« この映画を観ました~「かいじゅうたちのいるところ」 | トップページ | 竹久夢二展と日本橋三越 »

2010年1月28日 (木)

贈りたい絵本「フリッチスふしぎな色の旅」

誰かに本を贈るのって難しいですね(^_^;)。

相手の好みをよく知らなければ選べませんし、好きな分野を知っていても既に持っている本とダブったら困ります。
自分の好きな本を贈って読んでもらいたいなと思っても、押し付けになるのは嫌ですし、もしも全然趣味に合わなかったらお互い気まずいですし・・・(^^ゞ。

そんな訳で、あまりひとに本をプレゼントしたことは無いのですが、今度機会があったらぜひ贈りたいと思う絵本に出会いました(*^。^*)。

フリッチス ふしぎな色の旅」という、ブラジルのベストセラー絵本です。



1969年に出版され、多くの言語に翻訳されて愛されて来たそうです。
訳者さんがどうしてもこの本を日本に紹介したいと頑張って、昨年出版されました。

「フリッチス」という名前の色が、自分の居場所、ぴったりの場所を探して世界をめぐるお話です。20100129_p1030976

直線や曲線に囲まれた形の、大胆ではっきりした色が出てくるだけの、とてもシンプルな絵面ですが、その色たちが、質のいい紙に美しく印刷されていて、色を眺めるだけで何か心がほっとするのです(*^_^*)。

どこにも属さない色、世界中を探してもみつからない色、「フリッチス」はポルトガル語の色名なのかな、と思いましたが、作者さんの造語だそうです。

ネタバレとなってしまうのでフリッチスの正体は書きませんが(^^ゞ、「青い鳥」のように、探しても見つからない大切なものはとても近くにあった、というエンディングです。
そして、あるものの色はひとつではなくて、時と共に変わるものだ、とも教えてく20100129_p1030977 れます。

絵と色が好きなこどもやおとなに、最近ちょっと疲れてどこか遠いところへ行けたらと思っているひとへ、贈りたいと思います。

|

« この映画を観ました~「かいじゅうたちのいるところ」 | トップページ | 竹久夢二展と日本橋三越 »

コメント

うさみさんらしいですね~
こういう、贈る人の人柄がでるのって、これはこれで良いですよね~

投稿: ふくやぎ | 2010年1月29日 (金) 23時01分

色については、うさみさんは勉強しているんでしたよね。
なら、興味が湧く本でしょうね。

人間とか動物とかは出てこない、形になった色で
楽しめるんですか。

何か「灯台元、暗し」のような結末のようですが、書店で
見かけたら手に取ってみます。

投稿: White | 2010年1月29日 (金) 23時47分

>ふくやぎさん
自己満足にならない本当に喜んでもらえる贈り物って難しいですよね(^_^;)。せめてアリ型迷惑にならない程度のものを選びたいです。

>Whiteさん
色彩に興味があって勉強中です。色も奥の深い世界です。
カメラのホワイトバランスも、色の理屈的にはわかるのですが、実際には使いこなせてません(-_-;)。

投稿: うさみ | 2010年1月30日 (土) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/47421290

この記事へのトラックバック一覧です: 贈りたい絵本「フリッチスふしぎな色の旅」:

« この映画を観ました~「かいじゅうたちのいるところ」 | トップページ | 竹久夢二展と日本橋三越 »