« 古い箱の用途 | トップページ | 冬ごもりおうじ »

2009年12月15日 (火)

「夢見るビーズ物語」

萩尾望都さんのコミックエッセイ集「夢見るビーズ物語」、発売日当日にゲットして参りました(^○^)。



モー様の原画展が開かれるギャラリーに隣接した書店「リブロ」で、この本を購入した人、先着100名にサイン会の整理券を配布すると告知されていました。
先着100名って開店の10時に合わせて行けば大丈夫なのかなあ?でも、開店前から並ぶ人がいそう、平日ではあるけど、モー様だし・・・。20091215_p1030431

結局、今日は昼前に用が出来た事もあって、行ってみてまだあればラッキーと気楽な構えで、池袋に到着したのが、午後2時過ぎ。
お目当ての本は、探すまでもなく、コミックフロアの一番目立つ場所にドドーンと平積みで入荷していました。そしてサイン会のお知らせポスターには、「好評につき、整理券の配布は終了しました」の赤紙(@_@;)・・・やっぱりね、配布日を待ちかねていたファンは100人以上いますよね・・・(^^ゞ。

本が買えれば良しとして帰りま~す(^_^;)、地元の書店だと今日入荷しているかどうかわかりませんもの。

本の内容は、モー様の愛するビーズについてのエッセイ漫画です(#^.^#)。
昔からキラキラした物が好きで、ビーズでアクセサリーを作るのに熱中しているのだそう20091215_p1030433 で、ビーズやアクセサリーの歴史に関する考察、ビーズを求めた世界あちこちの旅行記、ビーズの収納や製作の苦労話などなどが出て来ます。

そして漫画ファンには嬉しい、今まで描かれた漫画のキャラクターをイメージしてモー様が作ったオリジナルビーズ作品の画像(≧∇≦)と、製作メモ(簡単な作り方)。
エドガーがモチーフの、薔薇の花冠に、オスカーの十字架!「11人いる!」のちび人形11個は、各々肌の色も違って、凝ってます~!

掲載されているインタビューの中で、
ビーズ作りは漫画を描いているときとは違う脳の部分を使っているみたいで、すごくリラックスして無心になって集中して、楽しいだけで大変なことはない。」という趣旨のお話をされています。

うさみも刺繍やカルトナージュをやっている時は、無心になってそのことだけを考えていられて、出来不出来にかかわらず、楽しい時間が過ごせます(*^_^*)。それは普段の仕事がものを創る事からかけ離れているからだと思っていたのですが、漫画家さんはお仕事も手芸も「ものづくり」という点では同じなのに、やっぱり取り組む姿勢が違うものなんですね・・・(^^ゞ。漫画を描いている時は、自分自身から厳しいツッコミが入って、無心ではないんだそうです・・・プロ魂ですねえ。

大好きな作家さんに倣って、ビーズアクセサリーのひとつでも作りたくなりそうなところですが、うさみはペンチやニッパー等の道具を使いこなす才が無いんですよね・・・(@_@;)。鋏は何とか使えますが、カッターになるとかなりあやしくて、大工道具は怪我をしないかといつも腰が引けてます。
ビーズを縫い付けるなら何とか出来るので、ビーズは持っていますが・・・。きらきらビーズはガラス瓶に入れて鑑賞するだけでも素敵なんですよね(#^.^#)。20091215_p1030434

→ これはビーズアクセ作りが趣味のお友達に頼んで作ってもらったビーズボールのラリエットです(^◇^)。

|

« 古い箱の用途 | トップページ | 冬ごもりおうじ »

コメント

そう言えば、この前、ファスナーが壊れた財布、復活しました?(笑)

こうしてビーズを通したのを付けるとか、ただの紐だけでも
通して使えるとリサイクルになると思います。

投稿: White | 2009年12月16日 (水) 10時08分

 本も読んでみたい ビーズもとおしてみたいです。 大ぶりのビーズの ネックレスいただいたので 外出のときは しています。アクセサリーをつけると ちょっと お出かけという気がします。

投稿: 小紋 | 2009年12月17日 (木) 07時05分

>Whiteさん
実はまだ復活していません・・・何をつけると合うかまだ決めかねてまして・・・(^^ゞ。

>小紋さん
漫画家さんなのでオリジナルをデザインするチカラがあっても不思議ではないのですが、それを自分で作ってしまうのはすごいなーと思います。

投稿: うさみ | 2009年12月17日 (木) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/47030214

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢見るビーズ物語」:

« 古い箱の用途 | トップページ | 冬ごもりおうじ »