台のコージーミステリに、メイド頭さんがビスケットの空き缶に色とりどりのボタンをためているというシーンがありました(*^。^*)。



ボタンを失くしてしまったその家の人々は、メイド頭さんのところへ行って、ボタンの缶から似たボタンを探して付けるんだそうです。

うさみも子供の頃、ボタンが取れると、うさみ母が裁縫箱の中のボタン箱からボタンを探して付けてくれたのを思い出しました。いろんなボタンが出てくるのが面白くて、用も無いのに箱を全部ひっくり返してボタンをひとつひとつ調べてみたりしましたっけ(^◇^)。
自分でも「マイボタン箱」にボタンを集めて使っていましたが、いつの間にか、ボタン箱からボタンを探すことはなくなっていました。

最近の工業用ミシンの性能が上がって、ボタンが取れなくなったのかな、と理由を考えてみましたが、どうも、手持ちの衣服の中で、ボタンが付いている物の割合が昔より減っているんではないか、と気付きました(^^ゞ。
カットソー」の登場で、ボタンもファスナーもないトップスが増えました。
特に、外出用以外の衣服・・・ちょっと近所までお買物やわんこ散歩用の服や、パジャマは、ほとんどボタンがついていません(^_^;)。脱ぎ着が楽ですし、アイロンも糊もいらないですし、カジュアルデーならそれで会社にも行っちゃえますし(*^_^*)。

手芸は好きでも、うさみはボタン付けが得意とは言えません。取れないように付いて入ればいいか~という、大雑把なやり方がいけないのでしょう・・・。
でも、モノとしてのボタンは好きです(*^。^*)。形や色がたくさんあ20090704_p1010977って、見ているのは楽しいです。

このボタンは先日雑貨屋さんで衝動買いしたボタンです(#^.^#)。
チェコで買い付けた、ウランガラス製だそうです。
ウランってあの核兵器のウランなんだそうですが、微量だと人体に害はなく、これを着色料に含んだガラスは美しい蛍光緑色をしていて、ブラックライト(紫外線)を当てると光る特性があり、食器や雑貨が作られて一時期とても人気があったそうです。

20090704_p1010979ブラックライトを当てて光るところを見せてもらい、すっかり気に入って買って来ました。
何に付けようか、付けないで飾っておくだけでもいいか、等と考えています(^◇^)。

← これは裏側。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

歩数計

最近体重が増え気味で、梅雨が明けたらウォーキングでもするかなあ、とぼんやり考えておりましたら、楽しいウォーキングの友になってくれそうな歩数計を見つけました(#^.^#)。

バンダイから出ている「遊歩計」シリーズは、歩数計(「万歩計」の方がうさみには馴染みがある言葉なのですが、これは商標名なんだそうです。)としての歩いた距離を記録する機能に、ゲーム感覚がプラスされているシリーズ、Webサイトとも連動しています。

今まで発売になっているのは、アニメ「母をたずねて三千里」の"お母さんに会うまで僕は絶対にあきらめない!!”と、「宇宙戦艦ヤマト」の”歩いてイスカンダルへ”、「課長島耕作」の”歩いてサクセス!社長への道”・・・ユーザーとして狙っている層が、うさみ世代っぽいです(^^ゞ。
マルコやヤマトのアニメをナマで見て育ち、島耕作でサラリーマンとしての栄華を夢見たメタボ世代(^_^;)。

原作ファンならではのお楽しみセリフやイベントがあるそうで、たくさん歩いてハッピーエンドを迎えるぞ、と頑張れそうですね。

今月このシリーズの第4弾が出るそうです。
その名も「天下統一 ~歩いて戦国の覇者となれ~」(^O^)。

戦国時代が舞台で、信長・信玄・謙信という3人の武将になって歴史の出来事をたどると共に、果たせなかった天下統一の夢をオリジナルストーリーで果たすことも出来るのだそうです。
ちょっと前なら、中年以降の男性狙いの企画だなと思いますが、最近はレキジョ(歴史が好きな女子、お気に入りの武将ゆかりの名所旧跡をまわって神社に少女マンガちっくなイラストいり絵馬を奉納したりするらしいです)の存在がクローズアップされていますので、そちらもターゲットに入れているのでしょう(*^。^*)。

うさみは、レキジョじゃありませんが、ちょっとやってみたいかも。
でも頑張って毎日歩かないと、すぐに領地を失ってしまうのかな(^^ゞ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年7月 1日 (水)

5つの未来

ふだんはそれほど占いを見ないのですが、プロバイダーのサイトでたまたま目に付いた宣伝文句、「英国全土を揺るがす賢者たちがついに日本上陸!」に興味をひかれて、”Media Cosmicsの正統英国占星術”をやってみました(^O^)。

イギリスで占星術で賢者、ときたら、うさみのイメージは「ハリー・ポッター」直結です(#^.^#)。
ハリーの通う魔法使いの学校にも、占い学の授業があって、エマ・トンプソンが胡散臭そう~な占い師の先生(実は重大な予言をしたのですが、牛乳瓶底眼鏡にぶっ飛んだ服装なので、あまりそうは見えません・・・)を演じていましたね。

”正統”と名乗っているのは、雑誌の巻末についている12星座の星占いより詳しいですよ~、という感じみたいです。
占い師さんのプロフィールを見ると、何だかたいそうな学歴をお持ちだったりして、天文学に近いところがあるんでしょうか。

うさみの好きな漫画家さんが占星術師と風水の大家の息子を主人公に描かれた漫画(「フォーチュン・プラネット」佐久間智代)で、占星術に関するコネタを学びました(^O^)。



生まれた時の太陽の位置から決まるのがいわゆる星座ですが、その時に他の星がいた場所も占いには関係してくるので、同じ誕生日でも、生まれた場所や時間が違えば、性格もたどる運命も全く異なってくるのだとか。正確に占うには、ホロスコープ(天体配置図)を描いて、星々の位置をチェックするのだそうです。

さて、英国の賢者によるうさみに「必ず訪れる5つの未来 ~転機・金運・仕事・出会い・恋~」の結果は・・・うーん、未来の事なので当たっているものやら、わかりません(^^ゞ。
どうやら2011年に大きな転機と恋が訪れるらしいです(^O^)。金運が最も上がるのが、2021年・・・ってそんなに先ですか(^^ゞ。20090606_p1010819

面白いなあと思ったのが、最後に書いてあったメッセージで、良い出来事は、必ずしも思ったとおりの形をして現れるとは限らない、幸運の星・木星をつかさどる全能の神ゼウスが神話の中で、白鳥や雄牛、金の雨などに姿を変えて現れたように、”最初それほど重要でないように思われた出来事が、のちに最も運命的で人生を変えるような結果となる可能性がある”というところです。

自分の気持ち・受け取り方次第で、運命は変わって行くのですね。
わかっていてもなかなか物事の明るい方だけ眺めるのは難しい、そんな気分の時にこの言葉を思い出せるよう、頭の引き出しに仕舞っておきましょう(* ̄ー ̄*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »