« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

クリスマスシーズンのスタバ

11月も半ばを過ぎると、あちこちのお店でクリスマス用の限定商品が売り出されます(#^.^#)。

毎年本国アメリカ仕込みのホリディグッズでうさみの物欲を刺激してくれるのが、スターバックスです。

サンタクロースの扮装をしたぬいぐるみのクマ(季節ごとにそれらしい洋服で売り出されますが、やっぱりサンタさんが一番可愛い(*^_^*)、にぎやかなクリスマスイラストがついたタンブラーマグカップ、アドベントカレンダーになっているチョコレート、ギフト用に美しく包装されたコーヒー・・・どれもセンスが良くて、毎年あれもこれも欲しい気持ちを抑えるのに困っています(^^ゞ。

クリスマスキャンペーンのイラストも可愛いので、この時期は紙カップや持ち帰り用の紙袋をもらうのも楽しみです。

家で使っているタンブラー(オマケでもらったノーブランドもの)が、変形して先行きアヤシくなって来ているので、この機にタンブラーを買っちゃおうかな~♪。

とりあえず今日はお買物の下見をして、お茶だけしました(^O^)。20091130_p1030287

2009年のクリスマスシーズンスペシャルドリンク、「ジンジャーブレッドラテ」です。

生姜であったまりそう、ジンジャーブレッドも好きだし、クリスマスっぽい飲物だわ~と注文しましたが、どこがジンジャーなのか、普通のラテとの違いがわかりませんでした(^^ゞ。
それに、ホイップクリームがあっま過ぎ~(@_@;)、次回はいつも通りチャイティーラテを頼もうっと(^○^)。

クリスマスキャンペーンでは、商品以外にも、プレゼントやイベントが企画されているそうです。
20091201_p1030292
うさみも、「Book for Two」というイベントに参加してみようと思っています。
お客さんが不要な本をスタバのお店に持って行くと、それを集めて換金して、目の不自由な方のオーディオブック製作に役立てる、というイベントです。
どの本にしようかな~?ブックオフで高く買ってくれそうな本がいいですよね(^^ゞ。

お家に不要な本があってご興味を持たれた方は、スタバのサイトをどうぞ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

気付かない午後

数日前、午後の一番暖かい時間帯を狙って、愛犬おうじとお散歩に出ました(#^.^#)。
妹すまっぺは留守でした。20091123_p1030231

いくらも行かないうちに、近くの中学校の生徒たちが、先生に引率されて集団下校するのに行き会いました(゚0゚)。
おや、何か事故でもあったのかしら?こどもたちのお気楽な様子からすると、たいしたことないんでしょうけど・・・。

・・・ん!?さっきから頭上に響いていたうるさい音は、ヘリコプターじゃありませんかΣ(゚□゚(゚□゚*)!!
それも1機じゃありません・・・報道ヘリです~!!
報道ヘリが集まるような何かがやっぱりあったんですね!!

家に戻った方がいいかな( ̄Д ̄;;!?カヨワイ愛犬連れだし・・・。
その辺の人に何事か聞いてみようかしら?

聞く前にわかりました・・・消防車の赤が目に入りましたので・・・。

火事でしたΣ( ̄ロ ̄lll)。
うさみ家から歩いて5分ほどの、都の施設が現場で、が立ち上っていました。
消防車が10台くらい来て施設を取り巻き、道路はあちこちがブロックされてホースが通っていました。

幸い怪我人はいなかったそうですが、結構長い時間燃えており、夕方のニュースで報道されました。

帰宅した妹すまっぺに、火事の模様を話して聞かせると、
「出掛ける前に、消防車の音が聞こえるとか、煙が見えるとかしなかったの?」
20091101_p1030116 と言われてしまいました(^_^;)。

どちらもしませんでした・・・、煙は建物の方角を見なければ気付けなかったのも道理ですが、あんなに消防車が集まってるならすごいサイレン音がしたはずなんですけど、おかしいなあ(@_@;)。

人間より敏感な愛犬も、何も気付かなかったようでした。
おうじは、大きな音が怖いので音がすると挙動不審になるのですが・・・。

うさみもおうじも、トシはとって来ましたが、まだまだ耳(聴力)は健在ですし・・・ふたりで深~いお昼寝で白昼夢でも見てた、ってことにしておこうかな(^^ゞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

トランク完成

9月のカルトナージュレッスンで作りかけていたトランクを、ようやく完成させる事が出来ました~\(^o^)/。Trunk2

先生のご都合で1ヵ月半ほどクラスがお休みで間があいて、どんなブツだったかほとんど忘れかけていました。
教室で再会(^^ゞして、あ、こんな大きさだったっけ~とようやく思い出しました。
外側が黄色の花柄だったのは覚えていましたが、内側はピンクにしたんでしたっけねえ・・・どうしてこのピンクにしたんだったかしら、もう少しシックな色がよかったかも~。

今日は、トランクの内箱を作りました。
重ねるとちょうどトランクに収まって、取り出すことも出来る内箱(棚)が2段、それぞれ仕切りが2つと3つです。

Trunk仕切りが多いと、その分工程が増えるので、時間がかかります。
本体と違って、あまり面白みのないただの箱ですし、使っている布も1種類なので、途中で疲れて手を抜いてしまいましたが、何とか完成しました~。

トランク、今まで作成したカルトナージュ作品の内で、一番形も大きければ、時間もかかりました・・・。
内箱を入れると結構重くなって、持ち手はついていますが、全く持ち歩き用じゃありません(^_^;)。
愛犬を入れるのは大きさ的には十分そうですが、高さが足りないでしょう。
何を入れましょうか~。

来月は、フタにガラスをはめて中が見える箱を作る予定です。クリスマスをちょっとだけ意識した、ライトグリーンの布を使いま~す(#^.^#)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

最近のファッションチェックで

街に出ると、道行くひとのファッションチェックをするのは、カラーの勉強を兼ねたうさみの趣味と言えましょう(^○^)。
こっそり撮影したりはしてませんので、ご安心をば・・・(^_^;)。あくまで心のアルバムにファイリングしております。20091113_p1030196

→ 今年の銀座ミキモト、クリスマスツリー

最近、うさみファッションチェックにひっかかったのは、スカート男子と、年齢ギャップ30歳おばさんでした(^^ゞ。

スカート男子」の存在は、ネットや雑誌で知っていましたが、実物を間近に拝見したのは初めてでした。
”女装”ではなくて、あくまで男子のファッションのひとつとしてスカートをはくオシャレ男子なんだそうです。

うさみが見かけたスカート男子さんも、まあまあイケメンで(#^.^#)、膝丈くらいのAラインスカートにロングブーツを合わせ、スコットランドのタータンキルトみたいに着こなしていて、さほど男子スカートの違和感はありませんでした
でも、どういうお仕事なのかしら、フツーのサラリーマンじゃないよね、アパレル系?などと、ついつい視線が追ってしまいました・・・。

似合っていれば問題は無いですね~、あまりキレイじゃない脚をさらされたら気になるかな~(^^ゞ。

続きを読む "最近のファッションチェックで"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月26日 (木)

ブルーのジンクス

バンクーバーオリンピックの話題を耳にすることが多くなって来ました(#^.^#)。
冷え性で冬に外でするスポーツなど、自分では決してやりたくないうさみでも、ぬくぬく暖かい場所でウィンタースポーツを観戦するのは好きです。

オリンピック前に、ちょっと勉強(^◇^)でもしようかしら、と金メダリストの荒川静香さんが書かれた「フィギュアスケートを100倍楽しく見る方法」を読みました(^O^)。



フィギュアスケート、昔からよくテレビで見ていますが、いまだに選手が今飛んだジャンプが何回転だったのか、種類はルッツなのかサルコウなのか、わかりません(^^ゞ。
技の区別がつくのは、ビールマンスピンイナバウアーくらいですかね・・・。

本には、2004年に新しくなった採点方式の説明から始まって、バンクーバーで有望視される選手の紹介、選手たちをサポートするコーチの教授法、フィギュアスケートに関するQ&Aが入っています。

「キス&クライ(演技終了後、点数が出るのを待っている席)で選手とコーチは何を話しているのか?」(A:たいした話はしていない)「ヘアメイクは自分でするのか?」(A:ヘアメイクはつかない、みんな自分でやっている)、このあたりはうさみも知りたい疑問でした。

