« ソープディッシュ | トップページ | 絵と小説と・・・「閉ざされて」 »

2010年2月 6日 (土)

丸い箱

つめた~い風が吹き荒れる中、カルトナージュレッスンに行って来ました(^○^)。
1月はお休みだったので、今年初レッスンです。

今日作ったのは丸いフタつきの箱です。
形としては帽子を入れる箱と同じで、デコレーションケーキがぽこっと入るくらいの大きさです(#^.^#)。

20100207_p1040086

丸い箱は、側面を円形にするのが難しいと聞き、今までは避けていました(^^ゞ。
四角い箱なら、長方形のパーツ同士を辺に沿ってくっつければ出来ますが、丸はまっすぐなボール紙をうまくカーブさせないと綺麗な円になりませんものね。

先生があらかじめボール紙にくせをつけておいて下さったので、恐れていたほどには苦労せずに箱は形作れました。
20100207_p1040084
布を貼る時の縫い代の処理の方が、面倒くさかったです(^_^;)。
丸に布を貼って余った分を裏にかえして貼るのに、切り込みを入れないと曲線に折り返せませんし、折り返した時重なる部分を三角に切り落とさないといけません。ふたの裏、本体の中底と裏底、と3つの円の縫い代を、1センチ間隔でちまちま切り込んで、三角に落として行くのが、単調で眠くなりそうでした(-_-)zzz。

今日の箱は、フタに使ったフランスヴィンテージ布がメインです(*^。^*)。
近くで見ると、表面が少し毛羽立って弱っているようですが、それも味ですし、くすんだ色20100207_p1040085 が気に入って選びました。いつも花柄でしたので、こういう柄はちょっと新鮮でした。
本体の外側と内側は、ヴィンテージ布の色に合わせて選んだ現代の布です。

なかなかシックに出来たと気に入って家に帰り、妹すまっぺに見せましたら、
おうじのおやつ入れにちょうどよさそう。」と言われました・・・(-_-;)。

製作者としては、わんこのオヤツよりは、もう少しオシャレなものを入れたいです。

|

« ソープディッシュ | トップページ | 絵と小説と・・・「閉ざされて」 »

コメント

素適な容器が出来上がりましたね。
いつも素敵な布が光ります。
うさみさんのセンスの賜ですね。

おうじちゃんのオヤツ入れは可愛そう。
さて~何を入れましょうか。

投稿: ぷりちゃん | 2010年2月 7日 (日) 22時46分

>ぷりちゃんさん
過分なおほめをありがとうございます。
おうじのオヤツ入れ、ちゃんと密閉容器のがあるのですが、ちょくちょくあげるので密閉フタの開け閉めが面倒になってよく出しっぱなしになってます(^^ゞ。

投稿: うさみ | 2010年2月 8日 (月) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/47504843

この記事へのトラックバック一覧です: 丸い箱:

« ソープディッシュ | トップページ | 絵と小説と・・・「閉ざされて」 »