« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

心の色はベージュ

レイフ・ファインズスーザン・サランドンという出演者にひかれて借りたDVDに、ちょっといいなと思うセリフがありました(#^.^#)。

バーナードアンドドリス」(Bernard and Doris)というタイトルで、実在のアメリカ富豪女性とその執事の関係を描いたTV映画です。

Doris_2スーザン・サランドンが演じるのは、父親から莫大な財産を相続し、慈善活動や芸術家の後援にも尽くした切れ者のビジネスウーマンでもあり、金目当てに寄って来る人々との係りに疲れてお酒とドラッグに溺れ、華やかな恋愛遍歴で新聞紙上をにぎわした有名人でもあった女性。
レイフ・ファインズの執事は、ストイックでいかにもな執事のように見えますが、アルコール中毒で入院歴があり、立ち直ろうとしてもなかなかお酒がやめられない男。

女主人と執事というふたりの関係が、時につれ、恋人でも家族でもない不思議な絆と変わって行く様子が、淡々と綴られます。やや盛り上がりに欠けますが、名優2人の演技だけで十分にも思われました(*^。^*)。

心に残ったセリフは、慈善団体の会合に、女主人が執事を伴って出席した日の会話です。

「退屈な会合だったでしょ?だってあの人たち(理事や役員)の心はベージュ色だから。・・・あなたの心は何色?」
「お仕えするご主人様の色が私の色です。」

ベージュ色の心・・・はっきりと説明はされませんが、イメージは伝わります。

落ち着いた無難な色、個性を主張しない色。
ファッションにおいては合わせやすいベーシックな色として重宝されますし、染めていないナチュラルな色だと好まれますが、好むと好まざると非凡な生き様をたどっていた彼女には、ひとの心の色としては、もっとその人ならではのとがった色みがなければと感じていたのでしょう。

うさみの心の色は何色でしょうか(*^_^*)?
自分では見る事が出来ない心の色、ひと言で何色、とは表せないような、深みや温かみのある色だといいなあと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

美容院ジプシー

うさみの地元町は、美容院・美容室の数が多いのだそうです。

特にそう感じたことはありませんでしたが、美容室検索サイトに書いてありました(^^ゞ。
確かに、昔ながらのオバちゃんがひとりでやっている”パーマ屋”も健在ですし、カフェか雑貨屋さんのような明るくてオシャレっぽいインテリアの”サロン”もあれば、大手チェーン店もあります。1ブロック歩けば、美容室に当たる、というくらい存在しているかもしれません(^○^)。20100127_p1030972

それでもあまり潰れていないのを見ると、お客さんはいるみたいですね(^^ゞ。美容院は遠くの繁華街まで行かず、地元ですませる人が多いんでしょうか。

うさみは街の美容院に行ってます(^^ゞ。
地元のメリットは、行きたいと思ったらすぐ行けてすぐやってもらえることだと思うのですが、最近のお店ってたいてい予約が必要なんですよね。特に週末は、飛び込みで行っても、混んでいて番が来ません。
どうせ予約しなくちゃいけないなら、街のお洒落な美容室で、すこし贅沢な気分を味わう方がいいな~と思ってのことです。お値段は地元でも街でも変わりませんし。

今通っているお店は、担当者を無理に決めないので、気楽です(#^.^#)。
指名は可能ですが、誰でもあいている人で、とお願いすれば、だいたい希望の時間に予約が取れます。
毎回違う人にカットしてもらうと、うさみに似合うスタイルはどんな風だと思われているのか、その度違ったり同じだったりが面白くもあります(^◇^)。
20100117_p1030847
その美容室が入っているデパートが、今年末で閉店が決まったと今週報道されました(@_@;)。

今のお店もチェーンで他の街にもお店があり、そちらを勧められると思いますが、あまりうさみがよく行く場所にはないんですよね。
うう~、また美容院ジプシーになりそうです・・・(>_<)。

思い立った時に予約が取れて、ゆったり気持ちのいい椅子があって、待ち時間にはあったかい飲物を出してくれて、スタイルを押し付けず余計なおしゃべりをしない美容師さんのいる店が希望です~( ̄▽ ̄)。
あと、置いてある雑誌の種類が多くて、マッサージとシャンプーの上手なアシスタントさんがいると嬉しいです(*^。^*)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

竹久夢二展と日本橋三越

日本橋三越本店ギャラリーで開催中の「竹久夢二展 ー憧れの欧米への旅」を見て来ました(#^.^#)。

夢二が晩年に旅した欧米で描いた作品を集めた展覧会です。20100129_p1030974

竹久夢二と言えば、美人画と華やかな女性遍歴の印象が強く、グラフィックデザイナーのはしりとして出版物や楽譜のイラストを手掛けたり、自分のブランド小物を販売した、というくらいの知識はありました。

が、彼が欧米各地を旅して、絵を売ろうとしたもののあまり売れず、健康を害して帰国して、翌年に亡くなったことは知りませんでした(^_^;)。
誰もが持つイメージとは違う視点からの夢二像が垣間見えて面白かったです。

もうひとつ初めて聞いて意外だったことに、夢二はベルリンにあるヨハネス・イッテンの美術学校で日本画を教えていたんだそうです(*^。^*)。
あまりアカデミックな画壇本流とはつながらない彼が、海外で日本画を教授したなんて時代の皮肉のようなものを感じます。

学校の生徒に着物を着せて描いたという「着物の女」、いつもの夢二の女性と同じ路線であっても、西洋人に見えます。 ↓の左上の絵です。 
青い目に宿るアンニュイな光と強い眉が、どこか日本女性とは違うのですね。

夢二が好きで見にいらっしゃるのは女性が多いだろうと思っていましたが、男性のお客さ20100129_p1030973 んが案外多くて驚きました(^^ゞ。隠れ夢二ファンでしょうか(^○^)。

そして、女性の着物比率が高いのも、さすが日本橋三越、ですね。

展示物の中に、夢二が表紙を描いた三越のPR誌がありました。
当時ほど、百貨店でお買物をすることが非日常の豪華な気分に浸れるお楽しみではなくなってしまいましたが、日本橋三越は他と比べれば今でもちょっぴり格が高いのかなと思います。お洒落してあそこに行ってぶらぶらお買物してちょっとご馳走を食べるのが楽しみ、と思える場所が、いつまでも存在していて欲しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

贈りたい絵本「フリッチスふしぎな色の旅」

誰かに本を贈るのって難しいですね(^_^;)。

相手の好みをよく知らなければ選べませんし、好きな分野を知っていても既に持っている本とダブったら困ります。
自分の好きな本を贈って読んでもらいたいなと思っても、押し付けになるのは嫌ですし、もしも全然趣味に合わなかったらお互い気まずいですし・・・(^^ゞ。

そんな訳で、あまりひとに本をプレゼントしたことは無いのですが、今度機会があったらぜひ贈りたいと思う絵本に出会いました(*^。^*)。

フリッチス ふしぎな色の旅」という、ブラジルのベストセラー絵本です。



1969年に出版され、多くの言語に翻訳されて愛されて来たそうです。
訳者さんがどうしてもこの本を日本に紹介したいと頑張って、昨年出版されました。

「フリッチス」という名前の色が、自分の居場所、ぴったりの場所を探して世界をめぐるお話です。20100129_p1030976

直線や曲線に囲まれた形の、大胆ではっきりした色が出てくるだけの、とてもシンプルな絵面ですが、その色たちが、質のいい紙に美しく印刷されていて、色を眺めるだけで何か心がほっとするのです(*^_^*)。

