« 気付かない午後 | トップページ | モー様原画展 »

2009年11月30日 (月)

クリスマスシーズンのスタバ

11月も半ばを過ぎると、あちこちのお店でクリスマス用の限定商品が売り出されます(#^.^#)。

毎年本国アメリカ仕込みのホリディグッズでうさみの物欲を刺激してくれるのが、スターバックスです。

サンタクロースの扮装をしたぬいぐるみのクマ(季節ごとにそれらしい洋服で売り出されますが、やっぱりサンタさんが一番可愛い(*^_^*)、にぎやかなクリスマスイラストがついたタンブラーマグカップ、アドベントカレンダーになっているチョコレート、ギフト用に美しく包装されたコーヒー・・・どれもセンスが良くて、毎年あれもこれも欲しい気持ちを抑えるのに困っています(^^ゞ。

クリスマスキャンペーンのイラストも可愛いので、この時期は紙カップや持ち帰り用の紙袋をもらうのも楽しみです。

家で使っているタンブラー(オマケでもらったノーブランドもの)が、変形して先行きアヤシくなって来ているので、この機にタンブラーを買っちゃおうかな~♪。

とりあえず今日はお買物の下見をして、お茶だけしました(^O^)。20091130_p1030287

2009年のクリスマスシーズンスペシャルドリンク、「ジンジャーブレッドラテ」です。

生姜であったまりそう、ジンジャーブレッドも好きだし、クリスマスっぽい飲物だわ~と注文しましたが、どこがジンジャーなのか、普通のラテとの違いがわかりませんでした(^^ゞ。
それに、ホイップクリームがあっま過ぎ~(@_@;)、次回はいつも通りチャイティーラテを頼もうっと(^○^)。

クリスマスキャンペーンでは、商品以外にも、プレゼントやイベントが企画されているそうです。
20091201_p1030292
うさみも、「Book for Two」というイベントに参加してみようと思っています。
お客さんが不要な本をスタバのお店に持って行くと、それを集めて換金して、目の不自由な方のオーディオブック製作に役立てる、というイベントです。
どの本にしようかな~?ブックオフで高く買ってくれそうな本がいいですよね(^^ゞ。

お家に不要な本があってご興味を持たれた方は、スタバのサイトをどうぞ~。

|

« 気付かない午後 | トップページ | モー様原画展 »

コメント

母親が点字図書館のボランティアで、「音読」(視覚障害者への本の朗読サービスのこと)をやってます。普通の「朗読」とは違って、感情をこめて読むのではなく、書籍の内容を一字一句違わず正確に読むにはかなりの技術が必要なのだそうです。
子どものころから視覚障害のあるかたは、点字を利用されますが、中途失明の方は点字がわからないので、このような「音読」サービスは重宝されているようです。著作権の問題があるので、点字図書館で利用できるという条件に限られるようですが。。。
スタバのキャンペーンで、このようなサービスについてもっと広く認識されるようになると良いと思います。

投稿: アラベスク | 2009年12月 2日 (水) 09時15分

>アラベスクさん
私も以前、音読ボランティアをやれないかと思ったことがあるのですが、訓練コースが大変そうで挫折しました(>_<)。
スタバのこのキャンペーン、去年もやっていたんだそうですが知りませんでした。もっと宣伝すればいいのに~。

投稿: うさみ | 2009年12月 2日 (水) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/46910161

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスシーズンのスタバ:

« 気付かない午後 | トップページ | モー様原画展 »