« リバティプリント | トップページ | No Man's Land@フランス大使館 »

2010年1月 8日 (金)

糊と葉巻

電車で隣り合わせた方の香水が気になるのは、相手が女性に限りません。
男性でも香水の匂いをぷんぷんさせている方がいらっしゃいます(^^ゞ。

うさみが昔から苦手な男性用の香りは、何と表現していいのか、ひと言で表せば、ヤマト糊の匂いです(@_@;)。

スティック糊に押されて肩身が狭くなっていますが、まだ現役で売られている、ペースト状の糊、あの青いチューブか丸容器でフタが黄色のあれ!あれを開けた時の匂いを凝縮したような香りです~。



あの糊の原料は、でんぷん(デザートのタピオカと同じ、キャッサバから取れるもの)だそうですので、でんぷんの匂いなんですね・・・。そう言えば、ナマのジャガイモの匂いもちょっと似ているかもしれません(^_^;)。

あの匂いが何という香水なのか、制汗剤なのか、わかりませんが、つけている男性は少なくありません。女性から香ることは無いので、男性用なんだと思います。

電車でお隣の方からあの匂いが漂ってくると、鼻腔を閉じるべく鼻にチカラを入れてしまうくらい、うさみは苦手です(^_^;)。
匂いの好悪は、個人的&本能的なもので、好きな理由・嫌いな理由をうまく説明出来なくてもしょうがないでしょうか・・・。20091217_p1030466

先日、お隣さんから香ってきて、おやっと思ったのは、葉巻の香りでした(^○^)。
当のお兄さんは、ストリート系のカジュアルファッションで、葉巻を吸うタイプには見えなかったので、葉巻の残り香じゃなくてああいう香水だったのだと思います。
スモーキーで甘い香りでした。

葉巻って、そばで吸われると、煙くて大変コマリモノですが、残り香はいい匂いだと感じます。焚き火は煙くても、燻製の匂いは美味しそうな森の匂いになるのと同じかな(^^ゞ。
葉巻はチョコレートとすごく合って、一緒に嗜むのが大人の男の贅沢だとも聞きます。

葉巻の香りの香水ってたくさんあるのかな、と探してみましたが、それらしいのは、ミラー・ハリスのフィール・ドゥ・タバック(Feuilles de Tabac タバコの葉)しか見つかりませんでした。説明によると、マスキュリンでウッディ、セクシーな香りのようです(*^_^*)。

|

« リバティプリント | トップページ | No Man's Land@フランス大使館 »

コメント

私の苦手なのは、人工の檜の匂い(天然は大丈夫)。これも男性用香水に多く使われていて、側で匂うともう死にそう(笑)ですよ。ヤマト糊の匂いはオゾンノートかなぁ?これも苦手です。
煙草も葉巻やピースみたいな匂いは、ホント良いですね〜。ルカ・トゥリンいわく「温かみのあるクマリン調のタバコアコード」ってやつでしょうか。
煙草の香りがする男性用香水、気になったので私も調べてみましたら、タバック&レザーということで、レザーの香りに煙草をプラスしたものが多いようですね。革の香りの香水も大好きです。あと煙草そのものの名前のものは、プロフーモのTabac、サンタマリア・ノヴェッラのTabacco Toscana、タバックというメーカーのTABAC(そのまま〜:笑)などがありました。

投稿: ジュエル | 2010年1月 9日 (土) 22時23分

男性の体から立ち込めるでんぷん糊のような香水、、、
こんな香水と言うかオーデコロン、あるんでしょうかね。
多分、男性から出る体臭じゃないでしょうかね、、、(笑)

タバコをする人のそばとか部屋に長くいると、自分の衣服にも
匂いが染み付いてしまいます。

帰宅して、別の部屋から上着をかけている部屋に戻ると、
匂いが移っているのが確実に分かります。(笑)

投稿: White | 2010年1月 9日 (土) 23時01分

>ジュエルさん
人工の檜って、わかります~。天然はお風呂気分のいい匂いなのに、エセ檜は何だかな~な匂いですよね。
調べていただいてありがとうございます。革とタバコ、合いますね~。有機質なものだから温かみがあるんでしょうか。

>Whiteさん
体臭じゃないんですよ・・・明らかにオーデコロンなんです。ヤマト糊って表現だとわからないかもしれませんが、きっと嗅げばみなさん、ああこれか、って思われる香りです。
タバコや焼肉の香りって、服につくとなかなか取れませんね。

投稿: うさみ | 2010年1月10日 (日) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/47245603

この記事へのトラックバック一覧です: 糊と葉巻:

« リバティプリント | トップページ | No Man's Land@フランス大使館 »