« 憧れの歌舞伎座桟敷席 | トップページ | クラフトとアート »

2009年9月25日 (金)

初ケータイコミック

うさみの大好きな漫画家さんの、コミックスが途中まで出版されて休載になっていた漫画作品が、携帯サイトのみで配信開始になりました( ̄▽ ̄)。

本は絶対アナログ派、なうさみですが、その作品が携帯サイトで公開後、まとめてコミックスとして出版されるかどうかわかりませんし、まずは初回だけでも見てみることにしました。

該当サイトに会員登録し、コミックを見るためのソフトをダウンロードし、と、読む準備を整えるだけで一苦労でした( ̄◆ ̄;)。20090922_p1020511

漫画そのものは面白くて満足しましたが、ケータイコミックというメディアにはフラストレーションがたまるだけで好きになれませんでした(@Д@;。

うさみは漫画ファン歴○十年以上、漫画の早読みが特技(何の自慢にもなりませんけど・・・)なのですが、携帯コミックは飛ばし読みが出来ません!最初にセットされた順番に「次へ」ボタンを押してめくっていくしかないんです\(*`∧´)/。

「ジャンプ」機能もついていますが、ページ数で指定するか、一度読んで「しおり」をつけてそこに飛ぶしかないので、ぱらぱらめくる、ということが出来ません。
漫画に慣れない方は、不規則に並んだコマをどの順番で読んでいいかわからないというのを聞きますが、携帯コミックならその心配はないみたいですね・・・。

そしてマンガ本なら、ぱっと見開いて一度に2ページが目に入りますが、携帯コミックは、一コマずつしか一画面に表示されないんです。それもちょっと大ゴマだとスクロールしないと全体が見えません(≧ヘ≦)。
コマ割りの取り方にも漫画家さんのオリジナリティーがあって面白いところなのに、一コマ20090922_p1020528 ずつの表示では1ページ全体がどういう構成になっているのかわかりません。

もともと印刷用の原稿用紙に描いたものを、ケータイのような小さな画面で読むところに無理が生じるんだろうと思いますが、若者には売れているそうですから彼らは気にしないんでしょう・・・。
ケータイ画面を想定して描かれればまた違った表現方法の作品が出て来ると思いますが、過去の作品はやっぱり「本」で読みたいです。
出版業界も大不況だそうですが、本という媒体自体が無くなることがありませんように・・・うさみは本を買い続けるぞ~(* ̄0 ̄)ノ。

|

« 憧れの歌舞伎座桟敷席 | トップページ | クラフトとアート »

コメント

最近は携帯端末(アマゾンのキンドルやソニーの端末、iPhoneやiPodtouch向けのソフトなど。。。)が出てきて、本は「書籍」ではなく「端末」で読む時代になるのかなぁ・・・と思い始めています。
かさばるハードカバーを持ち歩かなくても、沢山の書籍のデータを一つの端末でいつでも読むことができるようになるのは、確かに便利ですが、やっぱり読書の味わい(?)が足りませんよね。

投稿: アラベスク | 2009年9月29日 (火) 08時32分

>アラベスクさん
端末で読むのは味気ないし、眼が疲れます・・・。あくまで「本」派です!

投稿: うさみ | 2009年9月29日 (火) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/46315547

この記事へのトラックバック一覧です: 初ケータイコミック:

« 憧れの歌舞伎座桟敷席 | トップページ | クラフトとアート »