« マークの存在 | トップページ | 初ケータイコミック »

2009年9月24日 (木)

憧れの歌舞伎座桟敷席

東京歌舞伎座の取り壊しまでには、ぜひ一度、と願っていた憧れの桟敷席に、奮発して行って参りました\(^o^)/。
九月大歌舞伎の昼の部公演でーす。
20090924_p1020545  20090924_p1020546
歌舞伎座の桟敷席は、東西(舞台の上手と下手)1階と2階、あわせて72席です。
お値段的には、一等席と2,000円しか違わないのですが、2人ずつのプチ個室になっていて、テーブルもあってゆったり出来ますし、普通の座席とは違う角度から見られますし、江戸の芝居小屋の雰囲気が残る席ですよね。一度はここからの観劇を体験してみたかったのです(* ̄ー ̄*)。

開場より30分以上前に着いてしまったので、歌舞伎座のまわりをぐるっとお散歩していましたら、楽屋入口にすーっと入っていた車がありました。運転していたの、たぶん市川染五郎さんだったと思うんですよね、一瞬だったから自信はないのですが、劇場の係の人がお迎えに来ていたので役者さんには違いないと思います。

ちょっと得した気分で入場し、いざ、東の桟敷席へ!
発売開始日にネットで切符を購入したのですが、その時点で既に西(下手)の桟敷席は売れていました。やはり花道に近い方が人気があるのですね。
20090924_p1020551
扉を開けると靴脱ぎスペースと小さな戸棚があり、カーテンで中は見えないようになっています。カーテンを開けるとこんな感じです。

畳に座椅子と座布団がふたつ、テーブルにはお茶のセットとお弁当のメニューが置いてあります。このメニューのお弁当を頼むと、お席まで持って来てくれるのだそうですが、お値段もお高(3,500円)かったので、場内で普通にお弁当を買いました。

足元は掘り炬燵式に足が下ろせるようになっています。歌舞伎座開場当時は、4人ごとの座布団席だったのだそうですが、途中で2人ずつ仕切った掘り炬燵式になったそうです。
20090924_p1020553
歌舞伎座の座席は、一等席でも前列との間隔が狭いので、桟敷だとスペースがゆったりしていて楽でした~。
でも、舞台に対して直角の向きに作られた席なので、舞台をよく見ようとすると体が斜め向きになるのが、ちょっと大変でした(;´▽`A``。

昼の部の演目は、司馬遼太郎の「竜馬がゆく 最後の一日」、「時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)」、舞踊「お祭り」、「河内山」でした。20090924_p1020566
シリアスで緊張感張り詰めるお芝居の後、秋祭りのおめでたい短い踊りがあって、最後は庶民のストレスを吹き飛ばしてくれるお数寄屋坊主がお殿様をやっつける話で締め、という盛りだくさんの構成です。

11時開演、間に30分と15分の休憩は挟みますが、終演が16時・・・見ているだけでも結構疲れます( ̄Д ̄;;。たくさん見られて嬉しくもあり、やっぱり疲れるから上演時間を短くしてはとも思うのでした。プログラム構成について20090924_p1020556 は、いろいろと大人の事情があるのでしょうね・・・。

|

« マークの存在 | トップページ | 初ケータイコミック »

コメント

歌舞伎座桟敷席デビューですか、羨ましいです!
昨年会社の従業員会の行事で五月大歌舞伎の昼講演に行きましたが、当然椅子席でした。1階でしたが。
明日は悪友何人かと、大相撲観戦デビューしてきます。○青龍勝ちっ放しで、日本人力士の元気がないのがちょっと残念ですが。

投稿: アラベスク | 2009年9月26日 (土) 16時56分

>アラベスクさん
新しく出来る劇場にも桟敷席は出来るかもしれませんが、きっと”桟敷”というより”ボックス席”って雰囲気になると思うんですよね、ビル内の劇場だし。どうしても今のうちに、と思って頑張って切符を取りました。
大相撲、明日ってことは千秋楽?よく切符取れましたね~。楽しんで来てください!

投稿: うさみ | 2009年9月26日 (土) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/46307494

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れの歌舞伎座桟敷席:

« マークの存在 | トップページ | 初ケータイコミック »