« この映画を観ました~「サブウェイ123 激突」 | トップページ | 「赤い服 日本と世界のさまざまな赤」 »

2009年9月21日 (月)

犬本読みました~「トメさんちの愛犬マヤ」

世間の愛犬家と愛猫家の数は同じくらいではないかと思うのですが、本屋さんのペットコーナーに並ぶ犬本猫本を比べると、どうも猫本が多いようですね(^^ゞ。
ペットブログを書籍化した本なども、にゃんこさんに比べるとわんこのは少ないような・・・ということで、新しい犬本を見つけると目を通さずにいられず、ちょっとそのわんこが可愛ければすぐお買い上げしてしまいます(^◇^)。

先日購入したのは、「スッキリ!」「キッパリ!」などのコミックエッセイが売れているイラストレーター上大岡トメさんが犬を飼うと決めてから、選んだ犬が上大岡家にやって来て家族の一員になるまでの小さな事件あれこれを綴った「トメさんちの愛犬マヤ」です。



黒いわんこのマヤちゃんは甲斐犬と柴犬の血が入っているミックス♀で、わんわん銀行経由で引き取られました。
このわんわん銀行というシステムのことを初めて知りました。仔犬の里親を探している人と引き取りたい人のお見合い場所を地方自治体が提供するんだそうです。元飼い主と新飼い主が直接お話出来るので、お互いどんな人かわかりますし、聞いておきたいことが聞けて安心ですね(*^。^*)。

名前の”マヤ”は、4人家族(パパ・ママ・娘・息子)で一番お世話をする時間が多くなるお母さんのトメさんの命名だそうです。
名前を披露するとよく聞かれるように、「ガラスの仮面」のヒロインから取ったのではなく(^_^;)、映画「南極物語」(ハリウッドリメイク版)に登場する犬の名前なんだそうです。

犬本を読む時は、どうしても我が家の愛犬と比較しつつ、になります(^O^)。

そういうこと、うちもあるある!犬種が違ってもおんなじなのね~と嬉しくなったり、そんないたずらはうちのはしない(しなかった)わ、我が家の愛犬の方がお利口ねと犬馬鹿ぶり20090916_p1020484 を発揮してみたり。

トメさんの愛犬マヤちゃんと、我が家の愛犬おうじの共通点は、怖がりのビビリ屋でいろんな音に驚いて物陰に隠れることでしょう(^^ゞ。

うさみ家のように狭くてもたまにどこに隠れたかわからなくなることがありますので、一軒家では大変でしょう(*_*;。
ウッドデッキの下、奥の方に隠れられて、食べ物でつってもなだめすかしても出て来てくれず、とうとう一番体の小さい息子さんがデッキの下にもぐって引っ張り出した話や、逃走して2軒お隣家の物置下にもぐった話などは、わかるわかる~と笑ってしまいました。

マヤちゃんは怖がりながらも積極的に自分のテリトリーでは行動するようで、寝場所になっているリビングルームに置いてある物を数々カジって駄目にしています。
照明コード、エレクトーンのコード、ゲームのコントローラー20090916_p1020465に階段の角・・・(^_^;)。
我が家の愛犬はそういうイタズラはしたことがありません、食べ物関係のイタズラはするんですけど。
チワワだと、あんまり狩猟本能が無いのでしょうか(^◇^)?

|

« この映画を観ました~「サブウェイ123 激突」 | トップページ | 「赤い服 日本と世界のさまざまな赤」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/46284134

この記事へのトラックバック一覧です: 犬本読みました~「トメさんちの愛犬マヤ」:

« この映画を観ました~「サブウェイ123 激突」 | トップページ | 「赤い服 日本と世界のさまざまな赤」 »