どこにも属さない色、世界中を探してもみつからない色、「フリッチス」はポルトガル語の色名なのかな、と思いましたが、作者さんの造語だそうです。

ネタバレとなってしまうのでフリッチスの正体は書きませんが(^^ゞ、「青い鳥」のように、探しても見つからない大切なものはとても近くにあった、というエンディングです。
そして、あるものの色はひとつではなくて、時と共に変わるものだ、とも教えてく20100129_p1030977 れます。

絵と色が好きなこどもやおとなに、最近ちょっと疲れてどこか遠いところへ行けたらと思っているひとへ、贈りたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

この映画を観ました~「かいじゅうたちのいるところ」

映画化の話を聞いた時から楽しみにしていた「かいじゅうたちのいるところ」を観て来ました(#^.^#)。

原作は、モーリス・センダックの同名絵本(原題”Where the wild things are”)です。



うさみは自分が絵本を読む年頃には間に合いませんでしたが(^^ゞ、ギリギリ子供時代にこの本と、センダックの存在を知りました。センダックの絵柄と色調を好きになりましたが、「かいじゅうたちのいるところ」はお気に入り本とは言えませんでした。かいじゅうたちが不気味で、主人公もワガママ坊主で可愛くなかったから・・・(^^ゞ。

先日本屋さんで、映画のキャンペーンで平積みになっていたこの絵本を見て、高校生の男の子が「わー!この本、子供の頃すっげー好きだった~(^^♪。」と座り込んで本を手にしていました。
うさみおばさんからすると、お兄ちゃんはまだ十分”子供”ですけど(^◇^)、何年たってもちゃんと覚えているくらい好きな本に、小さい頃に出会えて良かったね、と微笑ましく眺めたのでした(#^.^#)。

~以下、ネタバレありです。~

続きを読む "この映画を観ました~「かいじゅうたちのいるところ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

釜揚げうどん

冷たい風に耳がちぎれそうな1月下旬、芯からあったまりに、うどんを食べに行って来ました(^○^)。20100126_p1030963

根津にある、明治時代の石蔵を改造した建物の「釜竹」さんです。

1階は広いお庭が見渡せるガラス張りの椅子席で、2階は高い天井をのぞむ掘り炬燵席。どちらもそれぞれに雰囲気がありま20100126_p1030962_4した(*^。^*)。

メニューには、酒肴とお酒はずいぶん種類がありましたが、うどんは「釜揚げうどん」と「ざるうどん(太打ち/細打ち)」だけです。
うどんに絶大なる自信があるってことですよね(^◇^)。

うさみは釜揚げうどんを注文しました。

運ばれて来るまで、「釜揚げ」がどんなものかよくわかっていませんでした(^^ゞ。「ざる」はざるそばのうどん版、とわかりますが、「釜揚げ」は釜であげて水で締めていないうどん・・・?

はい、こんなお盆が運ばれて来ました(^^♪。

20100126_p1030960

お湯につかったうどんと、刻みネギ
大きな徳利から、あつあつのおつゆを入れてくれました。
薬味は、揚げ玉七味唐辛子生姜です。

最初は薬味なしで食べ、七味、最後に生姜を入れる、というお品書きのお勧め通りに食べました。20100126_p1030961

コシの強い、食べ心地のあるうどんでした\(^o^)/。

うさみは東の味覚ですので、うどんのおつゆは濃い方が好きです。
こちらのお店は本店が大阪と聞いていたので、おつゆが薄いかもと思っていましたが、十分濃くて美味しかったです~。

七味に生姜の効果もあり、とってもあったまりました(* ̄ー ̄*)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

猫背

子供の頃、よくおとなから「姿勢が悪い」と注意されていました(^_^;)。
良い姿勢の目安に背中(洋服と肌着の間)にモノサシを入れられたりもしましたが、ピッと背中をまっすぐに保てるまでにはなりませんでした。

おとなになっても、当然猫背です・・・(-_-;)。20091228_p1030604
猫背⇔肩凝り胃下垂O脚と、うさみの長年の懸案たち、どれがどれの原因でどれが結果かわかりませんが、相互に関連しているのでしょう。
猫背だと老けて見えるのも、気になって来ました(^^ゞ。

あ、今猫背になってる!と気付くと、肩甲骨を開いてお尻を締めて姿勢を正そうとしています。頭から足先まで真っ直ぐな線にするポーズを真剣に30秒も続けると、力尽きてふにゃ~っとなってしまうのですが、やらないよりはマシではないかと思っています。

PCに向かっている時も、背中が丸まったまま固まってしまっていることがあります(-_-;)。

机と椅子、PCのスクリーンの高さの関係が自分の座高に合っていないと、丸い背中を促進してしまいますね。
家のPCは位置が低すぎる、と今さらながら気付きました(^_^;)。

オフィスの椅子は高さが調整出来ましたし、パソコンのディスプレイも動かせたりしましたが、家のものは椅子もパソコンも高さを変えられません。
椅子を買い替えるのももったいない話です。
・・・と考えている時、捨てるつもりでよけてあった古い木の空き箱が目に入りました。ノートパソコンくらいの大きさで、高さは10センチくらいです。

おや、この箱、使えるんじゃない(^○^)?

パソコンデスクに箱を置き、その上にパソコンをのせてみましたら、腕と視線がぴったりに20100104_p1030680 なりました~(*^。^*)。
これでネットサーフィン中も、前よりはまっすぐ背中でいられます( ̄▽ ̄)。

余談 : にゃんこは背中が丸いから”猫背”と言うんだと思っていましたが、Wikipediaによると”元々猫の内臓は背中に偏り、腹部には脂肪しかない。そのため背中に偏ったことの例えとして猫背という言葉が使用されるようになった”だそうです(=^・・^=)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

ショコラの季節

1月も半ばを過ぎれば、街はショコラの季節です(^○^)。

そう、ヴァレンタインデーのチョコレート商戦が始まります。
各パティスリーやショコラティエは、力の入ったヴァレンタイン用セット商品を並べますし、デパートごとに限定やコラボ企画があったり、日本にはまだお店の無いショコラティエが特別に出店したり、と、この季節の東京は世界で一番ショコラティエが集まる場所らしいです(^◇^)。

ここ数年のヴァレンタインショコラの盛り上がり方は、ショコラの存在が、女性が男性にプレゼントするチョコレートから、自分のためのチョコへシフトしたからなのでしょうね(#^.^#)。

バレンタインは女が自分にご褒美チョコを買ってあげる日なの!味の違いや造形の美しさのわからん男なんかにプレゼントする日じゃない!
(by薫子さん@「失恋ショコラティエ」)



ぷぷぷ、確かにショコラとそっくりのチャームがついた、キラキラの箱入りショコラ、なんて、女の子はキャーッ(*≧m≦*)!ですが、男性はあまり嬉しくないでしょうね(^^ゞ。
20100124_p1030944
チョコにも可愛いものにも弱いうさみは、ヴァレンタインスペシャルチョコ、あちらのもこちらのも欲しくなって大変です(@_@;)。
今年はパッケージ買い(中身より、箱や缶が欲しくて買ってしまう)だけはしない!限定でやけに高価な値段設定のセットには手を出さない!と心に誓っております。

そんな言い訳をしながら、早くも”ご褒美チョコ”を買ってしまいました(^_^;)。

明治製菓さんがやっている「100% Chocolate Cafe.」の「56種類のチョコレート」。

カカオの生産地や中のクリームによって、56種のチョコレートが作られ、1番から番号がついています。中身で選ぶもよし、プレゼント用にいわれのある番号(記念の日とか、年齢に合わせて)や語呂合わせ(「46」番と「49」番でヨロシク!)を選ぶもよし、で人気のシリー20100124_p1030948ズです。
4月生まれのうさみには、「04」番(#^.^#)。

ヴァレンタイン限定で、「214スペシャル」が出ていました。
パッケージもピンクの、ストロベリー&シャンパン。美味しそう~!20100124_p1030949
これと、「39」番(サンキュー)をセットにして、ヴァレンタインプレゼントパッケージになっていました。
可愛くて、義理チョコであげるにはもったいない( ̄▽ ̄)!?

