« 湯島天神梅まつり | トップページ | ワンセグとマカロン »

2010年2月25日 (木)

百段雛まつり

ぽっかぽかでコートいらずの一日、用事で出たついでに、目黒へお雛様を見に行きました(^○^)。
20100225_p1040237
目黒雅叙園で開かれている「百段雛まつり 山形ひな紀行at目黒雅叙園」、昭和の木造建築と山形から連れて来られた秘蔵のお雛様の組合せがお目当てです。

結婚式場の雅叙園は知っていますが、ここでお式を挙げた友人知人親戚がいなくて、今日初めて足を踏み入れました(^^ゞ。
レストラン、式場・ホテルエリアのモダンな建物に隣接して、「百段階段」という昭和初期建築の木造宴会場が残っています。ほぼ百段(本当は99段だそうです)の階段廊下に沿って、宴会用の部屋が7つ、それぞれ有名な画家に天井画や内装をまかせた凝ったつくりです。20100225_p1040242

内部は写真撮影禁止でした。売店で売っている絵葉書も、いまひとつ写真の写りが良くなくて残念・・・。ご興味のある方は、雅叙園サイトの動画コンテンツをご覧下さい。

お手洗いまで天井に豪華な板絵がほどこされていました(ちなみに、今は見学だけで使えません(^^ゞ。

建物が斜面に立っているので、こんな階段状に部屋を作ったんだそうです。
階段からは、お部屋の中は見えないので、秘密基地の雰囲気でした(*^。^*)。

各部屋に飾られたお雛様は、酒田や寒河江など、山形で秘蔵されているいろんな時代のお雛様です。
大きさもお顔も衣装もさまざまでした。お道具も、こんな小さいのによくここまで!という精20100225_p1040243 巧なお道具ばかりでした。

うーん、この展示、建物は建物、お雛様はお雛様で見たかったです(^^ゞ。
料亭の宴会場として作られたお部屋は、天井や窓の意匠など細かいところまで見どころはありますが、ものを展示してたくさんの人を回覧させるのには向いていませんでした・・・。狭くて暗くて見づらいし、すぐに人がたまって渋滞してしまっていました(-_-;)。

建物の構造上か、お雛様に風を当てないためか、暖房を入れていませんでした。今日はあったかくて暖房なしでも堪えませんでしたが、先週までのような天候だと、凍えそうでしたね。今日も案内係のお姉さんたちは、分厚いコートを着ていました。お客さんは階段を上り下りしたりしてあったまりますが、ずっと立ち詰めで案内していると、冷え込むのでしょう。

うさみは11時頃に着いて、ほとんど待たずに入れましたが、出て来たら、100人以上の大行列が出来ていました\(◎o◎)/!最後尾のお客さんは、きっと1時間以上待ったでしょう・・・お疲れさまです・・・。
ひな祭りの日まで開かれています。いらっしゃる方は、朝一番に行かれるか、混雑覚悟でどうぞ(#^.^#)。畳のお部屋にあがりますので、脱ぎやすくて持ち歩くのが重くないお靴がいいと思います。

|

« 湯島天神梅まつり | トップページ | ワンセグとマカロン »

コメント

とても面白そうですが・・・大変そうですね〜。古くて大きなお屋敷は、本当に冷えますもの。うさみさん、あたたかな日の見学で良かったですね。私も見てみたいです♪
こちらの徳川美術館では、「尾張徳川家の雛まつり」が毎年、開催されます。姫様たちの雛は、もう豪華絢爛そのもので見応えたっぷりです。
昔のお雛さまや、その嫁入り道具は、見ていてあきないですね。

投稿: ジュエル | 2010年2月25日 (木) 22時11分

雅な世界ですこと。
季節がら・・・観覧者が多かったようですね。
暖かったからいいものの、暖房がないと私も堪えてしまいそう。
いい時にお出掛けになりましたね。

投稿: ぷりちゃん | 2010年2月25日 (木) 22時33分

>ジュエルさん
古いお雛様は、美しいですがいろんな念もこもっていそうでちょっと怖いです。夜ひとりでは見たくない感じ(^^ゞ?
その点、お道具は見ていても飽きません。お道具だけ譲って欲しい~。

>ぷりちゃんさん
足の悪いお年寄りも結構いらして、階段でつまづかないかこちらの方が心配になりました(^^ゞ。スリッパ履きだと足元危ないですよね。
家にはお雛様がないので、外でたっぷり拝見させていただきました。

投稿: うさみ | 2010年2月26日 (金) 20時15分

うさみさん、こんにちは^^
この催し、行きたかったんですよね~
すっかり忘れていました(汗)
假屋崎省吾さんの華道展には行ったのですが・・・。
その後の平山郁夫さんの企画展にも行けずに><
しっかり計画しておかないとダメですね(笑)

投稿: cyaz | 2010年3月 7日 (日) 10時14分

>cyazさん
面白い企画でしたが、小さな雛人形をじっくり見るのには向かない狭いスペースでした・・・。どちらかというと、ここではゆったりお食事してみたいです。

投稿: うさみ | 2010年3月 7日 (日) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/47661636

この記事へのトラックバック一覧です: 百段雛まつり:

« 湯島天神梅まつり | トップページ | ワンセグとマカロン »