« フランク・ブラングィン展 | トップページ | 避難訓練 »

2010年3月 6日 (土)

今月の箱

3月のカルトナージュレッスンに行って来ました(^○^)。

窓のついた台形の箱を作りました~。

20100306_p1040319

この箱、底を一番大きい面にするか、細い面にするか、選べます。
大きい面が底だと、フタは上向きに開くことになり(↑の向き、つまみが下にあります。)、細い面にすると、フタは上から手前に開けることになります(↓の向き、つまみは上)。

20100306_p1040322

底板をつけるため、あらかじめどちら向きがいいか決めるように先生に言われており、狭いスペースでも置ける手前開きパターンにしました。

外側の布は、バラの花と葉っぱ模様がちょっと変わった間隔で並んでいる柄の布です(*^。^*)。
すぐ汚れるのが嫌さに白っぽい布はあまり選んだことがありませんでしたが、これは柄が気に入りましたし、春だから明るい白もいいだろうと選びました。
フタと側面の柄合わせが割とうまく行って、連続した感じに出来たと自画自賛(^^ゞ・・・本当は先生のおかげです。20100306_p1040320

内側はバラつながりで臙脂の布にしました。外側が白いので、内側にぱあっと色を入れてみました。

作る前は、腕時計を仕舞うつもりでしたが、出来てみると、もう少しかさの張るものを入れたくなりました(^◇^)。

来月は、大物の棚にチャレンジです♪

|

« フランク・ブラングィン展 | トップページ | 避難訓練 »

コメント

箱自体の材質は何なんですか?
厚紙?、ベニヤ板なんですか?
中をくり抜く部分は木なら、自分でカットするんですよね?

腕時計よりもう少し大きな物になるなら、ティッシュ・ペーパーの
箱ぐらいの大きさでしょうかね、、、

投稿: White | 2010年3月 7日 (日) 20時09分

>Whiteさん
箱はボール紙を切って組み立てます。2ミリの厚さのボール紙なので、結構切るのは大変です・・・。
今月の箱は、ティッシュペーパー箱くらいの大きさで、もう少し背が高い感じです。

投稿: うさみ | 2010年3月 8日 (月) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135432/47741307

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の箱:

« フランク・ブラングィン展 | トップページ | 避難訓練 »