続きを読む "ショコラの季節"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

バラの名前

棚の奥から引っ張り出してきた、昔のクロスステッチのキットを完成させました(^○^)。

額はまたしても100円ショップで調達しました。東急ハンズと伊東屋さんも見に行きましたが、高くて立派な額しかなかったので、うさみの刺繍には100円で十分充分(^^♪。

キットは、昔々にイギリスのストラトフォード・アポン・エイボンで買ったも20100123_p1030941のだと思います。
シェイクスピアの生地でシェイクスピアの名セリフをあしらった刺繍キットを記念に 、というつもりでした。
文字部分を刺すのが難しく思われ、ず~っと放置してありました(^^ゞ。気にかかってはいたのですが、なかなかよし、刺すぞ!という気になれなくて・・・。

いざ始めてみたら、そんなに難しくありませんでした(^_^;)。
バラの花びらに、パッと見よりは多くの色が使われているのが少し面倒でしたが。

文章は、戯曲「ロミオとジュリエット」の引用です。
ジュリエットが、舞踏会で会って好きになってしまったのが、自分の家と敵対している家の息子だと知り、家の名前が何だと言うの、と嘆くシーンのセリフです(*^_^*)。忍んで来たロミオがそれを聞いていて、バルコニーのラブシーンに続くところですね~。




坪内逍遥
の名訳は、こう↓です。

名が何ぢゃ?薔薇の花は、他の名で呼んでも、同じやうに善い香がする。

20100123_p1030942名前はひとが勝手につけたもの。花の美しさも、芳しい香りも、名前には関係なくそこにあり続けるのですが、とかくひとは名前に振り回されてしまう生き物です(>_<)。
名前や他人の評判・噂だけで、ものやひとの価値を判断しようとしてしまいます。

インターネットで無責任な評判や意見が容易に入ってくる昨今、名にとらわれず、自分自身で本質を確かめる気持ちを大切にしていきたい、との気持ちを込めて刺しました(* ̄ー ̄*)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

直木賞受賞作

今年の直木賞が発表になったのは、先週の14日でした。

佐々木譲 「廃墟に乞う
白石一文 「ほかならぬ人へ



佐々木譲さんの警察小説は何作か読んでいます。受賞作は未読なので、どれどれと思い、週末に地元の小さな本屋さんを見てみましたらば、「直木賞受賞作2作は、品切れ中。増版出来次第入荷!」と貼紙がしてありました(^_^;)。

あらら、まあそんなもんでしょうね~。受賞すると、ドッと注文が入りますものね~。

今日、大きな本屋さんに寄ったら、どどーんと平積みで置いてありました!
それも「第142回直木賞受賞作」という帯付きです(^○^)!
奥付チェックしますと、「2010年1月20日 第2刷発行」となっていました。20100122_p1030903

賞の候補作に入った時から増刷はかかっていたのかもしれませんが、「受賞作」と入った帯は決まらないと印刷出来ませんよね(^^ゞ。

プロ野球のリーグ優勝が決まってすぐ、「優勝!応援ありがとうございました。」の垂れ幕がかかり、翌日の新聞に御礼メッセージが掲載されるのも、早技だなと思いますが、新しい帯を作ってつけるのがこんなに早く出来ちゃうのもすごいです~。

うさみの初アルバイト(すっごい昔!)は、印刷会社さんの1日単発バイトで、本に帯をかけて函に入れる作業でした(^o^)。それまで、誰かが手作業で帯をかけているとは考えたこともなく、1冊の本が読者の手に渡るまでには多くの人を介しているんだと知ることが出来た貴重な体験でした。
今は、帯をかける機械があるのでしょうか(^^ゞ。

「廃墟に乞う」は、ある事件の捜査で心に傷を負い、自宅療養を強いられている北海道警察の刑事が主人公の連作小説です。
療養中で時間があるところを見込まれて、知人から事件の私的調査を頼まれることが続き、北海道の各地をまわります。

能力があり、事件捜査に慣れた捜査官でも、現場でショックを受けて心を病むというのが、今の時代を象徴している気がしました。
発端となった事件の詳細は、最後の章まで明かされません。
主人公が私的に係わる事件は、どれも暗い背景を抱えていますが、それでも真実を求めて刑事として進む主人公の背中に、光明を見るラストでした(*^_^*)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

ポテチの手

うさみは、
1.ポテチが大好き(^○^)
2.非常にものぐさ
です(^_^;)。

このふたつの条件をクリア(!?)しているパソコンユーザー向けのツールが、もうすぐ発売されるそうです

タカラトミーから6月に売り出される「ポテチの手」(^O^)。



パソコンをやりながら、ポテチが食べたい!でもキーボードやマウスが油で汚れるのは困る!・・・という人に、ポテチをすくって口元まで持って来るマジックハンドです。

オモチャ会社の製品ですし、遊び心で作られたんだと思いますが、結構真面目に、どんな大きさのポテトチップスも崩さずに拾って運ぶための技術や、一度食べたらカスを落として汚れを付着させない技術が使われているんだそうです。

うさみも家でマイPCに向かっている時は、ポテチの袋を横に置き、手を拭き拭きネットサーフィンしていることがあります。手を汚さないで食べられるのはいいかも(^O^)、と思いました。
が、よ~く考えると、「ポテチの手」を掴む→ポテチをすくう→食べる→「ポテチの手」を置く、という作業の間、PCのキーボードは打てないんですよね(-_-;)。「ポテチの手」を持っていない方の手は空いていますけど、うさみは両手で文字を打つので・・・。

面倒くさがりのうさみには、汚れた手を拭くティッシュを膝においての”ながら食べ”が手早くていいような気がして来ました(;´▽`A``。

でも「しおタイプ」「のりしおタイプ」「コンソメタイプ」とカラーバリエーションもあって可愛いので、1本買ってみようかな(^○^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

タイ料理はお好き?

久しぶりにタイ料理を食べに行きました(^○^)。

昔、勤めている会社の隣り駅に美味しいタイ料理屋さんがあり、辛いもの好き同僚数人で”金曜日はタイ料理ランチの日”と決め、電車に乗って食べに行っていました。
うさみの地元には、怪しげなインド料理店は出来ていますが、タイ料理店はないので、街中まで行かないとタイ料理は食べられないのでした。

今日は、銀座のマロニエゲートにある「ジム・トンプソンズテーブルタイランド」のランチを楽しみました(#^.^#)。
ジム・トンプソン」は、タイシルクを世界に広めたアメリカ人「シルク王」で、彼がおこしたブランドも同じ名前です。タイのお土産で象柄のスカーフやリップケースなどいただきますね(*^_^*)。


平日ランチは、麺類かカレーなどのメイン皿を選び、前菜とデザートはビュッフェスタイルでした。

タイ料理はとにかく辛い、というイメージがありますが、焼きそばなど辛くないお料理もありますし、本物のタイ料理は辛いでなく様々な風味が感じられるんですよね。
そう言えばキムチもそんな感じ(^○^)、ちゃんとしたキムチは、一緒に漬けたお魚や果物なんかが混ざった複雑な味がします。

レモングラスパクチー(香菜、コリアンダー)といった、香りの強い香草がどのお料理にもたいてい入っているので、その系統が苦手な方はあまり楽しめないでしょうか(^^ゞ。
辛いのは大好きだけど、ココナツはダメなので、カレーはココナツが入っていないものだけ、というタイ料理好きお友達もいます。

うさみは香草が好きです。日本の野菜なら、春菊とか韮、ミョウガも美味しいですね(#^.^#)。
ですからタイ料理は何でも来い!です(^○^)。
今日は、エビのタイ風やきそばをメインにいただきました。とーっても美味でした。

そして、デザートは何と言ってもタピオカが好きです!


