« あのミルフィーユ | トップページ | 「夢見るビーズ物語」 »

2009年12月14日 (月)

古い箱の用途

先日、散歩中に立ち寄った古道具屋さんで、小さな木製の箱、というか、トレイのような物を買いました(^O^)。Furu

同じ大きさの箱がいくつかあり、”机上の小物整理に”、と値札に書いてありまし た。刺繍糸を入れるのにちょうどいい大きさだと思い、ひとつ買ってみました。

この箱の、もともとの用途は何だと思われますか( ̄▽ ̄)?

内のりで15センチx7.5センチx1.8センチで、これが平均的な大きさだったらしいです。お店では重ねて置いてありましたが、ぴったりとは重ならず、縦に積んで引き出しのようにして使ったものではないようです。

20091214_p1030428値札に箱の名称も書かれていたのですが、うさみは初めて聞く名前でした(^_^;)。
家に帰ってから調べて(お店の人に聞けばよかったのですが、お支払いする時にはすっかり忘れていて(^^ゞ、想像もしていなかった使いみちにへえ~っ w(゚o゚)w とうなっちゃいました。


正解は↓へどうぞ~(^○^)。

この箱は、活版印刷用の活字を入れる箱で、名前を「文選箱」というそうです(#^.^#)。

洋文字の印刷では、使う活字を選び出す作業と、原稿の通りに並べる作業を同じ職人さんがやりましたが、漢字圏では文字数が多いので、まず必要な活字を文選箱に抜き出し(文選)、その後、並べ替えて版を組んだ(植字)のだそうです。

左手に原稿と文選箱を持ち、右手で活字を棚から選んで箱に入れる、という風に使われていたんですね。20091214_p1030427
この箱で、10.5ポイントの活字だと400字詰め原稿用紙2枚分が収まるのだとか。

うっすらと碁盤の目に緑の塗装が掠れているのが、活字が置かれていた跡なのかと思います。

どんな職人さんがこの箱を使っていて、どんな本を作ったのでしょう?
想像したら、とっても楽しくなりました(^○^)。
古い道具が持つロマンですね~。

→ 刺繍糸とビーズを入れてみました。思った通り、刺繍糸にちょうどの長さです♪

|

« あのミルフィーユ | トップページ | 「夢見るビーズ物語」 »

コメント

この箱が活版印刷の活字を入れる箱だったんですか。
アニメ映画『銀河鉄道の夜』というのはご覧になりました?
その中で印刷会社でアルバイトをするシーンがあるんですが、それがまさに判を集める仕事だったのを思い出しました。

下の写真には、早速、物入れに使われていますが、右側のはジェリー・ビーンズじゃなく石ですか?(笑)

10月25日、京都の北野天満宮で骨董市が開かれるので見てきたんですが、そこでも、いろんな物が出ていましたが、使われていた当時のことを思うと、また持ち主が代わっていって、こんどはどんな人が買っていくのかなと想像を張り巡らしていました。

投稿: White | 2009年12月14日 (月) 22時59分

素敵なお買物をなさいましたね~♪ 
確かに古いものって、元の用途を聞いたり、その歴史を考えると一層愛着が湧きますね。
手芸道具入れという手仕事用に使われているのが、また素敵です。
私も活字拾いと言うと、「銀河鉄道の夜」を思い出します。(映画の中では、猫の手で器用に活字を集めているのが印象的ですw)
活字そのものも、ズッシリ重くて味わい深いんですよね。
活版印刷は、今や日本では絶滅寸前ですけど、ファンは多いと聞きました。

投稿: ぴよよん | 2009年12月15日 (火) 01時40分

ロマンってなに?

投稿: BlogPetの白うさ | 2009年12月15日 (火) 14時42分

レトロですね・・・
今では何でもコンピュータやキカイのお世話になって、手作りの味を忘れてしまいがちで残念なことです。
お買い求めになった「文選箱」うさみさんの手で新しい使い方で、生まれ変わってよかtったです。

投稿: アラベスク | 2009年12月15日 (火) 15時22分

>Whiteさん
「銀河鉄道の夜」は本を読んだはずなのですが、ほとんど記憶にありません(^^ゞ。今度アニメを見てみます。
右の箱入りのは、ビーズ、石です、食べられません(^◇^)。
京都の骨董市、私の憧れです~。見る目を養いお金をためてから行こうと思ってます。

>ぴよよんさん
お褒めいただいたので、図に乗ってあと2・3個買い足しに行こうかと思ってます(^^ゞ。
これと同じ位の大きさの箱いっぱいに活字をいれると2キロになったそうです。2キロってかなり重いですよね?熟練工が活字を選ぶところ、見てみたかったです。

>アラベスクさん
レトロです。お店もレトロなんですよ。セルロイドの筆箱、こういうの昔私も持ってたよ~というのが売ってました。
今は何でも使い捨てですが、昔の大切に繰り返し使うべく作られて、誰かが使っていた物の味は何とも言えませんね。

投稿: うさみ | 2009年12月15日 (火) 21時00分

>白うさ
ロマンは浪漫ですよ(^◇^)

投稿: うさみ | 2009年12月15日 (火) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/47022387

この記事へのトラックバック一覧です: 古い箱の用途:

« あのミルフィーユ | トップページ | 「夢見るビーズ物語」 »