一番へえ~っ、と思ったのは、Q&Aコーナーの「オリンピックにジンクスはありますか?荒川さんは何かげんをかついだりしましたか?」という質問の答えでした(^O^)。

「女子フィギュアでは青い衣装の選手が金メダルを獲る」というジンクスがあり、トリノオリンピック・フリープログラムで荒川さんが青い衣装を着たのは、そのジンクスをかついだコーチのアドバイスに従ったからなんだそうです。
ご本人は、
色で運命が変わるとは思えないので、何色でもよかったのですが。」
だそうで、さすがですね(#^.^#)。

オリンピックのフィギュア女王は青い衣装、とのジンクスは、有名なんだそうですね、知りませんでした~(;´▽`A``。

トリノオリンピック時は、テレビ中継を見ていて、荒川さんはそれまで青の衣装をお召しでなかったし、青はあまりお似合いじゃないのでは?とちらっと思った気がします。
演技が始まったら、素晴らしくて、メダルも金で、すっかりそんな印象は飛んでしまいましたっけ。

衣装の色は、曲の雰囲気と、選手を美しく引き立てるかどうか、ライバルの衣装とバッティングしていないか、などで決めるのだろうと思っていました。
ジンクスで色が決まったりするんですね~、意外です(^^ゞ。

それで選手みーんなが青い衣装にしたら、どうなっちゃうんでしょう?メダルに届かなそうな選手は、青が着たくても、おこがましくて着られなかったりはしないんでしょうか?
バンクーバーでは、誰が青の衣装で登場するのか、注目したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

好みのフォント

クロスステッチの図案集から、これを刺そう♪、とうさみが選ぶのは、文字が入ったチャートが多いなあ、とふと気付きました。

20091128_p1030274デザインとしての文字、いろんなフォント(書体)で遊ぶのがどうやら好きみたいです(^O^)。
画数の少ないアルファベットは、飾り文字にしたり、つぶしたり伸ばしたりで、かなり見掛けが変ってくるのが面白いですね~。

うさみはPCで使うフォントにも、割とこだわりがあります(^^ゞ。

新しいPCやソフトが来ると、使えるフォント一覧をチェックして、ほほお、こんなのがあるのか~と使ってみます。
丸文字世代のうさみは、PCのフォントも丸っぽい太り気味(^^ゞのフォントが好きです。HG丸ゴシックM-PROとか(^○^)。
20091128_p1030275
仕事で使う場合は、相手の環境によってバケて読めないことがあってはいけないので、MS-Pゴシックをデフォールトにしています。
うさみが勝手につけている愛称は、ピーゴシちゃん(#^.^#)。
”P”つきは見た通りに印刷されるスグレモノちゃんですね。

→ これはうさみのイニシャル”T”の特大(B5サイズ)飾り文字(#^.^#)。

和文は明朝体が好き、という方も多いようですが、うさみは明朝体ってお役所っぽいし、教科書を連想して今ひとつです・・・(^_^;)。

欧文書体では、”Lucida Console”が好きです~。
ちょびっとだけ洒落っ気があるし、名前が女の子みたいで可愛いです(*^_^*)。
中世の写本っぽい飾りつきの書体も好きですが、普通の文に使うには大仰過ぎて向きませんね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

おうじ、飼い主姉妹を看病する!?

うさみと妹すまっぺ両方が風邪で病んでいた日・・・愛犬おうじはどうしていたでしょうか(^^ゞ?

おうじの生活は、普段とほとんど変りませんでした(^O^)。

毎日お散歩が必須なわんこでしたら、病を押して飼い主さんがお散歩に連れ出すか、ペットシッターさんを頼むか、になるのでしょうね。20091123_p1030235

おうじは仔犬の時から、お天気が悪かったり、寒かったり、風が強かったりな日には外に出たがりません。自分から”お散歩アピール”をするのは、快晴で風の無い日の昼間、たま~にです。

・・・ということで、うさみはうさみの部屋で、すまっぺとおうじはすまっぺの部屋で、しずか~に寝て暮らしておりました。

飼い主が寝ていると、アピールしても無駄だと思うのか、遊んでくれとか、おやつをくれとか、要求してくることはありません。
ずっと、すまっぺにくっついて湯たんぽ代わりになっていました。

ワガママを言わなくて飼い主孝行な偉いわんこだね~、看病してくれてるんだね~、と褒めてあげようとしたところ、さっきからベッドの足元で丸くなっていると思っていたおうじは、人間用のバームクーヘンをビニール袋から出そうとガジガジしていましたΣ(`0´*)!!

うさみが半分おやつに食べて、袋にもどして輪ゴムをかけてリビングルームのテーブルに置いておいたバームクーヘンを、誰もいないのをいいことに盗み取って自分の巣に隠し持っていたのです・・・。

20091123_p1030238せっかくのいい話が最後に台無しでした( ̄◆ ̄;)。
動物だからね、食べ物が第一ですよね、おうじの手の届く範囲に美味しいものを置いたうさみが悪うございました。

← うさみ復活後、晴れの日に散歩に出たおうじ(#^.^#)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

ヴェルサイユの香り(^O^)

朝、その日の気分で選んだ香りを振りかけて出掛けると、日中は自分の香りに慣れてしまってそれについて思いをはせることはありません(^^ゞ。

先日、午後に会った方に、
「今日はいい香りがしてる、花の香り。何の香水?」と聞かれました。

その日選んだ香りは、ジャン・デ・プレバラヴェルサイユでした(#^.^#)。20091126_p1030244

雨模様のどよんとした寒い日でしたので、重めの香りで対抗しようと無意識に思っていたのかもしれません。
香調はフルーティフローラルムスク、40年以上前に創られ、最近の香りにはない正統派の豪華な重さがあると思います。300種類以上の天然香料を使用しているのだとか。
東京の夏の暑い日には決して手が伸びない香りです(^^ゞ。

この香水の名前を初めて聞いた時、ベルバラファンのうさみは、漫画「ベルサイユのばら」にちなんだ香りなのか~と思いました。そのような勘違いをする人はうさみだけじゃないらしいです(^_^;)。



カタカナで書くと、バラ、になってしまうので、お花の薔薇かと思ってもしょうがないですが、”Bal a Versailles”、舞踏会のbalと、場所を示すaがくっついて、バラ、だったんですね。”ヴェルサイユの舞踏会”という優雅な名前です。



ラベルについているのはフラゴナールの絵、ボトルは竪琴の形をイメージしているのだそうで、舞踏会の音楽が聞こえてきそうですね。
マイケル・ジャクソンが愛用していたという話があるそうで、彼のファンは手に入れたい香りらしいです。

この香りをつけると、「文句があったら、いつでもベルサイユへいらっしゃい!オーッホッホッホ!!」(@ベルサイユのばら・ポリニャック伯夫人)とポーズをつけたくなったり・・・はしませんが(^_^;)、ほんのちょびっとおしとやかな気持ちにはなれるのでした(#^.^#)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

火サスタッチの大長編な夢

風邪で寝ている間、眠りが浅いせいか、をたくさん見ました(^_^;)。

ほとんどは起きてすぐ内容を忘れてしまう、短いものでしたが(以前、うさみの夢について書いた記事はこちら。)、中に一つ、「これはスゴイ!!大長編!」と感動(^^ゞ!?した夢がありました。

目が覚めて、しばらくは夢の余韻が去らず、今の夢って、うさみ脚本・うさみ監督・うさみ製作だよね、すごいわ~、火曜サスペンスドラマに仕上げられそう~、と自画自賛していました(^^ゞ。絶賛している観客もうさみひとり、で、他の人には面白くも何とも無い可能性は、寝ぼけた頭には浮かんでこないのでした。20091123_p1030237

感動する割には、途中で目覚めてしまって(>_<)、ストーリーが尻切れトンボな上に、謎も解明されておらず、続きを見られないか、ここ数日楽しみに眠りに就いていますが今のところまだ創作の神様は降りて来ていません。

夢全体の色調は、闇の中にところどころ灯りで照らされた炎が浮かぶ感じでした。TDLのパイレーツオブカリビアンを想像していただけるといいかも(^^ゞ。
うさみの夢は、たいてい普通の総天然色なので、そこからして異色です。

豪華なホテルのスパにつながる更衣室で物語は始まりました。
うさみはスパのトリートメントを受けようとして、座って順番を待っていました。
そこへ、ずっと音信不通になり会いたいと思っていた昔の友人が、うさみを訪ねて来てくれます。可愛い黒のプードルを連れていました。
まわりの人がプードルを触ろうと群がって、なかなか友人と話が出来ません( ̄Д ̄;;。

スパのセラピストに呼ばれて一瞬後ろを向いた間に、友人の姿がいなくなってしまい、慌てるうさみΣ( ̄ロ ̄lll)。
でもこんな格好(スパ用のウエア)では、外に追いかけられない、どうしよう(。>0<。)!?

次のシーンでは、うさみは暗い高架下を走っています。
彼女を追いかけなきゃ!
20091110_p1030175 そこへ怪しい風体のおじさんが登場(^○^)。
うさみにふらふらと近寄ったかと思うと、謎の言葉を囁いて、去って行きます。

えっ!?あんなアヤシイおじさんを信じていいの!?でも何も他にヒントが無いし・・・(@Д@;。

その次では、謎のグループの隠れ家に単身乗り込もうとしているうさみ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ!
うさみ危うし!!誰か助っ人は登場しないのか!?友人は本当にそこにいるのか!?

・・・いきなり覚醒・・・(^○^)

・・・こんな夢でございました。
物語をさんざん広げておいて、実はこれは全部夢でした、というのは「夢オチ」。
最初から夢だとわかっていて、結末がつかない自作の物語は、オチ無し夢、とでも呼べばいいのでしょうか(^^ゞ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

うさみのおたから

ちまちま小さいもの、きらきら光るものが好きなうさみは、当然、宝飾品も大好きです(#^.^#)。

貴石を使ったハイジュエリーはお値段も手が届きませんし、付ける機会もありませんから、美術館や展覧会、高級ブランドのショーウィンドーでお目にかかるだけのお付き合いです(^O^)。

自分でつけるアクセサリーは、デザインと色が気に入ったお手頃なものばかりになりますが、いちおうはうさみの”おたから”です。
中でも、うさみ的に貴重なおたからが、これ!20091125_p1030240_2

ずいぶん前にロンドンのアンティークマーケットで手に入れた、ネックレスです。

売り子のおじちゃんの言を信じるならば、20世紀初めに作られたものだそうですが、そのおじちゃんに「この青い石は何の石?」と聞いたら、「さあ~(^○^)?」という答えだったので、眉唾かもしれません(^-^;。
骨董的価値や宝石としての価値を求めているわけではないので、何でもいいのです(* ̄ー ̄*)。

首周りにフィットして、石が垂れ下がるデザインが、古代エジプトの首飾りをちょっと連想してとても気に入りました。
20091125_p1030241 後ろが留め金でなく、涙型の輪っかに細い棒を差して留めるというのも、思ったより使いやすいものです。

細工が繊細ですぐ壊れそうでしたが、意外や丈夫でどこも壊れず、うん10年もっています(#^.^#)。

石は、色から見るとトルコ石のようですが、均一でない感じが違うかも・・・。

アンティークを目利きするのは難しいと、マーケットを見回ってもあまりお買い上げしたことはないのですが、これはあの時何の気まぐれか、買っておいて本当に良かったと思っています。
お買物も一期一会、ですね、これと思ったものは掴まなくちゃ~(*^_^*)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

おばさんパワー

うさみは年齢的には十分に”おばさん”なのですが、世間のおばさま方を拝見していると、どうもうさみには”おばさんパワー”が不足しているように思われてなりません(^^ゞ。

本屋さんで、売り場にしゃがみこんで、熱心に何かしているおばさんがいらっしゃいました。
20091118_p1030228
料理本コーナーで、レシピをメモ帳に書き写しているのです・・・。
文庫本大のメモ帳に何ページも(@_@;)。

若い子が情報誌の必要なページを携帯カメラで撮影する「デジタル万引き」が問題になっていますが、アナログに書き写すなら文句無いだろう、ってことなんでしょうか(^_^;)。
お店にしてみれば、どちらも商品は買ってくれないし、長時間居座るおばさんの方が邪魔かも。

メモ帳に何枚も書き写す時間と手間を考えたら、料理本1冊くらいお買い上げになればよろしいのに、と考えてしまうから、うさみおばさんはお金が貯まらないんでしょうね・・・。

マイバッグ持参で行くと、ポイントがたまるスーパーも、忘れていつも手ぶらで行ってしまううさみ・・・(^_^;)。

その日も、マイバッグを広げているおばさんを前に、ちょっと後ろめたい気持ちでうさみはレジ袋に商品を詰めていました。
(もらったレジ袋は、愛犬のお散歩やゴミ捨てに再利用はしてるんですけど・・・)
汁物があるからビニール袋を1枚もらって、と手を伸ばしたら、マイバッグのおばさんがビニール袋のロールをがらがら回して取っているところでした(-_-;)。10数枚分は回していま20091116_p1030221 したね・・・。

レジ袋を使わないエコと、タダでもらえるビニール袋を減らすエコは別物なんですね(;´▽`A``。

うさみ母も、いつも必要分より2-3枚は余計にもらっていましたが、うさみはもらって帰ってぐちゃぐちゃになった袋をキレイに整頓して使うのが面倒で、100円ショップで買ったビニール袋使用です(^_^;)。

そうしたおばさま達の、何事にも動じない強さは見習えたら、と思うのですが、仕事ならともかく、私生活ではなかなか難しいうさみの心臓は、スズメ並みの大きさなんでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

懐かしの70年代

タイトルが内容ズバリな4コマ漫画「70's 愛ライフ」で、70年代を懐かしく思い出しました(^O^)。



1970年代の団地に住む新婚夫婦
(サラリーマンの旦那様と、専業主婦の奥様)が主人公で、ストーリーは彼らの平凡な暮らしを淡々と追っているだけです。それが、70年代をライブで過ごした者にとっては、たまらなく可笑しく懐かしいのです(≧∇≦)。

うさみが一番、そうそう、そんな事やってたよ~っ(^O^)と郷愁!?を感じたのは、表紙にもなっている、好きなテレビ番組を記録するのに、カセットテープレコーダーをテレビの前に置き、声を立てないようにテレビを見ながら”音”を録音するシーンでした(#^.^#)。
せっかく自分は息もひそめて取っているのに、電話がかかってきちゃったり、後ろで家族が何か落としたりで、余計な音まで録音されていてがっくりしたこと、ありました、ありました(^O^)。

ビデオレコーダーの登場前は、どこのお家でもやっていたんですね~♪。
いや~、懐かしい。
今じゃ、すぐにテレビ番組の音も絵も取れますし、見逃したって動画配信もありますし、ドラマならすぐDVDになって見られます。便利になったものの、その分希少価値というのか、大切にしなきゃという思いは無くなって、あの頃みたいに”どうしてもこれを見たい!残しておきたい!!”と思うようなものがなくなりました(^_^;)。

それ以外にも、懐かしグッズやシーンが続出です。

食べ物では、「ブルボンのルマンド」が手に入る中では高級な部類のお菓子で、「マクビティのダイジェスティブビスケット」や「レディボーデンアイスクリーム」が超高級でお客様用、というの、うさみ家もそうでした~(^◇^)。



サラリーマンの旦那様のお給料が、現金で”給料袋”に入って支給、っていうのも、うさみはさすがに初任給から振込みでしたが、うさみ父の給料袋を見たことがあったな~と思い出しました。
税金や何かの明細が袋に貼ってありました。それも手書きだったような・・・。

コンビニエンスストアも無くて、お店の閉まる時間が早く、夜になって足りない物に気付いたら、ご近所に借りに行くシーンにも、そう言えば昔はそれが当たり前だったっけねえ、今じゃあまり考えられませんけど。
黒電話が無くなって、9が続く番号はかけるのに時間がかかったなんてこともすっかり忘れちゃってました(^^ゞ。レコードをかけるには回転数を合わせる必要があったとか、EPレコードをかけるには黒くて丸いのが必要だったことも・・・。

停電がよくあって懐中電灯とロウソクを常備していたり、テレビも放送事故で止まったり、オバちゃんたちが夏はシミーズ姿で外で井戸端会議していたり、海外旅行が珍しくて旅行に行く人は近所中からお餞別やお守りをもらったり、綺麗な包装紙をアイロンかけて再利用したり、小学生が牛乳瓶の丸いフタを集めていたり、電話にもピアノにも電気炊飯器にも手作りカバーをかけるのがはやったり・・・すっかり忘れていましたが、そんなこと、うさみの周りでもよくありました~。

80年代以降生まれさん達にとっては、信じられないことばかり、でしょうね~。つい30年かそこら前は、日本もそんな時代だったのですよ、ほほほ(#^.^#)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

11月の風邪

しばらくブログ更新が止まっておりました。
ご心配のメッセージをいただいたりして、とても恐縮です。ありがとうございました<m(__)m>。

風邪をひきました(@_@;)。
世間を騒がせている新型インフルエンザではなく、普通の風邪で熱もないのですが、頭が痛くてPCに向かえませんでした。20091115_p1030218
今回の風邪菌はかなり強力だったようで、うさみから妹すまっぺにもうつりました(>_<)。愛犬おうじにうつらないのがせめてもの幸いです・・・。

→ 11月の桜♪

思えばうさみは、例年11月に、風邪をひいたり、胃を壊したりと体調を崩す事が多いのです。寒くなる時期に、体が着いていけないものと思われます(^_^;)。
ひねもすのたりのたり、の常春の国マリネラが実在したら、移住したいものだと真剣に考えます。(マリネラは、魔夜峰央さんの漫画「パタリロ」に出てくる架空の王国です。魔夜さんはうさみと同じ新潟県ご出身なので、春への執着が気持ちのどこかにあるんでしょうね(*^_^*)。



それでも、うさみはひとりで養生していれば済むので有難い(^O^)、と先日ネイルサロンでお隣になった女性の話を思い出しています。

うさみより少し年上と見たその方は、新型インフルエンザに罹って治ったばかり、とネイリストさんにお話していました。新型インフルに罹った方を初めて見たので、興味津々でふたりの会話に耳を傾けてしまいました(^^ゞ。
いきなり39度の熱が出たこと、まわりに患者さんがいないので電車か街中で菌をもらったらしいこと、体中が筋肉痛のように痛かったこと、タミフルはすぐきいたこと、熱が下がっても2・3日はひとにうつるので外出を禁止されたこと、等はふんふん、実際の話はためになるわ、と聞いていました。
20091115_p1030219
そんなのありなんですか!?と聞きたくなってしまったのが、彼女は旦那様と娘2人(小学生・中学生)の4人家族だそうなのですが、高熱で寝込んで自分は食欲のない間もずっと、他の家族の食事を作っていたんだそうですΣ(`0´*)。

娘はめんどくさい、自分で作るくらいなら食べなくていいって言うから・・・。(でもお母さんが作ったら食べた。)思いやりの教育を間違えたかしら?

と笑い話に語っていましたが、思いやりというのは、”やってくれなくてもいいけれど、やってもらったら嬉しいこと”で、病気のお母さんに代わって自分の食事を作るのは思いやり以下じゃないかしら!?自分で作れなかったら出来合いおかずを買ってくるとか外食するとか出前を取るとか、とにかくお母さんを台所に立たせないようにしてあげる方法はいくらでもあるのに・・・、とうさみは隣りでこっそり怒っていましたが、ご本人はそれほど気にしていないようでした。
母は強くて偉いですね(#^.^#)、でも頑張りすぎには気をつけて、とエールを送らせていただきます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

求む小銭入れ

この7・8年、愛用して来た小銭入れ壊れてしまいましたo(;△;)o

ファスナーを開閉する金具が元から折れてしまい、修復不可能です・・・気に入っていましたのに~。20091119_p1030229

当座は手持ちの、金具でパッチン型の小銭入れを使っていますが、やはり前の物がずっと使いやすいです~(@_@;)。

うさみが小銭入れに求める条件は・・・

中が出来れば3層、最低でも2層に分かれていること
材質は丈夫な

です。

そもそも小銭入れを使わず、長財布ひとつですませられればいいのですが、いつの間にか小銭王になることが多い(^^ゞうさみは、長財布は紙幣とポイントカードだけであまり膨らまないようにしておきたいのです。
そして小銭入れは、中が分かれていて、500円玉・100円玉・それ以下と分けて入れておくと、いくらくらいあるのかすぐわかるし、お金を払う時出しやすくて使い勝手がよいのです(^O^)。

うさみの条件に合う品を探しているのですが、なかなか見つかりません(>_<)。

壊れてしまったのは、昔旅先で求めた物で、日本には直営店がないと思っていたのですが、輸入で取り扱っているネットショップをようやく見つけました。
さすがヨーロッパのお店です、何とまだ同じ型が作られていました!色は同じ白はありませんでしたが、形は同じです(#^.^#)。
・・・でも輸入手数料がのっているせいか、だいぶお高いです(^_^;)・・・昔買った時は、この半分もしなかったはず・・・。
もう少し探して、無かったらこのお値段で手を打つしかないかな~と思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

機織り

冷え込みが激しい午後、織物の体験レッスンに行って来ました(^◇^)。

20091117_p1030224着物が好きで、ある程度なら織物の知識はあります。
どちらかというと柔らか物(後染め)の着物が好きでしたが、織り(先染め)のいいものに触れる機会を得てからは、織りもいいなあと思うようになりました。
職人さんの一人前になるまでのご苦労、後継者不足のお話を聞いていましたので、織物はうさみに出来るはずもないと思っていました(^_^;)。

先日、織物工房のお店で、体験で織れるコースターやマットを見せていただき、手触りのあたたかさが気に入り、このくらいの大きさならうさみでも出来るかも!?とその気になりました。

織物のイメージは、「鶴の恩返し」ですが、あのような大きな機織機は、上級者でないと扱えません。20091117_p1030227
初心者向けは、机上に置く新聞紙半分くらいの大きさの機械でした。平織り(経糸と横糸が1本ずつ交差する単純な織り方)しか出来ないそうです。

まずは経糸を、綾(バッテン)にしながら束にします。
糸束を、おさ(櫛の歯ように、穴の開いた枠)に順番に通します。通した糸を織り機に結んでピンと張ります。
今回うさみが織るのは、縦横12センチほどのコースターですので、経糸は48本。それでも途中でわからなくなってきて、こんがらがりそうで、もう無理かも~と思いました・・・情けない・・・先生が大きな機で織っていた模様入りのになると300本も経糸があるんだそうです。

そこから先は、機織りシーンでおなじみの、ひ(糸巻きみたいなもの)に巻いた横糸を、張らせた経糸の間を左から右にくぐらせて、おさをトントン、と手前に押して固める作業の繰り返しです。
これはリズミカルにやれて楽しかったです♪。

20091117_p1030225目当ての長さまで織ったら、経糸を切って、何本かずつ結んで出来上がり\(^o^)/。

縞模様が出来ているのは、色と太さが途中で変わる横糸を使っているからです。
端っこがデコボコなのが、素人ゆえのご愛嬌(^^ゞ。
ふこふこの手触りがいとおしくて、自分としては満足です。

でもこんなちいさなもの2個織っただけで、だいぶ肩と腕が凝ってしまいました・・・工房では、本格的に織りを学ぶ教室も開かれていますが、うさみにはこれ以上大きなものはキビシそうです(>_<)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

ドラマ化で売り切れ

ドラマや映画、アニメと映像化が決まった漫画は、本屋さんの目立つ場所にドドーンと平積みされます。
派手なPOPを飾り、予告編映像や音楽も流して人目を引いていますね。
相乗効果で売り上げはアップすると思いますが、平積みした本の山が無くなるほど売れる作品はどのくらいあるのでしょうか(^O^)。