最初にタピオカを見た時は、カエルの卵みたいで何だかちょっと・・・(-_-;)と思ったのですが、食べたら美味しかった!ぷるぷるした食感にココナツミルクが合うんですよね~。
台湾の、太いストローで大粒タピオカを吸い上げるタピオカミルクティーも美味しいです。
手軽に買えるタピオカデザートって結構あるのに、美味しいと思えるタピオカに会えないなあと思っていましたら、タピオカは材料がでんぷんで、いわば麺と同じなので、出来立てと作り置きでは味が違って当たり前なのだそうです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

東京国際キルトフェスティバル

東京ドームに「東京国際キルトフェスティバル 布と針と糸の祭典2010」を見に行って参りました(#^.^#)。

20100119_p1030902 今年で9回目になるというこのキルトフェスティバル、うさみは初めて行きました。

きっと大混雑なんだろうと予想はしていましたが、いやはや平日なのにすごい人出、そして、おばさんの大群でした~\(◎o◎)/!
お客さんの98%が女性、それも40代以上のグループばかり・・・。夕方のスーパーよりもオバサン率が高くてびっくりしました。

うさみもオバサンはオバサンなのですが、オバサン軍団に混じるとまだまだオバサン度は低いことがよ~くわかりました(^^ゞ。「作品に触らないで下さい」ってうるさいほど掲示もあ20100119_p1030866 るし、館内放送でも流しているのに、係員さんの前で平気で触ろうとするし、大荷物が人にぶつかってもお構いなしで行きたい方へ行こうとするし、販売ブースでは自分のお買物に夢中で他の人が入れなくても気にしないし、オバサンパワーってスゴイです(-_-;)。すっかり圧倒されました・・・。

中の展示は、アメリカの美術館所蔵の名品キルト、作家さんが演出したマイルームコンテストの入賞作品、藍染展示と実演、韓国の伝統的キルト「ヌビ」の紹介、といったコーナーに分かれていました。

ほとんどの場所が撮影可能で、あちこちで携帯カメラの音が響いていました。うさみも気に入った作品を撮らせてもらいました(#^.^#)。

フェスティバルに出品される方々ですから技術は皆さん素晴らしく、あとはデザインのアイディアと色使いで差が出るのかなあと思いました。
カメラを向けている人が多くて人気があると感じたのは、コンテストの入賞作と、黒いバックに桜のキルト、ロシア風景にマトリョーシカがいっぱいのキルトでした。
  20100119_p1030885
20100119_p103087520100119_p103088120100119_p1030884 20100119_p1030891 

とても微笑ましくて素敵だったのが、ご自分の愛犬の写真をプリントした布と、愛犬をかたどったアップリケを組み合わせたキルトでした(*^_^*)。20100119_p1030892

続きを読む "東京国際キルトフェスティバル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

ありがとう11歳\(^o^)/

うさみ家の愛犬おうじは、おかげさまで、本日11歳の誕生日を迎えました\(^o^)/。

20100117_p1030849 わんこも飼い主姉妹も、揃って元気に11回目の誕生日を祝うことが出来て、本当に有り難いです。このまま仲良く元気で年を重ねて行きたいと思います(#^.^#)。

お誕生日で人間の対応が甘くなるとにらんでいたのか、今日のおうじは朝からイタズラ犬でした(^_^;)。

うさみが朝食の菓子パンを、ぽろっと落としてしまったのを見過ごさず、ピャーッと走って来て奪取しました\(◎o◎)/!いつものおうじはちょっとトロトロちゃんで、うさみが拾う手の方が早いのに、今日は誕生日パワーか素早くて、口にがっちり頬張って放しませんでした・・・3センチくらいのパン塊を食べられてしまいました。
20100118_p1030857
プチお誕生パーティーで、人間が巻き寿司で祝っている途中にも、妹すまっぺが落としたお寿司を見逃さず、くわえて逃げようとしました(@_@;)。
何とか中身のサーモンは取り返したものの、米部分は完食されました・・・。

せっかくわんこケーキが用意してあるっていうのに・・・人間の食べ物の方が美味しいんでしょうか(^^ゞ?
まあ、わんこケーキはわんこケーキで、うはうは喜んで食べていましたが・・・(^○^)。

去年の誕生日と同じわんこケーキ屋さんに、おうじの写真を送って作っていただいた本人(犬)の人形つきバースディケーキです。
無添加天然素材のケーキで、土台のお星様も、おうじの人形も、全部食べられます。
Ojicake もちろん一度には食べ切れません(^^ゞ。2-3日は嬉しいご馳走の日が続きます。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

簡単ティペット

先週手芸屋さんのセールで、ベージュのフェイクファーの端切れをゲットしました(^○^)。

ポリエステル100%のフェイクファーは、手触りがふっこふこでとても気持ちが良く、何かこれで身の回りのものを作ってみよう~と思ったのでした。
同じセールで買った、ベルベットのリボンも使って、森ガールちっくなティペットを作りまし20100117_p1030854 た(*^.^*)。

ティペット(tippet)は、聖職者の肩掛けのことから、女性のケープや付け襟を差すファッション用語になったそうです。

素材は、毛皮ベルベットレース、ということなので、布製のケープはティペットとは呼ばないみたいです。
うさみの作ったのは、毛皮もどきなので、いちおうティペット、と呼んでもOKでしょうか(^_^;)。

適当に測って適当に裁ち、適当に縫ったので(=いつものうさみ流(^^ゞ、果たして使える物になるかどうか自信はありませんでしたが、何とか出来上がりました(*^。^*)。
フェイクファーは毛足が長いので、適当に縫った縫い目が目立たず、曲がっていてもわかりにくいらしいです。

裏地は買い置きの、ウィリアム・モリス風花柄コットンです。

試しに首に巻いてみましたら、思いのほかあったかいです♪。
ティペットはおしゃれ用で防寒には役立たないと思ってましたが、意外にそうでもないみたいです。20100117_p1030856

総材料費200円くらい、製作時間も1時間以下で出来て、あったかいので、何だかすごく得した気になりました( ̄▽ ̄)。
気が向いたら、ホックで留めて、寝る時も使えるおうちヴァージョンを作ろうかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

気になる携帯CM

携帯電話はau一筋のうさみですが、携帯のCMで一番好きなのはソフトバンクです(^○^)。

犬のお父さんの白戸家シリーズは、CMを集めたDVDが欲しいと思うくらい好きです(* ̄ー ̄*)。

そして、今とても気になっているのが、SMAPのNYロケで話題を呼んでいる「COLOR LIFE」シリーズ(SoftBank 840P)です。
「COLOR LIFE」と銘打って”色”にこだわった新作と聞けば、色好きうさみですから、そりゃあ注目せずばなるまい~です(^^ゞ。20100116_p1030836

最初に見たのは車内吊りのポスターで、色がポイントで15色もあるにしては、パッと見で「わっ、カラフル!色がいっぱい!」って感じがしないという印象を持ちました。売れる見込みの低い色はラインナップからはずして、人気のある色を多めに揃えているのでしょう。
ピンクは濃淡で3色もあるのに、が無い!・・・というのも、最初の印象です。
実は緑系の「カーキ」があったのですが、かなり暗い色なので、グレーのように見えてました(^_^;)。

