« 取っておきのハンカチ | トップページ | ロールケーキ »

2009年10月31日 (土)

この映画を観ました~「風が強く吹いている」

三浦しをんさん原作の小説を映画化した「風が強く吹いている」を観て来ました~(*^_^*)。



観たかった理由はただひとつ、箱根駅伝が好きだから(^O^)、に尽きます。

運動音痴のうさみには、苦しみの時間が長くて途中で休めない長距離走は、スポーツの中でも最も苦手度が高い競技ですが、観戦するのは好きです。あんな難行苦行を好んでやろうと思って、しかも出来てしまう選手たちを尊敬します~。Kaze5

この映画は、箱根駅伝を目指す弱小大学陸上部の話なのですが、部員が10人ギリギリで、うちまともな長距離ランナーは2人だけ、名前だけの監督しかいない環境で箱根駅伝出場なんて、ファンタジー以上にありえない状況ですよね・・・(^^ゞ。

それを、どれだけあってもおかしくないことだと見ている人を引き込めるか、が映画の勝負どころだと思います。

~以下、ネタバレありです。~

映画が始まったあたりでは、主人公のカケル(”走”と書いて”カケル”と読む、いい名前ですね。)と同じように、そんなの絶対無理、実現できると思う方がおかしいよ、と思います(^_^;)。

Kaze4が、個性たっぷりのメンバーたちを知り、ランナー兼マネージャー兼コーチ兼下宿の管理人であるもうひとりの主人公・灰二(カケルの苗字が蔵原でクララ、クララとハイジのアルプスの少女ハイジコンビ、可愛い語呂合わせです(*^。^*)の駅伝にかける思いに触れて、出来ちゃってもいいじゃないか、という気になっていきました。

そこから後は、もう自分が駅伝メンバーのひとりになった気分で観ていました。
本番の箱根駅伝映像も使った駅伝シーンは、毎年のテレビ放送で見慣れた場面でありながら、それをランナーの側から撮っているので、とても新鮮で、自分も走っているような錯覚に陥ります。
ランナーの息遣い、風の音で臨場感がたっぷりなせいでしょうか。

ラストはこうでなきゃ青春スポーツ物語じゃないよね、という涙ナミダの完走、大手町ゴールです\(^o^)/。
感動を狙ったスポ根ものではないのに、やっぱり泣かされてしまいました(;O;)。
お正月に駅伝中継が欠かせない方は、きっとお気に召す作品だと思います。駅伝ファンには、少し名前を変えて出て来る駅伝有名校がそれぞれどこなのか、ユニフォームで当てるのも楽しそうです。

10人のランナーを演じた役者さんたちは、撮影のために相当ランニングのトレーニングをつまれたようです。みんな走るフォームがとてもきれいでした。Kaze6
特に主役のカケル(林遣都さん)は、体のラインも長距離ランナーのようにシャープで、走り方も動物のように自然で流れる感じが素敵でした。
他のメンバーでは、うさみはソフトバンクの白戸家のお兄さん、ダンテ・カーヴァーさんに注目してました(#^.^#)。いかにも早くて強そうなランナーに見えました~。

そして、寮で飼われている監督代行コーチの雑種犬ニラが最高でした!
練習の時、伴走してくれる走りが豪快!犬って足が速いのね~、めったに走らない我が家の愛犬とは大違いです(^^ゞ。そしてレースを見つめる目が真剣で可愛いかったです!
”ニラ”とは、呼びやすいけどちょっと臭そうな名前(^_^;)、と思ってましたが、食べ物の韮ではなくて、沖縄の言葉で極楽を意味するのだそうです。

|

« 取っておきのハンカチ | トップページ | ロールケーキ »

コメント

 ぜひみたい えいがです
 クララとハイジ そうなんですか
 日産のコマーシャル いやだなと思ってみてます。

投稿: 小紋 | 2009年11月 2日 (月) 09時38分

>小紋さん
見終わると、自分も駅伝の一区間を走ったような気持ちになれると思います(^O^)。
日産のクララ~!ですね・・・あれは私もあまり・・・どうせなら本物アニメにしてくれればいいのに。

投稿: うさみ | 2009年11月 2日 (月) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/46644286

この記事へのトラックバック一覧です: この映画を観ました~「風が強く吹いている」:

« 取っておきのハンカチ | トップページ | ロールケーキ »