今、放映中のドラマJIN-仁ー」の原作漫画コミックスが、近所の本屋さんで品切れを起こしていました。



平積みされた全16巻のうち、始めの3巻と、今月発売になったばかりの16巻をのぞいては、「只今品切れ中、入荷までしばらくお待ち下さい。」の札がかかっていました。

そこは地元では大きな方の本屋さんなのですが、たまたまここだけかな、と他の本屋も数軒まわってみましたら、どこでも同じような状況でした(^^ゞ。

ネット書店でも品切れの巻がありました。
ユーザーレビューには、ドラマを見て原作が読みたくなり大人買いした、とのコメントがかなり寄せられていました(^O^)。

21世紀から幕末の江戸にタイムスリップしてしまった脳外科医が主人公の原作は、設備も薬品もない江戸でひとりでも多くの命を助けようと奮闘する主人公の姿と、実在した幕末の偉人とのかかわり、市井の人々の暮らしぶり、と、細かいところまで楽しみどころが多く、人気もうなずけます(#^.^#)。

最初は得体の知れないあやしい男、と疑っている人たちが、主人公の医療技術と知識の高さ、まじめで患者思いの性格に傾倒していくところが、時代劇好きのうさみにはツボです(^O^)。
坂本竜馬や勝海舟がすごくいい役で登場するので、幕末ファンにも受けているのかなと思います。

ドラマの方は、うさみ家のチャンネル権保持者である妹すまっぺの覚えがあまり良くなく、初回しか見たことがないのですが(@_@;)、主人公の性格設定が少し違います。

ドラマでは、自分が手術に失敗して植物状態になってしまった婚約者が現代にいて、重要なキャラクターのひとり、花魁野風がその恋人に瓜二つとなっています。漫画よりも、ちょっとひ弱な感じが、映像になるとかえって共感を呼ぶのかもしれませんね(*^_^*)。

原作は連載中で、タイムスリップの原因も判明していませんし、最後に主人公が元の世界に戻れるのかどうかわかりません。
ドラマでは何らかの決着をつけないと終われませんから、どういう答えが出るのか、興味津々です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

日本みやげ

先日テレビのニュースで、中国人の富裕層がお買物ツアーで東京を回っている様子を報道していました。

中国では高級品に高い関税がかかっているので、日本でお買物した方がずっとお安いのだそうです。
ツアーバスでブランドショップや大型電気店を駆け足で巡り、短時間で何十万・何百万円とお買物している姿は、20年くらい前にパリやミラノに押しかけた日本人みたいでした(^^ゞ。

高価なブランド品や電化製品を買い漁る中、彼らが日本のおみやげとしていくつもまとめ買いしていた品がとても意外なものでした。

あちらには売っていなくて、便利で使いやすいと口コミで人気が出たというそれは、ライトと拡大鏡つきの耳かき(^◇^)。



こんな耳かきがあったんですね~、知りませんでした。
日本人のうさみも知らないものが、日本みやげとして外国人に人気だなんて、ヘンな感じです(^^ゞ。

でも考えてみれば、珍しいだろうからと和風の飾り物や、日本の食品をおみやげにしても、趣味が合わないこともあるでしょうし、実用的な便利グッズで母国では売っていないもの、なじみのある品で母国よりかなり安く買えるもの、がどなたにも喜ばれるのかもしれません。20091105_p1030131

そういう意味で、イマドキの日本のおみやげを選ぶとしたら、何がいいでしょう?

わんこのいるお家なら、わんこグッズ、特に小型犬用の洋服が、品数が多くて可愛いのは日本だそうです(#^.^#)。わんこのおやつも、種類が多いんだとか。

肩凝り性のうさみは、海外旅行中に肩凝り用シップか塗り薬(サロ○パスとかアン○ルツとか)を求めて、薬局をうろついて結局タイガーバームしか見つけられなかったことがありました。
肩や首に貼るとじわ~んと効いてくるシップは、どこの国でも売っているわけじゃないんですね。タイガーバームは効果はあるんですが、ベタベタするし、服に黄色がついてしまうんですよ・・・。
肩凝り疲れ目に悩む外国の方には、貼り薬、いかがでしょう(^o^)?



海外で手に入りにくくて困る物・・・ポケットティッシュもそうなのですが、ハンカチで鼻をかむお国の方々には不要の品なんでしょうね(^_^;)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

クリスマスの準備

街中はもうすっかりクリスマスイルミネーションで彩られましたね(^O^)。

うさみもクリスマスの準備を進めております・・・と言っても全然たいしたことじゃありま20091113_p1030207せんが(^^ゞ。

今年はうさみ家にもクリスマスツリーがやって来ました~\(^o^)/。
フラワーアレンジメントのレッスンで作ったばかりのほやほや、新鮮な木の香りが漂っています。

葉っぱ系の材料は、ヒムロスギグリーンアイス(糸杉の仲間)、マルバユーカリアイビーで、オーナメントとしてつけているのは、リューカデンドロン(南アフリカ原産)、コットン(綿の実、茶色のは珍しいんだそうです)、リンゴ(ふきんで磨いてツヤだししました(^O^)、サンキライ(赤い実)、松ぼっくりです。

細長い花器にフローラルフォーム(吸水スポンジ)をセットして、ヒムロスギの枝を真ん中に差し、まわりにどんどん他の葉っぱ類を絡ませていき、糸でぐるぐる巻いて縛ってツリー型を整えました。
ワイヤリングしたオーナメントは、バランスを考えつつ好きな所に差しました。
20091113_p1030209
大きさは花器を含めて60センチくらい、生の木を使っていますが、どれもドライになる材料なのでこのままクリスマスまでもってくれるはずです(^O^)。

以前、クリスマスリースを土台から作った時は、枝を丸く組んでいくのが大工作業のようで骨が折れましたが、これはそれほど苦労せず作れました。
クリスマスに向けたレッスンでは、お花を使ったリースが人気で、このツリーレッスンはグリーンだけで地味なのか、あまり人気がないそうなのですが、香りもいいし長持ちするし、うさみはとても気に入りました。

スギだけでも作れますし、小さくも出来ますので、ご興味のある方はお試し下さい(#^.^#)。

20091112_p1030189クリスマスケーキは、各デパートのケーキカタログを集めているうちに、選択肢が多過ぎてどれがいいかわからなくなっているところですが(^^ゞ、クリスマスハーブティージンジャーマンクッキーは買いました。
賑やかな絵柄を見ているだけで、盛り上がりますね~。

クリスマスには、刺繍の題材になるアイテムがたくさんあり(天使やサンタクロース、ツリー、トナカイ、雪だるま、プレゼントボックス等)、毎年この時期になると新しいクリスマス柄のチャートが出て来ます。20091113_p1030216

うさみも海外サイトからダウンロードしたフリーチャートを刺繍中です(*^。^*)。クリスマスの色を1色、と言ったらやっぱり赤!ですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

読書と食欲の秋

会うのは久し振りのお友達とご飯の約束をし、街まで出掛けました(#^.^#)。

待ち合わせ場所で出会うなり、
「うさみさん、さっき駅で本を読んでいませんでした?お洋服がうさみさんカラーだったので、遠目だったけどそうかなと思って・・・。」と聞かれてしまいました。

あ、あら?見られてましたか(@_@;)。
電車で読んでいた文庫本があと少しで読み終わりそうで、待ち合わせ時間まで若干余裕もありましたし、読み切っちゃえ~!と地下鉄駅の改札前スペースで立ったまま読書していたのです・・・。
通行客のお邪魔にならないよう、端っこに避けて柱に寄り掛かってこっそり立っていたつもりだったのですが、バッチリ見つかっちゃいました(^^ゞ。

面白くない本なら続きは気になりませんが、今日の本は読み進めやすくストーリーもひき込まれる内容で、ついつい最後まで読んでしまいたかったのです。

その本は、高田郁さんの「出世花」という時代小説でした(*^。^*)。



帯の宣伝文句は”江戸時代の「おくりびと」”、男と出奔した妻を捜す旅の途中で行き倒れた父を弔ってくれたお寺で育ち、やがて湯灌の仕事に生きがいを見出す少女が主人公です。
読んだ後明るい力が漲って来る度で比べれば、この作者さんの「みをつくし料理帖」シリーズに軍配が上がりますが、「出世花」にはひとの生き死にに係る切ない透明感が溢れていました。思わず目頭が熱くなるシーンも多いので、本当は電車の中で読むのには向かない本です(^_^;)。