次に気になったのが、SMAPのメンバー5人と、それぞれが持っている携帯色の関係です(^○^)。

木村くん→ゴールド
中居くん→ホワイト
草なぎくん→ライトブルー
稲垣くん→ビビッドピンク
香取くん→イエロー

20100116_p1030835本人の好みで選んだのか、CM製作側で各々のイメージに合わせて振り分けたのか・・・宣伝リーフレットによると、どちらもありで調整したように読めました(^^ゞ。

香取くんの黄色は、メンバーの最年少で、いつも明るい元気少年で絵を描くのがうまい、慎吾くんのイメージにどんぴしゃだと思いました。

何となく違和感を覚えたのは、中居くんの白、でした。
おしゃべりで調子のいい、メンバーの中では三(枚目)の線寄り、というのがうさみが持つ中居くんのイメージで、が似合うんじゃないかと思ったのですが・・・。白は本人のフェバリットカラーと書かれていて、潔い感じがいいんだそうです。野球好き→白球・ユニフォーム、という連想だと、白でもいけるかな(*^_^*)。

続きを読む "気になる携帯CM"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

リモコン入れ

うさみ家では、テレビ関係は妹すまっぺの管轄です(^○^)。

すまっぺはテレビっ子で、リビングにいるほとんどの時間テレビを見ていて、毎回録画している番組もたくさんあります。
今使っている地デジのテレビDVDプレイヤーはすまっぺひとりの自腹購入、当然うさみにはチャンネル権はありません(^^ゞ。(うさみには自分から進んで見たいと思う番組がほとんどないので、それでも困っていないのですが・・・。)

テレビとDVDプレイヤーのリモコンの置き場所は、だいたいテレビ台の上かテーブルの上ですが、よく何かの下になったりバラバラになっていました。リモコン入れが100円ショップで簡単に買えるのに調達しないのは、何かすまっぺなりの拘りがあるんだろうと、口出しはしませんでした(^^ゞ。

20100113_p1030818 それが、うさみがカルトナージュもどきで手作りし、一晩乾かしておいた小物入れに、朝起きたら、ちゃっかりリモコンが差さっていました\(◎o◎)/!。

「これはリモコン入れじゃないよっ!机周りの小物を入れるのに作ったの。」
「え~、リモコンふたつがちょうどの大きさなのに~。ブーブー(○`ε´○)。」
「リモコン入れが欲しかったんなら、買ってくればいいじゃない。」
「可愛くないとイヤなの。これ頂戴!くれないなら他の作って。」

・・・というやり取りがあったのが秋頃で、その後うさみはすっかり忘れていましたが、年明け、何かの折りに「リモコン入れもいつまでも作ってくれないし・・・<(`^´)>。」とブツブツつぶやかれました( ̄◆ ̄;)。
放っておくといつまでも言われそうなので、作りました(-_-;)、リモコン入れ

20100113_p10308164つまでリモコンが入れられます(^○^)。
テレビとプレイヤー、エアコンで1個余るので、ハンドクリームやら眼鏡が入れられます。
(元々は千代紙細工用のキットに、手持ちの布を貼ってカルトナージュもどきの作り方で仕上げてます。)

テーブルの真ん中にどーんと目立っていて、使い終わったらここに入れる、とすまっぺの習慣が定着するのかな、と出来上がってから観察しています。
だいたいはここに立てていますが、チャンネルを変えた後、そのまま手元に置いていることもあるので、入れ物があっても無くても、結局どこに置いたかわからなくなるんじゃないでしょうか(^^ゞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

春はチューリップから(#^.^#)

冬将軍が全国で猛威をふるっている真っ最中ですが、お花屋さんには一足先にが来ています(#^.^#)。
うさみもフラワーアレンジメントの1デイレッスンで、春の花を活けて参りました\(^o^)/。
20100114_p1030824 
メインはチューリップです。
それも淡いオレンジ、アプリコット色で~す(*^_^*)。春先のウキウキ気分なお花でしょう~?

一重の丸い方がシュガーラブ、先がとがった百合咲きがバレリーナという名前です。
シュガーラブ、砂糖の恋=甘い恋という名前ですね、オトメちっくですこと(^^ゞ。
バレリーナは、香りつきの種類で、ほのかな香りは、ニオイスミレに似ているといわれるそうです。

合わせているスイートピーは、その名もアプリコット、色そのものの名前です。
あとは豆の花と、ドラセナの葉、アイビーを使っています。20100114_p1030826

ナチュラルな雰囲気にと、容器のカゴにはモス(苔)を詰めています。
気持ちとしては、野うさぎが飛んで遊びに来そうな♪春の野原、です。(チューリップは野には咲いていないと思いますけど(^^ゞ、気分気分(^O^)。

活けている間にチューリップがわっと花開いてしまい、ありゃりゃ~(@_@;)と思いましたが、家に持ち帰り、一番寒い玄関に飾ってしばらくしたら、みんなつぼんでいました。
チューリップは明るいところ、暖かいところで開いて、暗い寒いところでつぼみ、その開閉運動を7回くらい繰り返すと枯れるんだそうです。

うさみ家の玄関は、寒いながらも春爛漫(≧m≦)。
20100113_p1030810豆まき用の豆(虎の巾着入り(^○^)も早々に買って参りましたし、春を迎える準備は万端!?です(^^ゞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

「愛のヴィクトリアンジュエリー展」

BUNKAMURAザ・ミュージアムで開かれている「愛のヴィクトリアンジュエリー展 華麗なる英国のライフスタイル」を見て来ました(#^.^#)。20100113_p1030800

同じBUNKAMURA内の映画館で上映中の「ヴィクトリア女王 世紀の愛」と同時開催企画です。

この展覧会は、ヴィクトリア女王の生涯に重ね合わせて、大英帝国が最も繁栄した同時代のジュエリーやファッションを紹介するものです(#^.^#)。

ヴィクトリア女王と言いますと、晩年の、喪服とレースに身を包まれた、貫禄があり気難しそうに見える写真の印象が強いのですが、もちろんお若くてほっそりしていて華やいでいた時代があったんですよね(^^ゞ。
ジュエリーがお好きでファッションリーダーだったとか、それまでは金糸使いの豪勢なドレスだった結婚式に初めて白でレースをあしらったウエディングドレスを召されたとか、のエピソードには、夫君を亡くされて25年も喪に服した謹厳な女20100113_p1030808王 のイメージとは違う、ひとりの裕福な女性の姿が浮かんで来ました。

この頃ジュエリーが隆盛を見たのは、植民地の広がりで金や宝石が流入して、新しい材料や製造法が出来ていったという一面もあるそうです。
女性を飾る極小な美の世界にも、血生臭い戦いや金儲けの話が絡んでいるのは、納得し難いような、そういうものかと受け入れてしまえるような、でした(^^ゞ。

展示されているジュエリーは、どれも目を凝らして見なければいけないほど細かい細工が美しく、石もさまざまで見応えがあり20100113_p1030805ました(*^。^*)。

うさみのイチのお気に入りは、リガード細工です。

使っている宝石の頭文字を取って、REGARD(ルビーエメラルドガーネットアメジストルビーダイヤモンド)と呼ばれ、「敬愛」を贈るもの。宝石に託したメッセージ性が、奥ゆかしくていいな~と思います(^○^)。

← 左列の真ん中のペンダントがそうです。

ウズラの卵くらいある宝石を金細工で飾ったネックレスやイヤリングにも、芸術価値的に魅かれますが、自分が着けるなら、という目で見ますと、きっと肩が凝って耳たぶが鬱血するでしょうから謹んでパスさせていただきます(@_@;)。
頭にティアラ、首にネックレス、耳にイヤリング、両腕にブレスレット、胸元にブローチ、とフル装備した当時の女性は、肩が凝って頭が痛くなったりしなかったんでしょうか・・・(^^ゞ。

モーニングジュエリー(喪の宝石)の展示も、もの珍しかったです。20100113_p1030807
喪服に着ける宝石は、真珠しか思いつきませんが、黒い石でもいいのですね。
ジェット(化石化した樹木・黒玉)のアクセサリーは、ヴィクトリア女王が好んで流行したと聞いていましたが、初めて近くで見ました。漆黒の石は、ちょっと禍々しいようにも思えました。

展覧会に特別協力の名を連ねている穐葉アンティークジュウリー美術館、うさみが行ってみたいと思いながら、なかなか那須高原まで行く機会が無かったところでした。今回、コレクションを東京で見ることが出来て嬉しかったです(#^.^#)。
展覧会が東京から山梨・福井・広島と巡回する間、那須高原の美術館は休館だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

体重計

数年来使っていた体脂肪体重計が、ある日突然動かなくなり、新春を機に新しいものと代替えしました(^^ゞ。

今までのと同じメーカーのものにしたので、使い方にはさして変わりはありませんが、機能がかなり拡充されていました~。
(商品分類では、新しいのは「体組成計」という名前でした。)

前の体重計は、体重は200グラム刻み、体脂肪率は整数での表示でしたが、今度のは、体重は100グラム単位、体脂肪率は小数点第一位まで表示してくれます。
体脂肪率が1違うと相当違いますから、小数点まで出してくれるのはいいですね~(#^.^#)。

今朝見ていたテレビ番組に、ダイエットを志しては挫折する主婦さんが出ていて、洗面所の体重計が映っていました。あれは体重しか測れない一番簡単なタイプで、多分500グラム単位ですね・・・ダイエットなら、もっと細かく測れる体重計にすれば成果がすぐわかっていいんじゃないのかな~と思いましたが、挫折してしまう問題点はそこじゃないらしいです(^^ゞ。

毎日体重を測って記録する「レコーディング・ダイエット」というのもありますね。



うさみも一応毎日体重計にのって、数値を何となくつけてはいますが、それだけではダイエットにはならないんですよね・・・今日は何を食べて何キロだからこれはやめようとか反省して改善しないとね・・・( ̄Д ̄;;。
反省まではするんですけれども、改善がなかなか出来ません。

新しい体重計には、最初の設定時に、住んでいる地域を選ぶ、というのがありました。
重力の影響を解消するため、だそうです。
今日うさみが東京で測る体重と、北海道で測る体重では、重力のせいで結果が違うとは知らなんだ~(@_@;)。どのくらい違うんでしょ?

ほかには、内臓脂肪レベルだの、推定骨量だの、カルシウムの摂取目標値だのと、メタボさんの健康管理に役立ちそうな数値がいろいろチェック出来ますが、まだ使いこなせていません(^_^;)。

機能には満足なこの体重計ですが、ボディーの色が白以外もあればいいのに~というのだけがうさみ的に若干残念です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

「釣りバカ」ファイナル!

スカっと笑えるものが見たくて、「釣りバカ日誌20 ファイナル」を観て来ました(^○^)。

他の映画よりだいぶ観客の平均年齢が高かったです(^^ゞ。Tsuribaka20
三國連太郎さんと同世代くらいのカップル(おじいちゃん・おばあちゃん)がとても多くて、ちょっとびっくりでした。年齢層が違うと、笑いのツボが違うのか、うさみとは違うところでウケていて、あら~(;;;´Д`)ゝでした。

22年間続いた国民的人気シリーズ「釣りバカ」、実はうさみは映画館で観るのはこれが初めてです(^^ゞ。
テレビ放映でも見ていますが、バスの車中で見たのが一番多いかもしれません。バスツアーの帰路に、お客さんの退屈しのぎに上映してくれるのは、「釣りバカ」か「寅さん」と決まっていて、結構見ました(^○^)。

「寅さん」は寅さんで面白いのですが、勤め人諸氏には、やっぱり「釣りバカ」の、頭の中は年中釣りのことばかりなダメダメサラリーマンと、裸一貫からゼネコンを築き上げたオーナー会長の話がより身近に感じられるストーリーですね(#^.^#)。


~以下、ネタバレ多少ありです。~

続きを読む "「釣りバカ」ファイナル!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

マトリョーシカ

雑貨屋さんのセールで、こんなものを買いました(#^.^#)。

マトリョーシカのポーチ(^○^)。20100110_p1030792

こどもっぽ過ぎるかとも思いましたが、手触りが何とも柔らかくてふこふこで気持ち良く、試しに手に取ったら手放し難くなっちゃいました(^^ゞ。
髪の毛と洋服の色が何種類かある中から、これを選びました。ミルクチョコレートの色パターンなんだそうです。
裏地も表とお揃いの色になっているところが、なかなかオシャレです。

眼鏡を入れて持ち歩いていま~す(*^。^*)。
ライナスの安心毛布ばりに、すりすり触っていると癒され気分です♪。

20100110_p1030793クリスマスの頃に、たまたま行った大きな雑貨屋さんで、マトリョーシカの特別イベントをやっていました。
ロシアから取り寄せたいろんなマトリョーシカを展示販売していたのですが、そこの説明ボードで、マトリョーシカの起源は日本、という説があるのを知って驚きました!(・oノ)ノ。

避暑のために箱根に来たロシアの修道士さんが、お土産にお国へ持ち帰った箱根細工の入れ子人形を参考に作られたというのが一説なんだそうです。
マトリョーシカは、達磨やこけしに似た体型とも言えますね。
今ではすっかりマトリョーシカの方が世界的に有名になりました(#^.^#)。

マトリョーシカ人形があると、中に何個入っているのか、とことん開けてみたくなりますよね(^^ゞ。販売マトの見本にも、「お人形を開けて出したら、全部入れて戻して下さい。」という貼り紙がありました。最後がどんな人形なのか、何かオマケでもあるのか、知りたくなるのが人情ですね(;´▽`A``。

NHKの朝ドラ「ウエルかめ」で、ヒロインがプレゼントされたおっきなのマトリョーシカ(って呼んでいいんでしょうか?)は、どこか外国のお土産でしたが、全部開けていったら20個以上ありました~!外側の一番大きいのは50センチくらいで、最後のは小指くらいのチビチビで、すごい入れ子でした(^O^)。
(ご興味のある方、サイトのフォトギャラリーに一番大きい状態の人形はのってました。)
あれがドラマ用に作った小道具なのか、それともどこかで売っているのか、ちょっと気になってます(^_^;)。20100110_p1030794

こちらはうさみ作のブックカバー裏、昔の刺繍本から図案を取りました。

本ではマトリョーシカは5体並んでいましたが、生地の幅が足りなかったので3体までしか刺していません(^_^;)。入れ子らしさを見せるには、最低3体は必要ですよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

No Man's Land@フランス大使館

フランス大使館旧館で行われている「No Man's Land 創造と破壊@フランス大使館 ー最初で最後の一般公開」というイベントに行って来ました(^○^)。

南麻布にあるフランス大使館旧館は、1957年に建てられたシンプルでモダンな建物です。
20100109_p1030788 昨年新庁舎が竣工となり、旧館は解体されることになりましたが、その前に建物全体を使ってアートイベントをやろう、内外のアーティストたちに現場でアート製作をしてもらおう、というイベントです。

大使館は用も無いのに入れる場所ではありません、もちろんフランス大使館にも入ったことのないうさみです。この機会にのぞいてみたいと出掛けました(#^.^#)。

入口にババーンと、アニメに出て来そうな黒いゲート!20100109_p1030718
外壁にもカラフルなイラストが描かれて、大学の文化祭みたいなノリに、わくわくして来ます(^○^)。

建物は、「大使館」から連想する、壮麗で堅固なイメージと違い、大きな桜の木がある中庭が、どこからでも見下ろせる変形ロの字型で、3階建ての各フロアは小部屋で仕切られていました。裏にも林のような庭園があり、気持ちよい空間でした。現代のオフィスとしては、使いにくかっただろうな~と思いましたが・・・(^^ゞ。

建物内も、廊下から床から階段から、すべてを使った展示は見応えがありました。

  20100109_p103075020100109_p1030723

20100109_p1030785 20100109_p103078620100109_p103073020100109_p1030783

続きを読む "No Man's Land@フランス大使館"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

糊と葉巻

電車で隣り合わせた方の香水が気になるのは、相手が女性に限りません。
男性でも香水の匂いをぷんぷんさせている方がいらっしゃいます(^^ゞ。

うさみが昔から苦手な男性用の香りは、何と表現していいのか、ひと言で表せば、ヤマト糊の匂いです(@_@;)。

スティック糊に押されて肩身が狭くなっていますが、まだ現役で売られている、ペースト状の糊、あの青いチューブか丸容器でフタが黄色のあれ!あれを開けた時の匂いを凝縮したような香りです~。



あの糊の原料は、でんぷん(デザートのタピオカと同じ、キャッサバから取れるもの)だそうですので、でんぷんの匂いなんですね・・・。そう言えば、ナマのジャガイモの匂いもちょっと似ているかもしれません(^_^;)。

あの匂いが何という香水なのか、制汗剤なのか、わかりませんが、つけている男性は少なくありません。女性から香ることは無いので、男性用なんだと思います。

電車でお隣の方からあの匂いが漂ってくると、鼻腔を閉じるべく鼻にチカラを入れてしまうくらい、うさみは苦手です(^_^;)。
匂いの好悪は、個人的&本能的なもので、好きな理由・嫌いな理由をうまく説明出来なくてもしょうがないでしょうか・・・。20091217_p1030466

先日、お隣さんから香ってきて、おやっと思ったのは、葉巻の香りでした(^○^)。
当のお兄さんは、ストリート系のカジュアルファッションで、葉巻を吸うタイプには見えなかったので、葉巻の残り香じゃなくてああいう香水だったのだと思います。
スモーキーで甘い香りでした。

葉巻って、そばで吸われると、煙くて大変コマリモノですが、残り香はいい匂いだと感じます。焚き火は煙くても、燻製の匂いは美味しそうな森の匂いになるのと同じかな(^^ゞ。
葉巻はチョコレートとすごく合って、一緒に嗜むのが大人の男の贅沢だとも聞きます。

葉巻の香りの香水ってたくさんあるのかな、と探してみましたが、それらしいのは、ミラー・ハリスのフィール・ドゥ・タバック(Feuilles de Tabac タバコの葉)しか見つかりませんでした。説明によると、マスキュリンでウッディ、セクシーな香りのようです(*^_^*)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

リバティプリント

花柄フェチなうさみは、リバティプリントが昔から大のお気に入りです(#^.^#)。



ロンドンのリバティ百貨店製でデザイン生産された、細かい花の全体柄がリバティ・プリント。純正リバティだけでなく、真似た花柄もそう呼ばれています。

このブログのトップ画像に使っているぬいぐるみのうさぎは、わかりにくいかと思いますが(^^ゞ、リバティ製です(^○^)。
耳の内側と足裏、首のリボンに、リバティのプリント柄が使われています。
購入時は、どの色柄がいいか、どの顔が可愛いか、懸命に見比べて選びました。

最近、イギリスの有名ブランドを集めたセレクトショップが青山に出来て、中にリバティファブリックのコンセプトショップが入ったと雑誌で読み、いつか行かねばと気になってい20100107_p1030713 ました。

今日行ってみた「ヴァルカナイズ・ロンドン」内のリバティショップは、ファブリックが色別に展示されて綺麗ではありましたが、品数はあまり多くありませんでした(^_^;)。
うさみの地元ショッピングモールの手芸店にも、同じくらいのリバティプリントが置いてあります・・・まあこちらはリバティデザインの国内生産もので、イギリス輸入ものとはデザイン(とお値段)が違うんですけど。

せっかく行ったので、店内を一周して、カフェでお茶を飲んで来ました。20100107_p1030709

→ お茶もスコーンもオーガニックだそうです。

ターンブル&アッサー、グローブトロッター、ペンハリガンズ、モルトン・ブラウン、フォックス、イーリー・キシモト、スマイソン、ジョン・スメドレー・・・錚々たる英国ブランドが揃っていますが、お値段もそれなりのものばかりですし、ここ以外では売っていない商品はそんなに無いように思いました。
もっと安くてキッチュなイギリス製品も扱ってくれればいいのに~(^^ゞ。

リバティのポーチでもお土産に買おうかと思いましたが、どうしてもこれっ!と思う柄ではなかったのでやめました。20100107_p1030712

それに、この間雑誌のふろくでついてきた(というより、ポーチが欲しくて、雑誌を買いました(^○^)リバティの花柄ポーチがあったんでした(^^ゞ。
柄はとっても可愛くて、コストパフォーマンス的に満足です(*^。^*)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

梅に桜

日本列島に寒波来襲中・・・(>_<)。
愛犬のお散歩も、人間のお買物も、出来るだけ日が高い時間帯を選んで外出です(^^ゞ。20100106_p1030694

北風には耳がちぎれそうながら、お日様の光には少し温かみが感じられた今日、道端の梅の木がほころびかけているのを見つけました(^○^)。
白梅の雅な香りも漂っていました(*^_^*)。

梅が咲き始めると、♪梅は咲いたか、桜はまだかいな♪って具合に、冬の終わりが見えて来た気になります。
寒さにじっと耐えるのも、あともう少しです・・・( ̄Д ̄;;。

公園のは、遠くからではわかりませんが、近寄ってみると蕾がたくさんついていました。20100106_p1030696 まだまだ固い蕾ですが、じっくり待っていればお花を咲かせてくれるでしょう(#^.^#)。

← 愛犬おうじと、おうじを撮影中のうさみの影。

今日うさみの見つけた「桜」は、これです(^○^)。

大好きなカルビーポテトチップス新しいフレーバー、「桜塩味」!
春を待つこの時期の桜に、受験生応援の意味もかけているそうです。ピンクのパッケージが元気が出る感じです(*^_^*)。
20100106_p1030704_2
桜餅の匂いがついた和風塩味で、美味しかったです(^^♪。

脂分の多いポテトチップスは、受験生の夜食おやつ向きではないでしょうね。
消化が良くてスタミナのつく物を食べて、頑張って下さい!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

頭痛に・・・?

この間、韓国ドラマを見ていたら、主人公が頭痛を訴えるシーンがありました。

「薬を買ってきてくれ。」という彼に、ヒロインは、「私が持っているのをあげるわ。」とバッグから何やらシート状のものを取り出し、小さな四角をぴろっと剥がして彼の両こめかみに貼り付けました(^_^;)。

え~っ、これって昔懐かしい膏薬!?
昭和のドラマや演劇だと、割烹着のお婆ちゃんがひっつめ髪のこめかみに貼っていた、アレ?20091229_p1030628
(ちなみに、その韓国ドラマは現代もので、主人公は仕事でヘリを乗り回すお金持ちという設定でした。)

今でもこんなのが売ってるんだ~、しかも彼が、「お、楽になったよ、ありがとう!」と言っていたところを見ると、結構速効性があるんですね?
ヒロイン自身も頭痛持ちで、その後、自分でもこめかみにこれを貼っつけているシーンがありました(^^ゞ。

1センチ角くらいの小さな膏薬ですが、白いので、貼っているとかなり目立ってオシャレではありませんが(-_-;)、効くんならいいなあ、と万年肩凝り頭痛持ちのうさみは思いました。
ローティーンの頃から頭痛薬を飲み過ぎて、だんだん効きが悪くなり、副作用も怖くなって、鎮痛剤に頼らない頭痛治療法をあれこれやってみていますが、これなら万全という方策には出会っていません・・・。

これは試してみる価値はある(^○^)!?

20091223_p1030558_2 家にあるのは、普通の筋肉痛用のサロンパスで、効能に「頭痛」は入っていませんが、とりあえずこれを切って貼ってみます。
ん~、ネバネバして切り難いなあ、綺麗な四角にならないや(@_@;)。

ズキズキするこめかみに、切り取ったサロンパスを貼って安静にすることしばし・・・・・・


頭痛自体は消えていませんが、こめかみのあたり、額のあたりの痛みは少しラクになったような気がします(^○^)。気のせいかもしれませんけど、病は気から、ですしね~(*^_^*)。
目立つので外では恥ずかしくて使えませんが、家の中でならこれからも使っちゃおうかな~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

初売り

今日から通常モードに戻った夕方のニュース番組で、初売りの狂騒ぶりが特集されていました(^^ゞ。

日本橋のデパート初売りに3千人の列が出来たとか、池袋の大型電気量販店の初売りには朝5時前から並んでいたとか・・・いやはや、皆様ガッツですね。

初売りの福袋には、人の心を躍らせる何かがあるんですね(^O^)。お得なお買物がしたい気持ちプラス新年の運試し、でしょうか。

20100104_p1030677 かく言ううさみも、昔は福袋が大好きでしたが、最近はあまり買わなくなりました(^^ゞ。
福袋の中身で、本当に欲しかった物が当たることはほとんどないし、1万円分の商品を5千円で買えたとしても、そのうち半分しか使わなかったら結局定価で買ったことになって、不要なものが残るだけ・・・と悟りましたので(^_^;)。
それでも福袋が売っていると、どんなものが入っているのかなと中身チェックはしてしまいますね。

福袋よりは、初売りとほぼ同時に始まる冬物セールで、年末までは正価で売られていた商品が何割引かになったところから、好きなものを選んで買う方がお得、という方針に転換中です(^O^)。
この冬は緊縮財政のおりから、大物は買わない・今必要なもの以外は買わないと決めていますが、値引率が大きいものがあったら買ってしまうかもしれません(^^ゞ。

今日、初詣の帰りに立ち寄ったショッピングモールのセールでは、冬のあったか靴下とレッグウォーマーを買いしました(#^.^#)。

レッグウォーマーは一年中通して必需品ですし、足首まわりをあっためてくれる靴下が欲しかったんです。20100104_p1030684
靴下の色は、今年のうさみのラッキーカラーだというです(*^_^*)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

読み初め・見初め

元旦に届いた出版社のメルマガにのっていた、お年玉図書カードが当たるアンケート懸賞に応募しました。

中に「今年初めて読んだ本は?」という設問がありました。
この出版社で出している本のタイトルを答えれば当たりやすいかも、と邪念もわきましたが、新春ですから正直に書きましょう(^^ゞ。

水時計」 ジム・ケリー著 です。



本屋さんで手に取ったのは、表紙の大聖堂の写真が目に留まったからです(^^ゞ。舞台となっている、イギリス東部のイーリー大聖堂です。
イーリー大聖堂と言えば、うさみの大好きな児童書「トムは真夜中の庭で」に出て来ます。
裏表紙のあらすじによりますと、その大聖堂の屋根で殺人死体が見つかるというミステリだそうで、ほお~っと思って買ったのでした。

この本は作者のデビュー作で、出版社のアオリ文句は「現代英国本格の新星登場!」。

ある時、ある場所にある人がいたことが絡まって編み込まれて、その螺旋の先に事件が起こるという複雑な構成が緻密で見事でした~。
探偵役の地方新聞の記者も、相棒のような役どころのタクシー運転手も、殺人事件の担当刑事も、それぞれ人生の悩みを抱えた見かけ通りではない男なところが、ミステリにしては深かったです。

続きを読む "読み初め・見初め"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

歌姫の紅白

皆様、大晦日のNHK紅白歌合戦はご覧になりましたか(^^♪?
2009年ネットで”時の人”だった、うさみのご贔屓歌姫スーザン・ボイルさんが、ゲスト出演しましたね(*^。^*)。

出演の知らせを聞いて、今回は久しぶりに紅白を見るつもりでした(^O^)。
新聞の出演順で大体の時間に見当をつけ、先にお風呂に入ってさっぱりして来ましたら、もう終わっちゃってました(>_<)。20091016_p1020850
でも平気!間違いなく、誰かがすぐにYou Tubeに投稿してくれるでしょう~。安心して寝まーす。

一夜明けて元日、PCをつけるなり、ネットニュースの見出しボイル、紅白で美声!キムタクがエスコート」が目に入りました(^◇^)。

キムタクの英語が通じなかった、という記事もあり、おやおや、どんな状況だったんでしょう?
いよいよ興味を持ち、You Tubeで検索~、すぐ見つかりました~。
(今日、もう一度見ようと探したら、削除されていました・・・著作権にひっかかったのかな?見たかったら、NHKオンデマンドで見ろってことですね(^_^;)。

うん、彼女には通じてなかったみたいですね、キムタクの「ウエルカムトゥジャパン」は・・・(^^ゞ。リハーサルでは、エスコートのところはやらなかったんでしょうか?あの部分だけはぶっつけ本番だったのなら、通訳さんがついているんだし、キムタクもアナウンサーも日本20091016_p1020939語で話しかけてくると思っていて、英語だとわからなかったのかもしれないですね。
・・・とSMAPファンの妹すまっぺに言ったら、英語ってわかってもらえなかったのが通じな かったってことでしょ(-_-;)、とファンの愛ゆえに厳しい意見が返って来ました。

そんな小アクシデントもありましたし、生放送で、初めて訪れた国の、言葉も通じないお客さんの前で歌うのは大丈夫だったのかな、と心配になりましたが、歌は素晴らしかったですね~\(^o^)/!!
歌がうまくて声が美しければ、二重顎のおばさんもとっても美しく見えちゃうから不思議です~。

続きを読む "歌姫の紅白"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

寅の年明け

明けましておめでとうございます<m(__)m>。

20091207_p103034620091207_p10303442010年、寅年です。
皆様にとって、今年が素晴らしい1年でありますように。
そして、今年もうさみのブログをどうぞよろしくお願い致します<m(__)m>。

さて、年末に奮闘しておりました、トラのクロスステッチは、おかげ様で何とか年内に完成致しました~、パチパチ!

このトラは、イギリス製の刺繍キットなので、干支用ではなく、動物園のトラが好きな子供20091231_p1030666_2 のために刺して、空白部分(トラが持っているボード)にはその子のお名前を入れるんだと思います(^^ゞ。
(同じシリーズの図柄には、象とライオンとパンダがありました。)

うさみは、年初に当たって、皆様および自分への応援メッセージを刺してみました。

ここでこのトラについて、ミニミニクイズです。

当たっても何も景品は出ませんが、春から縁起がいいとお慶び下さいませ(≧∇≦)。
はずれてしまった方、うさみと同じ感性の持ち主でいらっしゃいます、ぜひ仲良くなりましょう~(#^.^#)。

「トラが持っているメッセージボードの下方、”H”の字の下あたりにある茶色のものは何でしょうか?」

うさみは刺繍をしている間、このブツの正体がわからず、何でこんなところにぽつんと茶色があるんだろう、と思っておりました。刺し上がってアイロンをかける時に逆向きから見て、はっ!!と気付きました・・・(^_^;)。

正解は↓にどうぞ。

続きを読む "寅の年明け"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »