« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

この映画を観ました~「風が強く吹いている」

三浦しをんさん原作の小説を映画化した「風が強く吹いている」を観て来ました~(*^_^*)。



観たかった理由はただひとつ、箱根駅伝が好きだから(^O^)、に尽きます。

運動音痴のうさみには、苦しみの時間が長くて途中で休めない長距離走は、スポーツの中でも最も苦手度が高い競技ですが、観戦するのは好きです。あんな難行苦行を好んでやろうと思って、しかも出来てしまう選手たちを尊敬します~。Kaze5

この映画は、箱根駅伝を目指す弱小大学陸上部の話なのですが、部員が10人ギリギリで、うちまともな長距離ランナーは2人だけ、名前だけの監督しかいない環境で箱根駅伝出場なんて、ファンタジー以上にありえない状況ですよね・・・(^^ゞ。

それを、どれだけあってもおかしくないことだと見ている人を引き込めるか、が映画の勝負どころだと思います。

~以下、ネタバレありです。~

続きを読む "この映画を観ました~「風が強く吹いている」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

取っておきのハンカチ

タオルハンカチが登場してから、普通のハンカチーフの出番はぐっと減ってしまいました(^^ゞ。

面倒くさがりのうさみには、タオルハンカチアイロンが不要というポイントはとても高いです(^O^)。
それに、もこもこやふわふわの肌触りが楽しめる点もいいですね。

ただ、タオルハンカチには、繊細で微妙な美しさ、向こうが透けて見える頼りなさ、小さな美を感じる贅はありません・・・。
ちょっと無理して質の良い物を手に入れて、レディの気分を味わい、普段にはもったいなくて使えずたんすの奥にしまって、たまに出してみてはにっこりする、大切なお出かけの時だけバッグに忍ばせる・・・そんな「お取っとき」のハンカチの存在を最近忘れていました(^_^;)。

20091101_p1030117久しぶりに引っ張り出してみたお取っときハンカチは、スワトウ(汕頭)刺繍のものです(#^.^#)。
昔はお遣い物用にしたりしましたが、最近あまり人気がないのでしょうか、デパートのハンカチ売り場でもそんなに置いてありませんね。

中国の伝統刺繍に、ヨーロッパから来た宣教師が持ち込んだ西洋刺繍の技法が混じったものがスワトウ刺繍なのだそうです。
よく見ると、ふちかがり部分、花や葉の盛り上がった部分、穴をあけて模様にしている部分、唐草の部分と、それぞれ違った刺し方が使われています。刺繍が細かければ細かいほど高価になるそうです。うさみは白一色より、たくさんの色が使われている方が好きなので、これを選んだのだったと思います。

ヴェネツィアみやげのコットンレースハンカチも、お取っときです(*^_^*)。20091101_p1030118
(→ 下に端っこが少し写っているものです(@_@;)
ヴェネツィアは、ガラスのムラーノ島が有名ですが、ブラーノ島に漁師の奥さんたちが伝えて来たレースも素晴らしいのです。

普通のハンカチのように、洗った手を拭いたり、食事後の口をぬぐったりには決して使わず、せいぜいバッグに入れておくか、ポケットチーフとして胸ポケットに挿したことしかありません(^^ゞ。
それでも、持っているだけで、贅沢気分になれる不思議な小布なのでした(*^。^*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

秋のお散歩日和

素晴らしい秋の好天お散歩日和でした(^O^)。

朝のうちに、近くの公園まで愛犬とお散歩に出ました。
20091029_p1030086
大きな木の根元に、綱でつながれたわんこがいました。毛の短い日本犬です。
あらら?何故わんこだけこんなところに~?ご主人様はお手洗いでも行かれたのかしら~?

うさみと愛犬が、公園をぐるっとひと回りし、さらにベンチで一休みして同じ場所に戻って来ても、まだわんこは同じ場所にいました(^_^;)。
綱が長いので、その辺を歩いたり、場所を変えて座り込んだりしているようです。

長時間置き去りにされているにしては、わんこは日向ぼっこを楽しんでいる様子です(* ̄ー ̄*)。20091029_p1030082

ああ、そっか~!
ご主人様は、その木から少し離れた砂地でゲートボールに興じているシニアプレイヤーさ んたちのおひとりなんですね!
砂地につながれるよりは、木の下の方が草むらを楽しめますし、木陰で涼めます(#^.^#)。
木陰は砂地より少し小高いので、ご主人もわんこも、お互いの姿が目に入っているのでしょう。

とてもゆっくりと贅沢に流れる時間を感じました(*^_^*)。

午後はインドアの予定があったのですが、あまりの好天にそれをキャンセルし、自転車で20091029_p1030104ふた走りのバラ公園に行く事にしました。
愛犬に問いましたら同行したいと主張しましたので、自転車の前カゴに乗せて行きました。

春バラシーズンのように、垣根がバラでおおわれるほどではありませんが、かなりの種類が咲いていて、甘い香りも漂っていました(*^。^*)。
ご近所の方々がお散歩がてら、秋バラ鑑賞に訪れていました。

車椅子のおばあさまが、遠くから愛犬を見つけて近寄って来られました。犬がお好きなんですね(#^.^#)。
おうじをまだ仔犬かと思っていらしたので20091029_p1030100、10歳で人間なら結構なトシですが元気です、とお答えしました。おうじに触れることで、セラピー効果というのでしょうか、パワーをお裾分け出来たらいいなあと思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

4月娘完成(^O^)

春先にやり始めて、ずっと放ってあったクロスステッチ刺繍がようやく完成しました\(^o^)/!!

20091029_p1030088County Lass”という、クラシックなワンピース姿の女の子と花があしらわれたシリーズの中の、”April”というタイトルがついたデザインです。

4月はうさみの生まれ月ですし、黄色メインでがアクセントのデザインもすごく気に入り、刺繍の難易度は考えずにキットを購入しました。
お誕生日記念にと、4月中に完成させるつもりで始めたのですが(^_^;)、最初の籠部分が複雑で綺麗に出来ず、挫折してしまいました(@_@;)。

その後、ずっと他の物を手掛けていて、半分忘れていました。
最近また思い出して、来年の誕生日までのつもりで気長に刺せば出来るかもしれない、と再開しました。

面倒な部分を過ぎたら、それほど手はかからず、さくさく進んで無事完成しました(#^.^#)。

大きさは、A4よりちょっと大きいくらいです。
いつも小さなデザインをちまちま刺しているうさみにしては大物でした・・・。20091029_p1030091

このシリーズ、他のデザインは、お花の名前(バラ・ポピーなど)や女の子の名前がついているのですが、これだけが月の名前です。
足元に咲いているのは、お洋服と同じ黄色のラッパスイセン、4月の花、というわけですね~。うさみはスイセンと聞くと、すぐ日本水仙が浮かび、冬の花(2月頃咲く)のイメージがあるのですが、ラッパスイセンなら春ですよね(#^.^#)。

このキットはイギリス製で、女の子が持っている籠に入っているのは、イースターエッグです。4月はイースター、春の始まり、なんですね~(*^_^*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

ハロウィーンの飾り

今週末はハロウィーンですね(^^♪。

20091027_p1030074最近のハロウィーン商戦の盛り上がりは、日本人の節操のなさなのか、イベント好きの表れなのか、本来の由来や宗教的意味も知らずに騒いでいるだけでいいのかな~と思いますが・・・(^_^;)。
(以前、ハロウィーンの意味などについて書いた記事はこちらです。)

とは言いつつも、うさみもちょっとハロウィーン気分を楽しんでみたいな、と、ハロウィーン風のお花を楽しむフラワーアレンジメントの教室に行って来ました。

シールの目鼻口をつけたカボチャだけで、お、ハロウィーンだな、という感じですが、さらに秋の終わりの風情を、ケイトウトウガラシススキで賑やかにしています。
ガーベラも真っ赤で、晩秋を感じますね(*^_^*)。20091027_p1030076

クラシックな花器を選んで、ゴシックでお化けが出そうな古いお館のイメージにしたかったのですが、枝ものが入るとどうしても華道風な活け上がりになっちゃうんですよね・・・ 。

地元商店街でも、ハロウィーンにあやかった売り出しなどをやっています。

愛犬おうじの好きなパン屋さんも、すっかりハロウィーンの飾り付けがされて、カボチャを使った期間限定パンが並んでいました(#^.^#)。
青い魔女?お化けちゃん?がカボチャを持っているんですが、画像ではわかりにくいです20091022_p1030060_2 ね・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

開店直後のデパート

美容室でさっぱりして来ました(#^.^#)。
最近うさみの通っているお店は、デパートの中にあります。デパートでお買い物中に、あ、空いてる、今ならすぐやってもらえそうだ、と飛び込みで入ったのが最初で、雰囲気が気に入って通っています。

美容室の施術は半日仕事(@_@;)、出来るだけ早く入店して早く終わって帰りたいと思い、たいてい朝一番の時間に予約を入れています。このお店の朝一番は、当然デパートの開店時刻と同じです。20091016_p1020922

予約時間に合わせて行くと、デパートの開店ご挨拶イベント!?にぶつかってしまいます(^^ゞ。

「○○デパートはただいま開店でございます。ご来店ありがとうございます。」という軽やかな店内放送に合わせて、店中の店員さんたちが通路の両側にずらっと並んで、入って来るお客さんに「いらっしゃいませ!」と深々とお辞儀をしてくれます。

大名気分が味わえるこれが大好きでこのために開店にあわせてデパートに行く方もいらっしゃるそうですが、うさみはこれが苦手です・・・(^_^;)。来店しただけでまだ買ってもいないのに、そんなに丁寧に挨拶されても困りますぅ、ほっといて下さい・・・。

表玄関は一番並んでいる店員さんの数が多いからと、地下入り口から入ると、入り口にはあまり人がいなくても、まだお客さんのいないフロアを横切ってエレベーター乗り場まで行く間、あちこちから「いらっしゃいませ!!」コールをかけられてしまいます。本当は美容室の前にお化粧室に寄りたくても、そちらルートに店員さんがいっぱい並んでいると、ばつが悪くて行かれません(^^ゞ。

20091016_p1030014 デパートのご挨拶でもうひとつ苦手なのが、ショップでお買い物した商品を「出口までお持ちします。」と言われてそのブランドの出口まで運んでくれて、「ありがとうございました~。またお越し下さい。」と見送ってくれることです・・・(;;;´Д`)ゝ。
たいしてお買い上げしてないし、恥ずかしいのでお見送りは結構ですから~、と言いたくても言えません、小心者です。

以前、秋葉原の大型電気店で無料配送をしてもらえる電化製品を買って、すぐ使いたいので自分で持って帰りたいと主張した時は、「では店の出口までお持ちしましょう。」と言ってくれた店員のお兄さんに有難く運んでもらいましたが・・・(^O^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

ベルギー幻想美術館

本日で会期が終了した、「ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまで 姫路市立美術館所蔵」(BUNKAMURAザ・ミュージアム)を、先週駆け込みで見20091025_p1030069 て来ました(*^_^*)。

会期終了が迫っていたせいか、マグリットの人気があるのか、平日でもかなり混んでいました。

19世紀後半から20世紀前半にかけてのベルギー絵画を集めた展覧会です。
姫路市立美術館のコレクションだそうで、白鷺城の姫路とベルギーに何か関係が?と不思議でした。姫路市とベルギーのシャルルロワという市が姉妹都市だからだそうです。

展示のベルギー美術について、パンフレットには、以下のように説明されていました。

この時代に最も強いメッセージを放っていたのは、象徴主義、シュルレアリスム、表現主義にまたがるこうした内向的な芸術家たちの作品群、つまり「ベルギー幻想美術」だったのです。 


抽象画でしたら、何を描いてあるのかわからなくてもいいのだ、と開き直って形や模様として見られるのですが、描いてあるものがはっきりわかるのに、あるべき光景とずれて描かれた絵を前にすると、画家は何を意図してこんな風に描いたのだろうと気になります(^_^;)。20091025_p1030071_2
何故服を着た女性と裸婦が混じっているんだろう、とか、これは鏡なのか後ろの景色なのか、とか・・・(@_@;)。

そういう「ありえない絵」を集めて見せられて、消化不良がたまって何かすっきりしない気分でした(^^ゞ。

あまり消化不良光線を出していなくて気に入ったのは、フェルナン・クノップフの鉛筆で描かれた柔らかい女性の横顔と、陰鬱な水にうつるブリュージュの景色、です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

今年のブーツ

今年は冷夏の割に、寒くなるのが遅いと思っていましたら、急に寒波がやって来ました(^^ゞ。

我が家の愛犬が、暖を求めて人間と添い寝をしにベッドに潜り込み始める頃、うさみの足元も靴からブーツに衣替えです。
春が来るまで、めったに靴が登場することはありません(^_^;)。
冬中どこへ行くにもブーツですから、ブーツは何足か持っています。
20091024_p1030068
今年、新しく入手したブーツがこちらです(^◇^)。

入手したと言いますか、これはうさみ母に買ってもらいました(^^ゞ。
いいトシをして親にモノを買ってもらうんじゃないとお叱りを受けそうですね・・・。先日母とご飯を食べた時、ここのデパートの商品券を持っているから好きな物を買いなさい、とプッシュされ、一応辞退はしたのですが押し切られて、ならば使うものをと、ブーツを選ばせてもらいました。

ここ2・3年、うさみは夏も冬もカンペールCAMPER)というスペインの靴(ブーツ)を履いています。
履いていてとっても楽で歩きやすい、でもオバサンのドタ靴じゃない一風変わったデザインがお気に入りです(*^_^*)。

お買い物中のデパートにはカンペールのブティックが入っていなかったので、一度履いてみたかった、モッコモコあったかブーツにしよう!とUGG(アグ)のコーナーを見に行きました。

表参道ヒルズに直営店が出来た時(2006年)から、あったかくて軽そうなブーツだな~とは思っていましたが、履いてみたのは初めてです。

軽いっ!!でも履くとちゃんと歩けるだけの安定感はあります。そしてあったかいのは見た目の通りです(#^.^#)。
さすがオーストラリアのいいシープスキンを使って作っていると自慢するだけあります~。人工皮革と違って、皮自体が呼吸するのでジメジメしなくてあったかいんだそうです。

型は定番ですが、色は他の人はあまり選ばないだろうブルーグリーンです。

今、UGGのブーツはお嬢様方に大人気なんだそうですね。
デザインをパクった偽物も横行しているんだそうで、街中でたくさん見かけるのは、ほとんど偽アグなんでしょうか・・・(^^ゞ。

本家のサイトをチェックしましたら、うさみが公開を楽しみにしている映画かいじゅうたちのいるところ」(”Where the wild things are”、原作はモーリス・センダックの絵本です)とのコラボブーツ、というのがのっていました。



これ、欲しい!日本でも取り扱っているか問い合わせよう、と意気込んだのも束の間、子供用オンリーの展開でした(@_@;)。
そうですね、子供向けファンタジー映画ですもんね、大人は子供向け映画のキャラクター(王冠だけど)がプリントされたブーツなんて履きませんか・・・、残念(^_^;)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

「ゆきの日」

大きな本屋さんには、子供向けの絵本コーナーとは別に、大人の絵本を集めたコーナーがあります。

絵と平易な文章で構成されているからには、「絵本」なのですが、内容が最初から大人向けであったり、年を重ねたおとなが読んだ方がじんわりと深い意味に感動したり、という本たちです。

先日、ぶらっと立ち寄ったそのコーナーで、ブルーグレーのシンプルな表紙に魅かれて1冊の絵本を手に取りました。

ゆきの日 on Christmas day」 菊田まりこ 絵・文



中身の絵も、ブルーグレーと白と黒だけを使ったシンプルな絵面です。
字は少ないし、ページ数も短いので、あっという間に立ち読み出来てしまいます。
読み終わったけれど、また読み直したいと思ったので買って帰りました。

主人公は、丸眼鏡の冴えないサラリーマンのお兄さん。

ある朝目が覚めると、大雪が降っています\(◎o◎)/!