「出世魚」にひっかけて、名を変える度に御仏の心に近付く少女は「出世花」だと言う、お寺の和尚様の言葉がタイトルになっています。

続きを読む "読書と食欲の秋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

プリペイドカード

探し物があって棚の奥をかき回していましたら、使用済みプリペイドカードがどっさり入った箱が出て来ました(^^ゞ。

テレホンカード地下鉄・JR・バスそれぞれの乗車カード、合わせて100枚以上ありました。
使用済みカードを集めているボランティア団体に送ろうと、家族にも声をかけてためていたのをすっかり忘れていました(^_^;)。

カードの種別ごとに分けて袋に入れ、少し集まっていた古切手と、使用済みのプリンターのインクカートリッジ(これも換金出来るので欲しいのだそうです。)と一緒に、海外支援をしている団体に郵送しました。

箱に入っていたテレホンカードは、頂き物で企業名が入った味気ないデザインが多かったです。20091112_p1030188
地下鉄カードには、季節ごとにデザインが変わるのを楽しみに集めていたものや、開催される美術展の記念として発行されたものがあり、数枚は送らずに手元に残しました(*^_^*)。

今は、ICカード1枚で、地下鉄も私鉄もJRもバスも乗ることが出来、チャージしながらいつまでも使えてとても便利になりましたが、カードの絵柄を楽しむことは出来なくなってしまいましたね(^^ゞ。
近い将来、好きな画像をカードに表示する、なんてことが可能になりそうですけれど・・・。

うさみはもっぱらICカードを使用ですが、ICカードはいくら乗っても割引がつかなくて許せない!と回数券(10枚分のお値段で11枚買える)を使い続けているお知り合いがいます(^O^)。確かにそうなのですが、定期入れやお財布から出さずにタッチだけで改札を通れる便利さの方が、うさみの中では勝ってしまいます。

それに、意外と知られていないようですが、バスに限ってはICカードで乗車するとその回数に応じて割引が付くんですよ(#^.^#)。(「バス特サービス」東京近郊のバス会社が参加しています。)
バスでICカードをタッチして、「チケットが付きました」とアナウンスが出たら、割引チケットがICカードに付与されたお知らせで、次回の料金から引いてもらえます。合算すると今までのバスカードと同じ金額の割引になっています。

もっとうまく宣伝すれば、バスカードからICカードへ切り替える人が増えそうなのに~とバスに乗る度思っています(^^ゞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

仔犬にモテモテ

うさみ家の愛犬おうじは、同種族(わんこ)に対してシャイで、めったに初対面では仲良くなれません(^^ゞ。
お散歩中によそのわんこと行き会っても、おうじが逃げるので、うさみも近寄って親交を深められません。

その反動で(^O^)、ひとりで歩いている時は、地元でも繁華街でも、可愛いわんこを見掛けるとさりげなく近寄って、人懐こいわんこだったら、触らせてもらいます。

最近、うさみってば仔犬にモテモテ(≧∇≦)、な出会いが続きました。
それは、うさみから「わんこ大好き(^O^)フェロモン」が出て20091110_p1030186いるせいもあるかもしれませんが、もっと大きな理由は、わんこ好みの格好をしていたからでした。
愛犬おうじの匂いは多分付いていると思いますが、関係ないみたいです。

3ヶ月のちっちゃいトイプードルちゃんが、ダッシュで駆け寄ってきて、喜んでうさみの周りを走り回ってくれたのは、うさみが首に巻いていた手ぬぐい地のマフラーがとっても気に入ったせいでした(#^.^#)。
ゆらゆら揺れて引っ張りやすいものが好きなんですね~。

しばらく遊んでいましたが、飼い主さんが「やらせておくと、キリが無いからね(^_^;)」と連れて行ってしまいました。

あるお店の看板犬のフレンチブルドッグちゃんは、うさみのフリース地ジャケット20091110_p1030185 焦がれて、きゅい~んきゅい~ん、と啼くほど欲しがってくれました(*^。^*)。

袖先についているフリルと、フードをぎゅっと締めるを、かじって引っ張って遊びたかったのです。舐められるのは全然平気ですが、仔犬でも、チワワの愛犬とは段違いに力があるフレブルちゃんに真剣に引っ張られると、紐が切れてしまいそうで、貸してあげられませんでした(^^ゞ。
うさみのスキを見て何度も果敢に紐を奪おうと挑んでくるのが、可笑しくて微笑ましかったです。
20091110_p1030171
うさみ本人が好かれたんじゃなくても、もっと遊ぼう!と寄って来てくれるのは嬉しいですね~(^◇^)。

仔犬ちゃんは、一般的に、長くて揺れる布や紐が好きなんでしょうか。

我が家の愛犬が仔犬の頃は、さほど紐に愛着はありませんでした。
大好きだったのは、軍手(^^ゞ。よく軍手をはめた手を、おうじの前で前後左右に振って噛み付かせて遊んであげました。
いつの間にか、軍手への愛はすっかり覚めてしまって、今では軍手を見ても何も反応しません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

写真俳句

ぽかぽか小春日和の月曜日でした(#^.^#)。

午前中はお掃除と愛犬のシャンプーに費やし、遅めのランチをかねて根津千駄木の下町散歩に繰り出しました。20091109_p1030162

「根津の谷」さんで玄米ランチを頂き、前から行ってみたかった雑貨屋さんをひやかし、へ び道(へびのようにくねくね曲がっている小路です。元が川だったので蛇行しているんだそうです。)をうろうろとぶらつきました(^O^)。

一度行こうとして場所がわからなかった、千駄木の天然酵母パン屋パリットフワット」さんを見つけた!と思ったら、ガラスの向こうで働く職人さんが見えるのにお店のドアが開きません・・・もう夕方近いけれど開店時間前?・・・月曜は定休日でした(^_^;)。

次回は迷わず来られるし、今日は場所がわかっただけでいいや♪の帰り道、レトロなたたずまいのギャラリーがありました。
フリュウ・ギャラリーFLEW GALLERY ”フリュウ”は風流の古い言い方意味だそうです。
20091109_p1030163_2 表に飾られている開催中の展覧会の猫ポスターが目に留まったのです(*^_^*)。

ちょっと見てみたいな~、でもギャラリーって入りづらい雰囲気があるんですよね・・・買わないと出られないんじゃないか、無理やり芳名帳に住所を書かされるんじゃないか、と心配で(^^ゞ。
ただ、こちらのギャラリーは、外からのぞいたところ、受付机が無く、手ぐすね引いて客待ちしている店員さんの姿も見えませんでした。これなら自由に拝見出来るかも~と引き戸を引いて入りました。

倉田有希さんという方の写真と俳句展風と光の散歩道」でした。

自分で撮った写真のシーンに合った俳句を詠む「写真俳句」の作品、初めて拝見しました。
季節感と、身近な風景に新しい見方が開かれる驚きがありま20091109_p1030164した。
写真に俳句がついていることで、「うんうん!この写真そういう感じ!」と共感したり、「な~るほど、作者さんはそんな切り口で写真を撮ったのか~。」と感心したりで、より深く鑑賞出来た気がしました。

ギャラリーにあった「写真俳句」のパンフレットをいただいてきて、ブログ(写真俳句のコミュニティ)を見てみました。
写真俳句を楽しんでいらっしゃる方、たくさんいるんですね~!

