« クラフトとアート | トップページ | 色の導き »

2009年9月27日 (日)

秋のもなか

一度は食べてみたいと思っていた、銀座・空也さんの最中をいただきました(^O^)。

20090927_p1020606 漱石の「吾輩は猫である」にも登場する老舗の「空也」さん、お店の前は何度も通っていますが、何となく敷居の高い感じ(^^ゞですし、予約をしないと買えない最中を食べた事はありません。

銀座で入ったカフェで、「抹茶最中セット」というスイーツを頼んだら、その空也さんの最中でした~(*^。^*)。
上品な甘みが抹茶と合って美味しゅうございました。

最中は、「もなかの月」(中秋の名月のこと)から来た名前だと、和菓子職人をめざす女の子が主人公の漫画「あんどーなつ」で知りました(^O^)。 



江戸時代に売り出された最中の月は、餡子も入っていなくて、お煎餅みたいなお菓子だったそうですね。
今時の最中はいろんな形がありますが、もとはお月様のまんまる型ばかりだったんでしょう。

うさみはこどもの頃から餡子は大好きですが、最中の美味しさがわかるようになったのは、割と最近です(^^ゞ。20090927_p1020607
最中は薄い皮に比して餡子が多く、バランスが良くない(=甘過ぎる)、皮がもっと厚ければいいのに、と思っていました。
食べているうちに皮がふにゃっと柔らかくなる、アイス最中だけは好きでしたが(^◇^)。

冷たいものをあまり摂らないようになり、アイス最中から遠ざかった頃、普通の最中の美味しさに気付いたようです。
ぎゅーっと詰まった最中の甘さは、シックな秋の味、大人の甘味なのかもしれません(*^_^*)。

|

« クラフトとアート | トップページ | 色の導き »

コメント

『銀座』と聞いただけでビビリます。
あくまでイメージですが。。。
私には敷居が高くて。。
でも、庶民派ってのもありますよね?

投稿: ふくやぎ | 2009年9月27日 (日) 22時14分

>ふくやぎさん
最近の銀座はユニクロもアオキもありますし、若い人も増えて昔とは違ってきたと思いますよ。

投稿: うさみ | 2009年9月29日 (火) 20時45分

うさみさん

こんばんは!
ああ、「空也」のもなか、憧れです。
いつでも売切れ御免でいただいたことがありません。
おいしいのでしょうね。
食べてみたいなあ。
どちらのカフェなんざんしょ?
お抹茶とまた合いそうですね。
私は先日、「お抹茶アフタヌーンティー」というのを頼んだのに、肝腎のお抹茶を飲み忘れてくるという不手際でした。
オソマツ!

投稿: よしりん | 2009年10月 8日 (木) 21時24分

>よしりんさん
銀座松屋デパートの裏にある、「野の花 司」の2Fにある「茶房 野の花」です。たぶん同じ銀座にあるご縁で注文しているんだと思います(*^。^*)。
お抹茶アフタヌーンティー、というと、和菓子がいっぱい出るんでしょうか?美味しそう~。

投稿: うさみ | 2009年10月 9日 (金) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/46329046

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のもなか:

« クラフトとアート | トップページ | 色の導き »