・・・電車が動かない!会社に遅れる!最悪だ!

ブツブツ文句をタレながら、傘を差して転ばないよう地面ばかりを見て歩く彼の横を、珍しい雪に大喜びの子供たちが空を見上げながら走って行きます。

子供はすべてが新鮮で楽しそう・・・自分だって子供の頃はああだったのに、大人になった自分は、いつもどこかすこし満たされていない。何かを失くしてしまったんだろうか?

胸にズキーンと痛いこのあたりの描写です(@_@;)。
うさみも雪が降れば、電車が止まったらどうしよう、迷惑だ、何で降るんだろう、と思ってしまいます。こどもの頃は、たまにしか降らない雪が嬉しくて楽しかったのに・・・(^^ゞ。

~以下、お話のネタバレありです。~

続きを読む "「ゆきの日」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

カフェあれこれ

今日のお昼は、愛犬とドッグカフェでいただきました(*^_^*)。
都内とは言えオシャレエリアではない、うさみ家の近辺でも、ドッグカフェが増えて来ました。20091022_p1030044

最近、○○カフェ、という喫茶プラスアルファでお客さんを呼ぼうとしているお店が多いですね(^O^)。

うさみのお散歩エリアに、「キッズカフェ」があり、いつもちいさい子供たちとお母さんが集まっています。
カラフルな遊具がお店の外からでも見えて、楽しそうな雰囲気です。”キッズ”のためのカフェでも、大人だけで利用してはダメという事は無いのですが、やっぱりちょっと入りにくく、まだ入ったことはありません(^^ゞ。

以前、「刺繍カフェ」に参加した話を書いた事がありますが、「ニットカフェ」や「手芸カフェ」は、とても盛んなようです(#^.^#)。
その昔は、誰かお友達の居間に集まっておしゃべりしながら、繕い物や編み物なんかをし20091022_p1030040 ていたのが、今はカフェというイベント化しているんですね。

昔の歌声喫茶が今は「歌声カフェ」、ピアノの生演奏が聴ける喫茶店は「ピアノカフェ」、名前を変えると今風にオシャレ感がアップなのでしょうか(^◇^)。

お店にある本を読み放題の「ブックカフェ」や、自習室の雰囲気な個室が並んだ「勉強カフェ」もあちこちにあるそうです。

この間、街で見掛けて、えーっ、中はどうなってるんだろう!?と興味津々なのが「足湯カフェ」(^O^)。その時は入る時間がありませんでしたので、今度行ってみたいなあと思っています。
温泉地で戸外に浅い風呂桶みたいなものを作って回りに腰掛けられるようにして、無料で休める足湯スペースにしているのは、テレビの旅番組で見たことがありますが、ビルの1室の足湯は、ひとり1個お湯の入ったバケツでも持って来てくれるんでしょうか?濡れた足を拭くタオルは貸してくれるのかな?
これからの季節、外出先で足湯に入れれば、ぽかぽかにあったまれそうですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

お洋服のお値段

買物好きうさみは、お洋服を買うのも大好きですが、あまり買物上手とは言えません(^_^;)。

セールだからと飛びついてしまい”安物買いの銭失い”になることもあれば、店員さんに強力プッシュされてちょっと違うかなと思いながらも買ってしまってやっぱり違った、ということもありますし、ワンシーズン着て飽きてしまうものもありますし・・・(@_@;)。
あと、パーソナルカラーの勉強をする前に買った中には、自分に似合わない色で今では20091016_p1030004 着ないものもあります。

そういう様々な理由で、決してもう袖を通すことはないだろうという洋服たちを少し処分しました(;;;´Д`)ゝ。

購入した時期は、数年から十数年くらい前ですが、まだ物理的には十分着られる洋服(破れたり汚れたりはしていない)です。
ボランティア団体に寄付古着として送るのも考えましたが、オフィス用の服ばかりで活動的でなく、喜ばれないかも(^^ゞと思いました。
捨てるより誰かが着てくれれば、と地元リサイクルショップに持ち込んでみることにしました。

ちょうど、以前コンビニエンスストアだった場所が、リサイクルショップとして新規オープンするところで、少し高めに買い取ってくれるキャンペーン中でした。

どのくらいで買い取ってくれるのか、全然見当もつかず、とにかくおまかせで査定してもらいました。

結果は1点10円換算で、キャンペーン価格で2円上乗せして1点12円、でしたΣ( ̄ロ ̄lll)

換金出来ただけで有難いとは思いつつも、1冊1,000円もしない文庫本を古本屋さんに引き取ってもらうのと変わらないお値段なのは、元(買った時)の価格を考えると何となく寂しいものがありました( ̄Д ̄;;。
お洋服は、不要だと思ったら買ってからすぐに(同シーズン)手放さないと、いいお値段は20091016_p1020843 つかないのだそうです(^_^;)。アンティーク、と言えるくらい古いと別ですが。

財産価値的に評価する時、お洋服には、モノとしての価値=生地やボタンなどの付属品の価値はほとんど無くて、ファッション=今流行しているという付加価値だけなんだなと思いました。

自分で着ていたお洋服ですと、それを着た時の思い出や、その服に対する好意や思い入れという価値がつきますね(#^.^#)。
うさみは、もう2度と着ることはなくても、手放し難いお洋服が、成人式で着たセージグリーンのワンピースです。ハタチにしてはすこし形も色も地味でしたが、とても気に入って選んだ服でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

エレベーターのボタン

今住んでいるマンションの理事会理事になった話は、以前書きました
毎月の定例理事会では、前月中にあった出来事や問題などについて話し合います。

前回の理事会で、春先にエレベーター機器を交換してから、非常ボタンの押し間違えが増えているという報告がありました(^_^;)。

前までは、階数ボタンと同じパネルの上部に非常ボタンがついていたのですが、新しいエレベーターではパネルの横の壁と、函の奥の壁に1個ずつボタンが設置されました。
階数パネル横の位置は、確かに行き先ボタンを押す時に、うっかり肘や荷物が当たりそうです。うさみも危うくかすりそうになったことがあります(^^ゞ。20091016_p1020936

他所のエレベーターで見るような、透明なカバーを付ける等の対応が出来ないか、業者さんに問い合わせることになりました。

うっかり触って押されてしまう問題とは別に、「開閉ボタンと勘違いして押した」という確信犯的ケースもあるのだそうです(^^ゞ。
横とか奥の壁に開閉ボタンなんて付けないよね~、どうして間違えるのかな~?それにボタン1個しかないのに、開と閉、どっちだと思うのかしら~?・・・とうさみは思いましたが、実際に間違える方がお一人ではないそうで、何か勘違いさせるものがあるんでしょうね・・・。

続きを読む "エレベーターのボタン"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

古代カルタゴとローマ展

東京駅近辺で待ち合わせまでの時間つぶしにと入った展覧会が、期待もしていなかったのに面白くて、見ておいて良かった~と思いました(^O^)。20091019_p1030026

チュニジア世界遺産 古代カルタゴとローマ展 ~きらめく地中海文明の至宝~」(大丸ミュージアム・東京)です。

カルタゴってどの辺にあったんでしたっけ、地中海沿岸のどこか・・・?
入口の主催者挨拶で、現在のチュニジアの場所にあったとわかりました。北アフリカで、地中海に面したところですね。
フェニキアローマイスラムが混じっていて、かつての宗主国フランスの影響もある面白い場所だと旅行した人に聞いたことがあります。
↓ 現在のチュニジアン・ドア

バラやオレンジ、ゼラニウムを育てていて、アロマテラピー用のいい精油が取れると聞いて意外に感じましたが、カルタゴの昔から、香油は使われていたんですね、香油壷がたく20091020_p1030032 さん展示されていました(^O^)。

地中海交易で繁栄したカルタゴ時代の、軍港の模型とCG復元画像がとても面白かったです(#^.^#)。
海から狭い入江を引き入れて長方形の商港を作り、そこからさらに入江をたどると、円形の軍港。200隻の船が停泊出来たという軍港はドーナツ型で、ちょうどドーナツの食べる部分が水、ドーナツの真ん中部分がドックだったそうです。
船は、ローマ時代の歴史映画に出て来るような、漕ぎ手が2-3列にならんで長いオールを漕ぐものでしたが、港のつくりは、2000年も前とは思えないくらい人工的で精巧でした。

展示のメインは、モザイク画です。
こんな大きな物をよく何枚も日本まで運んで来たなーと感心20091020_p1030031_2する、ギャラリーの天井ぎりぎりまでの高さがあるモザイクたちは、描かれたテーマも様々でした。

うさみは、庭園のバラと女性を描いたモザイクが好きです(*^。^*)。

このようなモザイクを床面に使うと、家具や人でせっかくの絵が隠れて見えなくなったのでは、と思うのは、うさみ家サイズの家を想像するからですね・・・(^^ゞ。
広い中庭がある大邸宅で、隣の部屋から寝椅子に寝転がって見ていたんだそうです、優雅ですね~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

自分で自分を褒めてみる

ぴよよんさんのブログで教えていただいた、たかしまなおこさん。

つぎはぎ おばあさん きょうも おおいそがし」はお話も絵の雰囲気も色も、とってもほのぼのする絵本です(#^.^#)。
いくつになっても夢のある女性(おばあさん(^O^)が主役なところも、お気に入りです。



先日、東京での個展に伺い、飾ってあったリトグラフに一目惚れしていただいて来ました(*^。^*)。20091009_p1020800
赤1色で切り絵のような素朴な愛らしさと、王冠に輝く”Well Done!”のフレーズにやられたのです~(^^ゞ。

”Well Done!”、よくやったね、とひとを賞賛する時の言葉です。

この絵を部屋に飾りたいと思ったうさみのイメージは、マラソンの有森裕子選手が、アトランタ五輪で銅メダルを取った時に有名になったコメント、「自分で自分をほめたい。」でした。

子供は誰かに褒めてもらうのが嬉しくて、褒めてもらう為に何かをやったりしますが、おとなになると、褒められても必ずしも嬉しくないことも出て来ます(^_^;)。
ひとが褒めてくれたところを、本当はそっちでなくこっちを見て欲しかったのにと思ったり、褒めるよりそっとしておいて欲しかったり・・・。
だから、誰に褒めてもらわなくてもいい、自分のことは自分で認めて、頑張ったねと褒めて自分を愛しみたい、そんな時があるんじゃないかと思います。

過度に自分だけを褒め称えるナルシストはいただけませんが、自分自身を冷静に見つめ、いいところを認めて褒めることは、まわりのひとを認める第一歩にもつながるんじゃないかなあと思うのでした。

リトグラフの額装は伊東屋さんにお願いしました。

大きさ的にオーダーフレームになると言われ、店員さんと一緒にたくさんの見本から選びました。『型(角の2辺)で出来た枠の見本を、自分の持って行った作品に合わせて比べて選べるようになっています。
見に行く前は、のフレームがいいと思っていましたが、赤は絵に使われている色と全く同じ色みと質感を持つものが無くて、しっくり来ませんでした。

この木目が見える白い枠は、店員さんがお勧めして下さったものです。
さすがに毎日多くの額を選んでいるプロの目は違うなあ~と感心しちゃいました(^^♪。
お願いに行った日も、受取に行った日も、記念写真や自作の絵などの額装相談をしているお客さんが途切れずにいらしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

わんにゃん切手

昔よりめっきり手紙を出さなくなりましたが、デザインの素敵な記念切手は買いたくなります(^O^)。

先日、書留を出しに行った郵便局の窓口でパッと目に入って「これ下さいっつ!」と息巻いてしまったのが、「動物愛護週間制定60周年記念」の切手です(^O^)/。

20091017_p103001850円切手が10枚のシートで、わんことにゃんこが半分ずつです。
動物愛護のために使われる寄付金が1枚につき5円ついています。

どのイラストも表情やポーズが何とも可愛いです~(* ̄ー ̄*)。もったいなくてどれも使えないかも・・・(@Д@;。あと数枚買ってこようかな~。

郵貯にはいろいろ問題もあるようですが、切手デザイン関連はよくやってるんじゃないでしょうか(^O^)。

このシート、耳の左下に印刷される、印刷の色具合をチェックするためのカラーマークが、普通の切手シートならマルか棒のところ、足型なんですよ!凝ってますよね!やるな、日本郵政!と思いました~(^◇^)。
20091017_p1030019
サイトで切手の詳細を調べたら、この切手は、応募されたペットの写真を元にイラストレーターさんが描いたものだとわかりました。
サイトには、元になった写真に、飼い主さんとペットのお名前・種類ものっています。

どうりで、ポーズや表情がリアルで可愛かったんですね~!飼っている人でないと描けないと思ったんですよ~。
うーん、どの子も愛情たっぷりに育てられているのがわかって見ているこちらも幸せにしてくれます(#^.^#)。

わんこの一番下の桃夏ちゃん、写真タイトルは「呼んだ??」だそうです。
桃夏ちゃんは女の子なので見返り美人ですね~、我が家の愛犬は美人にはなれませんが、よくこういうポーズをしています(^O^)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

秋のバラ園

20091016_p1020848秋のバラを見に、千葉の京成バラ園へ行って来ました~(*^。^*)。

サイトによると、先週末で3分咲きということでしたが、来週以降またお天気が崩れたり台風が来たりするかもしれません。お天気がいい今のうちに、と足を向けてみたのでした。

バラ園に一歩踏み入れただけで、バラの芳香に包まれました(*^。^*)。
自然の花の香りって何て素晴らしいんでしょう~、ひとが作った香りのような、トゲトゲしいところは全く感じられません。
20091016_p1020887
この香りを少しでも持ち帰りたくて、地面に落ちた花びらを拾って行こうとしましたら、「折れた枝や落ちた花びら持ち帰らないで下さい。」と書いた札がありました。
そ、そうですね(^^ゞ、拾ったのか、咲いている枝から盗ったのか、係の方には見分けがつ きませんし、みんなが20091016_p1020875持って行ったら大変な事になっちゃいますよね。とるのは写真だけ、にしました。

前回訪れた時は、途中でデジカメのバッテリーが切れかけてしまったので、今回はバッテリー満タン充電、メモリーカードも予備のを持って行き、ガンガン撮影しまくりましたが、帰ってから見たら、意外と枚数が少なく、これと思うベストショットもなくて、しょぼ~ん、でした(>_<)。
カメラマンの腕の問題はいかんともしがたいのですが、下手な鉄砲も数うちゃ当たる戦法でもっと撮ればよかったです。