うさみもやってみようかな~(^O^)。
うーん、でもうさみの頭はとことん散文的で、韻文はさっぱりなんですよね・・・。それより写真の腕前の用が問題ですかね(-_-;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

紅茶の収穫

紅茶の収穫体験をして来ました(^O^)。

と言っても、いきなりインドに行って茶畑で茶摘をするはずはありません(^^ゞ。今、ちょうどオータムナルも摘み終わって、シーズンじゃないと思いますし・・・。

何のことはありません、地元ショッピングモールのイベントホールで、リプトンフレーバーティーの販促イベントがあったのです(*^_^*)。20091108_p1030155
たまたま通りがかって、黄色いジャンパーのイベントスタッフさんたちと、大きなつくりものの木を見つけました。

秋の果物を収穫するように、フレーバーティーのサンプルをリプトンの木からもいでみましょう~(^^♪、という体験イベントなのでした。

リプトン紅茶は好きですし(お安いイエローラベルとペットボトルしか買わないけど・・・)、フレーバーティーもよく飲みます~。
イベントに参加しなくても、スタッフさんが配っているお試しサンプルはいただけますが、木にぶら下がっているマグカップ型の”実”が欲しくて、参加希望の列に並びました。

6種類(アップルレモンストロベリーメイプルキャラメルバニラ)あるフレーバーのどれがいいか、並んでいる間に考えていました。
20091108_p1030156
お茶の味ならこれからの季節、キャラメルがイチオシですが、マグカップのイラストが一番可愛かったのがストロベリーで、イチゴちゃんを摘むことに決定~!
同じ種類の実がたくさん生っているうち、どのへんのにするかもチェック。並んでいるお客さんの中では背が高いうさみは、お子様やおばあちゃまは手が届かなそうな、高い枝のをいただきましょう~。

苺マグカップ、ただの紙製ですが、とても可愛いです(*^。^*)。
このままクリスマスツリーにさげても良さそうです。マグカップだけ全種類欲しかったなあ・・・(^^ゞ。20091108_p1030157

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

箱好き・缶好き

クリスマスグッズ売り場で、こんな物を買って来ました(^O^)。
20091108_p1030145
フィンランド製の木の小箱です(#^.^#)。
集めた木屑を固めて成形し、プルキネンさんという絵本挿絵画家さんがひとつひとつハンドペイントして模様を描いているのだそうです。

天使やクリスマスツリーなど、クリスマス柄が多いなか、他の時期でも使えそうな模様を選びました。

木製の塗り容器で、手に持つと軽くてしっくり馴染むのが、日本の漆器と相通じると思いました。子供の絵のような手描き模20091108_p1030144様が素朴で、洗練された抽象模様の日本漆器とは見かけは違うのに、面白いです。

昔から綺麗な模様の箱や缶が好きです(*^。^*)。

頂き物のお菓子缶が綺麗だと、中身より先にこれ空いたら頂戴頂戴、と大変でした(^^ゞ。ディズニーランドのお土産お菓子缶にも弱いです~。
いろいろ集めて使った結果、変形缶はかたちは可愛くても物を入れたり重ねたりには向かないと納得し、長方形とか円筒とかシンプルな形を選ぶようにしています。

20091108_p1030148中にあれこれ入れてみては、何をどこに入れたか忘れてしまうのは、庭を掘って宝物を 隠しておいて場所を忘れるわんこのようなものです(^O^)。何年もしてから、ふと箱を開けて、すっかり忘れていた物が出てきて嬉しいビックリ箱になったりします。

カルトナージュに魅かれたのも、箱が好き、という理由があったのかと今さらながら思っています。
今日は、紙を使ったカルトナージュレッスンに行って来ました。20091108_p1030150

4時間の長丁場レッスンで作って参りましたのは、ツールボックス、お道具箱です。

A4紙の大きさで、高さはペットボトルの首までくらい。今まで作った中で一番大きい箱です。中箱と仕切りもついているので、貼るものが多くて時間がかかりました。
お道具がたくさん入りまーす(^◇^)。

フタのエンボスは、リンゴ形の紙製シールを重ねてフタに貼り、上から紙を貼ることでリン20091108_p1030152 ゴを浮かび上がらせています。先生の作られた見本は、クローバーのエンボスが真ん中についていましたが、へそまがりうさみは真ん中を避けて端っこにつけました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

小太り・・・って?

最近マスコミをにぎわせている事件の報道を見て、うさみ家の話題になっていたのが、容疑者女性の容貌についてのコメントでした。

小太りで・・・」

万年ダイエッターの妹すまっぺは、この言葉がひっかかったようです(^^ゞ。

「小太りって普通に使う言葉?この人、小太り?」20091012_p1020805

小太りとは、「ちょっと太っていること。太り気味のこと。(大辞泉)」だそうで、あくまで「少し」太っている状態なんですね。
見た目のお話なので、実際の体重とはずれると思いますが、BMI指数でいくと、23~26くらいでしょうか?(体重÷身長x身長、身長165cmのうさみでしたら、体重68キロでBMIが約25、「太り気味」になります。)

うさみより身長は10センチ以上低くて体重差は○キロ(秘密(^O^)のすまっぺは、自分が見知らぬ人から形容される場合に、「小太りの人」と言われるのかが気になるのでした(^_^;)。

ぽっちゃり」「ふくよか」「女らしい体型」くらいなら言われてもさほど気にしないところ、「小太り」は甘んじて受け入れ難いらしいです。
言葉のイメージが、品が良くなくて締まりの無い感じなんでしょうかね~?体重があっても20091022_p1030056 ボンキュッボンな体型の人を小太り、とは呼ばなさそうですし・・・。

時代が「ゆる」志向の昨今、女性も男性もちょっと太めなキャラは人気が上がっているそうですし、小太り状態くらいの方が痩せ過ぎの人より長生きするというデータもあるようです。
健康ならば、体重なんて気にしなくていいじゃな~い、とひとのことは言えても、いざ自分が体重計に乗ると、はあ~(>_<)と思わずため息なのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

偏屈節約術(^O^)「節約の王道」

買物好きうさみの脳内辞書には、「節約」という文字は、きっと他の言葉より小さくのっていることでしょう(^^ゞ。

モノ浸りの消費態度を反省して、節約しよう!今月はもう○○(洋服、とか化粧品、とか・・・)は買わない!等と誓ってみることもあるのですが、あまり長続きしません(^_^;)。
欲しいと思う物があるのは幸せ、サトリを開いた聖人君子でもなければ、何も欲しい物が無い心は、何にも感じない心じゃないかしら、と自分に都合のいい言い訳を考えています。

そんなうさみですが、この本は作者さんが節約についてどんな考えをお持ちなのか、知りたくて買いました(^O^)。

節約の王様」 林 望



ご本業の書誌学研究より、作家”リンボウ先生”としての活躍がすっかり有名になった林先生による、へそまがり節約論です(*^。^*)。

日経の新書からの出版なので、ビジネスマンをターゲットに書かれたのだろうと思いますが、林先生はご自分で食材の買物をしてご飯を作る”グランドシェフ”でもあり、毎日のお買物や生活費の使い方についても参考になる極意ものっています。

ただ、あくまでこれは「へそまがり」を自認する先生ならではの節約術・・・一般人にはちょーっとどうだろう?というのも多かったです(^^ゞ。

「銀行でお金をおろす時は3万4千円にして、万札はなるだけくずさないようにする」「献立を考えずにスーパーに行き、安い食材を買って、それを使い切る料理をする」「外食は5日間食べ続けても懐が痛まない額の店で」「タバコは金の無駄」「スポーツクラブにお金を使うより、道をひたすら歩く

このあたりは、実行可能でしょう、どれほど守れて効果をあげられるかは、強固な決意次第かもしれませんが(^o^)。

本は借りて読むな、買って読め」・・・それなりにお金をかけないと知識は身につかない、というのは学校の先生らしいご意見ですね(^^ゞ。
うさみは本は買って読んでいますが、それはこのような立派な考えからではなく、気になったらすぐ読みたいだけです(^_^;)。熟読してきっちり身につけたいような固い本ばかり読んでいませんし・・・。

プレゼントはしない・もらわない」「飲み会には行かない」・・・虚礼に金を使うな、ということなのですが、これを日本で実践するのは、変わり者と後ろ指を差されても気にしない方だけでしょうねえ(^O^)。

会社で「私は飲み会(送別会とか忘年会とか)には参加しないポリシーですので、ヨロシク!」と言い切って、まわりと摩擦が起きないのは、かなり偉い人か、早く帰宅しなくてはいけないご家族の理由がある人くらいだと思います。
うさみもどちらかと言えば飲み会は苦手な方ですが、でも普段誰とでも気安く話せるタイプではないからこそ、お酒の席で隣り合った人と思わぬ会話が出来て、以後関係がスムーズになった事も何度もありました。

それから、車やブランド物など一点豪華主義で身の丈にあわない物を買うのにも反対されていましたが、その物を買う為に頑張ろうと思ったり、頑張って入手した事で心が満たされるなら、それでもいいんじゃないかなあと物質主義に染まったうさみは思いました。・・・だから節約出来ないんですよね(^^ゞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

わんこのお出掛けマナー

少し前から、あちこちの駅構内に、こんなポスターが貼られています。

20091104_p1030130
ペット顔まで入れたら、みんな笑顔
ペットを電車内に持ち込む時は、顔まで入るキャリーバッグかケージに入れてください、というお願いポスターです。

マナーポスターが作られるってことは、それを守っていない乗客が多くて困っているということですよね(@_@;)。

うさみも昨年、駅でフタなしバッグに入ったわんこを目撃した記事を書いていますが、それ以後も、何度か電車やお店の中などで、わんこを普通のバッグに入れて歩いている人を見かけています。
バッグにすら入れず、わんこを抱っこしてショッピングモールの中を闊歩する人も・・・。
ペットブームに乗って、そういう飼い主さんが増えているようには感じていました(>_<)。

わんこは飼い主さんにとって家族の一員で、わが子も同然・・確かにそうですが、でもわんこは人間とは違います。
ウチの子は大人しいし、キレイだし、洋服も着せているから問題ない、とおっしゃりたいのかもしれませんが、わんこはわんこです(^_^;)。見えなくても毛は飛びますし、人間と違う病原菌などを持っていないとも限りません。

それに、移動中に思わぬ大きな音や大勢の見知らぬ人に驚いて、走り出してしまうかもしれません。可愛いからと、手を出した他人を噛んでしまうかもしれません。
わんこだって、普通のバッグよりキャリーバッグやケージの方が、座っているのに収まりが良くて楽だと思います。20090801_p1020142

→ 愛犬おうじのキャリーバッグは、ご近所用・遠く用といくつかあります(^O^)。

自宅の中ではどれほど甘やかそうが、人間扱いしようが、飼い主さんの勝手ですが、公共の場に連れ出す時は、マナーを守っていただきたいものです。
あまりマナー違反が続くと、今はOKな場所もどんどんペット連れ込み禁止などという事態になりかねません(@_@;)。

マナーを守れない少数の飼い主さんのせいで、きちんと守っている大多数の飼い主さんが困ることのないよう、ぜひお願いします<m(__)m>。
それに、何の罪も無いわんこが白い目で見られて気の毒です・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

おばさん歌姫の初CD

奇跡の歌声で世界を魅了したおばさん歌姫、スーザン・ボイルさん(彼女に関するうさみの記事はこちらこちらです。)の初CD「夢やぶれて」(I Dreamed a Dream.)が、今月25日に発売になります\(^o^)/!

わ~い、待ってました~(^^♪
収録曲はこちらだそうです。

  ワイルド・ホース
  夢やぶれて
  クライ・ミー・ア・リバー
  偉大なるかな神(輝く日を仰ぐとき)
  愛をこえて(ユール・シー)
  デイドリーム・ビリーバー
  アップ・トゥ・ザ・マウンテン
  アメイジング・グレイス
  フー・アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ビー
  プラウド
  この世の果てまで(ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド)
  きよしこの夜
  ボーナストラック


「デイ・ドリーム・ビリーバー」も好きですし、クリスマス前なので「きよしこの夜」もいいですね~♪「メモリー」が入っていないのはちょっと残念ですが。

世界同時発売だそうですが、あらら、輸入版だと全然お値段が違います(@_@;)。日本版は定価2,800円でamazonの輸入版は1,539円です。
うさみはCDに封入の解説はほとんど読まないので、輸入版にしようっと(^O^)、と注文しかけたところで気付きました(ー_ー)!!。


日本版は13曲、輸入版は12曲・・・最後のボーナストラックは、日本版のみの特典なんですね(@_@;)。
うーん、どうしましょう~??
レコード会社のHPには、ボーナストラックが何の曲なのか、まだ何ものっていませんし、視聴も出来ません。

どちらも注文せず、様子見を決め込んでいましたら、妹が見ていた今朝の芸能番組で、答えが放映されました(^O^)。
日本のみのボーナストラックは、「翼をください」(英語版)だそうです。

この曲、大好きなんです、歌詞も覚えてます・・・しょーがない、日本版を買いましょう!!
SONYミュージックの策略にまんまとはまった形になるのは悔しいですが、その分アーティストに入る印税も多くなると思えば惜しくないでしょう(*^。^*)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

おばさん森ガール

最近あちこちで「森ガール」という言葉を見かけます(#^.^#)。



ミクシィ発の造語で「森にいそうな女の子」のことだそうですが、ファッションだけでなく好きな物やライフスタイルまで含めて言うようです。

ゆったりしたワンピースや重ね着、大ぶりアクセサリーというファッション面だけ見ていると、昭和生まれのうさみおばさんは、昔流行ったフォークロアを思い出します(^^ゞ。20091103_p1030127

でも、ファッションは時代の鏡・・・フォークロアファッションには反戦や体制からの自由みたいなイデオロギーがくっついていたかと思いますが、21世紀の森ガールは、肩の力が抜けたゆるさリラックス感がありますね。
可愛さの中にどこかピリっと辛みがあるファッションは、人の目を意識せず、自分が好きな可愛い物を追求しているのかなと思います。

雑誌Oliveファンの「オリーブ少女」と似ているとも言われているようですが、うさみのイメージでは、オリーブ=リセエンヌ(フランスの女子高生)で、”ゆるい”感じはなかったような気がします。

偉そうに解説っぽくコメントしてしまいましたが、実は森ガールファッションが結構好きなう20091103_p1030125_2 さみです(*^。^*)。

もちろん、”ガール”の範囲から年齢的にはずれていますので(^O^)、純正森ガールにはなれませんが、カフェめぐりカメラ片手の散歩が好きで、ゆるふわ雑貨には目がなくて、かわいい絵本に弱くて、と言った森ガールの特徴いくつかはかぶっています。
ワンピースもラウンドトウの靴も、動物や花モチーフのアクセサリーも好きですし・・・(*^_^*)。

おばさん森ガールを自称しようかな~と思っているのですが、町生まれの町育ちでひ弱なうさみおばさんは、静かな森よりわさわさうるさい町が似合うような・・・(^^ゞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

ロールケーキ

今日のうさみのおやつは、ローソンプレミアムロールケーキでした(*^。^*)。

このロールケーキ、コンビニのローソンが”お家や職場をカフェみたいに”というコンセプト20091102_p1030120 で販売している「ウチカフェスイーツ」の中でも、クリームに特別にこだわった「プレミアムシリーズ」なのだそうで、販売以来大人気みたいです。

ネットでは食べてみたいのに売り切れ(>_<)、という声が多いなか、うさみのご近所ローソンには山のように入荷していました。朝早めの時間に行ったからかもしれません。

手に掴んで食べられないほどの柔らかさ、スプーンで食べてください」との但し書きがあり、つぶれないよう、プラスチックのお皿に入っています。
確かにお皿から持ち上げてガブっと食べるのは無理そうです・・・。スプーンで切り分けてすくって食べました(^O^)。20091102_p1030124

お味もまったりクリームとふわふわスポンジが口当たりが良くて、税込み150円ならお得~♪人気も納得かな~と思いましたが、ひとつ気になりました・・・(^^ゞ。

ロールケーキというのは、巻き寿司みたいに、長方形のスポンジを端からくるくる巻いて作られ、断面が蚊取り線香のような渦巻状になっているものを言うんじゃありませんでしたっけ?
このケーキ、スポンジが外側に一層しかなくて、ぐるぐるしていません・・・。

最近のロールケーキ人気の元祖みたいな堂島ロールも、スポンジが外側一巻きタイプなので、そうやって中身のクリームを増量したものが消費者のお好みに合うのでしょうか。
うさみは、スポンジとクリームが交互に出て来るところが、ロールケーキの醍醐味かなと思うのですが、クリームも好きだからこれでいっか~(^O^)。

ロールケーキは好きですが、あまりケーキ屋さんでは買いません(^_^;)。



ロール1本分は、家族ふたりには多いですよね。
1度では食べ切れません(@_@;)。ケーキは翌日まで持ち越すとあまり美味しくなくなっちゃいますし・・・。

コンビニで、一切れに切り分けて個包装されているロールケーキはたまに買います(^O^)。
抹茶やストロベリー味もいいですが、やっぱり飽きが来なくてさっぱりなのはバニラクリームでしょうか(*^。^*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »