« クリスマス2009 | トップページ | 今年最後の箱作り »

2009年12月25日 (金)

ホリディシーズンのわんこ鑑賞

ホリディシーズンは、のんびりお家でDVDを見たり、ぬくぬく本でも読みたいですよね(* ̄ー ̄*)。

何を見るか読むかに迷っていらっしゃる方、よろしければ最近うさみが、わんこがとても上手く描かれていて気に入ったものをご参考になさって下さいませ<m(__)m>。

DVDのオススメは、ディズニー映画ボルト」です。



これ、映画館で公開された時は、犬の映画だけれどCGだし、予告やポスターを見た限りでは犬があまり可愛くないから見なくていいと思っていました(^^ゞ。レンタルでなら見てもいいか、と借りて来たら、いやー、CGのわんこも馬鹿に出来ない!と驚きました(^○^)。

テレビドラマの撮影用に、トレーラーの中で育てられて外の世界を知らず、ドラマが現実だと信じているボルトが、飼い主の少女が悪者に連れ去られたと勘違いして、助けようと大冒険の旅に出るお話です。Bolt

白い犬(アメリカンホワイトシェパードという犬種がモデルだそうです)ボルトの動きや表情が、本物以上にリアルです~!
固そうな毛の質感まで感じられます。

本物の犬を飽きるほど観察した上で、より精悍により可愛くスクリーンで見えるようデフォルメして作られたボルトは、本物の犬に無理やり演技させるより、犬らしく見える時もあります。
歌舞伎の女形役者さんが、女性より女らしいのと同じ理屈かも(^_^;)。

うさみが一番気に入ったシーンは、少女を探してアメリカ横断中のボルトが、空腹に耐えかねてオートキャンプ場で人間から食べ物をもらおうとするところです。

旅の仲間で、世知に長けた野良猫のミトンズ(黒い猫で足の先だけ白いから、ミトンズ、こういう模様でソックスという名前はよくありますが、手袋というのが面白い。)は、犬の必殺技で食べ物を人間にねだれ、と「ちょうだい顔」のレクチャーをします。
首をちょっと傾ける、次に反対にも傾けて、伏せがちに上目遣いで見る、両耳を倒す・・・ボルトのこのポーズにはどの人間も逆らえません、オウ!と感嘆符付で食べ物を分けてくれましたo(*^▽^*)o。ためしにミトンズが同じことをやっても効果なし(^_^;)。

このワザ、うさみ家の愛犬おうじも持っているんですよ!
(証拠画像がなくてすみません<m(__)m>)
人間が食べているものが欲しい時、足元にちまっと座って、首かしげポーズでうるうる見上げます。おうじの得意技かと思っていましたが、洋の東西を問わず、飼い犬のDNAに受け継がれているワザだったんですね~、そしてどこの人間もその技に勝てないんですね(;´▽`A``。

最近発売のコミックス、「まほろ駅前多田便利軒」では、愛くるしいチワワにノックアウトです(≧∇≦)。



三浦しをんさん原作の小説を、山田ユギさんが漫画化したコミックスの1巻目です。
原作でも、チワワは可愛く描かれていましたが、絵で表現される20091226_p1030594と可愛さ倍増でした~(*^_^*)。

チワワのハナちゃんは、主人公が経営する便利屋さんに、旅行中だけ預かって欲しいと連れ込まれますが、飼い主一家は夜逃げして町から消えてしまいます(u_u。)。
その後、便利屋さんのもとで起こる事件にかかわり、最後には新しい飼い主さんにもらわれていくのですが、ぷるぷる震える姿、床にかしかしつめの音を立てて歩く姿、体を掻く姿、散歩する尻尾とお尻、座った後姿の首から背中のカーブ具合、どれも、うちのチワワと同じです~!可愛い20091226_p1030595~!!!

漫画を描いた山田さんは、犬ではなく猫を飼っていらっしゃるそうですが、きっとどこかでチワワをたくさん観察して描かれたのでしょう。

チワワって2次元になると、つぶれちゃって可愛く描かれていることがほとんど無いのですが、この漫画のハナちゃんは、本当にチワワらしく可愛らしく描かれていて、チワワオーナーの端くれとしてとても嬉しかったです(*^.^*)。20091207_p1030339

|

« クリスマス2009 | トップページ | 今年最後の箱作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/47118294

この記事へのトラックバック一覧です: ホリディシーズンのわんこ鑑賞:

« クリスマス2009 | トップページ | 今年最後の箱作り »