「春バラのほうが綺麗だ。」「バラは春に限る。」という他のお客さんの感想がもれ聞こえま20091016_p1020894 20091016_p1020928 したが、うさみは、秋バラは秋バラの良さがあっていいなあと思いました(#^.^#)。
花と実を一緒に見られるのは秋だからですよね~、花と葉っぱと実、なかなか素敵な絵面だと思いませんか(^^♪。

花の種類や数も、春よりは若干少ないかもしれませんが、十分見応え嗅ぎ応えありでした(#^.^#)。20091016_p1020996
先週の雨続きで咲きかけのところをやられてしまった苗もありましたが、蕾もたくさんついていましたし、これからお天気が持ってくれればさらに見事に咲きそろいそうです。

今日は、京成線の八千代台駅からバスに乗りました。京成は特急があるので早くて前回の行き方よりこっちがいい~(^O^)と思ったものの、駅からのバス道が狭く構造的に渋滞していて距離のわりに時間がかかり、休日だったら相当ひどい目に合いそうでした。バラが見頃の週末は、やはり東葉高速鉄道の八千代緑ヶ丘駅から徒歩が確実ですね(^_^;)。

以下にバラの写真シリーズが続きます・・・バラの芳しい香りが、少しでも届きますように~(#^.^#)。

続きを読む "秋のバラ園"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

刺繍の虫

最近仕上げたクロスステッチ刺繍をご紹介しま~す(#^.^#)。

20091016_p1030016 この図柄は、Barbara Anaさんのデザインで、大分前にネットで購入したものなのですが、デザイナーさんご指定のアンカー(Anchor ドイツ製)という刺繍糸が近場では手に入らず、しばらく放置してありました(^_^;)。
先日、キンカ堂さん(池袋の手芸材料屋さん、ビルまるごと手芸材料を置いています。気を抜くとあれもこれも欲しくなってキケンなお店です(^_^;)で入手出来たので、刺すことが出来ました。

刺繍をする時、必ずしもデザイナーさん指定の糸(メーカー及び色番)を使わなくてもよいのですが、デザインと糸が連結したような図案だと、指定の色を置いた方が収まりがいいかと思い、そうしています。
後は多くの色数(10数色以上)を使っている図案だと、全部他の色に置き換えるのを考えるのが難しいので、オリジナルのままにしています。少ない色数を自分の好みの配色に変えるのは、楽しいのですが・・・、まだまだ修業が足りません。

うさみは刺繍した図案を、日々の暮らしで使うのが好きで、あまり額に入れません。ですが、これは座右の銘っぽく飾っても面白いと、100円ショップで額を選んで参りました。ちょうど写真サイズの額が合いました。

カラーバリエーション糸で綴られた文章は、”Don't Bug Me! I'm Stiching.”、うさみ流に訳せば、「邪魔しないで!いま刺繍してるの。」でしょうか(^O^)。

BUGという単語は、名詞だと「」、それが動詞になるとどんな意味かは、想像がつきますよね、日本語でも、五月のハエと書いて「五月蝿い」ですから(^◇^)。ぶんぶん飛び回る小虫の、うっとおしくて邪魔っけでイライラさせられる感じです。

この文章と、イラストの虫の取り合わせが最高~♪と思っているのですが、妹すまっぺには、「ナニ、その可愛くない虫!?何でそんなのわざわざ選ぶの?」と言われちゃいました(-_-;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

交わす微笑み

夕方からお友達と会い、久しぶりに夜ちょっと遅くなって、駅で帰りの電車を待っていました。
電光掲示板の表示では、もう次の電車が着いているはずの時刻なのに、まだ電車が入ってきません(@_@;)。

「次の電車は、途中駅混雑のため、現在3分の遅れで運行しております。到着まで今しばらくお待ち下さい。」
・・・というお馴染みのアナウンスが流れました。

もー、この路線ってば、夜はたいてい遅れてるんだよね、プンプン、イライラ、ムカムカ\(*`∧´)/。

3分遅れで待ちかねた電車が駅にやって来ました~(^O^)。
開いたドアから降りてくる乗客の群れ。
その中で、ドア付近に立っていて、奥から出て来る人を通すために一時ホームに降りかけた銀髪の白人女性と、ふっと目が合いました 20090510_p1010492

彼女の顔に自然な笑みが浮かんだのと、うさみが曖昧に微笑んだのと、どちらが先だったのかわかりませんが、うさみの曖昧微笑を見たその女性は、さらに花がほころぶような笑みをうさみに投げかけてくれたのでした(#^.^#)。
それはもう、10年来の親友に久しぶりに再会した時のような、うさみが彼女にすごく良い事をして心から感謝しているというような、そんな素敵な微笑みでした(^O^)。

混雑して遅れた電車に苛立ちたくなる気持ちは、その女性だって同じはずなのに、何て爽やかに微笑むことが出来るんでしょう~!
銀髪とパールのネックレスに、ラベンダー色のスーツまでトータルでとても品が良く輝いて見えました。

は~、うさみもこういうおば様(とおばあ様の間くらいの年齢とお見受けしました)になりたいと常々思っているのです~(≧∇≦)。ですのに、電車がたった3分遅れたくらいでイライラプンプンして、本当に人間が出来ていないと申しましょうか、心に余裕が無いと申しましょうか、激しく反省致しました(-_-;)。

そもそも、電車が決められた時刻表と1分単位で違わずに運行しているのは日本くらいでしょうし、その電車が2・3分遅れたから乗客が怒るのも日本だけなのではないでしょうか20091015_p1020823 (^_^;)。もっとゆとりを持って日々を送りたいものです、ハイ。

それと、街中で他人とふと視線が合った時、日本人ってあまりニコっと笑みを送りませんよね?海外旅行で見知らぬ人から笑い掛けられる経験をして、日本ではそういう事が無かった、と気付く方は多いようですが・・・(^_^;)。

出会いがしらの微笑みは、私は貴方に対して危害は加えませんよ、という気持ちの表れで、日本人にそういう習慣が無いのは単一民族のせい?などと考えていましたが、ネットで検索してみましたら、相手が異性の場合、特別な好意があると勘違いされるのが嫌だからという意見がありました。なるほど、いろいろ深読みしようと思えばあるものですね・・・。

とりあえず、うさみおばさんはこれからも、勘違いされなさそうな人にはニッコリ笑ってみたいと思います。口角を上げて微笑むのは、ホウレイ線予防にも良いですしね(*^。^*)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

平日午後の愉しみ

飲食店やお店等で、平日限定の割引やセット、というのは結構あるものですね。
週末や祝日より人が少ないので、キャンペーンをやって少しでも多く来て貰おう、というのでしょう。

お休みの日しか体が空かない勤め人は、指をくわえて見ているしかなかったり、そんなものの存在すら知らなかったりします(^^ゞ。
地元のシネコンに、平日の午前中最初の上映回だけの割引料金(モーニングファーストショー料金)があるのを、何年も利用していてのに先日初めて知った、お勤めお休み中のうさみです・・・。

今日は、平日午後(1時~5時)限定アフタヌーンティーをいただいて来ました\(^o^)/。

湯島の「ロワゾー・ド・リヨン」というお店です。20091013_p1020817
フランスで修業していらしたパティシエさんが開いたフランス菓子のお店で、マカロンを扱っているので、いつか行ってみたいと思っていました。あまり付近に立ち寄る用がなく、今回が初訪問です~。

こちらのお店にアフタヌーンティーのコース「テ・アプレ・ミディ」(アフタヌーンティーのフランス語ですね)があるのを、先月発売の雑誌「FIGARO」で知りました(#^.^#)。
東京発のフレンチスイーツ」という特集です。

こういう雑誌の写真、特にお店の模様を写した写真は2割引くらいで見ておかないと、実物を見てあれっと思ったりしますが(^^ゞ、お飲物がついて1,500円なら、ホテルのアフタヌーンティーコースに比べればお手頃価格ですし、一度くらいはお試しで行ってみましょう~♪

20091013_p1020818店内のインテリアや食器等は、あと1歩間違うと古臭くなってしまう、ぎりぎりなレトロで大人の雰囲気です。パリの下町風、とでも言いましょうか(^O^)。
コースターはルノワールの絵をプリントしたもので、流れるバックグラウンドミュージックはシャンソンやアンニュイなフランス音楽。

コースは、マカロンとクッキー、メレンゲがのったシルバーの2段トレイと、横長のお皿に5種類のプチケーキ(チョコレートケーキ、シュークリーム、フルーツのムース、キャラメルのケーキ、エクレア、)とお飲物(コーヒーか紅茶)、です。

十二分に満足致しました~(^^♪。
量は少しずつ、種類は多く、が嬉しいのは、お子様ランチと同じ原理ですね~。

甘過ぎず、大き過ぎず、しっとりと・・・大人に相応しいコースだと思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

フェルトの梨

前から一度やってみたいと思っていた羊毛フェルト手芸の、初心者でも大丈夫なワークショップに参加して来ました(^O^)。

フェルト手芸作家さんが教えてくださるワークショップです。
2時間ほどで、洋梨のバッグチャームを作りました~(#^.^#)。20091013_p1020808

葉っぱとポンポンは、用意して下さっている中から、好きな色のを選ぶだけで、メインは洋梨部分を羊毛フェルトで作るところです。

黄色・白・グレーの毛糸から好きな玉を選び、毛糸をきつく巻いて円筒形にしたら、あとはひたすらフェルティングニードル(先のとがった針金)で刺して行きます。
ニードルで刺すと、毛糸が絡まり間がつまって固まっていくのです。

最初は、ふわふわの毛糸をぶっ刺すのが何だか気の毒な感じがして、遠慮気味にやっていましたが、それだとなかなか固まりません。下にマットとして敷いたウレタンまで突き刺さるくらい、深くブスブスと刺すようにしたら、段々固くなって来ました。

20091013_p1020810 単調な作業ですが、ぷすぷす刺すのがストレス解消に良いですね~。
ただ、調子にのって余所見なんかしていると、うっかり押えている方の左手指を刺してしまって、痛い目をみます(@_@;)。針と指の位置を考えながら、針を入れないといけないんですね。

筒型にある程度固まったら、梨の形になるよう、膨らませたい部分にさらに毛糸を巻いて、また刺します。

このくらいでいいかなという形と固さになったら、水洗いして乾かし、形を整えます。
普通は洗濯機で脱水するのだそうですが、教室には洗濯機がないので、野菜の水切り器を使っていました(^O^)。20091013_p1020809

ヘタと葉っぱ、金具をつけて完成でーす\(^o^)/。
最初にしては、まあまあ梨に見える形に仕上がった、かな?先生作のお見本は、もっとちゃんとくびれた梨型でしたが・・・。

お家でもう1個作れるようにと、違う色の毛糸をもらって帰って来ました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

カレンダーフェア

秋めいて来たな~と思ったら、街中はすっかり年末商戦に入っていました(^^ゞ。

クリスマスケーキおせち料理年賀状印刷の早期予約キャンペーン、2010年のカレンダーと手帳フェアも始まっていました。
早いですねえ・・・まだ少し汗ばむ日もありますのに・・・(^_^;)。

もう今年も終わりかと焦る気持ちにもなりますが、来年のカレンダーと手帳を選ぶのは、新しい年に気持ちも新たになる気がして好きです(#^.^#)。

今年は銀座・伊東屋さんのカレンダーフェアが始まってすぐに見に行きました。
来月なかばを過ぎたあたりからは、売り場も混み合ってゆっくり探せなくなりますが、10月初旬ではまだ空いていて、のんびり選ぶ事が出来ました。
20091009_p1020801
会場をぐるぐる何週もして(^_^;)、気に入ったカレンダーを数点買って来ました。

来年用カレンダーは、何故かイラストが多くなりました。
毎年、花か庭園の写真カレンダーを買っているのですが、来年用はピピッと来るものがありませんでした。

今年、雑誌の「花時間」におまけで付いてきた花のカレンダーは素敵でした。
京都・パリ・フィレンツエの三都市で、絵になる光景をバックにお花のアレンジメントを置いて撮影した写真が気に入っています。
20091013_p1020806 来年分にも期待して、花の写真カレンダーはそちらがあればいいでしょう~(*^。^*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

癒しの手

先日、ある方と、うさみは肩凝り・頭痛持ちで、などと雑談していましたら、
「私お祓いが出来るのよ、ちょっとやってあげようか?」と言われました。

もし街中でいきなりこんな風に声を掛けられたら、絶対危ない団体の勧誘に違いない、とパピューっと逃げると思います(^_^;)。

でもその時の話し相手は、素性が確かな方で何かを売りつけたりされないことはわかっていましたので、興味半分でお願いしてみました(^◇^)。その日も低気圧のせいで、ちょっと頭が重かったですし・・・。20091008_p1020782

それまで向かい合って話していた彼女が、うさみの後にやって来ましたが、特にどこかを触るでもなく雑談を続けています。

まだ始まらないんだな、とうさみもそのままお話していましたら、何だか首の後ろから後頭部がぽわーっと温かくなって来ましたΣ(・ω・ノ)ノ!

整形外科などで患部に当ててくれる赤外線ランプみたいな感じです。
じんわりと温かい光か何かが当たっている雰囲気・・・。

5分くらいやってもらったら、肩から頭がほわっと温かくなってだいぶすっきりしました(^O^)。
うーん、すごい特技というか才能というかですわ~( ̄▽ ̄)。
よくこうやって他人の痛みやアレルギーのある場所に手を当ててあげているんだそうです。完治しなくても、その時痛みが取れるだけでかなり楽になりますよね。

世知辛いうさみは、その気になればこれで儲けられるんじゃないかなーと思い、「ひとの悪いところを取ってあげて自分がもらってしまうことは無いんですか?」と聞いてしまいました(^^ゞ。

「そういう事は全くなくて、人を癒してあげることで自分も気持ちよくなるの。」という答えを聞き、ひとのために、という心の持ち主だからそうした力が宿るんだな~、うさみのような卑しい根性の持ち主にはそういう能力は宿らないんだなーと思ったのでした(^_^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

仲良しわんこ

うさみ家の愛犬おうじは、人間がたくさんいる場所では騒がず動かず、大人しくていい子、と言われますが、犬社会に入ると、「弱い犬ほどよく吠える」「負け犬の遠吠え」ということわざの実例になっています(^_^;)。

「負け犬の吠え」・・・そう、遠くから威嚇して吠えるのです。
相手から届かない安全地帯で(@_@;)。

相手が近くに来ると、途端に吠える余裕を無くし、ビビって20091008_p1020789飼い主の後ろに隠れます。それでもさらに積極的に寄って来られたりすると、パニックになってぐるぐる回っちゃったりします。

めったに他所のわんこと仲良く出来ないので、公園でお馴染みの、わんこ同士は匂いを嗅ぎあい、じゃれあったり、一緒にボールを追いかけたりし、飼い主同士は談笑する、というシーンは、うさみ主従には縁がありません(>_<)。
うさみも、他所のわんこと遊びたいのになあ、と、遠巻きに眺めるばかりです。

おうじ本人はどう感じているのか、こんな顔 ← で遠くで遊ぶわんこたちを見ています(^O^)。
20091008_p1020790 仲良しがご近所に出来れば、お散歩も楽しいのにねえ・・・。きっともうこういう性格は変わらないんでしょうね・・・。

公園ではあまり楽しく遊べないので、ドッグカフェへ向かいました。
今日はいつものカフェがお休みの日、前からネットで調べてあった、ちょっぴり遠くのドッグカフェまで遠征してみました(*^。^*)。

公園の前にあって、ナチュラルでオシャレな雰囲気です(^O^)。
いつも行くところより、人間用のメニューが多くて普通のカフェっぽいです。20091008_p1020794

先客に可愛いパグさんとヨーキーさんがいましたが、おうじはやっぱり知らんぷりで、オーナーの女性にだけ愛想をふりまいて撫でてもらっておりました(^_^;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

おとなのキティちゃん

池袋に出かけたついでに、西武ギャラリーで開かれている「Girlish Culture 大人の女性に贈る展覧会 ハローキティ展」を見てきました(* ̄ー ̄*)。

20091006_p1020758キティちゃんは2009年11月で35周年、それを記念したおとなの女性たちに向けた展覧会だそうです。
ファーストキティから最近のキティまで、時代を追って展示されていました。

昔の商品も懐かしかったですが、サンリオで商品を買うとおまけにつけてくれた小さなマスコットのコレクションがとーっても懐かしかったです!!
キャラメルのおまけみたいなものですが、いろいろと凝った形が楽しくて、集めていましたっけ。20091006_p1020764
同じシリーズでもキャラクターごとに作られていて、何をつけてくれるか選べないので、好きなキャラクターだといいな、あまり好きじゃないのだったら嫌だなーとどきどきしていたものです(^O^)。

展示会場で人目を集めていたのが、スワロフスキーとのコラボで作られ、キラキラ目がくらみそうな「スーパー・ハローキティ・ジュエルドール」。
頑丈そうなケースに入れられて、警備員さんが常時守っていました。

何とお値段は15,750,000円\(◎o◎)/!

見に来ていた女の子たちの反応はみんな同じで(^^ゞ、
20091006_p1020777 ”すっごーい!!これ、いくら!?いち、じゅう、ひゃく、せん、まん・・・”

はいはい、お嬢様方、下から数えなくても千五百七十五万円、ですよ(^◇^)。
(うさみおばさんは仕事で取った杵柄?で、桁取ってあれば大きな数字でも読めますの(^^ゞ。1千億でも大丈夫~。マイマネーを数えるにはまったく不要なワザですけどね・・・。)

1カラット以上のダイヤモンド1個と、ホワイトトパーズ1,900個以上が使われているんだそうです(大きさは10センチくらい)。
豪華で華麗ではありますが、こんなん買う人いるのかな~(^_^20091006_p1020761;)?
セレブのキティラーでしょうか?

うさみにしたら、キティちゃんは普通のぬいぐるみで、白い毛皮に赤いリボンの方が可愛いと思いますが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

手づくり市

地元の数少ないちょっとオシャレなカフェ兼パン屋さんで、週末に「手づくり市」というイベントがありました(#^.^#)。

その日はパン屋さんの営業はお休みで、いつもパンを置いている陳列棚に、ハンドメイド作家さんたちの手作りの雑貨を並べて販売するのです。

数ヶ月に一度開かれ、その度違う物が出て来るので、楽しみに見に行っています(^O^)。

今回は、涼しくなってきた時節柄、毛糸を使ったあったかグッズや、柄物のガーゼ生地で作ったマスクが目立ちました。

花柄や動物の絵柄で、紐もピンクや黄色のカラフルなマスクは、とっても可愛いのですが、新型インフルエンザ予防には、あまり役立たないのでしょうか(^^ゞ。
お医者さんのマスクみたいな密閉性の高いマスクでないと、効果は気休め程度なのですよね?

手作りなりの良さと、お値段のつり合いが難しいなと、この市やハンドメイド雑貨を売っている雑貨屋さんを見ていると、よく思います(^^ゞ。

個人で材料を仕入れる都合上、材料費が高目についてしまうし、手作業で時間と手間もかかるでしょう。それを全て作品にのせると、中国あたりで大量生産して持って来る類似商品に比べたら、相当割高になってしまいます。
それでも、その作品にしかないオリジナリティーあふれるデザインですとか、手作りらしいあたたかみや、”世界に1個だけ”な貴重性で、お値段に関係なく欲しいと思ってもらえるかどうか、とっても微妙でお客さんの感覚に訴えるところだなーと思います。
20091006_p1020755
そんなことを考えつつ、今回選んだのはこんなものでした~(*^。^*)。
ピンクッション指輪でーす。
(針は家に帰ってうさみが刺しました、最初からついてたわけじゃありません(^◇^)。

ピンクッションを指輪にくっつけたところが、便利で可愛いと思いました。ビーズの細工も凝ってます。
でもお裁縫をする時に指につけると、ころんと大きくて邪魔なので、紐を通して首からかけて使ってもいいかなと思っています。
20091006_p1020756 同じシリーズで、ピンクッションヘアゴムもありましたが、そちらは完全にピンクッションは飾りですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

ミニチュアのお道具

蔵書整理中に、本棚の奥からこんなものが出て来ました(^O^)。

20091006_p1020757ミニチュア(オモチャ)の本棚です(* ̄ー ̄*)。

木製です。拭き拭きしてここまで汚れを落としましたが、ペンキが欠けたところは味かなと思ってそのままです。

これ、うさみが学校に上がる前に買ってもらったものです~。アンティーク一歩手前の時代物!?
最初はままごと遊びで使っていて、リカちゃん人形が来てからはリカちゃんハウスの備品として使っていました。

リカちゃんハウスにミニチュアの家具や食器を揃えたくて、でもリカちゃん用のは高くて買ってもらえないし、夜店のおもちゃ屋さんでチープなお道具をお小遣いで買ったりしていました。
当時1個5円くらいでした・・・時代がわかるなあ(^^ゞ。

本棚以外にも、冷蔵庫やらテーブル・椅子やらテレビやらいろいろ持っていたのですが、他の物は全部散逸してしまい、本棚だけ別に取ってあったようです。
実生活で一番好きな物をキープしたんだなーと思ったら、我ながら可笑しくなりました(^O^)。

先日、ブライス人形をコレクションしているお友達の付き合いで、大きなおもちゃ屋さんのお人形コーナーを見に行きました。



眼が大きいファッションドール・ブライス人形の存在と、大人にとっても人気があって、手作りのブライス用お洋服がオークションで盛んに売買されているというのは知っていましたが、身近で見たことはありませんでした。
お洋服もお道具もいっぱいあるんですね~(*^。^*)。
自分だけのブライスちゃんの世界を作るのがとっても楽しそうです~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年10月 5日 (月)

丸い駅弁

うさみは最近はやりの鉄子女子の鉄道ファン)ではありませんが(^^ゞ、駅弁は好きです(*^。^*)。
上野や東京といったターミナル駅を通ると、ついつい売店で駅弁を買いたくなります(^O^)。



今日は上野駅で乗り換えたので、各地方の駅弁を置いている売店に立ち寄りました。
ど・れ・に・し・よ・う・か・な♪♪

愛の兜が目立っている、「直江兼続公御膳」が美味しそうです~。
ああ、でもこれは新潟じゃなくて米沢のお弁当なのですね、一応うさみは新潟県人だから、これはパスしときます(^^ゞ。

お店の売り上げナンバー1も米沢のお弁当(「牛肉どまん中」という牛丼弁当)だそうです。20091005_p1020751_2
うーん、美味しい高級牛肉でも、お肉ばっかりのより、おかずの種類が多いお弁当がいいなあ。

あっ、これがいい、これ!
入れ物がまん丸で珍しい!
駅弁って長方形の箱が多いですよね?詰めやすいし、重ねやすいですものね。

山手線命名100周年記念弁当

先日、山手線命名100年記念電車の記事をアップしましたが、記念の駅弁も企画されていたんですね~。
電車の写真シールもおまけについていて、鉄道ファンが泣いて喜ぶ駅弁って感じです。

山手線が環状線だから、にこだわったんだそうです。おかずも丸いものにしてあります(^◇^)。
グリーンピースとかブロッコリーとか、緑のおかずは山手線カラーを意識しているそうです。

20091005_p1020752そして、食べちゃってから気付いたんですが(^^ゞ、ご飯の上のアスパラガスで””、輪切りのゆで卵2個で”0””0”、100周年の100、になるはずだったんですね・・・運ぶ間に卵がずれて”00”になっちゃってました。置き直してから撮影すればよかったです~(>_<)。

ハンバーグにトンカツ、コロッケ、フライドエッグ、チキンライスでチェリーもついて、お子様ランチみたいなおかずです(*^_^*)。
お味の方も美味しゅうございました~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

あなたのお名前

お知り合いに会うなどと全く思っていなかった場所で、見覚えのあるお顔を見つけました(^^ゞ。

20090925_p102059510年ぶりくらいにお会いする、昔同じ会社で働いていた女性でした(#^.^#)。
会社ではあの辺のお席に座っていて、こういうお仕事をしていて、早口でしゃべる人だったわ~というのは覚えているのに、お名前が全然出て来ません∑(゚∇゚|||)。
うさみは昔からひとの名前を覚えるのが苦手なのです・・・トシのせいだけじゃありません・・・。

とりあえず、「○○社でご一緒していましたよね?」と声をかけてみようかと思っていたら、あちらから、「うさみさん、でしょう?」と話し掛けて来て下さいました(*^。^*)。

「あっ、そうです、そうです!お久しぶり~!!」
「全然変わってない~(^O^)」

・・・などと、お相手の名前を呼ばないまま(^^ゞ昔話に花が咲き、連絡先を交換して別れました。
(うさみは、最近ようやく携帯電話の「赤外線通信」機能の使い方を覚えたのです(^^♪、・・・エラソウに言えた事ではありませんけど・・・。)20090925_p1020597

携帯に受信したデータには、もちろんお名前が入っていますが、お会いしなかった間に彼女がご結婚されたのは、左手の結婚指輪で気付いていました。
データの苗字は当然、ご結婚後の今の姓です。

これでもとりあえず、次にお会いした時お名前は呼べますが、昔呼んでいた旧姓が思い出せないのは、喉にお魚の骨がつっかえたままのような、背中がかゆいのに手が届かないような、なんとももどかしくて堪りません。

帰り道の電車で、どうにかしてお名前を思い出そうと必死に脳内を探索しました。
そんなによく聞く苗字じゃなかったような、でも珍しいってほどでもなくて・・・三文字?四文字?

・・・頑張ること、約20分、突然ぴかっと浮かんで来ましたっつ(≧∇≦)!!
○○シマさん、です!

思い出せて良かったあ~\(^o^)/!!スッキリしました~。
うさみの脳もまだ活性化すれば使えるみたいです。
せっかく思い出した名前を忘れたらタイヘン、と、携帯のアドレスブックのメモ欄に”旧姓 ○○シマさん”と入力しました(#^.^#)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

おばさんは街へ本を売りに(^O^)

何度かブログに書いていますが、うさみは活字中毒です(^^ゞ。
文庫本・新書・文芸書・ムックに写真集、コミックスに雑誌と、毎月どれほどの書籍代を使っているのか、計算するのも恐ろしいです・・・。

買った本をどんどん溜め込んでいると、どうやって置いてみても狭い家には所蔵出来る冊数に限りがあるし、読む自分の時間と頭にも限りがあると気付き、かなり気に入って手元に置きたい本以外は、まとめて定期的に古本屋さんに引き取ってもらっています。

それでも、増える方が断然多くて狭い家が圧迫されています(@_@;)。20091001_p1020742
一度徹底的に蔵書の見直しをしよう!と、一念発起して、あちこちに分散している本を少しずつチェックしているところです。家が広くて書庫でもあれば、全部取っておきたい気もしますが、存在すら忘れている本を山のように取っておいても、うさみの人生においてきっともう2度と見ないに違いない、と思い切ってバサバサ処分しています。

読むかどうかわからなくても、愛着のある本は取っておいてよし、というマイルール付です(^O^)。

たとえば、小学生の頃一番最初にお小遣いで買った文庫本ですとか、中学1年の英語の教科書ですとか、放映当時かなりハマっていたNHKのシルクロード特集(最近のではなく、昔の第1回シリーズ)の写真本ですとか・・・。
母から譲り受けたむかーしの少女小説も2冊ほどあります。正方形みたいな変わった判型で、布のカバーがついています。

続きを読む "おばさんは街へ本を売りに(^O^)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

この映画を観ました~「プール」

あまり涼しくならないうちがいいだろうと思っていた映画を観に行って来ました(^O^)。

Pool2  「プール
うさみの好きな「かもめ食堂」「めがね」と同じスタッフが製作した作品です。
小林聡美さんと、もたいまさこさん、加瀬亮さんが引き続き出演しています。



ストーリーもちょっと「めがね」に似ていました。
南国の個人経営の宿に集まった人たちの数日間をまったりと描いていて、お食事シーンがたくさん登場するところが(*^。^*)。

~以下、ちょっぴりネタバレしています。~

続きを読む "この映画を観ました~「プール」"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年10月 1日 (木)

封筒テンプレート

日経新聞で取り上げられて、伊東屋さんで品切れになるほど売れているという、「手作り封筒テンプレート」を買いました(*^。^*)。

20091001_p1020736好きな紙から封筒を作るには、別にテンプレートがなくても、まっすぐ切って貼れば出来ますよね・・・。これを使って作ると、カーブした形が売っている封筒みたいで可愛らしく、同じ大きさのをたくさん作るのもちょっとラク、という程度なのですが、エコの流れもあって売れているそうです。

さらの包装紙やクラフト紙でなくても、自分の好きな雑誌のページや広告を切り取っても作れます。

最近Eメールばかりで普通のお手紙を送らなくなっていますが、手作り封筒だったらお手紙を送りたい気持ちになりますね。もらった方も、おっ(*^。^*)、と思ってくれるかも・・・。

作り方はとっても簡単(^O^)。
テンプレート(定規)を紙にあてて、作りたい大きさの封筒の線をなぞって型を取り、それに沿って切り取り、四方の角を折り、重なった部分を糊付けするだけです。

うさみが購入したのは、洋封筒(横向き)用ですが、和封筒(縦向き)と、ポチ袋用というのもあります。
ポチ袋も好きな千代紙で作ったら可愛いですね。

そしてこれが、そうやって作った封筒を重ねて作るカードケース(小さい方、名刺やショッ20091001_p1020737 プカードが入る大きさ)とドキュメントファイル(葉書大)です。クラフト教室で、スクラップブッキング用の厚紙を選んで作りました。

封筒と逆向きにフタを折ると、何かを入れるのにちょうどいい形になるんですね~。そして封筒のおなかあたりをくっつけると、アコーディオン型のファイルになりました。

蛇腹のファイルは結構作るのが面倒ですが、これだと簡単に作れてまあまあ見栄えは良いですよね、なかなかのアイディアだと思いました(*^_^*)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »